せなか れ 炎上。 きゃりーぱみゅぱみゅ、海外で炎上した「ちゅーしたい」ツイート。なぜ7年前の投稿が?

ポケモン実況者ななすけ、まかろんに裏垢の元彼DMを晒され炎上「法的措置を検討」

せなか れ 炎上

ソーシャルメディアの拡散性や即時性が企業のPRにも効果的であるとして、企業のSNSアカウント運用が普及しています。 一方非難や誹謗中傷が殺到するしています。 本記事では自社のアカウントを炎上させないために、ソーシャルメディア運用担当者ができることと、もし炎上してしまったらどう対処するべきかを解説していきます。 本記事の内容をまとめた、お役立ち資料はこちら! SNSにおける炎上の基本 企業の担当者だけで対応できる炎上と、対応できない炎上が存在する SNS上で起きる炎上にはソーシャルメディア運用担当者だけで対応できるものと、対応しきれないものがあります。 前者は、たとえば操作ミスや配慮を欠いた投稿内容に、ユーザーからの不満が殺到する場合を指します。 後者は、たとえばレストラン従業員が仕事場の冷凍庫に入って遊んでいるところをSNSに投稿して企業アカウントを炎上させてしまうケースのように、SNS運用担当者とは直接関係がないところに火種があった場合を指します。 ソーシャルメディアは生きたユーザーが集まるコミュニティであるため、どんな情報がネガティブな反応につながるのか予測が難しく、完全に管理することができません。 そのため、ソーシャルメディア運用担当者は日ごろから炎上を未然に防ぐための努力をしつつ、リスクが発生したとき最小限に抑える術を学んでおく必要があります。 企業のSNS炎上を防ぐ 4つの対策 本項ではSNSの炎上を未然に防ぐ対策として、運用担当者が守るべき基本ルールを書きにまとめました。 もし企業アカウントのせいで情報が漏えいした場合、担当者の解雇だけでなく、損害賠償に発展する可能性もあります。 SNSでやりとりする情報は、基本的には「すべて公になってしまう」と考えましょう。 また、ある時点までは正しいと考えられていたけれど「最新の情報では違う見方もある」ケースも十分あります。 事実は思った以上に不確かなものであると認識しておきましょう。 「だれかをどこかで見た」という情報も他人のプライバシーに触れる情報になるので避けるべきです。 また、重要な情報を送る相手の確認も決して怠れません。 たとえばDM(ダイレクトメール)など普段公開されないやりとりでの送信先のミスや、相手がなりすましアカウントである危険性も考えられるためです。 会社公式のアカウントであり、ソーシャルメディア運用担当者の個人アカウントではないことを認識して、投稿の内容が会社のマイナスになる可能性はないか重ねて吟味しましょう。 企業の炎上が起きた時の 3つの心構え 本項では「もし炎上が起きてしまったら」どういう風に動くべきなのか、心構えと想定されるフローを説明していきます。 焦りからひとたび判断を間違えると、一般ユーザーからますます怒りや不満を買ってしまう場合さえあるのです。 慌てて行った運用担当者の判断が「その場しのぎの取りつくろい」とユーザーから判断されてしまうと、あとで正しい対処や情報がわかったとしても、そのときには事態がより複雑化している場合があります。 他の心構えにもつながりますが、まずは冷静になることが大切です。 たしかに早めの対応は重要ですが、ほかの対応なしに投稿削除だけを先んじて行うと、SNSユーザーは「隠ぺい・ごまかし」と捉えることがあります。 そうなると、炎上が加速する恐れがあります。 というのも、対応や発言が二転三転してしまうと、「誠実でない・信憑性がない」とユーザーの猜疑心を掻き立ててしまうためです。 担当者は不用意な謝罪を控え、炎上を事実をすばやく関係部署間で周知し、会社全体で対応を考えましょう。 企業の理想的な炎上対応フローの例 すべての炎上ケースに当てはまるとはいえませんが、押さえておきたい基本的なポイントは下記です。 ソーシャルメディアの活動を停止する• 直属の上司、場合によっては広報や総務、法務、顧客窓口などに連絡• 弁明や謝罪、今後の対応策や発表は会社として方針が決まってから ソーシャルメディアの活動を停止する 炎上したアカウントは必要最低限な情報発信にとどめ、 解決の目途が立つまで一旦停止させましょう。 この場合の「停止」とはアカウントやコンテンツの「削除」ではなく、むやみな投稿をストップして様子を見ることをいいます。 直属の上司、場合によっては広報や総務、法務、顧客窓口などに連絡 直属の上司には炎上の火種や業務に関連した発言の有無などを 正直に報告し、報告を受けた上司は会社全体で対応するために 必要な部署に共有しましょう。 また、その際は 電話など最も速やかな連絡手段が望ましいでしょう。 また、事態の報告をするときは、火種となった投稿のURL、アカウント情報だけでなく、 炎上が発生した日時または炎上を発見した日時、担当者の氏名と連絡先など必要な情報をまとめましょう。 弁明や謝罪、今後の対応策や発表は会社として方針が決まってから 一貫した対応がユーザーの信頼につながります。 弁明や謝罪といった今後の対応策は担当者でなく、会社として判断し、対応しましょう。 途中経過として 「事実関係の調査」や「対応策の協議」の報告は随時行うべきですが、こちらも個人で進めようとせず、会社と相談するべきです。 まとめ 先述のとおり、万一炎上してしまった場合は会社全体として対処しなくてはいけません。 そのためソーシャルメディア運用を企業で行う際には、担当者はもちろん部署や管理職、会社のトップ含めてソーシャルメディアやSNSの基本的な理解が必要になります。 なかでもSNS運用担当者は最新の炎上の情報を定期的に収集し、そこから得た炎上になりやすい要素は排除するなどして、ふだんから炎上させないための努力が求められています。 記事に関連する動画をYouTubeで観る ガイアックス ソーシャルメディアラボではYouTubeチャンネルで動画コンテンツを配信しています。 より理解が深まりますので、併せてこちらもご視聴くださいませ。 企業の炎上対策なら、ガイアックスにお任せください!.

