びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫。 【医師出演】びまん性大細胞型B細胞リンパ腫が再発したらどうする?二次治療とその先の治療

昨年、母が悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫、中

びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の二次治療:初回とは異なる治療法で奏効を目指す サルベージ科学療法(二次治療) びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療において、 初回治療が奏効しなかった場合は二次治療に移行することになります。 ここでは、初回治療として標準的なR-CHOP療法(分子標的薬と化学療法の組み合わせ)ではない、 違う種類の治療が推奨されます。 R-CHOP療法では、 ドキソルビシンと呼ばれる薬剤が含まれており、これは 心臓に対して毒性を持ちます。 このため、 R-CHOP療法を二度目に行うことは出来ません。 この代わりとして、 R-ESHAP療法や R-ICE療法、 R-DeVIC療法、 R-GDP療法などが行われます。 いずれも 数日に渡って点滴治療を必要とします。 これらの治療法は 「骨髄抑制」と呼ばれる副作用が、 R-CHOP療法よりも強く出るため、高齢者や合併症ハイリスクの患者以外の若い患者であっても、 入院して治療するのが一般的です。 また、 高齢者ではリスクが高いため、十分な治療を行えないこともあります。 二次治療における完治率は? びまん性大細胞型B細胞リンパ腫再発後の治療 二次治療(サルベージ治療)の対象となり完治が目指せるケースとは、 サルベージ治療の効果が現れた後に「自家移植併用大量化学療法」が実行できた場合です。 年齢的には 65~70歳以下の比較的若い患者でかつ、 腎臓や心臓などに重い臓器傷害が無いケースが対象となります。 ここで言う「自家移植」とは、 造血幹細胞を多く含む細胞を移植する方法で、 あらかじめ保存しておいた自分の造血幹細胞を移植します。 これによって、 がんを根絶するレベルの強力な化学療法や放射線療法の後に、正常な血液を作ったり免疫を維持したりする機能を回復させることが出来ます。 このような完治を目指せる患者のうち、サルベージ療法によって腫瘍が小さくなることが期待できるのは、 およそ50%程度と言われています。 これらの患者は自家移植の対象となります。 その他のケースでは、 現在知られている化学療法を薬剤の種類を変えて行なったり、症状緩和を中心とする治療に移行することが多いと言います。 CAR-T細胞療法とは:再発難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療に光明が 初回治療が奏効せず二次治療に移行し、それでも治癒が期待できないと言う場合にはどのような治療法が残されているのでしょうか。 このような場合、現在はまだ未承認で、治験・臨床試験に相当する段階の治療が選択されることがあります。 CAR-T細胞療法のイメージ図 CAR-T細胞療法はそのうちの1つです。 CD19というB細胞の抗原を標的としたCAR-T細胞療法のうち、1種類は2019年3月現在、承認が間近に迫っていると言います。 この治療法は、 再発難治のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の患者に対する治療選択肢になる可能性が高い方法として、大きな期待が寄せられています。 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫は造血器腫瘍(血液がん)の中でも、 最も多い疾患です。 血液内科の専門医が在籍している病院で診療を受けることが推奨されます。 まずは初回治療として標準治療を受けて、それでも再発してしまった場合や初回治療が奏効しなかった場合には、年齢的に可能であれば造血幹細胞移植などの選択肢があります。 セカンドオピニオンを含めて、新しい治療や強力な治療を行うことが可能な医療機関に相談してみて下さい。

