ほうれん草栽培失敗。 家庭菜園のほうれん草の種まきの時期やまき方や栽培方法のコツ

ホウレンソウ(ほうれん草)の栽培方法・育て方のコツ

ほうれん草栽培失敗

ほうれん草の栽培は簡単と言われていますが、実際にやってみると意外と難しく失敗してしまうことがあります。 「種まきしたけどうまく発芽しない」 「発芽はしたけどいつの間にか姿が見えなくなっていた」 「葉が黄色くなって育ちが悪い」 などなど、栽培は簡単と言われているにもかかわらず、なぜほうれん草栽培に失敗してしまうのでしょう。 一般的にほうれん草は酸性土が嫌いなので土の酸度が高いと栽培に失敗する、と言われています。 ところがほうれん草栽培の失敗の原因はそれだけではなかった!ということを実際に栽培に失敗してみて身をもって知ったので、ほうれん草栽培7つの失敗ポイントと解決方法、対策をご紹介します。 スポンサーリンク 目次• 一般的な野菜を育てる場合はph6. 0〜6. 5程度の土が適していますがほうれん草の場合はもう少しphが高い方がよく、ph6. 0〜7. 5の範囲で育ちます。 ほうれん草は他の野菜よりも土壌の酸度には敏感で、phが低いと育ちません。 ただし厳密にいうとph6. 0〜7. 5は中性からほんの少し酸性です。 「酸性の土を嫌う」という表現は厳密には他の野菜と比較して、という意味になるかと思います。 これを知らずにもっとphをあげてしまうとそれはそれでほうれん草が育ちにくくなりますので、ほうれん草が好きなのは「ph6. 0〜7. 5」だということを覚えておくのがよいでしょう。 どうしても育ちにくいときは、土壌酸度計などで土の酸度を測ってみるのもよいかもしれません。 種をまいて発芽した後、葉が2〜3枚になってもその後成長しない、枯れてしまう、とか葉が黄色くなって育ちが悪い、という場合は土のphが低いことが原因であることがほとんどです。 秋に種をまいて芽も出たのにいつの間にか影も形もなくなっていた、という場合この土壌の酸度が原因であると考えられます。 ほうれん草を育てる場合は苦土石灰を使ってしっかり土壌のphを調整してから種まきしましょう。 有機石灰は効き目が穏やかでphが変化するまで時間がかかりますので、ほうれん草栽培のために土の酸度調整をする場合は苦土石灰を使った方がよいでしょう。 そのため最近売られている種は種皮に傷をつけたうえで薬剤処理して発芽しやすいように処理されているものがほとんどです。 こういった処理されたほうれん草の種はそのまま種まきすることができます。 薬剤処理されていない自然な状態の種の場合はこの休眠物質を取り除くために何度か水を替えながら1日ほど水につけてから種まきをしたりします。 気温が高い時期は、ほうれん草は発芽しにくいので水につけた後の種を乾かないように湿らせたキッチンペーパーなどで包んでビニール袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室などで2〜3日置いておき少し発芽させてから土にまきます。 どちらの場合もほうれん草の種が発芽するまで水分はしっかり必要なので、乾かさないようにしっかり観察して水やりをします。 乾かしてしまうと発芽しなくなってしまいますので注意が必要です。 特にほうれん草栽培では初期生育が大事で、小さいうちからたっぷり養分を必要とします。 土に栄養が足りないと生育不良になり、よく育たずに終わってしまいます。 