ご配慮いただき。 「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

敬語「ご配慮いただく vs くださる」の意味と違い・使い方

ご配慮いただき

「お気遣いいただきありがとうございます」とは、「私のために気配りや配慮をしてもらいありがとうございます」という意味のある敬語表現です。 「お気遣い」は、相手が自分のことを気を配る気持ちや相手の配慮を指します。 つまり、物や形ではなく相手が自分のためを思ってくれる気持ちを示すところがポイントです。 また、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、自分の立場をへり下って伝えたいときに使います。 そのため「お気遣いいただきありがとうございます」をビジネスシーンで使うときは、上司や取引先の人など目上の人からしてもらった心遣いに感謝を示したいときに用いることが可能です。 「お気遣いいただきありがとうございます」は、目上の方にも使える敬語表現? 「お気遣いいただきありがとうございます」は 目上の人からの心遣いや配慮に感謝を伝えたいときに用います。 例えば、風邪などで会社を休むときに「無理しないようにしてください」など温かい言葉をかけてもらったときには、「お気遣いいただきありがとうございます」を用いることで、心遣いに対して感謝の気持ちを述べられます。 また、 「お気遣いいただきありがとうございます」の他の使い方としてメールや手紙などの書き言葉としても使用可能。 日頃の心遣いに感謝をしたいときやお中元やお歳暮などを受け取ったときに、相手の配慮に対して感謝の気持ちを伝えられます。 他にも「お気遣いいただきありがとうございます」は、接待やお誘いに感謝の気持ちを示したいときにも使えますよ。 「痛み入ります」は「恐縮です・恐れ入ります」と同じような意味を持つので「お気遣い痛み入ります」は「心遣いや気遣いに身が縮む思いです」という意味になります。 「お気遣いいただきありがとうございます」の類語で、「お気遣いいただきありがとうございます」と同様に目上の人から受けた心遣いに対して感謝の気持ちを伝えたいときに活用します。 しかしながら、「お気遣いいただきありがとうございます」のように日常会話で使うことは少ないです。 ビジネスシーンでは接待などのお誘いを受けたときにお礼や感謝を伝える書き言葉として使うのが一般的です。 「お気遣い痛み入ります」の使い方• Thanks for your concern. (お気遣いありがとうございます)• Thank you for your thoughtfulness. (お気遣いいただきありがとうございます)• I am very much obliged to you(恐縮です)• I appreciate your thoughtfulness. (お気遣い痛み入ります)• Thank you for being so considerate. (ご高配ありがとうございます)• I am sorry for troubling you when you are busy. (お忙しいところ恐れ入ります).

次の

「ご配慮」の意味とは?「ご配慮いただき」の使い方や例文もチェック!

ご配慮いただき

ビジネス文書(メール)の挨拶• ビジネス上のお願いをしたい時 1を使うときは特に問題ありませんが、2の意味で使うとやや厚かましい表現になってしまうので注意が必要です。 普段づかいのビジネスメールに「ご高配を賜りありがとうございました」のように書くこともありますが、畏まりすぎなので一般的ではありません。 普段使いのビジネスメールであれば、「ご配慮いただきありがとうございました」の方が自然です。 よく使われる表現ではありますが、相手に心配りを要求しているので厚かましい感じがするので、あまり使わない方がいいでしょう。 相手にお願いをするときは 「(ものごとが上手く運ぶように考え、処理すること)」を使う方が適切です。 例:Your consideration or kindness、support would be really appreciated. 5.注意したい「ご高配」を使った表現 ここで紹介する表現「ご高配を賜りたく〜」「ご高配を賜りますよう〜」は相手に心配りを要求するやや厚かましい表現です。 表現として間違いではありませんが、 「お取り計らい」を使って言い換えた方が無難です。 知らずに使っていると相手に不快な思いをさせてしまう恐れがあるので、使いどころをわきまえておきましょう。 5-1.ご高配を賜りたく(頂きたく存じます) 「ご高配を賜りたく存じます」という文章は お願いのビジネスメールでよく出てくるフレーズです。 「存じる」は「思う」の謙譲語で、「相手のお心配りをもらいたいと思います」という意味になります。 賜りたく(いただきたく)はお願いの中でも 自分の勝手な都合をどうにかしてくれという気持ちが入っているので、それを一言詫びる文章を入れて使った方がいいでしょう。 例:内容をご検討の上、ご お取り計らいくださいますよう、お願い申し上げます。 では最後に「ご高配」と同じニュアンスで使える類語を見てきます。 6.「ご高配」の類語 ここでは「ご高配」とほぼ同じ意味で使うことができる言葉を4つ紹介します。 では、順番に見ていきましょう。 6-1.お心遣い 「」の意味は「配慮、祝儀(お金)」という意味で、以下のようなシーンで使います。 金品(お土産、見舞金、暑中見舞いなど)をもらった時• ご祝儀(お金。 結婚祝い、出産祝いなど)をもらった時• 普通のお礼(相手が心配してくれた時、仕事を頼まれてくれた時など) 例えば、以下の例文のような使われ方をします。