次の

完全奏効(CR)率43%のCAR

びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫

びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 分類および外部参照情報 - びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(びまんせいだいさいぼうがたBさいぼうせいリンパしゅ、: diffuse large B-cell lymphoma, not otherwise specified; DLBCL, NOS)は、悪性リンパ腫の種類の1つで、小型リンパ球の2倍を超えた、あるいは正常の組織球の核と同等かそれ以上の大きさの核を有する大型の性の腫瘍細胞が、びまん(瀰漫)性の増殖を示す、。 生物学的・臨床病理学的に異種なものを包括した疾患概念のため、後述するようにさらに細かな分類がなされている。 一部のDLBCLは、低悪性度リンパ腫 主に からの組織学進展から形質転換したものである。 月単位で病気が進行する「中悪性度」に分類される。 疫学 [ ] では全悪性リンパ腫の33. 病因 [ ] 一部のDLBCL 高齢者EBV陽性DLBCL, 慢性炎症関連DLBCLなど はによるB細胞の腫瘍化が病因とされるが、それ以外のほとんどのDLBCLの病因は不明である。 組織学的分類 [ ] WHO分類第4版 で提唱されたupdated Kiel分類を踏襲した分類• Centroblastic - 中心芽球亜型• Imunoblastic - 免疫芽球亜型• Anaplastic - 未分化大細胞型(上記2種類に該当しないほど強い異型性の巨核・多核細胞からなるもの。 Rare morphologic variants• Molecular subgroups• Germinal center B-cell-like GCB• Activated B-cell-like ABC• Immunological subgroups• Germinal center B-cell-like GCB• Non-germinal center B-cell-like non-GC• Diffuse large B-cell lymphoma, subtypes• 中枢神経原発DLBCL Primary DLBCL of the CNS• 皮膚原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫, 足型 Primary cutaneous DLBCL, leg type: PCDLBCL, leg type• 高齢者EBV陽性DLBCL EBV positive DLBCL of the elderly 他の大細胞型B細胞性リンパ腫 [ ] これらはWHO分類第4版では独立した疾患分類となっている。 下記に該当しないものが、上記の狭義のDLBCLである。 慢性炎症関連DLBCL DLBCL associated with chronic inflammation• 縦隔 胸腺 原発DLBCL Primary mediastinal thymic large B-cell lymphoma: PMBL• 血管内大細胞型B細胞性リンパ腫 Intravascular large B-cell lymphoma 「」も参照• B-cell lymphoma, unclassifiable, with features intermediate between DLBCL and classical Hodgkin lymphoma 検査所見 [ ] 病理組織所見 [ ]• 組織像• 典型像ではリンパ節の正常構造が消失し、大型の腫瘍細胞がびまん性に増殖する。 免疫学的表現型• B細胞マーカー CD19, CD20, CD22, CD79a, )が陽性となるが、症例によってはいくつかが陰性になる。 Anaplasitc variantはCD30陽性が多い。 CD5陽性DLBCLはサイクリンD1陰性という点でのblastoid variantとは区別される。 一般検査所見 [ ]• 血液検査所見ではの上昇を認めることがある。 予後因子の一つである。 また可溶性IL-2受容体が上昇することが多い。 画像検査所見 , は病期分類に不可欠である。 診断 [ ]• 病変の生検などで上記の組織学的所見を認めれば本症と診断される。 他の一般的な悪性リンパ腫と同様に、病期分類はAnn Arbor分類が、予後予測は国際予後因子を用いる。 「」および「」も参照 治療 [ ] ・部位や年齢・合併症に応じて治療を決定するが、主に以下の治療が選択される。 限局期であれば、であるにを加えたR-CHOP療法を3コースまたは6コースの後、放射線照射を行う 高齢者ではCHOP療法のを、より心毒性が少ないとされるピラルビシンに替えたTHP-COPが用いられることがあるが、コンセンサスが得られている訳ではない。 CHOP療法よりリツキシマブ追加療法の方が6年無増悪生存率、6年総生存率が有意に高いと示されている が、3コースでは晩期再発が多いとの報告もあるため、今後の報告が待たれる。 進行期であれば、R-CHOP療法を6コースまたは8コース 行う。 これもリツキシマブ併用療法の方が奏効率、無増悪生存率、総生存率いずれも優れていることが示されている が、国際予後指標の予後不良群においては再発が多いため、若年者においてはR-CHOP療法6コース後に併用大量化学療法を行う事が検討される。 再発・難治例にはR-ESHAP、R-ICEなど、CHOPとは異なるの組み合わせによる化学療法を行う。 自己末梢血幹細胞移植併用大量化学療法も推奨される。 原発または浸潤 脊椎原発あるいは視神経を含む脳神経浸潤など がある場合は、CHOP療法の抗腫瘍薬はを通過しないので、大量療法、大量療法 メトトレキサート・救援療法 などが行われる。 なおリツキシマブも併用されるが、血液脳内関門を通過しないので中枢神経以外に伝播した可能性のある病変に対しての効果を期待して投与される。 リツキシマブの髄注投与は臨床試験は行われている ものの標準的な治療ではない。 原発の場合は中枢神経再発および対側での再発が多い ため、R-CHOP療法6コースまたは8コースに髄腔内投与4回および対側精巣への放射線照射が行われる。 胃原発の場合は、のI期、II 1期を限局期、II 2期以降を進行期として扱う。 限局期、進行期それぞれの治療は通常のDLBCLに準じる。 予後 [ ]• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• Lymphoma Study Group of Japanese Pathologists. Pathol Int. 50 9 : 696-702. 2000. Swerdlow SH, et. al WHO classification of Tumours of Haematpietic and Lymphoid Tissue. IRAC Press, Lyon, 2008• Yamaguchi M 2002. Blood 99 3 : 815-21. Nakamura N 2002. Mod Pathol. 15 7 : 771-776. Persky DO 2008. J Clin Oncol. 26 14 : 2258-63. Lancet Oncol. 7 5 : 379-91. Long-term results of the R-CHOP study in the treatment of elderly patients with diffuse large B-cell lymphoma: a study by the Groupe d'Etude des Lymphomes de l'Adulte. J Clin Oncol. 2005 Jun 20;23 18 :4117-26. Epub 2005 May 2. Stiff PJ, et al. ASCO 2011. Abst. 8001. J Clin Oncol. 28 27 : 4184-90. がんプロ. com. 2014年3月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年3月11日閲覧。 Vitolo U Jul 2011. J Clin Oncol. 29 20 : 2766-72. Ann Oncol. 15 7 : 1086-90. Tanaka T 2012. Ann Hematol. 91 3 : 383-90. Ohmachi K 2011. Ann Oncol. 22 6 : 1382-91. 関連項目 [ ]•

