ティラノ テイム。 石原夏織&悠木碧“愛らしい恐竜”好演 『さよなら、ティラノ』新場面カット解禁

ユタラプトルをテイムして序盤のお供に!強力な特殊攻撃とは?

ティラノ テイム

ARK: Survival Evolved 最強恐竜ベスト5 この5匹を戦力とすれば間違いなし! と、いう素晴らしい恐竜を選んでみました。 さあ、恐竜島を生き残れ! 第1位:テリジノサウルス 出典: 高い攻撃力と攻撃範囲、それでいて移動速度や操作性も高い。 攻防のバランスに優れる。 特に、攻撃範囲は 壁3枚分まで到達するほど広く、そのパワーを以てして敵を薙ぎ払う。 HP、スタミナ、攻撃力、移動、気絶耐性…全てが高い! 更には木材、ワラ、繊維、ベリー類、肉類を採取可能であり、レベルアップにより採取量にボーナスを振り分けられる。 まさに戦闘、採取どちらでも使える オールラウンダーにして強力な恐竜である。 難点としては、テイムに時間が掛かるのと、スポーン数が多くないので高レベル個体が出現しにくい。 草食なので肉による回復が出来ない事。 これにより洞窟探索での対ムカデ戦で消耗しやすい点。 また、食料の消費が早い傾向にある事です。 可能であればキブルテイムし、交配させて最強個体を作り上げると最強の戦力となります。 その戦闘能力は他の追随を許しません。 ダエオドンが支援にいると、洞窟攻略が楽になります。 主食はベリーと野菜。 性格は攻撃的なので近づくと襲ってきます。 敵に回すと鎧を簡単に剥がされますので、高台から麻酔を撃ち込むのが良いでしょう。 余談ですが、爪は1メートル以上にもなったそうで、薙ぎ払われたら一溜りもなかったそうです。 第2位:メガテリウム 出典: 高い攻撃力と攻撃範囲を持ち、HPも移動も高いというテリジノサウルスに匹敵する能力。 テリジノのような万能すぎる性能はありませんが、メガテリウムの最大の特徴は 昆虫系への特攻ダメージです。 これにより洞窟内の制圧能力はダントツです。 また、昆虫を倒すと バーサクモードが数分間発動し、 攻撃力がブーストされます。 この状態での単体火力はティラノ、テリジノを凌駕します。 おまけとして、命令で座らせることが出来ます。 かわいいです。 主食は肉。 性格は攻撃的なので近づくと襲われます。 第3位:ダイアベア 出典: 上記2匹と比べればHPや範囲などは見劣りしますが、高い攻撃力と高い移動力がウリです。 特徴として、初速が遅い移動ですが、最大速度に到達すると すさまじいスピードで走ります。 その癖、機動力が高いのでまるでバイクのように乗り回せるようになるのです。 若干撃たれ弱いHPをカバーすれば、装甲車として運用できます。 主食は肉と蜂蜜。 性格は攻撃的なので近づくと襲われます。 第4位:ライトニング・ワイバーン 出典: スコーチドアースやラグナロクに登場するワイバーン。 恐竜ではありませんがテイムできます。 ライトニングワイバーンは、空中から 稲妻を吐き出し敵を攻撃できるという遠距離手段を持ちます。 そのDPSは圧倒的で、気絶値も入る為に敵に回した場合は脅威となります。 難点はテイムの難易度と、スタミナ消費速度が速い点、旋回性能が悪い点、交配が出来ない点です。 テイムをするには巣から卵を盗む必要があり、大量のワイバーンに襲われ逃げ延びねばなりません。 唯一振りきれるのはプテラノドンですが、低い体力と気絶値のせいで何度も死亡する事故がおこります。 しかし、それを乗り越えれば頼もしい味方になるでしょう。 主食は肉。 性格は攻撃的で近づくと襲われます。 遠距離攻撃なので直線に逃げると食らって死にます。 尚、当然ですが史実には存在しません。 第5位:モササウルス 出典: 水中を…深海を制覇するにはモササウルスのテイムは欠かせません。 高いHPと攻撃力で過酷な深海生物から身を守ります。 モサ用Tek装備もあり、ボス討伐後は レーザーを発射できるようになり潜水艦状態となります。 難点は深海であるが故にテイムが難しい事。 そして 電撃耐性がない事です。 深海には電気クラゲがおり、当たると強制的に降ろされてしまうので 耐性がないのはかなりのデメリットですが、これより強い深海恐竜は中々いないのでうまく使うしかありません。 主食は肉。 性格は攻撃的で、探知範囲に入ると襲い掛かります。 割と距離があっても追ってくるので気を付けましょう。 ARKのオススメ記事はコチラ.

