国光 か よこ。 HIROSHIMA MUSIC BASE & FOOD JOINT

二度目の結婚♪

国光 か よこ

木原朋子(箏) エリザベト音楽大学卒業、同大学院修了。 在学中ザビエル賞、セシリア賞受賞。 NHK邦楽オーディション合格。 NHK邦楽のひととき、NHK新春コンサートに出演。 2011年日独150周年記念コンサートにてソリストとして広島・ドイツ公演に出演。 同年World of strings projectより招待を受け、以降毎年ドイツ国内ツアーに参加。 2012年若い芽を育てる会牛尾シズエ特別賞受賞。 第19回賢順記念全国箏曲コンクール銀賞並びに福岡県知事賞受賞。 2014年Aachen Guitar Festivalから招待を受け参加。 現在比治山女子中学・高等学校非常勤講師。 エリザベト音楽大学非常勤講師。 広島を拠点に国内外で活動中。 中学、高校時代でバンド活動に目覚める。 高校卒業と同時にカワイ音楽広島で講師を務めるかたわら、音楽理論を学びドリマトーン全国大会で銅賞に入賞し最上級のグレードを取得。 国内外のトップミュージシャンと数多くの共演を展開。 テレビ、ラジオのテーマソングやCMソングなども作曲・編曲・演奏等で数多く手掛けている。 1999年には癒しをコンセプトとしたバンド「こゆみこ」を立ち上げ、現在までに「こゆみこ」としては5枚のアルバムをリリース。 日本では珍しい楽器"クラビオーラ"(木管鍵盤ハーモニカ)奏者としても各界から注目を浴びている。 2015年7月、童謡・唱歌CD「FURUSATO」リリース。 なかにし隆(ピアノ) 1964年8月2日生まれ。 広島市出身。 広島交響楽団のバイオリン奏者だった母の影響を受け5歳からピアノを演奏し始める。 ジャズには高校生の時に目覚め、大学時代より自身のピアノ・トリオでライブ活動を開始。 卒業後は広島市内のジャズ・ライブハウスのハウス・ピアニストとして地元のメンバーとはもちろん、全国で活躍するギタリスト・廣木光一、サックス奏者・小濱安浩、フルート・小島のり子、ギタリスト・天野丘、ボーカリスト・コジマサナエはじめ、多くのミュージシャンに誘われ全国で演奏活動をしてきた。 また、自身のピアノ・トリオ等での演奏活動とレコーディングも展開中。 広島市内と福山市内でジャズピアノ教室、JAZZ・ワークショップを主催し、後進の指導にもあたっている。

