シルヴァン 支援会話。 シルヴァン=ジョゼ=ゴーティエ (しるゔぁんじょぜごーてぃえ)とは【ピクシブ百科事典】

【紅花の章】特定ユニットでの「戦闘会話」を集めました【FE風花雪月】

シルヴァン 支援会話

いやあ、士官もいいもんですね、。 右も左もいで!あっはっは! シルヴァン=ジョゼ=ゴーティエとは、『』に登場するである。 王最北端に位置するゴーエの嫡子。 思いの分として周囲から慕われているが、同時に類の女好きで暇さえあればをし、そういったが絶えない。 その女好きが高じて、なんと が女だとあらゆる条件をすっ飛ばして即座にウトできる。 同じ学級に属する王侯の・・とはの関係。 嫡子ではあるが、元々は次男である。 紋章を持つ彼が生まれたことで紋章を持たないンが立場を失った挙げ句に嫡の憂きに遭っており、に身をやつしゴーエに伝わるの遺産である『破裂の』を盗んだ彼をの担当する学級が討伐することとなる。 大きな特徴として、自学級以外とのは 1人・8人と筋入りだが(ちなみにその1人は繋がりの)、 そのうち以外は全部B止まりである。 つまり がまるで実らない。 においてBが立ち並ぶさまはいっそ壮観である。 (以外はA=ペア可となる本作では「Bが上限」という組み合わせが存在している。 ペアに絡むためか、異性の組み合わせには少ない) この性質ゆえに、Aが可な相手がを除いてわずか 4人(3人+クス)と、になる人物の中で(相手自体が少ないうえに高齢の既婚者)に次ぐ少なさを誇る。 補足として、のなら 大抵は9~10人くらいである。 一見お気楽に生きているように見えるが、紋章持ちとして生まれたがゆえに生き方を縛られていることを強く疎んでいるという一面を持つ。 生まれただけでの立場を奪ってしまったがためにからしく憎悪され、ゴーエを継ぐ者として期待をかけられ、紋章や地位を当てに女が群がってくる。 これに関わって、 とあるにおいて 本心ではむしろを嫌悪・拒絶していることが摘されている。 それを踏まえると、一見要素な前述の件もかなり示唆的である。 術も得意なので重装を鍛えてナイトにしたり、理学が才開するためそちらを鍛えてにすることも考えられる。 技が低い以外はが良い。 獅子の前衛ではやクスが突出して強なので見劣りしてしまうが、相手が悪いだけで他学級ならと肩を並べられる器である。 魔の伸びは中間程度で、中心で戦っていくにはやや物足りず、にする場合のはウェ的な扱いになるだろう。 ゴーエのの遺産「破裂の」は、ではなく中で入手できる非常にしいの遺産。 ンを討った後、通常は破裂のを一旦返却することになるが、シルが自学級にいる場合は返さないことができる。 周回特典や稼ぎを使わない場合、この時期にをウトするのは本来なら難しいのだが、前述の「が女の場合はウト」というがここで活きることになる。 もっとも、入手しなかった場合も後でシルのをすることでも手に入るので、実際には大したというわけではないのだが、序盤のを倒すの一つなどにはなる。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

シルヴァン=ジョゼ=ゴーティエ (しるゔぁんじょぜごーてぃえ)とは【ピクシブ百科事典】

シルヴァン 支援会話

食堂特殊会話について どんな料理でもやる気ゲージMAXになる 特別会話が発生する組み合わせで食事をすると、 どれだけ嫌い・不味い食事でも支援値が上がり、やる気ゲージも最大まで上がります。 それが例えザリガニであっても。 これは便利ですので知っておきましょう。 リンハルトと食べると普通にMAXまで回復するので必ず回復するというわけではないようです。 グループ課題の特別会話も組み合わせは同じ グループ課題でも、 食堂の会話と同じ組み合わせで特殊会話が発生します。 特殊会話が発生する組み合わせの時はパーフェクトになりやすい印象があるので、技能レベルを稼ぎたい場合は意識するとよいでしょう。 特殊会話集 こちらの特殊会話集は、 1部かつ支援が発生していないときのものをまとめています。 思ったよりも会話変化や発生が多く、現在周回して収集していますので、変化後の会話は別記事にてまとめたいと思います。 ( グループ課題の特殊会話まとめはまで) とてもつらい 支援Bで喧嘩するので気まずい状態です。 というかこの二人すぐ支援Bまで行くのに他キャラの例に漏れず戦争編で支援Aになる(支援Aで仲直り)ので、5年間ずっと気まずい状態のようです。 仲悪いの? 食堂会話については、会話変化の具体的なトリガーは基本的には支援進行ですが、たまに1部、2部で会話が変わる組み合わせがあります。 というかこの組み合わせだけ?) 上記以外の組み合わせや、 食堂・グループ課題の会話変化を見つけたら是非情報提供いただければと思います。 自分の方でも検証を重ね、随時更新していく予定です。 風花雪月、テキストフルコンプ厳しすぎ問題。

