目星 類語。 【目星を付ける】の意味と使い方の例文(慣用句)

目星の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

目星 類語

雨やみませんねの意味や由来は? 「雨やみませんね」は雨が止まないという意味ではない 男性が女性に、あるいは女性が男性に、二人きりのシチュエーションで「雨やみませんね」という場合、その意味するところは「雨が止まない」という意味ではありません。 もちろん額面通り「雨が止まない」という意味で言う場合もあるでしょうが、「雨やみませんね」というフレーズには、実は隠れた意味があるのです。 「雨やみませんね」の意味とは隠れた愛の言葉 「雨やみませんね」の意味は、前述のように「雨が止まない」という天候を表しているだけではありません。 隠語として、「もうちょっとあなたと一緒にいたい」とか、「もう少しあなたといたい」という裏の意味が込められているフレーズです。 相手のことが好きなのに、その気持ちをダイレクトに伝えられない時に使います。 「雨やみませんね」の由来は雨が止まないという状況 「雨やみませんね」という言葉には、雨が止まないという状況から、「雨やみませんね」は「雨に濡れて帰りたくありません」つまり、「もう少しあなたの側にいたいのです」という心理の流れからきたフレーズです。 「既婚者が恋する心理」についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「雨やみませんね」は恋愛感情を相手に伝えるにはマイナーな言い回し 愛情表現の隠語として使われる言葉で最も有名なのは「月が綺麗ですね」という言葉です。 「月が綺麗ですね」という言葉に比べると「雨やみませんね」の方はマイナーであまり知られていない表現なので、せっかく一緒にいたい相手に「雨やみませんね」といっても、相手が知らなければ不発に終わってしまう恐れがあります。 雨やみませんねの元ネタは「雨が止まないという状況」だけ 「雨やみませんね」というフレーズには、由来同様元ネタになっている逸話やエピソードはありません。 雨が止まないという屋外の状況と、快適な室内という対比には独特の雰囲気があり、「雨に濡れたくない」という発想から「まだ帰りたくない」となり「もう少しあなたのそばにいたい」の意味の隠語になったのです。 「雨やみませんね」というフレーズ同様に、「寒いですね」にも隠れた意味があり、「私を抱きしめてください」という心理が隠れているのです。 「雨やみませんね」といわれて「寒いですね」と返事を返すなら、それはOKサインなのです。 「雨やみませんね」と相手が言った場合は、あなたと一緒にいたいという気持ちを表現しているので、あなたも相手と一緒に時間を過ごしたいのなら、「もう少しここにいましょうか」とダイレクトに返事を返しましょう。 「暖かいですね」にも隠れた意味があり、「あなたが隣にいてくれて幸せです」というニュアンスです。 「雨やみませんね」といわれて「暖かいですね」と返事するなら、「私もあなたと一緒にいたい」と伝えていることになるのです。 「月が綺麗ですね」というフレーズには「あなたを愛しています」という裏の意味があります。 なので、好きな人に「雨やみませんね」といわれた時に「きっと月も綺麗ですよ」と返すのは、自分の気持ちを伝える定番の返事なのです。 「雨やみませんね」の隠れた意味は一緒にいたいということです。 相手と一緒にいたいと思わないのならば、「雨がやまないのなら帰りましょうか」ということで、あなたとは一緒にいたくないという気持ちを知らせましょう。 「雨やみませんね」といわれ、その言葉に含まれる意味を理解していたとしても、相手に必ずしも反応する必要はありません。 相手に対する答えがNGで一緒にいたくないのならば、聞こえなかったフリをしてスルーしましょう。 「雨やみませんね」という相手の言葉を逆手にとって、雨が止まないという言葉に合わせて「春雨だから私は濡れて帰ります」ということで、相手と一緒にいたくない気持ちを伝えます。 雨やみませんねを使う場面は? 「雨やみませんね」を使う場面は雨が降っていない時 意外かもしれませんが、「雨やみませんね」というフレーズを使って好意を伝えるのに最も有効なのは、雨が降っていない時です。 雨が降っていた場合にこの言い回しを使うと、あなたが単に天候のことを言っているのか、それとも「もっと一緒にいたい」という気持ちを伝えたいのか、相手に判断がつきがたいからです。 「雨やみませんね」を使いたいならあらかじめ隠れた意味を相手に伝えておく 「雨やみませんね」というフレーズに「あなたともう少し一緒にいたい」という隠れた愛の気持ちがあることは、有名な「月が綺麗ですね」というフレーズに比べるとマイナーで、あまり知られていません。 「雨やみませんね」を使って告白したいのならば、その前にそういった意味があることを、相手に伝えておく必要があります。 タロットカードで占いをして、タロットの「星」のカードが出たら「相手はあなたに憧れている」という意味になります。 このことから、「星が綺麗ですね」という言い回しは「あなたに憧れています」という隠れた意味を持つようになったフレーズです。 夏目漱石の生徒が「I love you. 