次の

国光かよことは

国光 か よこ

海田町出身で、レポーターとしてご活躍中の大松しんじさん、国光かよこさん、女優でカープ女子としても知られるうえむらちかさんと西田町長が新春対談を行い、これからの海田町について語り合いました。 昨年を振り返って 町長 新年あけましておめでとうございます。 本日はよろしくお願いします。 3人 あけましておめでとうございます。 よろしくお願いします。 大松 町長さん 激動の年になりましたね。 町長 町政の舵取りをさせていただくということで、しっかりと頑張っていきたいと思います。 皆さまのご協力をよろしくお願いします。 みんなでいっしょにまちづくりをしたいという気持ちで訴えてきましたので、いろいろアイデアやご意見をお聴きしながら、進めていきたいと考えています。 国光 町長は、これまでどのような活動をしてこられたのですか。 町長 大学の教員をしていましたので、その時にいろいろなボランティアに関わりながら、議員になり、議員として14年やってきました。 その間もいろいろな形でボランティアに関わりましたが、どの活動も住民の皆さんが主体となって進めてくださいました。 平成26 年8月20日、広島市で豪雨災害が発生した際には、一カ月間ボランティア活動を行いました。 土・日曜日が中心ですが、家一軒を担当する形で、床裏まで入って清掃などをしました。 大松 昨年は議員としての仕事やボランティア活動でお忙しかったですね。 町長 今年はまだ忙しくなるでしょう。 災害対策にもしっかり取り組んでいきたいと思います。 海田町長 西 田 祐 三 町民の活躍 町長 昨年は皆さんのほかにも海田町ゆかりの方がたくさん活躍されました。 昨年7月、日本アマチュアゴルフ選手権で、金谷拓実さん(広島国際学院高校2年)が17歳51日で優勝され、大会最年少記録を塗り替えました。 また、原田直樹さん(東洋大学1年)健太さん(安芸南高校3年)ご兄弟は、昨年9月下旬から10月上旬に開催された「2015紀の国わかやま国体」のボクシング成年と少年のウエルター級でそろって優勝されました。 うえむら 本当にスポーツの町ですね。 町長 第二の織田幹雄さんを育てたいと考えています。 また、過去には、カープに入団された大下さん、三村さんを含め、6人の海田町出身の方々がプロ野球選手になられました。 その他にも、住民の方々によるイベント「かいた七夕さん」は昨年21回目を迎え、広島県いきいき地域づくり賞を受賞されました。 皆さんはどのような1年でしたか。 大松 私は仕事に明け暮れ現状維持の1年でした。 国光 私達はフリーランスでやっていますから、現状を維持するということは、結構大変です。 うえむら ずっと続けられるということが本当にすばらしいですね。 国光 ありがたいことですね。 私も大松さんと同じで現状維持という感じですが、担当している番組のコーナーが変わりました。 他県に旅に出かけるコーナーを担当するようになり、いろいろな人に会ったり、いろいろなものを食べたり、いろいろなところに行けるので、旅好きな私は春からうきうきして過ごしています。 タレント 大 松 しんじ さん 海田町について 国光 うえむらさんは東京にお住まいですよね。 外に出てみて気付く広島や海田町の良さはどんなところですか。 うえむら 今までは当たり前だと思っていたことが外に出てみたら全然違うということを感じています。 カープのことに関してもそうです。 私のまわりは中国新聞を読んで、ニュースを見て、毎日当たり前にお父さんとカープの話をしていましたが、東京に行ったらカープ色がありません。 改めて自分がどれだけ地元を愛していたかを知ることができました。 大松 地元への愛、海田町への愛を発信できたらいいですね。 うえむら 実は4年前に海田町を描いた「灯籠」という小説を出させてもらいました。 海田幼稚園、海田小学校、海田西中学校、海田高校と進んだので、海田町から出たことがありませんでした。 毎日過ごしてきた町で、過ごしやすい場所だと感じるので、それを描けたらという思いで書きました。 大松 海田町の思い出はありますか。 町長 私は野球をしていました。 野球に明け暮れ、甲子園をめざしていました。 大松 僕は日浦山でよく遊んでいました。 また、瀬野川でも遊び、ハゼ釣り大会に参加していました。 国光 私も行っていました。 大松 瀬野川ではずぶ濡れになって遊びましたね。 うえむら 私も瀬野川で釣りをしていて1回川に落ちたことがあります。 大松 僕も落ちました。 うえむら 瀬野川からずぶ濡れになって帰って来るのはよくあることでしたよね。 私は高校生のとき、瀬野川で友達とお花見をしましたね。 国光 今は、人口が増えたこともありマンションがたくさん建っていますね。 町長 今海田町にはビルがたくさん建っており、10階建て以上の建物がたくさんあります。 