次の

「息子がもらってきた泣けるラブレター」タケムラ アキラ(SNAIL RAMP)『炎上くらいしてみたい』

せなか れ 炎上

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] に(現・)で生まれた。 時代は、久留米ボーイズに所属し主将を務め、3年時にホークスカップでチーム準優勝に導き、優秀選手に選ばれた。 時代は、1年夏に同校が甲子園に出場したがメンバーから漏れ 、1年時の秋からベンチ入りした。 2年時の春からは、秋からはに定着し、秋季大会では打率. 429を残すなど熊本大会準優勝に貢献した。 3年時の夏、ではトップバッターとして活躍するも、準々決勝での前にノーヒットに抑えられ敗退した。 10月28日、プロ野球にてから育成5位指名を受け 、入団。 は 129。 ソフトバンク時代 [ ] オフにはに派遣され 、11月4日から12月2日までの14試合に出場した。 6月11日に支配下選手登録を受け 、背番号は 69となり、6月13日に一軍初昇格を果たした。 シーズン中の一軍昇格は3回。 5試合で代走として出場し、3得点を上げる。 7月19日に開催されたに9番二塁手として先発出場した。 二軍では規定打席に到達し、82試合に出場した。 277 リーグ3位 、12盗塁、6三塁打 リーグ1位 を記録し 、チームのの優勝に貢献した。 また、6月の月間打率. 347、3盗塁で6月度「ミズノ月間MVP」に選出された。 には9番遊撃手で先発出場した。 オフには11月24日から12月22日までで行われたにNPB選抜として派遣され、20試合に出場した。 56打数21安打で打率. 375だった また二塁手、三塁手、遊撃手として守備について失策は0だった。 7月13日に行われた本拠地での対戦において、7番ファーストで初出場を果たし、初打席を迎えたが、にセカンドゴロ、空振り三振と打ち取られ2打席で代打を送られた。 二軍では85試合に出場し打率. 2957 リーグ4位 、19盗塁 リーグ1位 、8三塁打 リーグ1位 を記録し 、ウエスタン・リーグの優勝に貢献し、11月26日のにて最多盗塁として表彰された。 10月6日にはファーム日本選手権に7番遊撃手として出場した。 、7月22日のでの対戦、9番サードでスタメン出場し、2回一死二塁の一打席目にからセカンドへのでプロ初安打を記録した。 二軍では91試合に出場し、打率. 374で首位打者を獲得しウエスタン・リーグの優勝に貢献し、11月26日ので首位打者、優秀選手賞として表彰された。 また、ウエスタン・リーグ単独新記録のシーズン通算120安打 を樹立した。 10月4日のファーム日本選手権で1番遊撃手として出場、3度目にして自身初安打を記録した。 オフには11月7日からで開催されたのにとして選出 、主将に任命され 、8試合に出場、33打数15安打、打率. 455、4盗塁と活躍した。 第1ラウンドは1番打者での起用だったが、第2ラウンドから3番スタメンで起用され、11月13日の対戦と11月15日の戦ではを記録。 決勝戦では台湾代表先発から2安打放ったが、惜しくもチームは準優勝となった。 11月16日に大会ベストナイン 遊撃手 、最優秀守備選手として表彰された。 11月21日、契約更改交渉を行い、300万円アップの年俸1,000万円 金額は推定 で更改した。 の春季キャンプより、内野手登録ながら外野守備に挑戦し 、4月5日にで行われた対戦において、2番センターで先発出場を果たす。 にで行われた対ロッテ戦において、で初打点を記録する。 シーズン成績は、主に代走や守備で43試合に出場、打率. 159。 守備では全て外野手としての起用だった。 11月26日、契約更改交渉を行い、300万円アップの年俸1,300万円 金額は推定 で更改した。 は、開幕一軍はならなかったが、の負傷離脱により4月6日に一軍昇格。 4月10日にで行われた対オリックス戦において、今季初スタメン初安打を記録する。 シーズン成績は、二塁手と外野手として41試合に出場、打率. 244だった。 12月2日、契約更改交渉を行い、現状維持のの年俸1,300万円 金額は推定 で更改した。 12月14日、来季より背番号を 36に変更されることが発表された。 は、宮崎春季キャンプではA組 、オープン戦も一軍帯同したが、開幕一軍登録はならず、4月1日、腰痛で離脱のの代わりに一軍昇格する。 4月5日の対戦で今季初出場するが 、4月28日にの一軍昇格により一軍登録を抹消される。 6月3日にの首痛による離脱により再昇格し 、6月4日の、対戦に約1ヵ月振りに出場する。 しかし、6月末に右肩を痛めて離脱を余儀なくされる。 残りのシーズンはに費やすこととなる。 このシーズンは10試合の出場にとどまった。 は、前年の怪我の影響から、宮崎春季キャンプからB組帯同、開幕1軍も逃したが、7月8日に1軍登録されると、当日の対オリックス戦で今季初出場・初スタメン・初安打を記録する。 また、オールスターゲーム明けの7月16日の対西武戦では、7番・二塁手として出場し、プロ初本塁打を含む猛打賞を記録。 