坂上龍太郎。 「坂上忍を告訴」もチラつかせ…松居一代の激怒にネット投資家が沸き立った!?

白崎香織 (しらさきかおり)とは【ピクシブ百科事典】

坂上龍太郎

月が映える夜、人の山を築いた男は一人茶を煽る。 いずれも屍人では在らぬとも、血に塗れ動かぬ様はまるで屍山血河のようであった。 ほう、とため息をつき虚ろに月を見上げ、何をいうわけでもなくただ佇む。 他人が見れば通報沙汰なこの風景も、見るものがいない夜の公園であれば騒ぎも起きない。 この人の山を築いた男は俗に不良狩りと言われる人間だ。 理由は知らぬが不良の集まりをおびき出し、死角や影を利用して一人づつ狩っていく。 まるで暗殺者のようなやり方で不良を病院送りにすると、ある一部では有名になっている。 不良狩りは顔隠しのためのマフラーを巻き、悠然とその場を去る。 夜の公園に残ったのは人の山だけだった。 ーー翌日、素知らぬ顔で高校に出てきたのは昨日の不良狩り、もとい沖田 葵である。 寝不足なのか欠伸をしながら教室に入る。 クラスメイトに何気ない挨拶をしながら自分の席に行こうとすると、何やら先客がいた。 坂上龍太郎だ。 葵としてはあまり関わりたくないと感じている人物である。 それにはちゃんとした理由がある。 剣道部において、沖田葵は幽霊部員であるのが原因だ。 もともと部活を言い訳に面倒ごとを避けるため、体裁のためと言った理由で入部した部活だ。 真面目にやる理由がない。 それに対し、坂上龍太郎はスポーツマン然とした熱血漢だ。 真面目に部活に取り組まず、あれこれ言い訳して部活をサボっている葵に対し良い印象を持っていないどころかむしろ嫌悪しているまである。 まぁ、それ以外にも理由はあるが、坂上龍太郎は沖田葵を嫌っていた。 大々的に公言するほどに嫌っていたのだ。 そんなことになれば、嫌われている人間、つまりは葵も必然的に坂上龍太郎を嫌いになる。 それが葵が龍太郎に関わりたくないと感じる理由の一端なのだった。 程なくして気づいたのだろう。 龍太郎が顔を曇らせ、葵の席の近くを後にする。 すぐさま席に座り荷物を降ろし壁に立て掛ける。 さも当然のように竹刀袋を壁に立てているが、まぁ、それは良いだろう。 龍太郎と入れ替わり、葵の前に現れたのは八重樫雫であった。 特に何を話すわけでもないが、剣道部の練習試合の詳細を記したプリントを渡しにきただけのようだった。 無言で受け取って適当に机に閉まったのがいけなかったのか、ある意味特大の厄ネタに絡まれることになった。 特大の厄ネタこと天之河光輝がこちらに向かってきているようである。 八重樫雫はすでに去ったことから標的は葵に向いているとなんとなく察することができるだろう。 天之河光輝自身は悪人ではないが、少々どころか結構思い込みの激しい人物である。 言うなれば、自身の正義の押し付け、と言ったところだろうか。 「沖田、雫に失礼だと思わないのか?せっかく善意でプリントを持ってきてくれたのに」 「ちょっと疲れてて反応できなかったんだ。 あとで詫びでも入れとくよ」 葵は心にも思っていない嘘をついて光輝を帰らせる。 葵はもうあの手の手合いの扱いは慣れていた。 昼休みのチャイムが鳴り、購買組が走り去った頃。 葵は一人弁当を食べていた。 緑茶とおにぎりと三色団子、これが沖田葵のいつもの食事である。 食べ進めていると、少し離れたところから面白い会話が聞こえてきた。 「南雲くん。 珍しいね、教室にいるの。 お弁当?よかったら一緒にどうかな?」 「あ~、誘ってくれて有難う、白崎さん。 でも、もう食べ終わったから天之河君達と食べたらどうかな?」 学内では女神とも呼ばれている女生徒からの誘いを受ける南雲ハジメ。 それだけで他男子からの嫉妬は膨れ上がる。 が、さすがにそれだけで済まされないようだ。 「えっ!お昼それだけなの?ダメだよ、ちゃんと食べないと!私のお弁当、分けてあげるね!」 某10秒チャージのゼリーの残骸を見た白崎香織が追い討ちをかける。 もはやあそこまでくれば無自覚の悪意でもあるのではないだろうかと疑わなくてはならないのではないだろうか。 「香織。 こっちで一緒に食べよう。 南雲はまだ寝足りないみたいだしさ。 せっかくの香織の美味しい手料理を寝ぼけたまま食べるなんて俺が許さないよ?」 と、ある意味状況を一転させる一言を放つ天之河光輝。 はたから見なくてもかなりクサイ台詞なのだが… 「え?何で、光輝くんの許しがいるの?」 流石にこの返しには葵も耐え切れなかったらしい。 突然の腹筋攻撃によって吹き出してしまったようだ。 幸い前には誰もおらず、そして何も飛び散ってはいなかった。 葵はこれ以上見てはいけないと震える腹筋を押さえつけながら気を鎮めるために壁側を向き笑いをこらえている。 うずくまり小刻みに震える姿は一部の生徒に心配されるほどだった。 少ししてようやく笑いが収まりかけた頃、何やら教室が異質な雰囲気になっていることに気がつく。 観察するに天之河光輝の足元に魔法陣が現れているようだ。 考える間も無く魔法陣は広がる。 丸々教室大に広がった魔法陣は光を増していく。 竹刀袋を手に取ったと同時に、教室は光に包まれた。

次の

ハニートラップ疑惑の有名人をまとめ!美女の誘惑に負けた?

