ば いこう けん 旭川。 暖かくてオシャレな理想の家に!旭川にある『薪ストーブ』専門店で温もりのある暮らしを☆

ばいこうけん東京

ば いこう けん 旭川

【目次】• CONVEX(コンベックス) お店の名前です。 建創社(けんそうしゃ)という旭川のハウスメーカーが、世界の色々な薪ストーブを見ることができるショールームを作りました。 お店自体は、コンビニの跡地だと思うのですが、それほど広くはありません。 ただ、見たことも無い形の薪ストーブや、薪ストーブだからこそ使ってみたい小物など、色々な物が並んでいてとても楽しいです。 薪ストーブ ちょうどこの日は外が肌寒く、ストーブにも火が入っていましたよ! ちなみに上に載っているのはお鍋ではありません(笑)湿度を調節するための水が入っています。 中に香りがするオイルを入れることで、お香の代わりにもなるそうです。 店内には20弱の薪ストーブが展示されていますが、色々なメーカーのカタログも揃っているので店内の物と見比べて、大きさなどを確認するのもいいですね。 2枚目の写真の真ん中にある白くて細長い形のものも薪ストーブなんですよ! また、店員さんも薪ストーブ所有者で、使った感想はもちろん、それぞれの家の広さや生活スタイルに合ったストーブ選びも丁寧に相談に乗ってくれます。 雑貨&必需品 先ほども書きましたが、店内に並んでいるのは薪ストーブだけではありません。 薪ストーブを設置したなら是非揃えたい雑貨が並んでいます。 あと、写真には写っていないですが、薪ストーブのメンテナンスに必要な用品も揃っています。 僕も薪ストーブ初心者の状態でお店にお邪魔したのですが、メンテナンスに必要な物、メンテナンスの頻度など、店員さんが色々と詳しく教えてくれましたよ。 番外編 薪ストーブのお店ですが、せっかく薪を使うならということで面白いものがありましたよ! これなんだと思いますか?? なんとピザ釜だそうです!薪で中の温度を上げてピザを焼くんだとか。 個人的には置く場所さえあれば是非手に入れたい一品です。 もちろんいいお値段もするので、お財布とも相談しなければなのですが・・・。 旭川市街から車で5分~10分程のところにあります。 大きな道路沿いなのでわかりやすい立地ではあるのですが、落ち着いた外観のせいか初めて行くときは見落とす可能性も。 交通量もかなり多い場所なので、車で行く方はしっかり地図で場所を確認するといいですよ。 (株)建創社 コンベックスの詳細情報はこちら.

