陽 漢字 成り立ち。 【男女別】「陽」の名前例200選!漢字の意味と読み方(はる・あき…)

【陽】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

陽 漢字 成り立ち

「はると」の響きは名前のランキング上位• 1位:悠人…悠然と未来を見据える人になるように• 1位:陽翔…太陽に向かって翔んでいくな明るい人になるように• 3位:悠翔…悠々と翔ぶことのできる落ち着いた人になるように• 4位:大翔…大きな気持ちで翔んでいくおおらかな人になるように• 5位:晴翔…晴れた空を翔ぶような明るい人になるように• 6位:陽翔…太陽に向かて翔んでいく明るい人になるように• 7位:悠斗…遥かかなたの未来まで見ることのできる人になるように• 8位:遥斗…遥かかなたの未来まで見ることのできる人になるように• 9位:陽斗…明るく未来を見ることのできる人になるように• 10位:晴斗:晴れやかな気持で日々を過ごせる人になるように 「悠」を使った「はると」と読む男の子の名前 「悠」の漢字の意味 「悠」という漢字は11画でどような意味があるのでしょう。 悠久の時というような言葉のように、「悠」には長い時間を表すという意味が一番にあるようです。 奥行のある広さを感じさせる意味もあります。 また、「心」という文字が使われていることもあり、人の気持ちに配慮する落ち着きという意味があります。 QUOTE 画数 11画 音読 ユウ 訓読 ユ 名乗り ちか、ちかし、なが、はるか、ひさ、ひさし 意味 1. 想う 2. はるか 3. ゆったりしている様子。 気の長い様子 由来/ 成り立ち 「攸(ユウ)」の文字に「心」を組み合わせた漢字。 みそぎで心が清められ、心がゆったり落ち着く様子を表す。 また、性格面を表すイメージとして周りを照らす明るさと前向きで積極的な意味を持つようです。 QUOTE 画数 12画 音読 ヨウ 訓読 ひ 名乗り あき、あきら、お、おき、きよ、きよし、たか、なか、はる、みなみ、や 意味 1. 太陽 2. ひなた。 日の当たる所 3. 易の用語。 積極的・能動的な性質 4. あらわれる。 明らか 5. 外 6. 澄む 7. 高く大きい。 貴い 8. 生きる 由来/ 成り立ち 「こざとへん」が神様の上り下りするはしご、ツクリにある「昜」は上部の「日」が太陽あるいは光り輝く宝玉、下部が台座を表す。 太陽が上っていく様子を表現している。 漢字の意味にも同様に、道が遠くまで続いているといった意味を持つようです。 また距離だけでなく長い時間という距離と同時に時間の長さの意味ももつようです。 QUOTE 画数 12画 音読 ヨウ 訓読 さまよ う 、とお い 、はる か 名乗り すみ、のぶ、のり、はる、はるか、みち 意味 1. 距離的・時間的に隔たっている。 遠い 2. 長い 由来/ 成り立ち 古くは「遙」と書いた。 「䍃」は「細く長い」の意味で、これに「道」を表す「辵」を組み合わせて「道が細く長く続いている」様子を表現した。 入学式の季節にあたることもあって、新たなスタートを感じさせる意味も持っているようです。 また、「青春」という言葉のように、若々しさを感じさせる意味ももつようです。 QUOTE 字画数 9画 訓読み はる 音読み シュン 名のり・人名訓 あずま・あつ・かす・かず・す・とき・はじめ・は 意味 はる。 ,正月。 ,若く血気盛んな年ごろ。 ,男女の愛欲。 ,性欲。 ,年月。 成り立ち 元の形は「草かんむり」と「屯」と「日」を合わせた字。 「屯」は土の下にある根のことで、春に陽の光を受けて芽を出し、草になることを表す。 新たなスタートを切る時の晴れがましい時には「晴れの日」という言葉が使われるように、スタートと同時にすがすがしいといった漢字のイメージがあります。 また、晴れには青空がぴったりという意味もあります。 QUOTE 字画数 12画 訓読み は れる ・は らす 音読み セイ・ジョウ 名のり・人名訓 きよし・てる・なり・はる・はれ 意味 日が出て空が澄みきる。 成り立ち 「日」が形、「青」が読み方を表す。 晴れて日が差し、空が青く澄み渡る様。 古い字は「夕」と「生」を合わせた形で、夜の星空を表したとされる。 ただ、「はると」という名前の持つ、どこかほっとする響きをもつ名前にはしっくりきます。 「暖」は読んで字のごとくあたたかい、あたためるといった意味を持ちます。 QUOTE 字画数 13画 訓読み あたた か ・あたた かい ・あたた まる ・あたた める 音読み ダン・ノン・ナン 名のり・人名訓 あつ・はる・やす 意味 あたたかい。 ,あたためる。 その漢字の形は二対の羽根を表しており、鳥が羽ばたいている様子をイメージする漢字といえます。 「羽」という漢字を、「はると」という名前に使った親の願いには鳥のように翼を広げ、自由に大きな世界に羽ばたいてほしいという想いが込めれていそうです。 QUOTE 字画数 6画 訓読み は・はね・わ 音読み ウ 名のり・人名訓 つばさ・ば・わね・はもと 意味 鳥や虫のはね。 [補説]「羽 は 」は前にくる音によって「わ」「ば」「ぱ」になる。 「一羽 いちわ ・三羽 さんば ・六羽 ろっぱ 」 成り立ち 長い羽のはえた鳥の翼が羽ばたくように二枚並んでいる様子をかたどっている。 早くに死に別れてしまったり、両親が離婚してしまったり、離別してしまう可能性が高くなる画数になるようです。 名づけの時には意識しておいた方がよい画数です。 名前の頭文字に使うとよくない漢字 3画 大 山 千 久 土 5画 広 矢 永 世 玄 15画 愛 照 幹 聖 源 19画 覇 羅 麓 識 警 「はると」の頭文字にも使われるものの中に、「大」、「玄」、「暖」という名前もあります。 名前をつける時に、姓名判断を気にする方はなるべく避けた方が良い感じかもしれません。 ただ、姓名判断は名前だけではなく名字や、名字と頭文字の組み合わせにトータルで意味合いが変わることもあるため注意してくださいね。 幸せすぎる名前も注意が必要!気をつけておきましょう 子どもの名前を考える時に、使わない方がよい漢字があります。 意外と普通に使われている文字です、名前にもよくわれいるものがあります。 その中に、「死」に関連する意味を持つものがあります。 「亜」、「了」、「眞」、「七」といった文字は、死体、死者に関わるものだったりするので注意してもらった方がよさそうです。 「はると」に親の想いを込めて世界に一つだけの名前を贈りましょう 親が子どもにつける名前は一生変わることがありません。 生まれた時からその名前と人生を歩んでいきます。 自分の子どもに名前をつける時に、名前の由来を改めて知り、どんな気持ちで親がつけてくれたかその愛情を強く感じる時ではないでしょうか。 ありったけの想いを込めて、世界に一つだけの素敵な名前を贈りまししょう。