次の

「ご高配」の意味と使い方!「ご配慮」との違いや例文も解説

ご配慮いただき

ご配慮いただきありがとうございますの意味とは? ご配慮いただきありがとうございますの意味は気遣ってくれてありがとう ご配慮いただきありがとうございますの意味は、気遣ってくれてありがとうという意味です。 ご配慮という言葉には「人・物などのことを考えた言動をとること」という意味合いがあります。 そのため配慮を言い換える際には、思いやり・気遣い・心配り・親切心などと言い換えることができます。 ご配慮いただきありがとうございますは他人から何かの優しさをもらった時や、自分の事情などを勘案して思いやりのある対応をしてもらった時にお礼の言葉として伝える際の言い回しです。 ビジネスシーンではこのように相手に対してしっかりとお礼を伝えることはとても重要であると言われています。 なぜなら、こういった礼儀をわきまえた行動をとっている人に対して周囲の人はしっかりとした人間であると感じやすく良い印象を与えやすいからです。 周囲の人から良い印象を抱かれていると、仕事を任されやすかったり困った時に手助けをしてくれたりと、仕事だけに限らず、非常に良い人間関係が築けると言われています。 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語が使われた正しい敬語表現 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語に分類される敬語表現です。 ご配慮いただきありがとうございますという言い方は、してもらうの謙譲語である「いただく」を用いた敬語表現です。 またご配慮の「ご」も敬語の中の分類される謙譲語表現になります。 ご配慮いただきありがとうございますは間違った敬語表現と思っている人が少なくないと言われています。 ご配慮いただきありがとうございますを間違った敬語表現だと考えている人は、ご配慮という言葉が尊敬語であり、相手の行動に対して敬意を表した表現であるととらえていることが理由と言われています。 このようなことからご配慮という相手の言動に対して敬意を表す尊敬語に、配慮をしてもらうという意味の謙譲語「いただく」を組み合わせることは敬語表現として間違っていると考えられることがあると言われています。 しかしご配慮いただきありがとうございますの「ご配慮」は謙譲語であることから正しい敬語と言えます。 ご配慮いただき・くださりの違いは? ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたか ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたかという点にあります。 ご配慮いただきという表現には「ご配慮してもらって」という意味合いがあります。 もう一方のご配慮くださりという表現には「ご配慮してくれて」といった意味合いがあります。 これらのことから意味は同じなのですが、配慮をいただく人は自分であり、配慮をする人が相手であるという言動の主体者に違いがあります。 ご配慮いただきという表現はご配慮をしてもらった自分の視点で述べられた表現です。 その反対に、もう一方のご配慮くださりという表現は配慮をした相手の視点で述べられた表現です。 これらのことからご配慮いただき・くださりの違う所は誰の視点で述べられたかであると言えます。 しかしご配慮いただきもご配慮くださりも、言葉に込められた意味合いは同じです。 そのため状況などに応じてご配慮いただき・くださりを使い分けることが重要であると言われています。 ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れる ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れます。 ご配慮いただきとご配慮くださりの違いは誰の視点で述べられたかという違いですので、敬語の表現方法に違いが現れます。 ご配慮いただきという表現は「いただく」という謙譲語表現を用いていることからも分かる通り、自分の行為をへりくだった表現で言い表した使い方です。 もう一方のご配慮くださりという表現は、相手の視点で述べられた表現ですので、「くださる」という尊敬語が使われています。 尊敬語は相手に敬意を示すために相手の言動を高めるための表現です。 このようなことからご配慮いただき・ご配慮くださりの違いは敬語の表現に現れると言えます。 ちなみに以下のサイトでは尊敬語・謙譲語・丁寧語の違いや、よく使う敬語の使い分け変換表が掲載されていたので参考になさってください。 寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現には、とっても優しいな思いをかけていただいてありがとうございますといった意味合いが込められています。 寛大なという言葉には、大きな心をもっている様子や相手のことを思いやる気持ちが強いといった意味合いがあります。 そういった意味合いから寛大なという言葉を使う場合には、小さなことで相手を非難しないことといった意味合いで使われることもあります。 このように小さなことに固執せず、大きな心をもった対応をしてくれる人は周囲の人から良い印象を抱かれる傾向があると言われています。 