」を「我君を愛す」と訳したところ「日本人はそんなことは言わない。 月が綺麗ですね、とでも訳しておきなさい」といったことから「I love you. 」という隠れた意味を持つようになったのです。 「虹が綺麗ですね」という言葉は「月が綺麗ですね」の応用としてできた言葉で「あなたと繋がりたい」という隠れた意味があります。 「夕日が綺麗ですね」というフレーズに隠されている意味は、「あなたの気持ちを知りたい」です。 「月が綺麗ですね」の意味・由来」についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「海が綺麗ですね」というフレーズに隠されている意味は、「あなたに溺れたい」です。 「海」イコール「水」が連想されるところから、「溺れる」という言葉を使った、情熱的で粋なフレーズの言葉です。 「寒いですね」というフレーズに隠されている意味は、前述のように「抱きしめていいですか」「抱きしめてください」です。 「寒い」イコール「暖まりたい」、だから「抱きしめてほしい」という連想からできた言葉です。 前述のように、「寒いですね」と同様に「暖かいですね」の隠れた意味は「あなたが隣にいてくれて幸せです」というニュアンスです。 「 五月雨の正しい読み方」についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「雨音が響いてますね」という隠語は、「あなたを愛していました」という過去形の愛の表現を伝える言葉なのです。 「今日はとても幸せです」の隠れた意味は「あなたといると幸せです」です。 「明日は晴れますか?」の隠された意味は、「明日、あなたに対する私の気持ちは晴れますか?」です。 「私はあなたに片思いしているけど、それは明日には実りますか」という気持ちが表れているフレーズの言葉です。 雨やみませんねと類似している雨を使った言葉は? 雨やみませんねと類似している雨を使った他の言葉「雨音が響いてますね」 雨やみませんねと類似している雨を使った他の言葉は「雨音が響いてますね」です。 このフレーズは「雨やみませんね」という言葉の類語です。 「雨音が響いてますね」という言葉に隠されている意味は、「あなたを愛していました」になります。 「雨音が響いてますね」は少し悲しい愛の終わりのニュアンスを含む言い回しです。 類似表現「雨音が響いてますね」は失恋のニュアンスがある唯一の隠語 「雨音が響いてますね」は、前述のように「雨やみませんね」や「月が綺麗ですね」という愛情表現の隠語の類語です。 ただ唯一の違いは、「雨音が響いてますね」だけが愛の終わりの隠れた意味を表現している言葉だということです。 ジメジメした快適ではない「雨」そのもののイメージを含んだ隠語であるといえます。 「雨やみませんね」のような隠語としての愛の表現ができる理由とは? たくさんありすぎる|「雨やみませんね」に類似した隠語としての愛の表現 「雨やみませんね」の類似表現や類語はすべて愛情表現の言葉であり、ほとんどはすでに付き合っているカップルが使う言葉ではなく、これから愛を告白するというニュアンスが含まれています。 天候や気温が関係していて、どれもなかなかロマンチックな表現ですが、こういった言葉が隠語になるのには、相応の理由があるのです。 日本語では愛の表現を直球でいいにくい 隠語というものは、直接ダイレクトに口にしにくい言葉について使われることが多いものです。 もちろん外国語にも愛の言葉に相当する隠語がありますが、たとえ夫婦であっても「愛してる」とはなかなか言いにくいのが日本語であり日本民族なのです。 なので「雨やみませんね」のような、愛の言葉を表現する隠語があるのです。 夏目漱石の言葉がシャイな日本人の本音 前述の「雨やみませんね」の類似表現の中で、最も有名なのは「月が綺麗ですね」です。 この「月が綺麗ですね」の元ネタになっている文豪夏目漱石の「日本人はそんなこと 「我君を愛す」というような言葉を は言わない。 月が綺麗ですね、とでも訳しておきなさい」と言葉が表していることが、愛の言葉の隠語が多い理由です。 隠語がいっぱい!「雨やみませんね」のような愛の表現 「雨やみませんね」のような愛の表現は、求愛の言葉としてはなかなかロマンチックです。 こういった愛情表現の隠語がこんなにたくさんあるのですが、これを全部知っている人というのはそんなに多くはないでしょう。 最も有名な「月が綺麗ですね」にしても、実際に知っていて実際に使った人はどれだけいるでしょうか? 雨が止まないという表現が愛の表現の隠語になるというのは、いかにも情緒性にあふれた日本語らしい隠語です。 例えば英語の隠語と言えば、男性器を表す「dick もともとはリチャードという名前の愛称 」といったように、ロマンのひとかけらもないような隠語が多かったりします。 日本語の隠語はロマンがあります。 こういったロマンあふれる隠語を実際に使いたいのならば、まず失敗に終わらないためにも、好きな異性に対して会話の中であらかじめこういった隠語について知らせておきましょう。 「雨やみませんね」と相手に行って、「え、雨が降っているの?じゃあ帰る」と言われては、せっかくの風情もぶち壊しになってしまうからです。