次の

石原夏織&悠木碧“愛らしい恐竜”好演 『さよなら、ティラノ』新場面カット解禁

ティラノ テイム

sponsored link ユタラプトルの生息地は? 主に山のふもと、森辺りに生息してて、大体が2~3匹でグループになってるのよ。 気性も荒いんで、手当たり次第に草食恐竜を襲っていくスタイル。 そこら辺に居る大人しい草食恐竜を襲っては移動して、また襲ってっていう…ね。 もうお前ら山賊かよ!って言いたくなるくらい。 なので、生息地から離れたところで狩りをしてる場面も、よく見るよ。 ザ・肉食恐竜って顔で、とにかくイケメン。 攻撃力としてはそんなに強くなく、セイセイセイ!っつってジャブ連打の感じ。 敵として襲われると、手数が多い分、防具の消耗が激しいのが個人的にイヤ。 ユタラプトルのテイム方法は? 基本的には「ボーラ」を使って、動きを止めてから安全に行くのがオススメ。 というのも、足がまぁまぁ速いのと、見つかり次第こっちに猛スピードで突っ込んでくるんで、とにかく危険。 しかも特殊攻撃の「飛び掛かり」を受けると、5秒弱の間行動不能になるという極悪技も所持。 その間に、ユタラプトルの集団にひたすら噛まれてご臨終…、このパターン多すぎます。 しかも中型恐竜に騎乗していても、この飛び掛かりが当たっちゃうと、強制的に騎乗解除&行動不能になるから、正直なところ野生で一番イヤな恐竜。 ただボーラがヒットすれば、もうそのユタラプトルは30秒間動けないんで、その間にパチンコやこん棒、麻酔矢で昏睡状態に持っていこう! もしグループで来た場合は、大ケガするのは覚悟で各個撃破して1匹にするか、全員にボーラを投げて、1匹ずつ処理していくと良いかも。 気絶値はかなり低めなので、麻酔矢なら数発、パチンコやこん棒でも十分昏睡に持っていけるレベル。 おまけにヘッドショットであれば、気絶値の上昇量も3倍に上がり、弾数がそれだけ必要無くなります。 ぜひ作って乗りこなそう。 生身で走るより速いのはもちろんだけど、安全面でも段違い。 邪魔な恐竜はこっちから襲って、食料にしちまおうぜ!(あれ?同じことやってる…?) その代わり、重量が低いのが弱点。 出来るだけ荷物を最小限に留めて、動きに支障が無い程度で狩りを終えるように運用しないと、すぐ動けなくなっちゃう。 スタミナをちょっとだけ消費します。 これトロオドンに襲い掛かったんだけど、無防備状態で今下に居ます。 この状態で攻撃が出来るんで、ジャブジャブ!ジャブの嵐。 一方的な狩りが可能なユタラプトル、素敵すぎ。 ただし飛び掛かりには条件があって、小型 ~ 一部の中型恐竜のみにしか効かない! …まぁそりゃそうだ、ティラノに飛び掛かっても、え?ってなるもんな。 少なくとも、1回くらいは見たことあると思う。 湧く確率は5%とレアで、通常のラプトルと仲良くグループ化してる事も多い。 扱いも普通のラプトルとまったく同じで、テイムも可能、初期レベルが少し高めになっているという特徴付き。 とにかくTEKは見た目がカッコイイんで、ついついコレクションしたくなるよね。 これはイベントカラーのTEKユタラプトル。 みんなも、色々なユタラプトルをコレクションしてみてな。 ユタラプトルのステ振りは? 先にも書いたけど、重量が少なすぎるのがデカい。 なので、まずは騎乗しても問題が無いところまでは、積載量を上げたいところ。 ある程度荷物を持って騎乗しても大丈夫になったら、あとは戦闘能力だね。 優先的には体力、次に近接攻撃力、少しスタミナ…というのがオススメかな。 ただ、そもそも騎乗するつもりが無い場合は、重量はほぼ上げず、戦闘関連のみに全振りでもOK。 そこらへんは、その人のスタイルによるね。 以上、ユタラプトルの魅力を紹介してみました! ARKの後半、洞窟攻略なんかでも有効な恐竜の1匹なんで、大事に育てておくのも良いよ。 ではでは、良き恐竜生活を。