そのため土には堆肥、元肥ともにしっかり混ぜ込んでよい土を作って種まきをします。 ほうれん草栽培には養分がしっかりと必要ですので一株に十分な栄養がいきわたるように種まきの時から種の間隔を1〜2cmとり、その後の間引きでも株間をしっかり取っていきます。 本葉2〜3枚で1回目の間引きをしますが、この時株間が3cm程度になるように、そして2回目の間引きで株間が最低6cmくらいになるようにします。 このタイミングが遅れるとほうれん草の株が混み合って徒長して茎がたってしまったり、そのままとう立ちしてしまい花芽ができてしまうこともあります。 そのため土はしっかり深いところまで耕して堆肥と元肥をすき込んでおく必要があります。 プランターの場合は深型プランターなら言うことなしですが、最低でも65cm標準プランターサイズ以上のプランターで栽培するのがおすすめです。 葉物野菜なのでそんなに深い土が必要だとはあまり想像しにくいですが、ほうれん草の場合は初期生育の時点から収穫するまでの間養分をたくさん必要とするため、しっかり深いところまで耕して元肥を効かせてやることでほうれん草の根が養分の吸収をしっかりできるようになります。 その分寒さには強く冬でも路地で栽培できます。 今では、品種改良もされて夏場でも栽培しやすいほうれん草の種類もあるようですが、やはり育てやすいのは気温が下がる秋から冬、そして早春、という時期が適しています。 日本は毎年5月〜9月までの間にとにかく猛暑酷暑と言われる暑い日が続いたりしますのでその時期はほうれん草の栽培はそもそもしにくいのです。 秋に種をまく際も、しっかり夏の残暑、高温が落ち着いてからの方が無難です。 短日性、つまり日が短い環境で栽培可能な野菜です。 日の出ている時間が1日12時間以下の環境でよく育ちます。 つまり、秋分の日から春分の日までの間が一番育てやすい時期になります。 日が長くなるとどうなるかというとほうれん草は花を咲かせてしまいます。 一般にとう立ちと言います。 菜花のように当立ちした部分を食べる野菜もありますがほうれん草の場合はとう立ちすると葉が硬くなり美味しくありません。 ベランダ菜園や家庭菜園の場合はこの光の問題は特に気をつけなければいけません。 夜でも窓辺の光が当たっていたり、外灯の光がほうれん草に当たっているとほうれん草は日の長い春から夏の季節と勘違いしてしまいとう立ちしてしまいます。 夜しっかり暗くなる場所じゃないとほうれん草栽培はできません。 もしベランダや庭先などで、夜、家の明かりや外灯がほうれん草に当たってしまうような場合は光が当たらないように黒ビニールをかける、ダンボールをかぶせるなどして夜の間だけしっかり光を遮ってやる必要があります。 ほうれん草栽培の失敗、原因は見つかりましたか? ほうれん草栽培の失敗の原因、思い当たるものはあったでしょうか? すんなりうまく栽培できてしまった時には気づかずに済むようなほうれん草栽培の失敗の原因。 実際に失敗してみると、ほうれん草ってこんなに敏感なんだ、ということがよくわかります。 特にベランダ菜園のプランター栽培では光の問題と株間の問題、phがあっていないなどが失敗の原因になりやすいです。 意外と気難し屋さんのほうれん草ですが、これらの原因がわかれば対処法自体は簡単ですのできっと美味しいほうれん草が収穫できるようになると思います。

