名付け ヒント。 子供名付けを京都の占い師HAMAがサポートする

オシャレな店名や屋号をつけたい!ネーミングにおすすめサイトと名付けのコツ

名付け ヒント

ハリネズミに名前を付けるとどうなるか ハリネズミは「ネズミ」という名前が付いていますが、じつはモグラと近縁の小動物で、目があまりよくありません。 視力がよくないだけでなく、色の判別も難しく、ほぼモノクロの世界を見ているといわれています。 このように視覚が弱い分、それを補っているのが嗅覚と聴覚です。 中でも嗅覚は五感のうちでもっとも優れていて、飼い主のことも、まずはニオイで判断します。 ですから、飼い始めの時期は早く慣れさせるために、飼い主のニオイのついた洋服のハギレやタオルなどをケージに入れておくとよいといわれています。 聴覚も、嗅覚に次いで優れており、野生では周囲の物音を聞き分けて、危険を察知しています。 ペットとして飼われているハリネズミも、音を聞き分けることに長けており、飼い主の声を認識することが可能です。 名前を付けて、おやつをあげる時などに呼び続けていると、その音を聞き分けて、「この音が聞こえると何かいいことがある」と認識し、名前を呼べば寄ってくるようになるでしょう。 また、ハリネズミがこちらに気づいていない時にも、先に声を掛けてから近寄ることで、ハリネズミをむやみに驚かせずに済みます。 「ハリ」という音にちなんだ名前 ハリネズミの名にある「ハリ」という独特の音から名前を付ける人が多くみられます。 例に挙げた「ハリー」や「ハリオ」、また、人気映画の主人公にちなみ、「ポッター」と付ける人もいます。 「針」にちなんだ名前 針を様々な言語で言い換えて名前のヒントにする人も。 針は英語で「ニードル」、ドイツ語では「ナーデル」、イタリア語では「アーゴ」といいます。 それをそのまま名前として付けても素敵ですね。 そのほか、針がたくさんあるという共通点から「ウニ」や、栗のいがを連想させることから「くり」や「ぐり」にちなんだ名前を付けるケースも多々あります。 丸くて小さな見た目にちなんだ名前 小さくて丸いカラダが「大福」や「まんじゅう」「おはぎ」に似ていることから、それにちなんだ名前を付けている飼い主もいるようです。 カラダの色にちなんだ名前 日本で飼育できるヨツユビハリネズミという種類は、比較的白っぽい毛色をしていることが多いので、「ハク」や「シロ」という名前を付けてかわいがる飼い主も。 「チョコ」や「マロン」などは、茶色っぽい毛色の場合に多いようです。