次の

【男の子の名前】「はると」と読む漢字172選と意味!悠/陽/遥/

陽 漢字 成り立ち

「はると」の響きは名前のランキング上位• 1位:悠人…悠然と未来を見据える人になるように• 1位:陽翔…太陽に向かって翔んでいくな明るい人になるように• 3位:悠翔…悠々と翔ぶことのできる落ち着いた人になるように• 4位:大翔…大きな気持ちで翔んでいくおおらかな人になるように• 5位:晴翔…晴れた空を翔ぶような明るい人になるように• 6位:陽翔…太陽に向かて翔んでいく明るい人になるように• 7位:悠斗…遥かかなたの未来まで見ることのできる人になるように• 8位:遥斗…遥かかなたの未来まで見ることのできる人になるように• 9位:陽斗…明るく未来を見ることのできる人になるように• 10位:晴斗:晴れやかな気持で日々を過ごせる人になるように 「悠」を使った「はると」と読む男の子の名前 「悠」の漢字の意味 「悠」という漢字は11画でどような意味があるのでしょう。 悠久の時というような言葉のように、「悠」には長い時間を表すという意味が一番にあるようです。 奥行のある広さを感じさせる意味もあります。 また、「心」という文字が使われていることもあり、人の気持ちに配慮する落ち着きという意味があります。 QUOTE 画数 11画 音読 ユウ 訓読 ユ 名乗り ちか、ちかし、なが、はるか、ひさ、ひさし 意味 1. 想う 2. はるか 3. ゆったりしている様子。 気の長い様子 由来/ 成り立ち 「攸(ユウ)」の文字に「心」を組み合わせた漢字。 みそぎで心が清められ、心がゆったり落ち着く様子を表す。 また、性格面を表すイメージとして周りを照らす明るさと前向きで積極的な意味を持つようです。 QUOTE 画数 12画 音読 ヨウ 訓読 ひ 名乗り あき、あきら、お、おき、きよ、きよし、たか、なか、はる、みなみ、や 意味 1. 太陽 2. ひなた。 日の当たる所 3. 易の用語。 積極的・能動的な性質 4. あらわれる。 明らか 5. 外 6. 澄む 7. 高く大きい。 貴い 8. 生きる 由来/ 成り立ち 「こざとへん」が神様の上り下りするはしご、ツクリにある「昜」は上部の「日」が太陽あるいは光り輝く宝玉、下部が台座を表す。 太陽が上っていく様子を表現している。 漢字の意味にも同様に、道が遠くまで続いているといった意味を持つようです。 また距離だけでなく長い時間という距離と同時に時間の長さの意味ももつようです。 QUOTE 画数 12画 音読 ヨウ 訓読 さまよ う 、とお い 、はる か 名乗り すみ、のぶ、のり、はる、はるか、みち 意味 1. 距離的・時間的に隔たっている。 遠い 2. 長い 由来/ 成り立ち 古くは「遙」と書いた。 「䍃」は「細く長い」の意味で、これに「道」を表す「辵」を組み合わせて「道が細く長く続いている」様子を表現した。 入学式の季節にあたることもあって、新たなスタートを感じさせる意味も持っているようです。 また、「青春」という言葉のように、若々しさを感じさせる意味ももつようです。 QUOTE 字画数 9画 訓読み はる 音読み シュン 名のり・人名訓 あずま・あつ・かす・かず・す・とき・はじめ・は 意味 はる。 ,正月。 ,若く血気盛んな年ごろ。 ,男女の愛欲。 ,性欲。 ,年月。 成り立ち 元の形は「草かんむり」と「屯」と「日」を合わせた字。 「屯」は土の下にある根のことで、春に陽の光を受けて芽を出し、草になることを表す。 新たなスタートを切る時の晴れがましい時には「晴れの日」という言葉が使われるように、スタートと同時にすがすがしいといった漢字のイメージがあります。 また、晴れには青空がぴったりという意味もあります。 QUOTE 字画数 12画 訓読み は れる ・は らす 音読み セイ・ジョウ 名のり・人名訓 きよし・てる・なり・はる・はれ 意味 日が出て空が澄みきる。 成り立ち 「日」が形、「青」が読み方を表す。 晴れて日が差し、空が青く澄み渡る様。 古い字は「夕」と「生」を合わせた形で、夜の星空を表したとされる。 ただ、「はると」という名前の持つ、どこかほっとする響きをもつ名前にはしっくりきます。 「暖」は読んで字のごとくあたたかい、あたためるといった意味を持ちます。 QUOTE 字画数 13画 訓読み あたた か ・あたた かい ・あたた まる ・あたた める 音読み ダン・ノン・ナン 名のり・人名訓 あつ・はる・やす 意味 あたたかい。 ,あたためる。 その漢字の形は二対の羽根を表しており、鳥が羽ばたいている様子をイメージする漢字といえます。 「羽」という漢字を、「はると」という名前に使った親の願いには鳥のように翼を広げ、自由に大きな世界に羽ばたいてほしいという想いが込めれていそうです。 QUOTE 字画数 6画 訓読み は・はね・わ 音読み ウ 名のり・人名訓 つばさ・ば・わね・はもと 意味 鳥や虫のはね。 [補説]「羽 は 」は前にくる音によって「わ」「ば」「ぱ」になる。 「一羽 いちわ ・三羽 さんば ・六羽 ろっぱ 」 成り立ち 長い羽のはえた鳥の翼が羽ばたくように二枚並んでいる様子をかたどっている。 早くに死に別れてしまったり、両親が離婚してしまったり、離別してしまう可能性が高くなる画数になるようです。 名づけの時には意識しておいた方がよい画数です。 名前の頭文字に使うとよくない漢字 3画 大 山 千 久 土 5画 広 矢 永 世 玄 15画 愛 照 幹 聖 源 19画 覇 羅 麓 識 警 「はると」の頭文字にも使われるものの中に、「大」、「玄」、「暖」という名前もあります。 名前をつける時に、姓名判断を気にする方はなるべく避けた方が良い感じかもしれません。 ただ、姓名判断は名前だけではなく名字や、名字と頭文字の組み合わせにトータルで意味合いが変わることもあるため注意してくださいね。 幸せすぎる名前も注意が必要!気をつけておきましょう 子どもの名前を考える時に、使わない方がよい漢字があります。 意外と普通に使われている文字です、名前にもよくわれいるものがあります。 その中に、「死」に関連する意味を持つものがあります。 「亜」、「了」、「眞」、「七」といった文字は、死体、死者に関わるものだったりするので注意してもらった方がよさそうです。 「はると」に親の想いを込めて世界に一つだけの名前を贈りましょう 親が子どもにつける名前は一生変わることがありません。 生まれた時からその名前と人生を歩んでいきます。 自分の子どもに名前をつける時に、名前の由来を改めて知り、どんな気持ちで親がつけてくれたかその愛情を強く感じる時ではないでしょうか。 ありったけの想いを込めて、世界に一つだけの素敵な名前を贈りまししょう。