次の

「目処が立つ」の意味とは?「目途」との違いと英語定型フレーズ

目星 類語

【目次】 ・ ・ ・ ・ 「十把一絡げ」とは? 読み方・意味・由来を知ろう 「十把一絡げ」と書いて、あなたはどう読んでいますか? 果たして、正しい読み方ができているか、この記事で確認してみてください。 間違いやすい言葉ですので、注意が必要です。 意味や由来とともに、使い方もご紹介していきます。 「じっぱひとからげ」と読むのが正しい読み方です。 「じゅっぱ」と読んでいた方も多いのではないでしょうか?「十回」は「じゅっかい」、「十個」は「じゅっこ」と読みますよね。 何を今更… と思われるかもしれませんが、この読み方も実は正しくないのです。 正確には「十回」は「じっかい」、「十個」は「じっこ」と読みます。 常用漢字表でも、「じっ」の読み方がしっかりと記載されているんですよ。 したがって、「十把一絡げ」の読み方は「じっぱひとからげ」。 心にとめておいてくださいね。 読み方がわかったところで、意味についても抑えておきましょう。 「十把一絡げ」は、大きく分けて2つの意味を持っています。 1つ目の意味は、いろいろな種類のものを区別なしにひとまとめにして扱うこと。 要は「区別なく一緒くたにして扱う」ということですね。 続いて2つ目の意味は、一つ一つ取り上げるほどの価値がないものとしてひとまとめに扱うことを指します。 ただ一緒くたにするだけではなく、価値が低いものとして扱うということです。 「把」は、束ねたものや矢を数える時に使う助数詞です。 したがって、「十把」とは「十束」のことを指します。 また、「一絡げ」は一括りという意味です。 束に差異があっても、そんなことは気にせず、一括りにして取り扱うということから、「十把一絡げ」という言葉が生まれました。 十把一絡げの使い方を例文でチェック 続いて、「十把一絡げ」は実際の会話の中でどのように使われるのか、ご紹介していきます。 1:「『最近の若者は…』と十把一絡げにされると無性に腹が立つ!」 この例文の「十把一絡げ」は、一緒くたに扱うという意味で使われています。 こう言われて、うれしい人は中々いないですよね。 日常会話やビジネスシーンで「十把一絡げ」という言葉を使うときは注意しましょう。 他にも、「彼女は、ハイブランドのアイテムも安価なアイテムも十把一絡げにクローゼットに置いている」などというように使います。 2:「季節外れの洋服がワゴンセールで十把一絡げに販売されていた」 この例文の「十把一絡げ」は、価値のないものとしてひとまとめに扱うという意味で使われています。 ワゴンセールに自分の購入したものも含まれていると、複雑な気分になってしまいますよね…。 他にも、「趣味が変わってしまったので、以前は大切にしていたアイテムをフリマアプリで十把一絡げに売り払った」などというように使うことができますよ。 3:「友人は、今日合コンで出会った男子たちを十把一絡げにしてバカにした」 「十把一絡げにする」という表現もよく使われます。 意味は、「一緒くたに扱う」で変わりはありません。 他にも、「今の彼の言動だけを切り取って、十把一絡げにして考えるのは、あまりにも料簡が狭い」などというように使います。 十把一絡げの類語や言い換えはどんなものがある? 「十把一絡げ」と表現したいけれど、堅苦しい感じがするから、もう少し柔らかく表現したい時もありますよね。 そんなときは、「十把一絡げ」と同じ意味を持つ言葉を一緒に覚えておくと便利ですよ。 類義語を4つご紹介します。 1:一緒くた これまで「十把一絡げ」の説明でも出てきた、「一緒くた」はもちろん類語です。 雑多な物事が秩序なく1つになっていることを指します。 「冷たいものも温かいものも、一緒くたにエコバッグに詰め込んだ」などというように使いますよ。 2:ごちゃまぜ 「ごちゃまぜ」の意味は、いろいろな物が無秩序に入りまじっていること。 こちらも「十把一絡げ」の類語といえますね。 「彼は資料をごちゃまぜに積んでいるだけだから、いつも自分のデスクで探し物をしている」などというように使えますよ。 3:一括 「十把一絡げ」の3つ目の類語は、「一括」です。 「一括」には、ひとまとめにして扱うことという意味があります。 「彼は、今日の飲み会の代金を一括して支払ってくれた」などというように使うことができますよ。 4:二束三文(にそくさんもん) 「二束三文」は、品物をまとめて安く投げ売りするときなどに使われます。 販売というシーンに限られますが、価値のないものとして一緒くたに扱うという意味では、「十把一絡げ」と共通しますね。 「閉店時間が迫ってきたので、残り物は二束三文で売られた」などというように使います。 十把一絡げの対義語は? 「十把一絡げ」の反対の意味を持つ言葉にはどのようなものがあるでしょうか。 「個別扱い」や「オンリーワン」など一緒くたにせず、ひとつひとつを特別に扱う言葉が当てはまりますね。 人に対しては使えませんが、優れたものとして選ばれたものという意味を持つ、「特撰」も対義語に当たるでしょう。 最後に 「十把一絡げ」について解説してきましたが、いかがでしたか? 生活やビジネスシーンでも「十把一絡げ」という言葉が当てはまる機会は多いのではないでしょうか? とはいえ、目の前の相手に対して使ってしまうと、不快な思いをさせることになってしまいます。 この言葉を使う場合は、注意しながら使用してくださいね。