次の

【ARK】肉食恐竜をテイムするための建築物【PS4】

ティラノ テイム

アースロプレウラ(砂漠) タレットモードが便利なアースロプレウラ 巨大ミミズである「アースロプレウラ」は、毒を吐いたり気絶攻撃ができるので、敵としてはとてもやっかいですが、仲間にいたら頼れる存在です。 「タレットモード有効化」すると、「アースロプレウラ」は呼んでもその場から動かなくなり、近づいてきた敵に毒を飛ばし続けます。 「アースロプレウラ」は、護衛として連れて歩いても、拠点の門番としても大活躍できます。 ケンタウロス(魔法の森) 陸の移動が速いケンタウロス ケンタウロス(亜種)の遠距離魔法攻撃 「ケンタウロス」は陸における護衛として連れ歩くだけでなく、ライドして移動するにもオススメです。 とても移動速度が速いので、危険な場合に乗って逃げると追いつかれる心配がありません。 オススメは「ケンタウロス」ではなく「ケンタウロス(亜種)」の方。 「ケンタウロス」の場合、L2攻撃は持っているヤリを敵に投げつける中距離攻撃です。 それに比べて「ケンタウロス(亜種)」の方のL2攻撃は遠距離の魔法攻撃。 かなり遠くからでも敵に攻撃できるので、ほぼ確実に先制攻撃可能です。 サドル(ケンタウロス)の作り方と必要素材 素材 革30、銅のインゴット15、原始の魔法コア2 レベル 40 ガーゴイル(魔法の森) 空も飛べるガーゴイル 石にもなれる守護神ガーゴイル 「ガーゴイル」は、「ペガサス」同様にサドルがなくてもライドして空を飛ぶことのできる魔法生命体です。 その割「ペガサス」と違って攻撃的なので、テイムが比較的容易なところがメリット。 選ぶと石化。 拠点などで石化させておくと罠のように、近づいたら動き出して急に攻撃するといったことをさせることができます。 シャドウレオパード(魔法の森) 透明になれるシャドウレオパード(亜種) 護衛として連れ歩くと重宝する「シャドウレオパード」。 動きが速くすぐにサポートに入ってくれます。 オススメなのは「シャドウレオパード」ではなく「シャドウレオパード(亜種)」。 「シャドウレオパード」の場合L2を押しても何も発動しませんが、「シャドウレオパード(亜種)」にライドしてL2を押すと透明化。 ゆっくり足を立てずに歩くので、敵に気がつかれることなく通り過ぎることができます。 そのため自分よりランクの高いエリア(バイオーム)の探索時に一緒にいると安心です。 サドル(シャドウレオパード)の作り方と必要素材 素材 革25、木材25、原始の魔法コア2 レベル 40 ペガサス(魔法の森) 空の移動速度がとても速いペガサス 「ガーゴイル」も乗って空を飛べますが、「ペガサス」の方が高速移動できます。 サドルも必要なし。 しかし「ペガサス」は「ガーゴイル」と違ってすぐに逃げてしまいます。 またせっかく気絶させることができても、他の敵にすぐに標的になれます。 そのためとてもテイムするのが難しい魔法生物です。 もっとも移動速度が速いと感じる生物なので、1人1体はテイムしておきたいところです。 トレント(魔法の森) トレントは木にもなれる魔法の森最強の生物 木になれるだけじゃない。 タレットモードも使える守護神トレント(亜種)。 「トレント」は危険度7。 魔法の森で最強。 黄金の大地や氷の大地で戦っても引けを取らないほど強力な魔法生物です。 体力・攻撃力・気絶値ともに申し分ありません。 オススメは「トレント」ではなく「トレント(亜種)」。 「トレント(亜種)」だけ「木に変身する」のほか、「タレットモードを有効化」なる選択肢もあります。 これは「アースロプレウラ」のものと似ていて、その場にとどまって近づく外敵に魔法樹を投げつけます。 かなりの攻撃力があるので、拠点の門番としても大活躍します。 