大松 広島駅にも電車ですぐ着きますし、ベッドタウンとしてとてもいいんですね。 ますます人口も増えますよね。 町長 私はただ人口を増やすのではなく、海田町にこれがありますよと言ったらそこに人が集まってくるような起爆剤を作り、それをもとにまちづくりを進めていきたいです。 タレント 国 光 か よ こ さん これからの海田町 大松 来年度、海田町がどうなるといいですか。 町長 来年度は、昭和31年に当時の海田市町と東海田町が合併し、海田町町制が施行されて60周年を迎えます。 海田町を紹介するビデオを制作したり、ひまわり大橋周辺で記念イベントを開催したいと思っていますので、是非ご協力をお願いします。 大松 ひまわり大橋でのイベントは、フェスタひまわり以来ですね。 町長 合併が9月30日なので、そこに向かって準備を進めたいと思っています。 まちづくりについては、海田町を4分割して地区ごとのオンリーワンをめざしたいです。 庁舎の場所は4地区の真ん中に持ってきて、駅前は活性化し、南口は玄関口でありながら賑わいがないので、元気にしたいです。 大松 確かに玄関をきれいにしないと人が来てくれません。 町長 地権者の皆さんと勉強会を開きたいと考えています。 この地区の賑わいが創出できれば役場が動いてもしっかりと賑わうと思います。 西も東も南もそれぞれいろいろな形の施策を検討していきます。 大松 地区対抗のイベントもおもしろそうですね。 それぞれのオンリーワンというのはいいですね。 それぞれ地域の問題は違いますから、庁舎を真ん中に置いて、一つにしてつなげていくということですね。 エネルギッシュでスピード感がありますね。 町長 議会と協議しながら進めていきます。 皆さんのご協力をお願いします。 大松 楽しみですね。 皆さん、何か海田町に必要なもの、足りないものがありますか。 うえむら 今も十分住みやすいですが、夜になると暗いところがあるので、ショッピングモールができるといいと思います。 町長 それに応えるのが町の玄関口である駅周辺だと思います。 いろいろな人達との勉強会の中でいいものが生まれると考えています。 うえむら 女性が夜でも歩きやすい町になるといいですね。 大松 駅から橋に向けてのルートが明るく変わりそうですね。 町長 旧山陽道も残したいです。 町に残る貴重な地域資源ですから。 歴史文化は大事で、先人の方々のおかげで私達の今があります。 皆さんと相談しながら残していきたいと思います。 大松 「外から呼べる海田町」は魅力的ですね。 今までなかった発想かもしれません。 仕事や学校があるから海田町に来る人はいますが、観光で来る人は少ないです。 そのためには何が必要なのかが先ほどからおっしゃっている歴史であり、ショッピングモールであり、名所なのでしょうね。 おいしいものもいいと思いますが、何かB級グルメはないですかね。 町長 海苔で何か考えてください。 国光 海苔と何かのコラボレーションがいいですね。 大松 海田焼きのようなお好み焼きを開発してみてはいかがでしょう。 海苔を一枚置いて。 町長 その上にまた海苔をかけてもいいですね。 国光 日浦山の水を使ってもみじ饅頭を作っている工場もあるので、海苔と海田の水を使った饅頭もおもしろいですね。 町長 中に海苔を入れてみるのもいいかもしれません。 海苔弁当もつくりたいですね。 うえむら PRの動画を作って公開したら、たくさんの人に見てもらえますね。 大松 宣伝など、できることがあれば協力します。 町長 ぜひご協力よろしくお願いします。 このようなことを私だけでなく職員みんなで考えていきたいですね。 大松 「ウエルカム海田」ですよ。 町長 そこまで持って行きたいですね。 私も海田町で生まれ育ちましたから、しっかりと海田町を愛して、皆さんの意見を聴きながら進めていきたいです。 大松 僕たちはレポーターの仕事などをしていますが、「海田町とは」と聞かれたときに返答に困ることは多いです。 テレビやラジオなどで海田町出身と発信できる機会はたくさんあるのですが、海田町といえばこれですというのがないので残念です。 海田焼きというのができたんですよとか、海田町のどこどこにはこういう名物があるんですよとか、こういうイベントをやっているんですよというのがほしいですね。 町長 これからどんどんと出てくると思いますので、期待してください。 大松 今日お話したことができたら楽しいですね。 今年、町長にがんばっていただいて、もっともっと楽しい海田町になってほしいですね。 町長 そのスローガンとして「アイデアいっぱい変えよう海田の未来を」ということで進めております。 アイデアを私だけではなく、みんなで出すことによって未来が変わるよというキャッチフレーズです。 このキャッチフレーズのもと、町政を進めていきたいです。 本日はお忙しい中ありがとうございました。 三人 ありがとうございました。 女優 う え む ら ち か さん.