次の

家庭菜園 お家の庭で栽培するほうれん草の作り方!栽培記録

ほうれん草栽培失敗

ほうれん草栽培失敗の原因 ほうれん草は高温にとても弱いので、初心者は秋植えからチャレンジしてみましょう。 気温が高くなるとトウ立ちしやすい上、葉が黄色く変色して枯れてしまいます。 育てやすいオーライ、エスパー、次郎丸、アトラスなどがお勧めです。 土壌が酸性になってる ほうれん草は酸性土壌にとても弱い野菜です。 com 日本の土壌は酸性が強いですし、栽培を続けていくと土壌は、だんだん酸性に傾いていきます。 この 酸度を中和し、アルカリ性に傾ける為に石灰を使います。 ほうれん草が育ちやすい土壌酸度は、6. 石灰には 苦土石灰と、有機石灰の2種類があります。 これからほうれん草を植える場合は、苦土石灰をまきましょう。 amazon. jp 植え付ける2週間前に苦土石灰をまき、よく土と混ぜ合わせておきます。 もう既に 栽培中の方は、有機石灰を土の上にまきましょう。 monotaro. irisplaza. jp 有機石灰は中和能力が弱いので、栽培途中からでもまける石灰ですが、肥料をあたえると土壌は酸性に傾きます。 その為、 肥料を与える際はもう一つまみ位、余計に石灰をまきましょう。 肥料不足 プランターでほうれん草を、栽培するときは 週に1度、水やりを兼ねて液肥を与えると生育が良くなります。 薄めて使うタイプは必ず説明を読み、濃くならない様に規定量を希釈して与えましょう 水やりは、天気の良い日の午前中に1回だけ行い、日が陰る頃から夜間は、葉が乾いている状態にしておくことがポイントです。 梅雨や秋雨時期など、雨が続く時は水やりを控えましょう。 多湿になると病害が発生しやすくなります。 病気になってしまった ほうれん草に発生する病害には、 べと病(葉の表面に淡い黄色の斑点が発生する病害)があります。 他にも、 苗立ち枯れ病(地際部が菌に侵される病害)や、モザイク病(葉が縮んだり萎れたりする病害)があります。 病気の対策として薬剤を予防散布するか、病気が発生したら7~10日おきに、該当する薬剤を散布します。 com 初心者が病害にかからないよう、上手に育てるコツは、 病気になりにくい抵抗性品種を選ぶ事です。 またほうれん草は乾燥を嫌いますが、多湿になりすぎない様、 水のやり過ぎにも注意しましょう。 害虫被害にあった ほうれん草に発生しやすい 害虫は、アブラムシ類、ヨトウムシ、ヤガ、メイガです。 害虫を見つけたら、すぐに取り除き、被害を最小限に抑えましょう。 アブラムシはモザイク病などの、ウイルス病の感染源となります。 jp 害虫は防除が大切ですので、駆除を徹底することが、被害を最小限に食い止める最大のポイントです。 害虫被害の対策 ほうれん草の害虫対策は、早目に薬剤をまいておきましょう 出典元:Rakuten 又コンパニオンプランツとして、相性のいい野菜を隣に植えるのもいいですね ほうれん草と相性のいい野菜(コンパニオンプランツ)は葉ネギです。 コンパニオンプランツとは、違う種類の野菜を混植することで、病害虫を抑えたり生長を助ける事です。 ほうれん草の、種をまいた周辺に 葉ネギを植えると効果的です。 ほうれん草につく害虫は、葉ネギを嫌うからです。 また 葉ネギはほうれん草の、萎凋病を予防し硝酸を減らす効果も期待できます。 いかがでしたか? ほうれん草が育たない原因が何か、分かりましたら早速対処してみて下さい。 美味しいほうれん草が収穫出来て、食卓に上れば楽しみも増えますね 野菜のお値段が高騰してる時は、きっと家計の足しになる事でしょう 今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 こちらの関連記事もご覧下さい。

次の

夏場のほうれん草栽培のコツ。特徴を掴み、新たな収入源に!