「アースロプレウラ」の「タレットモードを有効化」は毒攻撃+暗闇。 「トレント(亜種)」の「タレットモードを有効化」とセットで拠点に二体一組の仁王像のように配置したら拠点の守りも安心です。 魔法の森におけるテイムのコツ 「砂漠」から徐々にテイムが難しくなりますが、「魔法の森」に入るとよりテイムの環境が過酷になります。 できる限り他の敵に邪魔されないようテイムしなければ、気絶させた生物を殺されてしまいますので注意が必要です。 魔法ライフル1丁と魔法のねむりのダーツ100発くらいあると安心 「魔法の森」におけるテイムは、気絶させた途端に他の敵に群がられ殺されてしまうという過酷な環境です。 特に「ペガサス」は、「魔法の森」では周りカモにされている様子で、気絶していなくてもよく攻撃されています。 しかも体力があまりないので、気絶させた後は即座にやられてしまいます。 そこで、「魔法の森」に入ってから出会う敵全て、片っぱしから順番に魔法ライフルで魔法のねむりのダーツを発射させ気絶させていくことをご提案します。 テイム予定にあろうがなかろうが、まだ「ペガサス」を見つけていない状態であっても、「魔法の森」で出会った敵を全て眠らせてしまうのです。 こうすれば目標の魔法生物に出会った時に、気絶させても他の敵に攻撃される心配はありません。 「魔法の森」の生物は殺してしまうのを覚悟で魔法ライフルを使う 「魔法の森」に生息する魔法生命体のうち、レベル23以下のものに推奨される、気絶させるための武器はクロスボウと魔法のねむりの矢になります。 しかし危険度5の生物は、クロスボウからライフルに切り替えるラインになりますので、クロスボウと魔法のねむりの矢では3〜4発射ち込まないと気絶させることができません。 だからといって魔法ライフルと魔法のねむりのダーツでは攻撃力が強すぎるので、一撃で殺してしまう可能性もありますし、気絶させることができても瀕死です。 なので気絶した途端周りの敵に一撃でも攻撃されようものならそのまま殺されてしまう可能性が高くなるのです。 なのですでにご提案した通り、「魔法の森」に入ってから出会う生物を片っぱしから気絶させておけば、気絶後に襲われる心配がないので、魔法ライフルで一撃で気絶させても問題ありません。 もし一撃で死んでしまった場合には、レベルが低すぎる魔法生物だったと割り切ってしまうと良いかと思います。 魔法ライフルと魔法のねむりのダーツであれば、危険度5の生物はほとんど一発で気絶します。 レベルが高い場合には2〜3発当てる必要があるかと思いますが、そんなに難しくはありません。 トレントだけは4人くらいでテイムに行くことをおすすめ 「魔法の森」においては、「トレント」以外の生物であれば魔法ライフルと魔法のねむりのダーツで1〜3発で気絶させることができるので、1人でテイムしに行っても失敗することはあまりありません。 しかし「トレント」だけは別格。 何しろ危険度は7もあるのです。 魔法ライフルと魔法のねむりのダーツ出会っても、10発くらい当てる気で挑まなければなりません。 仮にレベル30くらいの「トレント」がいるとしたら、13〜15発くらい当てなければならなくなるので、4人でいけば1人3〜4発当てれば済みます。 1人だと13〜5発当てる間、回復しながら「トレント」の攻撃を耐えきらなければならないので難易度はかなり高めです。 バリスタを設置できればトレントは1人でも大丈夫 バリスタを設置して、魔法のバリスタの矢をバリスタのイベントリに入れ、搭乗して、狙いを定めて発射。 ライフルに比べてかなり手間はかかりますが、バリスタと魔法のバリスタの矢であれば、魔法ライフルと魔法のねむりのダーツの半分くらいの回数で気絶させることができるので1人でもノーダメージでテイムすることができます。

次の