次の

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 (DLBCL) 初回治療の実際と効果判定

びまん 性 大 細胞 型 b 細胞 リンパ腫

昨年、母が悪性リンパ腫 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫、中-高危険度 にかかりR-CHOP療法を受けました。 経過は良かったようで、治療の甲斐あって6クール終了後に寛解 CR 、晴れて退院できました。 退院から今日まで約二か月経ちますが、母は元気そのもので入院前の疲れやすかった状態が嘘みたいです。 最近はマスクをしてですが外にも出かけるようになりました。 お医者さん曰く、このまま何も起こらずにいくといいね!とのことですが、寛解後の二年以内は再発のリスクが高く、再発してしまうと1回目より圧倒的に生存率が下がるといった記事を見かけたこともあります。 原因が分からない癌ですので何とも言い難いのですが、人混みなどは多少気を付けるとして、母はこのまま元気よく毎日生きていればいいのでしょうか。 私も同様に悪性リンパ腫で2013年3月に発症、同年10月末に退院、現在寛解状態で治療終了後1年5ヶ月です。 現在薬は飲んでない状態に等しいです、気休め程度にビタミン剤(ほとんど飲んでない)、寝るときの睡眠導入剤半錠です(処方は1錠)。 再発のリスクはありますがビクビクするより前向きに生活した方が良いかと思います。 それでも私は毎月経過観察で通院して血液検査等をしています、その間ちょっとしたトラブルはありましたが特に問題なかったですが、3ヶ月に1回CT撮影していますが秋までは2年、一応5年たてば完治と言われています。 再発よりも感染症の方が怖いです、寛解状態でまだ免疫力は普通の人よりもはるかに低いです、風邪などひくとなかなか治らないしこじらせて簡単に肺炎おこし更にそこから多臓器不全で命を落とすケースが一番多いと医師から言われています。 リンパ腫そのもので亡くなるよりも他の病気を併発してそれが死因になるとも言われています。 リンパ腫再発の場合は同じ治療方法はできないので違う方法(違う薬)ですので大変という意味ではないかと思います。 お母様も定期的に診察していると思いますので早期発見できるので対応していただけるかと思います。 普段より感染に注意して体も無理しない健康的な生活を心がけてください。

次の