麒麟がくる キャスト コカイン。 映画ロケットマンの曲、キャスト、あらすじは?ギュギュッと凝縮!│エンタメの神様

沢尻エリカ容疑者出演の「麒麟がくる」放送すべきか巡り議論勃発

麒麟がくる キャスト コカイン

俳優の長谷川博己(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)が19日に拡大版(75分)でスタートし、初回の平均視聴率は19・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが20日、分かった。 大河ドラマの初回19%超えは2016年「真田丸」19・9%以来4年ぶりとなる好発進。 大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。 「いだてん」全47話の期間平均(全話平均)は8・2%と大河ドラマ史上初の1桁。 12年「平清盛」と15年「花燃ゆ」の期間平均12・0%を大幅3・8ポイント下回り、大河ドラマ歴代ワーストを更新した。 しかも「麒麟がくる」にレギュラー出演予定だった沢尻エリカ被告(33)が昨年11月16日に麻薬取締法違反罪で逮捕。 序盤の撮り直しを余儀なくされ、当初の1月5日から初回放送日が2週間延期となるアクシデント。 「いだてん」の低迷に引きずられる懸念から、NHK局内には一部「2桁に届けばいい」という慎重な予想もあった。 マスコミの予想も割れていた。 <「麒麟がくる」早くも大コケ予想><早くも「いだてん」を超えた 初回放送は視聴率20%超の期待>などの見出しが躍った。 昨年、メインターゲットを奪われた最大のライバル、テレビ朝日「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)16・1%も上回った。 「いだてん」の初回(1月6日)と最終回(12月15日)を比べると、F4層(女性65歳以上)とM4層(男性65歳以上)は実に半減。 年配層にソッポを向かれた。 しかし「麒麟がくる」初回の世代別視聴率を見ると、F3層(女性50~64歳)、M3層(男性50~64歳)、M4層(男性65歳以上)で「ポツンと一軒家」超え。 王道の作品に、従来の大河ファンが戻ってきた。 特にM3層、M4層の回帰が大きい。 第2話がオンエアされる26日は「ポツンと一軒家」の放送がなく「麒麟がくる」に追い風が吹きそうだ。 第2話は「道三の罠」。 織田信秀(高橋克典)と斉藤道三(本木雅弘)の戦い「加納口の戦い」(1547年、天文16年)が描かれる。 初回冒頭、野盗から領地を守る戦いで光秀が躍動したようなスペクタクルな映像が期待される。

次の

『麒麟がくる』門脇麦、ヒロイン駒の役割と光秀との今後「この恋心が…」

麒麟がくる キャスト コカイン

川口春奈(帰蝶役)• 木村文乃(熙子役)• 門脇麦(駒役)• 尾野真千子(伊呂波太夫役)• 南果歩(深芳野役)• 石川さゆり(牧役)• 檀れい(土田御前役) この中に薬物疑惑の女優を大物女優X・演技派女優Xがいらっしゃるとは思えませんよね。 「実話ナックルズ8・9合併号」でのスクープは個人的には外れているのではないかと思います。 沢尻エリカさんの件で、『麒麟がくる』の制作者の方々も薬物については敏感になっているだろうし。 とはいっても、「薬物検査をした結果、薬物の使用をしている人が見つかりました!」とも言いにくいでしょうし。 真実はよく分かりませんね。 それでは一人ずつご紹介していきます。

次の

岡村隆史の大河ドラマ麒麟がくる降板はあり得る?風俗発言で大炎上!NHKに災難が来る?

麒麟がくる キャスト コカイン

長谷川博己が戦国武将・明智光秀を演じるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』 毎週日曜20:00〜 で、ヒロイン・駒役を好演しているのが、今や演技派女優としての安定感を見せる門脇麦だ。 オリジナル脚本ということで、光秀とは身分違いの駒が、今後、彼の人生とどう関わっていくのかも気になるところ。 門脇にインタビューし、駒の魅力について聞いた。 脚本を手掛けたのは、大河ドラマ『太平記』を手掛けたベテラン、池端俊策氏。 彼らに、駒や医師の望月東庵 堺正章 、農民の菊丸 岡村隆史 といったオリジナルキャラクターを絡ませることで、庶民の目線もしっかり描き、ドラマをより立体的に魅せていく。 読み物として純粋にすごくおもしろいので、早く次が読みたくてしかたがないという感じです。 今回の試みとして、新しい光秀像や信長像を描くということで、私の演じる駒役もそのために存在しているのではないかと。 こういう描き方もあるんだ! とか、もしかしたらこうだったのかもしれないとか、だんだんオリジナルのキャラクターが、後半で利いてくると思います。 やはり歴史というのは勝者が作ってきたもので、残っている書物などもそちら側から描かれている歴史にすぎないのではないかと。 池端さんは、どちらにも偏らない目線で世の中を見つめる眼差し、史実に名を残していないけどたくさんの人物が関与していたことを丁寧に描こうとされているのかなと思います。 新しい大河ドラマということで、これまでの時代劇では見られない衣装もけっこうあると思いますので、そこも含めて楽しんでいただけたらと。 当時の人たちは実際に鮮やかな着物を着ていたという記録があるようです。 題名を言わせていただけることなんて、なかなかないと思います。 今後も、駒は度々、不思議な話をするシーンがありますが、長谷川さんとは「駒はときどき、シャーマンとか巫女さんみたいに見えるときがある」と話したりしています。 戦国時代の医療行為って、薬草を煎じたりするしかなかったようで、戦で負傷した人たちにも、とにかくお水をかけるだけという描写があります。 毒矢などを抜いたりしても、どうにもならない。 あとは軟膏を塗ったりするだけと、できることは限られているので、思うところはいろいろあります。 演じていていかがですか? すでに切ないシーンが多いです。 きっとこの恋心が、ずっと十兵衛 光秀 を支えていきたいという気持ちにだんだん変わっていくのかなと。 ビジネスパートナーのような、そういう方向で支えていく、そんな関係性になるのではないかと思っています。 最初にプロデューサーからは、「初めのうちは駒は妹分」と言われました。 ヒロインと聞けば、イメージ的には恋仲になったり、将来のパートナーになったりするけど、今回はそことは違うヒロイン像なのかなと。 やはり光秀は戦略家で、政治で世を作って行く人です。 そして駒は医療に携わり、これからどうなっていくのかはわからないけど、その分野で世に貢献していく人なのかなと。 ヒロインとか、相手役というよりは、物語のもう1本の柱にならせていただければという感覚のほうが強いです。 2014年、三浦大輔監督の映画『愛の渦』でヒロインを務め、注目される。 その後、テレビ、CM、舞台で幅広く活躍。 大河ドラマは『八重の桜』 13 にも出演。 C NHK 外部サイト.

次の