次の

【FE風花雪月】食堂特殊会話のキャラ組み合わせと会話内容まとめ(支援なしver)

シルヴァン 支援会話

先日、風花雪月のを ほぼ 埋め終えました。 引き継ぎを使えばスカウトもクリアも楽勝ですのでそこまで時間がかからなかったですね。 その中でもう一つ、紅花の章に分岐するにあたり、 達の寝返り動機についてまとめてみました。 本作のスカウトシステムは学級の引き抜きに留まらず、戦争編である第二部でも自陣営で戦ってくれます。 しかしこの紅花の章では 「このキャラが帝国に付くには無理があるんじゃないか?」と思うキャラも何人かおりますので、それぞれ焦点を当てて解説していきます。 違和感なく加入に納得出来るキャター タール家は親帝国派ですので何ら問題はありません。 銀雪や翠風の章ではスカウトしていても帝国の援軍として敵対する程ですし。 なお紅花の章ではスカウトしなかった場合登場しません。 ラファエル・イグナーツ しがらみのない平民ですので二人も問題ありませんね。 士官先が帝国になっただけの話です。 仮拠点での彼女の台詞ですが、「 今の教団のやり方は女神が望んでいたものではない」とはなかなか本質を突いた一言ですね。 エーデルガルトが戦いを挑む相手はセイロス教会と言う「組織」であって、 本心で言っているかどうかはさておき 女神の事を否定している訳ではありません。 今の教会に不信感を抱くのであれば敬虔なセイロス教徒であるが教会に刃を向けてもなんらおかしくはないのです。 もう一つ、彼女の場合は弟のエミール イエリッツァ がいる事も大きいですね。 また少し味方をすれば、このどさくさで養父の呪縛から逃がれる狙いもあったかも知れません。 動機は見当たるが言動に違和感がある・もしくは描写不足だと感じたキャター リシテア 「紋章至上主義の改革」を望んでいますのでエーデルガルトに着くのは自然ではありますが、 帝国への不信感も大いにあるはずなのでこの時点で帝国に付くのは違和感があります。 彼女の場合、たとえスカウトしなくても なんなら支援レベル一切上げなくても 二部でスカウト出来ますので、一度この時点で離脱させて二部で再加入させた方が自然だったのではないかと思います。 エーデルガルトとのでは信頼関係がしっかりと描かれていますので、支援Bまで上げていれば残留、とかでも良かったですね。 レオニー 「ジェラルトとの約束を果たす為に主人公を守る」と言うのが一番の動機ですが… これ、一見筋が通っているように見えますがそうではありません。 なぜなら 彼女は=エーデルガルトに対する不信感を募らせているからです。 特に他のルートではエーデルガルトを完全にジェラルトの仇と断定しているくらいですし。 「例え仇の側に付くことになっても約束は約束」とも言えますが、それならば何故スカウトしなかった場合敵対したのか?それも裏切り者呼ばわりしてきてまで。 この辺の一貫性のなさが納得出来ない。 ジェラルトがレアを怪しんでいた事は知っていたようですが、それだけでは足りない。 「詳しい事は聞いてないけど」で流していい問題ではないはず。 分岐の時点で一時離脱させるか、あるいは残留する際エーデルガルトを問い詰める描写等が欲しかったところです。 アッシュ 「ロナートやクリストフを死に追いやった教会への不信感」が主な動機ですが、これも筋が通っているように見えてそうではありません。 彼もレオニー同様エーデルガルトへの不信感があるはずです。 ロナートの死因となったの反乱にが関与していたのは明らかですので 特に女神祭壇の儀の時なんて配下の死神騎士が思いっきりいた訳ですし。 彼もまた エーデルガルトを問い詰める描写が欲しいですね。 シルヴァン エーデルガルトの掲げる「紋章至上主義の撤廃」はシルヴァンが帝国に付くには充分な動機と言えます。 彼自身紋章に苦しめられてきましたし、兄のような犠牲者を出さない世界を作りたいと思っているはず。 問題は 彼の口からその事が語られる事は一切なく、終始「先生を信じる」の一点張りである事です。 家族や友人を裏切る理由がただ主人公についてきただけ、ではとても納得できません。 誰を敵に回してでも紋章で苦しむ事のない世界を作る、と言った覚悟の台詞が欲しかったです。 特にシルヴァンは主人公が女性の場合無条件でスカウト出来るので「巨乳に釣られて祖国を裏切ったのかよww」とユーザーに言われるのが何とも…。 フェリクス 彼に関しては後に紹介する「明らかに無理のある・納得出来ないキャター」に分類すべきかかなり迷いましたがこちらにしました。 まず彼の場合、 祖国を裏切る明確な動機が見当たりません。 父親やディミトリとの確執はあるものの、敵同士になる程ではないでしょう。 