次の

[B!] 水着は完全防備!?国光かよこ: かばちらの

国光 か よこ

海田町出身で、レポーターとしてご活躍中の大松しんじさん、国光かよこさん、女優でカープ女子としても知られるうえむらちかさんと西田町長が新春対談を行い、これからの海田町について語り合いました。 昨年を振り返って 町長 新年あけましておめでとうございます。 本日はよろしくお願いします。 3人 あけましておめでとうございます。 よろしくお願いします。 大松 町長さん 激動の年になりましたね。 町長 町政の舵取りをさせていただくということで、しっかりと頑張っていきたいと思います。 皆さまのご協力をよろしくお願いします。 みんなでいっしょにまちづくりをしたいという気持ちで訴えてきましたので、いろいろアイデアやご意見をお聴きしながら、進めていきたいと考えています。 国光 町長は、これまでどのような活動をしてこられたのですか。 町長 大学の教員をしていましたので、その時にいろいろなボランティアに関わりながら、議員になり、議員として14年やってきました。 その間もいろいろな形でボランティアに関わりましたが、どの活動も住民の皆さんが主体となって進めてくださいました。 平成26 年8月20日、広島市で豪雨災害が発生した際には、一カ月間ボランティア活動を行いました。 土・日曜日が中心ですが、家一軒を担当する形で、床裏まで入って清掃などをしました。 大松 昨年は議員としての仕事やボランティア活動でお忙しかったですね。 町長 今年はまだ忙しくなるでしょう。 災害対策にもしっかり取り組んでいきたいと思います。 海田町長 西 田 祐 三 町民の活躍 町長 昨年は皆さんのほかにも海田町ゆかりの方がたくさん活躍されました。 昨年7月、日本アマチュアゴルフ選手権で、金谷拓実さん(広島国際学院高校2年)が17歳51日で優勝され、大会最年少記録を塗り替えました。 また、原田直樹さん(東洋大学1年)健太さん(安芸南高校3年)ご兄弟は、昨年9月下旬から10月上旬に開催された「2015紀の国わかやま国体」のボクシング成年と少年のウエルター級でそろって優勝されました。 うえむら 本当にスポーツの町ですね。 町長 第二の織田幹雄さんを育てたいと考えています。 また、過去には、カープに入団された大下さん、三村さんを含め、6人の海田町出身の方々がプロ野球選手になられました。 その他にも、住民の方々によるイベント「かいた七夕さん」は昨年21回目を迎え、広島県いきいき地域づくり賞を受賞されました。 皆さんはどのような1年でしたか。 大松 私は仕事に明け暮れ現状維持の1年でした。 国光 私達はフリーランスでやっていますから、現状を維持するということは、結構大変です。 うえむら ずっと続けられるということが本当にすばらしいですね。 国光 ありがたいことですね。 私も大松さんと同じで現状維持という感じですが、担当している番組のコーナーが変わりました。 他県に旅に出かけるコーナーを担当するようになり、いろいろな人に会ったり、いろいろなものを食べたり、いろいろなところに行けるので、旅好きな私は春からうきうきして過ごしています。 タレント 大 松 しんじ さん 海田町について 国光 うえむらさんは東京にお住まいですよね。 外に出てみて気付く広島や海田町の良さはどんなところですか。 うえむら 今までは当たり前だと思っていたことが外に出てみたら全然違うということを感じています。 カープのことに関してもそうです。 私のまわりは中国新聞を読んで、ニュースを見て、毎日当たり前にお父さんとカープの話をしていましたが、東京に行ったらカープ色がありません。 改めて自分がどれだけ地元を愛していたかを知ることができました。 大松 地元への愛、海田町への愛を発信できたらいいですね。 うえむら 実は4年前に海田町を描いた「灯籠」という小説を出させてもらいました。 海田幼稚園、海田小学校、海田西中学校、海田高校と進んだので、海田町から出たことがありませんでした。 毎日過ごしてきた町で、過ごしやすい場所だと感じるので、それを描けたらという思いで書きました。 大松 海田町の思い出はありますか。 町長 私は野球をしていました。 野球に明け暮れ、甲子園をめざしていました。 大松 僕は日浦山でよく遊んでいました。 また、瀬野川でも遊び、ハゼ釣り大会に参加していました。 国光 私も行っていました。 大松 瀬野川ではずぶ濡れになって遊びましたね。 うえむら 私も瀬野川で釣りをしていて1回川に落ちたことがあります。 大松 僕も落ちました。 うえむら 瀬野川からずぶ濡れになって帰って来るのはよくあることでしたよね。 私は高校生のとき、瀬野川で友達とお花見をしましたね。 国光 今は、人口が増えたこともありマンションがたくさん建っていますね。 町長 今海田町にはビルがたくさん建っており、10階建て以上の建物がたくさんあります。 