坂上龍太郎

ドンナー 11話「兵器誕生」から登場。 大型のリボルバー式拳銃。 音速を超える速度で最短距離を突き進み、絶大な威力で目標を撃破する現代兵器。 全長は約三十五センチ、【オルクス大迷宮】辺りでは最高の硬度を持つを使った六連の回転式弾倉。 長方形型のバレル。 弾丸もタウル鉱石製で、中には粉末状のが圧縮して入れてある。 その威力は最大で対物ライフルの十倍である。 ハジメが寝食を忘れてひたすら錬成の熟達に時間を費やした上、何千回という失敗の果てに、作成に成功した。 ハジメが何となく相棒には名が必要と思い、ドンナーと名付けた。 シュラーゲン 18話「ゆっくり語らい」から登場。 対物ライフル:レールガンバージョン。 ドンナーの強力版。 弾丸も特製。 全長一・五メートル程。 装弾数は一発と少なく、持ち運びが大変だが、理屈上の威力は絶大。 普通の人間なら撃った瞬間、撃ち手の方が半身を粉砕されるだろう反動を持つ化け物銃。 理屈上、最大威力でドンナーの更に十倍の威力が出る……はず。 素材はサソリモドキ、恐らく。 赤い弾丸にもこだわられており、タウル鉱石の弾丸をシュタル鉱石でコーティングした、いわゆる、フルメタルジャケット……モドキ。 燃焼粉も最適な割合で圧縮して薬莢に詰められている。 ハジメがドンナーの威力不足を補うために開発した新たな切り札となる兵器。 炸薬量や電磁加速は限界値にあるドンナーでは、これ以上の大幅な威力上昇は望めないと結論し、作られた。 威力を上げるには口径を大きくし、加速領域を長くしてやる必要があるという発想のもと、考えられた。 メツェライ 25話「旅立ち」から登場。 電磁加速式機関砲。 口径三十ミリ、回転式六砲身で毎分一万二千発。 銃身の素材には生成魔法で創作した冷却効果のある鉱石を使っているが、それでも連続で五分しか使用できない。 再度使うには十分の冷却期間が必要になる。 ラプトルの大群に追われた際、手数の足りなさに苦戦したことを思い出し、開発した。 オルカン 25話「旅立ち」から登場。 長方形の砲身を持ち、後方に十二連式回転弾倉が付いており連射可能。 ロケット弾にも様々な種類がある。 面制圧とハジメの純粋な趣味から開発した。 シュラーク 25話「旅立ち」から登場。 ドンナーの対となるリボルバー式電磁加速銃。 ハジメに義手ができたことで両手が使えるようになったので開発された。 ドンナー・シュラークの二丁の電磁加速銃によるガン=カタ(銃による近接格闘術のようなもの)がハジメの基本戦術。 パイルバンカー 49話「ライセン大迷宮と最後の試練」から登場。 凶悪なフォルムの、義手の外付け兵器。 全長二メートル半程の縦長の大筒。 外部には幾つものゴツゴツした機械が取り付けられており、中には直径二十センチはある漆黒の杭が装填されている。 下方は四本の頑丈そうなアームがつけられている。 筒の外部に取り付けられたアンカーを射出し、合計六本のアームは周囲の地面に深々と突き刺さると大筒をしっかりと固定する。 魔力を注ぎ込むと、大筒が紅いスパークを放ち、中に装填されている漆黒の杭が高速回転する。 それを大筒の上方に設置した大量の圧縮燃焼粉と電磁加速で射出する。 クロスビット 63話「ウルの町の蹂躙劇」から登場。 浮遊する金属製の十字架。 縦六十センチ横四十センチ、中心部分にラウンドシールドの様なものが取り付けられている。 無人偵察機と同じ原理で動く攻撃特化タイプ。 内部にライフル弾や散弾が装填されている。 轟音と共に弾丸を吐き出す。 薄く紅色に発光する。 感応石が七つ取り付けられた腕輪で操作する。 闇系魔法の中でも超高難度魔法で、死者の残留思念に作用する魔法。 聖教教会の司祭の中にも幾人かの使い手がおり、死者の残留思念を汲み取り遺族等に伝えるという何とも聖職者らしい使用方法がなされている。 もっとも、この魔法の真髄は其処ではない。 この魔法の本当の使い方は、遺体の残留思念を魔法で包み実態化の能力を与えて使役したり、遺体に憑依させて傀儡化するというものだ。 つまり、生前の技能や実力を劣化してはいるが発揮できる死人、それを使役できるのである。 また、生身の人間に憑依させることでその技術や能力をある程度トレースすることもできる。 しかし、ある程度の受け答えは出来るものの、その見た目は青白い顔をした生気のない、まさに幽霊という感じであり、また死者を使役するということに倫理的な嫌悪感を覚えてしまうので、恵里はこの術の才能があってもまるで使えていなかった。 思考能力など持たないので術者が指示しないと動かない。 ネタバレ 16話「奈落の底の封印部屋」から登場。 長い金髪。 低高度の月を思わせる紅眼の瞳。 見た目、年の頃は十二、三歳くらい。 それなりに膨らんだ胸部。 やせ衰えていても、どこか神秘性を感じさせるほど美しい。 身長は百四十センチ位。 先祖返りの吸血鬼。 言葉の少ない無表情娘。 怪我しても直ぐ治る。 首落とされてもその内に治る。 魔力が枯渇した状態で受けた傷は治らない。 魔力、直接操れる……陣もいらない。 魔法適性がある。 周りがチンタラと詠唱やら魔方陣やら準備している間にバカスカ魔法を撃てる。 全属性に適性がある。 接近戦は苦手。 魔法が強力無比。 無詠唱で魔法を発動できるが、癖で魔法名だけは呟いてしまう。 どっかの国の王族。 普通の吸血鬼族も血を吸うことで他の種族より長く生きるが、それでも二百年くらいが限度。 先祖返りで力に目覚めてから僅か数年で当時最強の一角に数えられていた。 十七歳の時に吸血鬼族の王位に就いた。 二十歳の時、封印された。 三百歳ちょい。 28話「ライセン大峡谷と残念なウサギ」から登場。 亜人・兎人族の一部族であるハウリアの族長の一人娘。 容姿もスタイルも抜群で、良くも悪くも周りから注目されるほど。 本来亜人が持つはずがない魔力を持って生まれ、他の亜人族に知られると処刑されるため一族によって隠されていた。 バレて一族を連れてフェアベルゲンから離れたところを帝国軍に見つかり、追われて峡谷に身を潜めていた所をハジメに救われた。 生まれた時から"魔力操作"と"未来視"の固有魔法を持っており、その影響でハウリア族の特徴である濃紺の髪が、青みがかった白髪になっている。 戦闘においては属性魔法の適性は無かったものの、ユエに稽古を付けられたことで身体強化による卓越した身のこなしとパワーファイトができるようになった。 ハジメが作成した大槌型アーティファクト「ドリュッケン」を振り回し戦う.