ですが、ファーガスと言う国や騎士と言うものの在り方に思うところはあるようですし、主人公との支援では「強くなる目的がない事」について悩む側面もあります。 ただし、主人公との会話はあくまで目的を探すきっかけに過ぎないため、それだけでは不十分です。 祖国を裏切り帝国に就く為にはトップであるエーデルガルトとの会話が必須ではないのでしょうか。 エーデルガルトとの支援を用意し、一定以上まで上げる事がスカウトの条件とすればかなり自然な気がします。 明らかに無理のある・納得出来ないキャター イングリット 祖国を敵に回すと言う選択は彼女にとってありえないでしょう。 お家の為に帝国に付くべき、とは言っていますが、 「清廉な騎士」を目指すイングリットの発言とは到底思えません。 シナリオの都合上で言わされているように強く感じます。 なお金鹿ルートでスカウトした際のグロンダーズは、既にファーガスは滅んでいた事と偶発的な戦闘であるため裏切ったとはみなしません。 三つ巴になった経緯に納得出来るかどうかはさておき また青ルート以外の散策ではエーデルガルトに対する憤りをみせていた所を見ると、帝国につくのは極めて不自然です。 彼女の場合はダのように 銀雪の章に分岐するまでスカウト不可にすべきだったと思います。 アネット 帝国に付くのに最も無理があるであろう人物。 まず彼女がに入ったのはセイロス騎士団にいる父親を探し母親に会わせるため。 その目的をなかった事にして帝国に付くのはあまりに無理があります。 現に父親と戦うのはこの時点で嫌がっています。 それに紅花の章ではドミニク家も王家に従う訳ですから家族のいる祖国を裏切る理由がありません。 ただ「先生がいるから」では到底納得出来ない。 彼女も 分岐までスカウト不可にすべきだったでしょう。 マリアンヌについて 彼女を上記3つに分類しなかったのは あまりにも判断材料が少ないからです。 まずマンド家の立場が不明確。 また マリアンヌは自学級にいなかった場合、第二部で敵として登場しない唯一のキャターなのでハッキリした事が分かりません。 もっとも、レスター諸侯同盟というまとまりのない諸侯の一角であるため親帝国、反帝国どちらになってもおかしくないこと、またマリアンヌ自身の意志としても、同様セイロス教に敵対する事の違和感はありませんので問題ないと言っていいかとは思いますが。 ですが、自分としては 初めからスカウト出来るようにして良かったのではないかと考えています。 分岐の時点で一時離脱し、二部で撃破後に再加入する形で。 何故かと言いますとデアドラ攻略戦では余程上手いことやらない限りダを倒す事になりますが、この時点でクロードは帝国への降伏も視野に入れている為、結局ダの死は完全に無駄になってしまいます。 そうなるとただ後味が悪いと言うだけでなく、 との国境を守るゴネリル家との関係が著しく悪化するのが最大の問題です。 外伝では例によって卿がキノコにあたって湯気を出してるといったギャグ描写になってますが、 溺愛する妹を失った彼の傷心は笑い話では済まされないでしょう。 ダ加入が外伝出現条件になる、とかだと面白かったかも知れないですね。 いなくなったあの人は・・・ 紅花の章に入った時の衝撃と言えば、 みんな大好き門番くんが離脱してしまった事でしょう。 帝国を飛び出したのは信心深い人物だったからではあります・・・が、先述した通り、エーデルガルトが否定しているのはあくまで教団ですので、残ってくれて良かったんじゃないか・・・と思うのです。 各キャターに関する考察は以上です。 本作のスカウトシステムは単なる学級移籍ではなく、 生徒達のその後の人生を大きく変える重大な選択です。 学生時代の多感な時期に受けた影響でその後の人生が変わった、と言った話は良くある話ですし、このシステム自体は素晴らしいものだと思います ならではの戦闘会話とかもありますしね。 ただ、それであれば 納得出来る動機づけ、及びその描写は不可欠です。 その辺りの描写が欲しかったキャラがチラホラいたのが気になりました。 特に全体的に見渡していて思うのは、自分の人生を決める選択であるにも関わらずその動機を 「先生が選んだから」と主人公に依存しているキャラが多い。 平民組なら理解は出来ますが、立場のある貴族たち 特にファーガス出身者 はそれだけでは不十分でしょう。 風花雪月は細かい台詞の差分等が作り込まれており、キャターの魅力も光る素晴らしさを持った作品です。 その一方で肝心のシナリオ本筋の描写不足や雑さが多数見られるのが非常に勿体ないところ。 特に紅花の章はこのように無理のあるスカウトやシステムの弊害など色々と粗が目立つのが惜しい。 お気に入りの作品の一つではありますが、この辺りをしっかりしていれば文句なしだったのにな、と少し思ったりします。 それでは今日はこれにて。 hktyFE.

次の