ガスト お子様 メニュー。 ガストの持ち帰りメニューをご紹介!お得なおすすめ持ち帰りメニューも解説

ファミレスのお子様ランチを徹底比較!【安くて美味しいキッズメニューを探せ】

ガスト お子様 メニュー

ガストのアレルギー情報は新しい記事があります。 2018年3月現現在、ファミリーレストラン「ガスト」の お子様メニュー(キッズメニュー)の 7大アレルゲン使用物質の情報を写真付きで載せています。 (画像は全てクリック(タップ)で拡大表示します。 小麦不使用メニュー• そば不使用メニュー• 卵不使用メニュー• 乳不使用メニュー• 落花生不使用メニュー• えび不使用メニュー• かに不使用メニュー 食物アレルギーの子供を連れて行けるかな?と思った時の参考にして下さい。 召し上がる前にはから最新の情報を確認して下さい。 画像はクリックで拡大表示できます。 低アレルゲンお子さまプレート.

次の

ファミレスのお子様ランチを徹底比較!【安くて美味しいキッズメニューを探せ】

ガスト お子様 メニュー

<和定食メニュー>• まぐろのたたきご飯朝定食 799円• 焼鮭朝定食 599円• さばの味噌煮朝定食 599円• 小さいお子様にはキッズメニューはいかがでしょうか? キッズメニューは10時30分~販売となりますが、子供が喜ぶ可愛いプレートメニューです。 <キッズメニュー>• お子さまうどんプレート 399円• キッズカレープレート 499円• キッズハンバーグプレート 499円• キッズパンケーキプレート 399円• お子さままぐろごはんプレート 599円• 低アレルゲンお子さまプレート 499円• とはいえがっつりメニューをチョイスすると量が多いような…。 そういう時は ピザやパスタ、ライトミールがおすすめです。 スポンサーリンク サイドディッシュもおすすめ ガストではサイドディッシュのメニューも豊富です。 子供が大好きなフライドポテトやコーンのオーブン焼き、お酒にもぴったりなスパイシーケイジャンチキンなど盛りだくさんです。 <サイドディッシュ>• 山盛りポテトフライ 299円• フィッシュ&チップス 299円• 唐揚げ(5個) 299円• スパイシーケイジャンチキン 299円• コーンのオーブン焼き 199円• とうもろこしのポタージュ 199円• ピリ辛キムチ冷奴 199円 他にもメニューはたくさんあります。 そしてどれも安い!500円以内のメニューばかりなんですよ。 ドリンク・アルコール紹介 ガストはドリンクバー以外にも アルコールの販売も始めました。 ちょい飲みにもぴったりということで仕事帰りにもおすすめなんだとか。 確かにサイドディッシュをつまみに軽く飲むにはぴったりかも! <ドリンクメニュー>• ドリンクバー 219円• お子様ドリンクバー 100円• アサヒスーパードライ 449円• 角ハイボール 399円• チューハイ(レモン・グレープフルーツ) 各399円• 冷酒 399円• グラスワイン(赤・白) 各99円• デカンタワイン(赤・白) 各399円• 梅酒ロック 99円• 麦焼酎(180ml) 499円• アサヒドライゼロ 249円 グラスワインと梅酒が99円?!驚きの安さです。 種類が豊富なのも嬉しいですね。 学校帰りの学生さんも結構見かけますね。 私のおすすめは 「フレンチトースト」!ふんわり厚切りのトーストを、優しい甘さの卵液にしっかりと浸して焼いたフレンチトーストはホッとする美味しさです。 いろんなスイーツが揃っていますので、ぜひお試しください。 <スイーツ一覧>• チョコバナナとマスカルポーネのパンケーキ 599円• とろけるフレンチトースト トッピングソフト付き 599円• とろけるフレンチトースト 499円• ふんわりロールケーキ 299円• ベイクドチーズケーキ 299円• フォンダンショコラ&ソフト 399円• 宇治抹茶アイス 199円• ぷるぷる黒糖ゼリー 199円• 宇治抹茶のクリームあんみつ 399円• 濃厚ベルギーチョコムースとバナナのサンデー 499円 など モーニングの時間帯は?土日もあるの? とってもお得なガストのモーニング。 時間は朝10:30までとなっています。 10:30~はランチタイムになってしまうのでご注意くださいね。 なんと! モーニングは土日も提供しているんです!ランチは平日のみなんですが、モーニングは土日もOK!これはとても嬉しいですね。 ガストのクーポン情報はこちら ガストにはお得なクーポンもありますよ。

次の

ガストのおすすめメニュー人気ランキング14選!お得に利用する方法も紹介

ガスト お子様 メニュー

子ども限定という条件がついていることの多いお子様ランチ。 でも世の中には、お子様ランチを食べたい大人たちのつぶやきがあふれてます。 お子様ランチおいしそう。 なんで対象年齢とかきまってるの。 ディズニーのお子様ランチ食べたい。 デパートの屋上とかの、あれ。 なんで小学生までなのかしら。 しかし、レストランのメニューには「お子様限定メニュー」との表記。 でもなんで大人は頼んじゃいけないの?聞いてみました。 聞いてみました まずはガストやジョナサン、バーミヤンなどを展開するすかいらーく。 各業態でさまざまなキッズメニューをそろえていますが、いずれのメニューにも「小学生以下の特別メニューになります」とあります。 すかいらーく広報によると、「お子様メニューは、お子様用の特別なメニューとしての位置づけ。 プレゼント付きということもあり、原価が高く、通常のメニューのようには扱えません」。 ただガストでは大人でも60歳以上の利用者には提供しているそうです。 通常メニューだと量が多くて食べられないという声があり、対応しているそうです。 高度経済成長期の60年代から70年代にかけて、家族でデパートに出かけ、大食堂でお子様ランチを食べることは、「ハレ」の日の楽しみの象徴でした。 「富士山ライス」や旗は、食のテーマパークのように特別なものとしてとらえられ、人気になったのでしょう。 東京成徳大学子ども学部教授・加藤理さん 2014年3月29日夕刊「お子様ランチ登場 大人も楽しむ夢の一皿」より 80年超の歴史の中で、お子様ランチは、大人が小さい頃の幸せな時間を思い起こす象徴のようにもなっているようです。 健康志向も反映してか、昔のようにハンバーグにエビフライ、プリンといった子どもが好きなものを集めたプレートとも限らなくなっているお子様ランチ、今の子どもたちが大人になったらどんなイメージを持つのか、気になります。

次の