次の

漢字から名前を探す

名付け ヒント

宝石の和名が知りたいという方は意外と多いもの。 石・宝石好きの方はもちろん、赤ちゃんの名前を考える上で名付けのヒントにしたい方、キャラクター名・商品名や愛称といったさまざまな名前・ネーミング・命名の漢字を考える方… そんな皆様に役立つ宝石の和名・読み方、さらに宝石をイメージする漢字をピックアップして一覧にしてみました。 誕生石の和名については、 石言葉も含めて名付けの連想のヒントも添えていますので参考にしてみてくださいね。 誕生石に使われている宝石の和名一覧 1月 柘榴石(ざくろいし):ガーネット 植物の「ざくろ」を意味する語源から、和名でも柘榴石と呼ばれています。 赤系統のガーネットは古来から愛されています。 石言葉の「真実」「友愛」の方が名付けの連想には使いやすそうですね。 2月 紫水晶(むらさきすいしょう):アメシスト 水晶の中でも気高い美しさを誇るアメシスト。 紫は古来から高貴な色とされています。 「紫」「晶」、また石言葉の「誠実」も名前に活かせそうな字です。 3月 藍玉(あいぎょく):アクアマリン/珊瑚(さんご) 海の水を意味するアクアマリン。 「藍」や海に関する言葉、石言葉の「幸福に満ちる」も名付けのヒントになりそう。 また「珊瑚(さんご)」も3月の誕生石です。 4月 金剛石(こんごうせき):ダイヤモンド 最強の硬度と美しい輝き、宝石の王様として愛されるダイヤモンドの和名は「金剛石」。 力強い響きですね。 石言葉「純真無垢」からの連想も良さそうです。 参考: 5月 翠玉(すいぎょく):エメラルド/翡翠(ひすい) 「翠」は「みどり」。 美しい緑色のイメージは5月にぴったり。 エメラルドは「幸運と幸福」、翡翠は「健康と繁栄」が石言葉です。 参考: 「月」やムーンストーンの「青白い光」のイメージも美しいですね。 7月 紅玉(こうぎょく):ルビー 美しく赤い宝石、ルビー。 「紅」の文字も印象的です。 情熱的なイメージからの連想や、石言葉「慈しみ」から「慈」を使う案も。 8月 橄欖石(かんらんせき):ペリドット 橄欖…他では見ない漢字ですね。 オリーブの誤訳で、深緑色(オリーブ色)のカンラン石のうち宝石として扱われるのがペリドットです。 人名には使いにくい字なので、ペリドットの緑色から連想するか、石言葉の「幸せ」「(夫婦間の)愛」から考えてみても。 9月 蒼玉(そうぎょく):サファイア 青い宝石の代表、サファイア。 人気の高いパパラチアサファイアはオレンジ系のピンク色で、パパラチアは「蓮」の意味。 石言葉「誠実」「愛情」も参考に。 10月 蛋白石(たんぱくせき):オパール/電気石(でんきいし):ピンクトルマリン オパールとトルマリンは意外な和名に驚きます。 や石言葉「幸福」「希望」、トルマリンの石言葉「広き心」「思慮深さ」からの連想はいかがでしょう。 11月 黄玉(おうぎょく):トパーズ/黄水晶(きずいしょう):シトリン 黄色のイメージが強い11月の誕生石。 実際にはトパーズにはさまざまな色があります。 石言葉はトパーズが「希望」「友情」、シトリンも「友愛」「希望」と似ていますね。 12月 トルコ石:ターコイズ/瑠璃(るり):ラピスラズリ 12月の誕生石は青のイメージ。 ターコイズの石言葉は「成功」「繁栄」です。 瑠璃はそのまま名前に使う案も。 宝石独特!「瑪瑙」の読み方は?…宝石の和名一覧 誕生石以外で、特徴のある宝石の和名をご紹介します。 ちなみに「 瑪瑙」の読み方は「 めのう」。 断面が馬の脳に似ているという意味から来ているとか!宝石でしか使わないような漢字で、見ているだけでも面白いですよね。 和名には、漢字の意味から宝石・鉱物の特徴を理解しやすいというメリットもある場合があります。 お気に入りの石の和名をチェックしてみましょう。 主な宝石の和名と読み方をおおよその硬度順で一覧にしてみました。 宝石全般をイメージする漢字とは? 最後に、宝石の和名から名付けを考えている方のヒントに。 宝石の持つ美しい魅力そのものをイメージできるような漢字をピックアップしてみました。 【 宝石全般をイメージする漢字の例】• 宝石の輝きや明るさ、透明感…「輝、煌、光」「明、晶、透」• 宝石の純粋さや強さ…「純、真」「原、源」「堅、鋼、剛」• 宝石の気高さや華やかさ…「高、貴」「瑛、英、華」「麗、玲」 以上は参考例ですが、組み合わせや読み方も含めて、さまざまな名前のアイディアを考えてみてくださいね。 POINT• 宝石の和名、色やイメージ、石言葉は名付け、ネーミングなどのヒントに。 宝石独特の個性的な和名は面白い。 鉱物の特長を理解しやすいメリットも。 宝石から「輝」「貴」などさまざまなイメージを連想してみよう。 【参考記事】「誕生石」についてはこちらの記事でより詳しく紹介しています。 【お子様の名付けに関心がある方へおすすめの本】.

次の

インコの名前、オススメは?名付けのヒントは?|トミエルの宝箱

名付け ヒント

実施期間内の申し込みを有効とします。 同じ方が何回でも予想を申し込めますが、いちばん最後に応募された予想の分だけが有効になります。 主催側の判断により、キャンペーン主旨または公序良俗に反する不正行為と思われる申し込みは落選とすることがあります。 主催側より、メールまたは電話にて応募内容の確認の連絡をすることがあります。 応募は日本国内限定です。 海外からのご応募はできません。 A賞、S賞の当選者は市区町村と苗字のみ発表します。 B賞の当選者は発表しません。 賞品の発送をもって代えさせていただきます。 ご応募いただいた個人情報は、当キャンペーンの応募内容確認や当選者に対する当選のご連絡、A賞・S賞の発表、および賞品発送目的にのみ利用させていただき、法令により定められた場合を除いて、当該目的以外に使用することはありません。

次の