次の

Marumanマルマン株式会社

坂上龍太郎

米ニューヨークの豪華レジデンスを購入した松居一代が、情報番組の「バイキング」(フジテレビ系)に対して激怒しているという。 松居は4月9日に更新したブログにて、「バイキング」がレジデンス等を映した映像の貸出許可を松居一代事務所に連絡してきたと明かした。 だが、松居はその申請をきっぱりと拒絶。 その理由は18年11月12日放送の同番組にて、松居が仮想通貨「MINDOL」の発行会社から4億円相当のMINDOLを受け取り、広告塔になったと放送されたからだという。 松居は「仮想通貨の広告塔になんかなっておりません」「お金も、1円も、もらってはいない」と断言したうえで、「バイキング」が今後も虚偽の報道を行った場合には「即刻、名誉毀損で訴えます」と警告。 さらには司会者の坂上忍も名誉毀損で訴えると続けており、坂上を目の敵にしているようだ。 「松居の仮想通貨問題に関しては『バイキング』だけではなく、同局の『めざましテレビ』や週刊誌の『FRIDAY』でも報じていました。 コトの真偽はさておき、その中で『バイキング』だけに怒りを示したのはやはり、制作スタッフが映像貸出を依頼したことも原因のひとつでしょう。 ただ情報番組ではコーナーごとに異なる制作会社が携わっており、こういった行き違いがあることは芸能生活の長い松居なら知っているはず。 それでも『あまりの無神経さ』と糾弾しているのは、MINDOL問題に関する報道が相当に松居の神経を逆なでしていたことを表しているようです」(週刊誌記者) ともあれ、久しぶりに松居節を炸裂させたわけだが、そんな松居の怒りになぜか、当の仮想通貨を扱うネット投資家たちが沸き立っているというのだ。 「この騒動で再注目が集まったのか、MINDOLが高騰。 9日には一時、1. 17ドルの高値を付けました。 MINDOLが1ドル台を回復したのは昨年の10月以来、約半年ぶりのことで、投資家たちが沸き立つのも当然でしょう。 そもそもMINDOL自体がなんとも怪しい仮想通貨だったのですが、松居の記事をきっかけに暴落し、昨年12月には0. 1ドルを割り込む場面も。 今年に入ってからも商いは薄かったのですが、9日には1日だけで50万円以上が取り引きされています。 もっともビットコインの取扱高は35億円なので、1%にも満たない弱小仮想通貨であることに変わりはありません」(前出・週刊誌記者) 野次馬的なネット投資家たちは松居に対して「もっとやれ、告訴しろ!」とけしかけたいのではないだろうか。 (金田麻有).

次の