次の

「豪華絢爛」の意味とは?類語・対義語や例文で正しい使い方を解説

目星 類語

雨やみませんねの意味や由来は? 「雨やみませんね」は雨が止まないという意味ではない 男性が女性に、あるいは女性が男性に、二人きりのシチュエーションで「雨やみませんね」という場合、その意味するところは「雨が止まない」という意味ではありません。 もちろん額面通り「雨が止まない」という意味で言う場合もあるでしょうが、「雨やみませんね」というフレーズには、実は隠れた意味があるのです。 「雨やみませんね」の意味とは隠れた愛の言葉 「雨やみませんね」の意味は、前述のように「雨が止まない」という天候を表しているだけではありません。 隠語として、「もうちょっとあなたと一緒にいたい」とか、「もう少しあなたといたい」という裏の意味が込められているフレーズです。 相手のことが好きなのに、その気持ちをダイレクトに伝えられない時に使います。 「雨やみませんね」の由来は雨が止まないという状況 「雨やみませんね」という言葉には、雨が止まないという状況から、「雨やみませんね」は「雨に濡れて帰りたくありません」つまり、「もう少しあなたの側にいたいのです」という心理の流れからきたフレーズです。 「既婚者が恋する心理」についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「雨やみませんね」は恋愛感情を相手に伝えるにはマイナーな言い回し 愛情表現の隠語として使われる言葉で最も有名なのは「月が綺麗ですね」という言葉です。 「月が綺麗ですね」という言葉に比べると「雨やみませんね」の方はマイナーであまり知られていない表現なので、せっかく一緒にいたい相手に「雨やみませんね」といっても、相手が知らなければ不発に終わってしまう恐れがあります。 雨やみませんねの元ネタは「雨が止まないという状況」だけ 「雨やみませんね」というフレーズには、由来同様元ネタになっている逸話やエピソードはありません。 雨が止まないという屋外の状況と、快適な室内という対比には独特の雰囲気があり、「雨に濡れたくない」という発想から「まだ帰りたくない」となり「もう少しあなたのそばにいたい」の意味の隠語になったのです。 「雨やみませんね」というフレーズ同様に、「寒いですね」にも隠れた意味があり、「私を抱きしめてください」という心理が隠れているのです。 「雨やみませんね」といわれて「寒いですね」と返事を返すなら、それはOKサインなのです。 「雨やみませんね」と相手が言った場合は、あなたと一緒にいたいという気持ちを表現しているので、あなたも相手と一緒に時間を過ごしたいのなら、「もう少しここにいましょうか」とダイレクトに返事を返しましょう。 「暖かいですね」にも隠れた意味があり、「あなたが隣にいてくれて幸せです」というニュアンスです。 「雨やみませんね」といわれて「暖かいですね」と返事するなら、「私もあなたと一緒にいたい」と伝えていることになるのです。 「月が綺麗ですね」というフレーズには「あなたを愛しています」という裏の意味があります。 なので、好きな人に「雨やみませんね」といわれた時に「きっと月も綺麗ですよ」と返すのは、自分の気持ちを伝える定番の返事なのです。 「雨やみませんね」の隠れた意味は一緒にいたいということです。 相手と一緒にいたいと思わないのならば、「雨がやまないのなら帰りましょうか」ということで、あなたとは一緒にいたくないという気持ちを知らせましょう。 