ほうれん草栽培失敗

ほうれん草の栽培は簡単と言われていますが、実際にやってみると意外と難しく失敗してしまうことがあります。 「種まきしたけどうまく発芽しない」 「発芽はしたけどいつの間にか姿が見えなくなっていた」 「葉が黄色くなって育ちが悪い」 などなど、栽培は簡単と言われているにもかかわらず、なぜほうれん草栽培に失敗してしまうのでしょう。 一般的にほうれん草は酸性土が嫌いなので土の酸度が高いと栽培に失敗する、と言われています。 ところがほうれん草栽培の失敗の原因はそれだけではなかった!ということを実際に栽培に失敗してみて身をもって知ったので、ほうれん草栽培7つの失敗ポイントと解決方法、対策をご紹介します。 スポンサーリンク 目次• 一般的な野菜を育てる場合はph6. 0〜6. 5程度の土が適していますがほうれん草の場合はもう少しphが高い方がよく、ph6. 0〜7. 5の範囲で育ちます。 ほうれん草は他の野菜よりも土壌の酸度には敏感で、phが低いと育ちません。 ただし厳密にいうとph6. 0〜7. 5は中性からほんの少し酸性です。 「酸性の土を嫌う」という表現は厳密には他の野菜と比較して、という意味になるかと思います。 これを知らずにもっとphをあげてしまうとそれはそれでほうれん草が育ちにくくなりますので、ほうれん草が好きなのは「ph6. 0〜7. 5」だということを覚えておくのがよいでしょう。 どうしても育ちにくいときは、土壌酸度計などで土の酸度を測ってみるのもよいかもしれません。 種をまいて発芽した後、葉が2〜3枚になってもその後成長しない、枯れてしまう、とか葉が黄色くなって育ちが悪い、という場合は土のphが低いことが原因であることがほとんどです。 秋に種をまいて芽も出たのにいつの間にか影も形もなくなっていた、という場合この土壌の酸度が原因であると考えられます。 ほうれん草を育てる場合は苦土石灰を使ってしっかり土壌のphを調整してから種まきしましょう。 有機石灰は効き目が穏やかでphが変化するまで時間がかかりますので、ほうれん草栽培のために土の酸度調整をする場合は苦土石灰を使った方がよいでしょう。 そのため最近売られている種は種皮に傷をつけたうえで薬剤処理して発芽しやすいように処理されているものがほとんどです。 こういった処理されたほうれん草の種はそのまま種まきすることができます。 薬剤処理されていない自然な状態の種の場合はこの休眠物質を取り除くために何度か水を替えながら1日ほど水につけてから種まきをしたりします。 気温が高い時期は、ほうれん草は発芽しにくいので水につけた後の種を乾かないように湿らせたキッチンペーパーなどで包んでビニール袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室などで2〜3日置いておき少し発芽させてから土にまきます。 どちらの場合もほうれん草の種が発芽するまで水分はしっかり必要なので、乾かさないようにしっかり観察して水やりをします。 乾かしてしまうと発芽しなくなってしまいますので注意が必要です。 特にほうれん草栽培では初期生育が大事で、小さいうちからたっぷり養分を必要とします。 土に栄養が足りないと生育不良になり、よく育たずに終わってしまいます。 そのため土には堆肥、元肥ともにしっかり混ぜ込んでよい土を作って種まきをします。 ほうれん草栽培には養分がしっかりと必要ですので一株に十分な栄養がいきわたるように種まきの時から種の間隔を1〜2cmとり、その後の間引きでも株間をしっかり取っていきます。 本葉2〜3枚で1回目の間引きをしますが、この時株間が3cm程度になるように、そして2回目の間引きで株間が最低6cmくらいになるようにします。 このタイミングが遅れるとほうれん草の株が混み合って徒長して茎がたってしまったり、そのままとう立ちしてしまい花芽ができてしまうこともあります。 そのため土はしっかり深いところまで耕して堆肥と元肥をすき込んでおく必要があります。 プランターの場合は深型プランターなら言うことなしですが、最低でも65cm標準プランターサイズ以上のプランターで栽培するのがおすすめです。 葉物野菜なのでそんなに深い土が必要だとはあまり想像しにくいですが、ほうれん草の場合は初期生育の時点から収穫するまでの間養分をたくさん必要とするため、しっかり深いところまで耕して元肥を効かせてやることでほうれん草の根が養分の吸収をしっかりできるようになります。 その分寒さには強く冬でも路地で栽培できます。 今では、品種改良もされて夏場でも栽培しやすいほうれん草の種類もあるようですが、やはり育てやすいのは気温が下がる秋から冬、そして早春、という時期が適しています。 日本は毎年5月〜9月までの間にとにかく猛暑酷暑と言われる暑い日が続いたりしますのでその時期はほうれん草の栽培はそもそもしにくいのです。 秋に種をまく際も、しっかり夏の残暑、高温が落ち着いてからの方が無難です。 短日性、つまり日が短い環境で栽培可能な野菜です。 日の出ている時間が1日12時間以下の環境でよく育ちます。 つまり、秋分の日から春分の日までの間が一番育てやすい時期になります。 日が長くなるとどうなるかというとほうれん草は花を咲かせてしまいます。 一般にとう立ちと言います。 菜花のように当立ちした部分を食べる野菜もありますがほうれん草の場合はとう立ちすると葉が硬くなり美味しくありません。 ベランダ菜園や家庭菜園の場合はこの光の問題は特に気をつけなければいけません。 夜でも窓辺の光が当たっていたり、外灯の光がほうれん草に当たっているとほうれん草は日の長い春から夏の季節と勘違いしてしまいとう立ちしてしまいます。 夜しっかり暗くなる場所じゃないとほうれん草栽培はできません。 もしベランダや庭先などで、夜、家の明かりや外灯がほうれん草に当たってしまうような場合は光が当たらないように黒ビニールをかける、ダンボールをかぶせるなどして夜の間だけしっかり光を遮ってやる必要があります。 ほうれん草栽培の失敗、原因は見つかりましたか? ほうれん草栽培の失敗の原因、思い当たるものはあったでしょうか? すんなりうまく栽培できてしまった時には気づかずに済むようなほうれん草栽培の失敗の原因。 実際に失敗してみると、ほうれん草ってこんなに敏感なんだ、ということがよくわかります。 特にベランダ菜園のプランター栽培では光の問題と株間の問題、phがあっていないなどが失敗の原因になりやすいです。 意外と気難し屋さんのほうれん草ですが、これらの原因がわかれば対処法自体は簡単ですのできっと美味しいほうれん草が収穫できるようになると思います。

次の