次の

北海道旭川市のキッチンリフォーム

ば いこう けん 旭川

緑化事業を含む土木工事やリフォーム・建築など総合建設業を営む石田兼松八興建設。 豊かな技術と真心を継承し、将来の会社を担ってくれる若い力を求めています。 —取締役・土木部本部長の高橋充さんにお話を伺いました。 当社は総合建設業で土木と建築を主体としています。 土木工事は基本的に上川管内のみ、吹付は全道で行っています。 吹付など夏場しか出来ない仕事があるため冬場には除雪も行なっています。 建築は、リフォームから鉄筋建造物などを手がけており、施工だけでなく設計も行なっていますが、設計士が一人だけなので、出来る分だけ受けています。 一般土木工事は、夏場は旭川で、冬場は何人か埼玉支店に行って仕事をすることもあります。 これは強制ではなく、例えば「小さい子供がいるから今年は難しい」という申し出を受けたり、各社員の事情を聞きながら調整していますし、夏場も仕事があれば5~6人埼玉に残ってもらう事もある中、高齢の作業員は体力面を考えて暑い時期は避けるようにしたり、従業員それぞれの働き方に配慮しています。 また、安定した人材確保のため、数年前から通年雇用化も行なっています。 当社には各工種に精通したスタッフがおり、初めての方でも安心して教育を受け業務に励んでいただけます。 得意分野の違う3社が合併 「石田兼松八興建設」という少し長い社名は、当社が今までに二度の合併を経ていることによります。 元々は石田土建という会社だったのですが、兼松建設の先代の社長が亡くなられた際に、ちょうど石田土建には除雪・運輸部門がなかった事もあり合併しました。 その後、元請け会社で、主に吹付と土木を行なっていた八興土建と合併し、石田兼松八興建設になりました。 各社の名前と得意分野を持ち寄って、経営の安定化を図ってきた会社なんです。 「豊かな技術と真心で」を社訓に、年度ごとにしっかりと指標を掲げた資料を作成し、年に一度社員総会なども開いています。 その中では地域貢献への意識も高く、週に一回の会社付近の清掃活動などが取り組みの一例です。 身近な場所に、仕事の思い出が残る —どんなところがやりがいですか? まだ始めて間もないうちは実感が湧きづらいと思いますが、現場代理人になると、自ら着手した現場の評価が出るので、それを個人目標にしてやりがいを感じている方も多いです。 土木工事と言っても多種多様ですが、弊社の仕事は、例えば小学校のグラウンドを作ったり、皆さん街の中でよく見かけるような身近な現場の工事が多いので、昔施工した場所に通りかかった際に、思い出と共に自分が作り上げた達成感を味わえたりします。 チームワークを大切に、スキルアップを目指して —どのような人材を求めていますか? 今後は土木事業を強化していきたいと考えていまして、技術スタッフを募集していきたいと思います。 働いていく中で教育・指導して取得をサポートしますので、土木技術者の資格は持っていなくても大丈夫ですし、土木の経験が無くても大丈夫です。 土木施工管理技士1級という資格があれば現場代理人になることができますので、将来的には取得を目指していただきたいですね。 実務をこなして5年経てば受験資格が得られます。 元気で、積極性のある方が良いですね。 ベテランの作業員と仕事をすることもありますから、うまくコミュニケーションをとっていけるといいと思います。 土木現場の工事管理とは、五大管理といい品質管理、工程管理、原価管理、安全管理、環境管理と五つあります。 中でもお客様から一番求められるのは安全管理で、弊社としても特に気を遣っている部分ですから、その点にもしっかりと配慮していく人材となってほしいと思います。 一人一人の個性も尊重する社風ですが、チームワークの一員となって将来の会社を背負っていく人材に育ってほしいと思っています。 土木関係はきつい仕事というイメージが強いかもしれませんが、とてもやりがいのある仕事です。 ぜひ若い方に入社してきてほしいと思いますので、時代に合わせて今後は休日なども検討していこうと考えています。 どこでも通用する技術・資格を身に着けたい方、当社で共に充実した日々を送りましょう!.

次の

悟空軒@滝川市

ば いこう けん 旭川

悟空軒です。 「ごくうけん」と読みます。 場所は、滝川市新町5丁目。 滝川市中心部の国道38号線沿い、12号線滝川バイパスとの交差点近くにあります。 開店昭和55年、現店舗になったのが昭和63年という老舗です。 店前の「チャイニーズレストラン」の文字が目立ちます。 38号線沿いに、この店を挟むように2軒のチェーンラーメン店がありましたが、現在いずれも閉店してしまっています。 やはり地域に根付いた老舗は強し、なんですねー。 暖簾を潜りますと、テーブル席主体の広々とした店内です。 メニューはこんな感じ。 メニューの先頭は塩ラーメン。 塩、正油、みその順で、塩と正油が600円、みそが630円。 悟空ラーメンという五目ワンタン麺の他、広東メン、天津メンなどもあります。 「チャイニーズレストラン」というだけあって、ヤキソバ、チャーハン、中華ドン、天津ドン、餃子など中華系メニューが主体で、セットものも充実しています。 正油ラーメンを食べました。 (600円) 少し濁りのあるスープです。 あっさり系のスープに、 甘さの少ない醤油ダレの組み合わせ。 炒め野菜から旨味が出ています。 正に札幌食堂系の味わいです。 麺は、加水率高め、中ぐらいの太さの縮れ麺です。 札幌麺の範疇に入りますが、地元の麺でしょうか。 具は、チャーシュー、炒めモヤシと玉ねぎ少々、メンマ、ネギ、お麩、三色なると。 チャーシューはモサモサ系で、これぞといった感じ。 シャキシャキの炒めモヤシは、正に札幌系といったところ。 滝川中華店札幌食堂系拉麺 滝川のチャイニーズレストランで、驚きの札幌食堂系ラーメンでした。 となると、味噌ラーメンがどんなものか気になりますし、 そもそも中華系の料理がどうなのかも、気になるところです。 いつもクリックありがとうございます。

次の