次の

「幸」漢字の意味や由来 成り立ち

陽 漢字 成り立ち

今年も灼けつくような夏の「ひざし」を浴びる季節がやってきました。 「ひざし」という字の「ひ」を漢字で書くとしたらどのように書くでしょうか。 日光の「日」でしょうか、それとも、太陽の「陽」でしょうか。 答えは両方とも可です。 「日差し、日ざし」と書いても「陽射し、陽ざし」と書いてもかまいません。 (両方を使い分けるという方もおられるかもしれませんが・・・) 今回はその「日」と「陽」にまつわる成り立ちの話をしたいと思います。 (日・金文) (陽・金文) さて、空に浮かぶ「お日様」=「太陽」を表す漢字はどちらでしょうか。 いうまでもなく「 日 にち 」の方です。 古代文字を見ると、 日は太陽の姿をかたどった象形文字だとわかります。 丸まった囲みの中に一本横棒があります。 横棒は太陽が空っぽではなく実体があることを示しています。 空に浮かぶのは「お日様」です。 では、太陽の「陽」は何を表しているでしょうか。 字は部首が「阝=こざとへん」、右側の 旁 つくり が「 昜 よう 」です。 「阝」は神さまが天と地上を昇り降りされるはしご。 それで「阝」は神様にまつわる字に使われます。 右側の旁の部分「 昜 よう 」はなんでしょうか。 これはお日様のような形をした 玉 ぎょく という石です。 占いに使う水晶玉のようなものです。 古代代中国の人びとは堅くて光沢のある玉石には精気を養い、気力を充実させる強い力があると考えていました。 玉を身体につけると玉の強いパワーが乗り移って身を守ってくれると信じていたようです。 そうしたパワーのある玉を台の上に置いて、神様にお願いして玉の持つ強いパワーを体に取り込んで精気や気力を充実させようとする儀式がありました。 ( 神様にまつわる「阝」がある理由です)。 台の上の玉に光が差し込むと玉は輝きます。 その輝きは四方に放射します。 その神聖な光の筋を斜めの線で表しています。 光がさしてまばゆいばかりに輝く玉から発するパワーを体に浴びて力をもらおうとしたのです。 その「陽」の輝く姿は「太陽」とそこから発する光そのものに見えたので、やがて「陽」は「ひ、太陽」を表す字となっていきます。 が、もともとは 玉という水晶玉のような丸い石が祭壇の上でひかり輝いている様子を表した字でした。 ですから、漢字の成り立ちからいうと太陽の「陽」はあとから太陽を表す字になった字なので「ひざし」は「 日差 ひざ し」と書くのが成り立ちをいかした書き方かもしれません。 さて、 旁 つくり の「 昜」を字の中に持つ漢字は他にもあります。 運動場や場所という時の「場」。 玉を祭壇に置いて「玉のパワー」を取り込む儀式を行うまさにその土の上の場所を「場」といいました。 場所の 「場」は玉石を置いてお祈りする場所を表す字でした。 (場・篆文) また、 旁 つくり の「昜」がまばゆい光を発することから、 太陽のまばゆい光の熱が水を温めるので「氵さんずい」をつけて「お湯」という字になりました。 (湯・篆文) 他に思わぬ字にも使われています。 けがをした時の「傷」という字です。 旁 つくり の「昜」はまばゆい輝きを表す字なのに、なぜ「傷」という字の中に入っているのでしょうか。 「傷」という字の右側の「昜」という字の上に「(古代文字では)」というパーツがあります。 これは「ふた」を表します。 まばゆい光を放つ玉にふたをしてそのまばゆい光のパワーを封じ込めてしまう字なのです。 「昜」の上に「ふた」をした状態は、心の暗い状態を示します。 気力を充実させるパワーが失われたのです。 それが「傷」です。 「心に傷を負う、心に傷を受ける」といった時の 「精神的ダメージ」を表す言葉が「傷」でした。 (傷・篆文) 外から受けた傷=外傷は「疾」という字がありました。 「 疾病 しっぺい 」という時の「疾」は、古代文字を見ると 「矢が脇に刺さった人の姿」で表されています。 これこそ外傷です。 時代が下る中で「傷」という字も「外から受けた傷」を表わす字となっていったのです。 (疾・甲骨) 放送日:2015年7月20日 お知らせ これまでへの出演は不定期でしたが、8月より「ゴット先生の漢字成り立ち教室」は毎月2回、第2・第4月曜日となりました。 ぜひ聞いてみてください。

次の