大松 広島駅にも電車ですぐ着きますし、ベッドタウンとしてとてもいいんですね。 ますます人口も増えますよね。 町長 私はただ人口を増やすのではなく、海田町にこれがありますよと言ったらそこに人が集まってくるような起爆剤を作り、それをもとにまちづくりを進めていきたいです。 タレント 国 光 か よ こ さん これからの海田町 大松 来年度、海田町がどうなるといいですか。 町長 来年度は、昭和31年に当時の海田市町と東海田町が合併し、海田町町制が施行されて60周年を迎えます。 海田町を紹介するビデオを制作したり、ひまわり大橋周辺で記念イベントを開催したいと思っていますので、是非ご協力をお願いします。 大松 ひまわり大橋でのイベントは、フェスタひまわり以来ですね。 町長 合併が9月30日なので、そこに向かって準備を進めたいと思っています。 まちづくりについては、海田町を4分割して地区ごとのオンリーワンをめざしたいです。 庁舎の場所は4地区の真ん中に持ってきて、駅前は活性化し、南口は玄関口でありながら賑わいがないので、元気にしたいです。 大松 確かに玄関をきれいにしないと人が来てくれません。 町長 地権者の皆さんと勉強会を開きたいと考えています。 この地区の賑わいが創出できれば役場が動いてもしっかりと賑わうと思います。 西も東も南もそれぞれいろいろな形の施策を検討していきます。 大松 地区対抗のイベントもおもしろそうですね。 それぞれのオンリーワンというのはいいですね。 それぞれ地域の問題は違いますから、庁舎を真ん中に置いて、一つにしてつなげていくということですね。 エネルギッシュでスピード感がありますね。 町長 議会と協議しながら進めていきます。 皆さんのご協力をお願いします。 大松 楽しみですね。 皆さん、何か海田町に必要なもの、足りないものがありますか。 うえむら 今も十分住みやすいですが、夜になると暗いところがあるので、ショッピングモールができるといいと思います。 町長 それに応えるのが町の玄関口である駅周辺だと思います。 いろいろな人達との勉強会の中でいいものが生まれると考えています。 うえむら 女性が夜でも歩きやすい町になるといいですね。 大松 駅から橋に向けてのルートが明るく変わりそうですね。 町長 旧山陽道も残したいです。 町に残る貴重な地域資源ですから。 歴史文化は大事で、先人の方々のおかげで私達の今があります。 皆さんと相談しながら残していきたいと思います。 大松 「外から呼べる海田町」は魅力的ですね。 今までなかった発想かもしれません。 仕事や学校があるから海田町に来る人はいますが、観光で来る人は少ないです。 そのためには何が必要なのかが先ほどからおっしゃっている歴史であり、ショッピングモールであり、名所なのでしょうね。 おいしいものもいいと思いますが、何かB級グルメはないですかね。 町長 海苔で何か考えてください。 国光 海苔と何かのコラボレーションがいいですね。 大松 海田焼きのようなお好み焼きを開発してみてはいかがでしょう。 海苔を一枚置いて。 町長 その上にまた海苔をかけてもいいですね。 国光 日浦山の水を使ってもみじ饅頭を作っている工場もあるので、海苔と海田の水を使った饅頭もおもしろいですね。 町長 中に海苔を入れてみるのもいいかもしれません。 海苔弁当もつくりたいですね。 うえむら PRの動画を作って公開したら、たくさんの人に見てもらえますね。 大松 宣伝など、できることがあれば協力します。 町長 ぜひご協力よろしくお願いします。 このようなことを私だけでなく職員みんなで考えていきたいですね。 大松 「ウエルカム海田」ですよ。 町長 そこまで持って行きたいですね。 私も海田町で生まれ育ちましたから、しっかりと海田町を愛して、皆さんの意見を聴きながら進めていきたいです。 大松 僕たちはレポーターの仕事などをしていますが、「海田町とは」と聞かれたときに返答に困ることは多いです。 テレビやラジオなどで海田町出身と発信できる機会はたくさんあるのですが、海田町といえばこれですというのがないので残念です。 海田焼きというのができたんですよとか、海田町のどこどこにはこういう名物があるんですよとか、こういうイベントをやっているんですよというのがほしいですね。 町長 これからどんどんと出てくると思いますので、期待してください。 大松 今日お話したことができたら楽しいですね。 今年、町長にがんばっていただいて、もっともっと楽しい海田町になってほしいですね。 町長 そのスローガンとして「アイデアいっぱい変えよう海田の未来を」ということで進めております。 アイデアを私だけではなく、みんなで出すことによって未来が変わるよというキャッチフレーズです。 このキャッチフレーズのもと、町政を進めていきたいです。 本日はお忙しい中ありがとうございました。 三人 ありがとうございました。 女優 う え む ら ち か さん.

次の