「雨やみませんね」といわれ、その言葉に含まれる意味を理解していたとしても、相手に必ずしも反応する必要はありません。 相手に対する答えがNGで一緒にいたくないのならば、聞こえなかったフリをしてスルーしましょう。 「雨やみませんね」という相手の言葉を逆手にとって、雨が止まないという言葉に合わせて「春雨だから私は濡れて帰ります」ということで、相手と一緒にいたくない気持ちを伝えます。 雨やみませんねを使う場面は? 「雨やみませんね」を使う場面は雨が降っていない時 意外かもしれませんが、「雨やみませんね」というフレーズを使って好意を伝えるのに最も有効なのは、雨が降っていない時です。 雨が降っていた場合にこの言い回しを使うと、あなたが単に天候のことを言っているのか、それとも「もっと一緒にいたい」という気持ちを伝えたいのか、相手に判断がつきがたいからです。 「雨やみませんね」を使いたいならあらかじめ隠れた意味を相手に伝えておく 「雨やみませんね」というフレーズに「あなたともう少し一緒にいたい」という隠れた愛の気持ちがあることは、有名な「月が綺麗ですね」というフレーズに比べるとマイナーで、あまり知られていません。 「雨やみませんね」を使って告白したいのならば、その前にそういった意味があることを、相手に伝えておく必要があります。 タロットカードで占いをして、タロットの「星」のカードが出たら「相手はあなたに憧れている」という意味になります。 このことから、「星が綺麗ですね」という言い回しは「あなたに憧れています」という隠れた意味を持つようになったフレーズです。 夏目漱石の生徒が「I love you. 」を「我君を愛す」と訳したところ「日本人はそんなことは言わない。 月が綺麗ですね、とでも訳しておきなさい」といったことから「I love you. 」という隠れた意味を持つようになったのです。 「虹が綺麗ですね」という言葉は「月が綺麗ですね」の応用としてできた言葉で「あなたと繋がりたい」という隠れた意味があります。 「夕日が綺麗ですね」というフレーズに隠されている意味は、「あなたの気持ちを知りたい」です。 「月が綺麗ですね」の意味・由来」についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「海が綺麗ですね」というフレーズに隠されている意味は、「あなたに溺れたい」です。 「海」イコール「水」が連想されるところから、「溺れる」という言葉を使った、情熱的で粋なフレーズの言葉です。 「寒いですね」というフレーズに隠されている意味は、前述のように「抱きしめていいですか」「抱きしめてください」です。 「寒い」イコール「暖まりたい」、だから「抱きしめてほしい」という連想からできた言葉です。 前述のように、「寒いですね」と同様に「暖かいですね」の隠れた意味は「あなたが隣にいてくれて幸せです」というニュアンスです。 「 五月雨の正しい読み方」についての関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「雨音が響いてますね」という隠語は、「あなたを愛していました」という過去形の愛の表現を伝える言葉なのです。 「今日はとても幸せです」の隠れた意味は「あなたといると幸せです」です。 「明日は晴れますか?」の隠された意味は、「明日、あなたに対する私の気持ちは晴れますか?」です。 