寛大なという言葉にはこのような意味合いがあることから、寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現は、ミスなどを許してくれた際のお礼として使われることもあります。 ビジネスにおいては、1つの仕事が数か月にも及ぶことは珍しくありません。 このように大きな仕事に携わる場合など、関係者と長い付き合いをすることは珍しくありません。 このように長期に渡る仕事に一旦区切りがついた時などに様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方がされます。 こういった際に使われる様々なご配慮をいただきありがとうございますという言い回りには「この度はたくさんの思いやりのある言動をしていただいてありがとうございました」とい意味が含まれます。 他にも様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方は、仕事を辞める時などにも使うことができます。 仕事で色々とお世話になった人に挨拶をする際に「右も左もわからなかった私に様々なご配慮をいただきありがとうございます」という使い方もできますので、状況に応じて使い分けられる表現と言われています。 この度はご配慮いただきありがとうございましたという使い方は、相手の気遣いや親切な対応に対して使われるフレーズです。 「この度は」という表現は「今回は」「この件では」という意味合いを丁寧な言い方にした表現です。 ちなみにビジネスシーンでは「この度」というように漢字表記を用いる方が、相手に対してきっちりとした印象を与えられると言われています。 「このたび」というように平仮名表記にするとフランクな印象を与えがちであると言われているので、正式な文書などには「この度」というように漢字で書くことが無難であると言われています。 この表現は相手に配慮をしてもらうようにお願いをする際に使われます。 例えば「この建物は全館禁煙ですのでご配慮のほどお願い申し上げます」というような使い方です。 このようにご配慮のほどお願い申し上げますという表現は、相手に対して配慮を促すと同時に、禁止事項などを案内する際に使われます。 ビジネス用語なので「ご配慮のほど」と柔らかい表現にしていますが、言っている内容は禁止されている事項の案内であることもありますので注意が必要です。 ちなみにご配慮のほどの「ほど」には深い意味合いはなく、言い回しを柔らかくして相手に不快感を与えないような心配りがされた表現であると言われています。 他にも礼儀をわきまえた敬語の1つであり重宝されると言われている謹んでお請けいたしますという表現については以下の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。 厚情という言葉には、厚い情け・思いやり・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 厚情という言葉の意味については詳細が記載されていた以下のサイトもご覧ください。 「格別のご厚情」という言葉遣いは正式な文書や礼儀を重んずる場面で使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「心よりお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 高配という言葉には、気遣い・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 高配という言葉の意味については以下のサイトに詳しく紹介されていたので参考になさってください。 「格別のご高配」という言葉遣いは案内文などのしっかりとした文章として使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「厚くお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 他にも良いことが達成された時のことを話す「暁には」という表現もきっちりとした場面で使うことができますので、詳しくお伝えしている以下の記事を参考になさってください。 また比較的上の世代の人に好まれる場末という表現の意味や読み方に関する記事もお役立てください。 ご配慮いただきありがとうございますの意味や使い方を把握しましょう ご配慮いただきありがとうございますという表現はビジネスシーンで使われることが多く、類語などを合わせて押さえておくと重宝します。 表現力が豊かな社会人であると思われるよう、少しずつ語彙力を増やしていきましょう。 最後にビジネスシーンの中でも魅力を感じる人が多いと言われるIT業界についての記事を紹介します。 IT業界は時代の最先端を走り、仕事の成果を感じやすいことで人気があると言われています。 またIT業界は未経験者や転職者にとって働きやすい業界であるとも言われており、人材が不足気味とのことからIT業界で働きたいという人は珍しくありません。 以下の記事ではそんなIT業界の魅力や志望動機の書き方についてお伝えしています。 また一流企業の定義や人気に関する記事も合わせてご覧ください。

次の