「私はあなたに片思いしているけど、それは明日には実りますか」という気持ちが表れているフレーズの言葉です。 雨やみませんねと類似している雨を使った言葉は? 雨やみませんねと類似している雨を使った他の言葉「雨音が響いてますね」 雨やみませんねと類似している雨を使った他の言葉は「雨音が響いてますね」です。 このフレーズは「雨やみませんね」という言葉の類語です。 「雨音が響いてますね」という言葉に隠されている意味は、「あなたを愛していました」になります。 「雨音が響いてますね」は少し悲しい愛の終わりのニュアンスを含む言い回しです。 類似表現「雨音が響いてますね」は失恋のニュアンスがある唯一の隠語 「雨音が響いてますね」は、前述のように「雨やみませんね」や「月が綺麗ですね」という愛情表現の隠語の類語です。 ただ唯一の違いは、「雨音が響いてますね」だけが愛の終わりの隠れた意味を表現している言葉だということです。 ジメジメした快適ではない「雨」そのもののイメージを含んだ隠語であるといえます。 「雨やみませんね」のような隠語としての愛の表現ができる理由とは? たくさんありすぎる|「雨やみませんね」に類似した隠語としての愛の表現 「雨やみませんね」の類似表現や類語はすべて愛情表現の言葉であり、ほとんどはすでに付き合っているカップルが使う言葉ではなく、これから愛を告白するというニュアンスが含まれています。 天候や気温が関係していて、どれもなかなかロマンチックな表現ですが、こういった言葉が隠語になるのには、相応の理由があるのです。 日本語では愛の表現を直球でいいにくい 隠語というものは、直接ダイレクトに口にしにくい言葉について使われることが多いものです。 もちろん外国語にも愛の言葉に相当する隠語がありますが、たとえ夫婦であっても「愛してる」とはなかなか言いにくいのが日本語であり日本民族なのです。 なので「雨やみませんね」のような、愛の言葉を表現する隠語があるのです。 夏目漱石の言葉がシャイな日本人の本音 前述の「雨やみませんね」の類似表現の中で、最も有名なのは「月が綺麗ですね」です。 この「月が綺麗ですね」の元ネタになっている文豪夏目漱石の「日本人はそんなこと 「我君を愛す」というような言葉を は言わない。 月が綺麗ですね、とでも訳しておきなさい」と言葉が表していることが、愛の言葉の隠語が多い理由です。 隠語がいっぱい!「雨やみませんね」のような愛の表現 「雨やみませんね」のような愛の表現は、求愛の言葉としてはなかなかロマンチックです。 こういった愛情表現の隠語がこんなにたくさんあるのですが、これを全部知っている人というのはそんなに多くはないでしょう。 最も有名な「月が綺麗ですね」にしても、実際に知っていて実際に使った人はどれだけいるでしょうか? 雨が止まないという表現が愛の表現の隠語になるというのは、いかにも情緒性にあふれた日本語らしい隠語です。 例えば英語の隠語と言えば、男性器を表す「dick もともとはリチャードという名前の愛称 」といったように、ロマンのひとかけらもないような隠語が多かったりします。 日本語の隠語はロマンがあります。 こういったロマンあふれる隠語を実際に使いたいのならば、まず失敗に終わらないためにも、好きな異性に対して会話の中であらかじめこういった隠語について知らせておきましょう。 「雨やみませんね」と相手に行って、「え、雨が降っているの?じゃあ帰る」と言われては、せっかくの風情もぶち壊しになってしまうからです。

次の