その後も、1番・2番・8番・9番でスタメン出場されるなど好調を維持し、チームの2位躍進に貢献。 しかし、9月27日にで行われた対西武戦、初回一死三・一塁の場面で、の投ゴロで三本間に挟まれた際に右足首を負傷し交代。 所沢市内の病院でレントゲン・CT検査を受けた結果、「右前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)損傷」と診断され、翌日に登録抹消、以後は、ともに出場できなかった。 しかしながら、1軍では自己最多の59試合に出場、自身初の100打席超えを果たし、打率. 317 3本塁打 26打点をマーク。 飛躍の1年となった。 は自身初となる開幕スタメンを勝ち取る。 怪我人が多いチーム事情から、本職の二塁以外にも、遊撃や外野での先発起用も多かった。 しかし前年に比べ打撃は不調で、5月以降は下位打線、交流戦期間中は2軍落ちも経験。 最終的には規定打席にはわずか7打席届かず、打率も. 242に留まった。 その一方で、自己最多となる114試合の出場を果たした。 のファイナルステージでは、シーズンの不調を見事に脱却。 西武との4試合で打率. 421 1本塁打 5打点をマークした他、守備面でも二塁手として好プレーを披露するなど攻守にわたって大活躍を見せ、3年連続の日本シリーズ進出に貢献。 続く巨人とのでも第1戦でから2安打2打点を記録し、3年連続の日本一に貢献した。 オフの契約更改では年俸は倍増となる4000万円でサインした。 選手としての特徴・人物 [ ] のタイムが5秒8と俊足を武器としており 、2012年・2013年はウエスタン・リーグの三塁打1位を記録した。 2018年シーズンは、1軍で4本の三塁打を記録し、三塁到達タイムは10. 66秒と、この年の唯一の10. 6秒台を記録した。 初球から積極的にバットを出す打撃スタイルを信条としており、2018年シーズンでは9月10日時点で初球打ちの打率が. 525と、驚異的な数字を残している。 その一方で、2019年シーズンは436打席で四死球が14と極端に少なく、出塁率も. 267と課題を残している。 私生活では2015年3月16日に出身の女性と入籍。 同年12月15日に女児が誕生した が、2017年に離婚している。 2019年9月に1学年上の出身の一般女性と再婚。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 5 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ---- 6 7 6 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3 0. 000. 000. 000. 000 11 15 13 1 1 0 0 0 1 0 0 1 2 0 0 0 0 6 0. 077. 077. 077. 154 43 51 44 6 7 1 0 0 8 4 2 0 4 2 0 0 1 4 2. 159. 170. 182. 352 41 97 90 15 22 3 0 0 25 6 4 0 5 1 1 0 0 15 0. 244. 250. 278. 528 10 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 333. 333. 333. 667 59 264 249 32 79 12 4 3 108 26 9 3 3 2 8 0 2 33 2. 317. 341. 434. 775 114 436 409 37 99 14 2 3 126 27 10 13 12 1 10 0 4 85 2. 242. 267. 308. 575 通算:8年 289 873 814 96 209 30 6 6 269 63 25 18 27 6 19 0 7 146 6. 257. 278. 330. 608• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 内野守備 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2013 ソフトバンク 1 7 0 0 0 1. 000 2 5 6 0 3 1. 000 - - 2014 - 3 4 1 0 0 1. 000 4 2 10 2 3. 857 - 2016 - 22 34 45 3 11. 963 - 12 8 1 0 0 1. 000 2017 6 8 1 0 0 1. 000 1 0 2 0 0 1. 000 - 1 2 0 0 0 1. 000 2018 - 57 111 177 0 32 1. 000 - 3 3 1 0 0 1. 000 2019 - 59 100 134 3 23. 987 - 21 25 41 3 9. 957 通算 7 15 1 0 0 1. 000 144 254 365 6 69. 990 4 2 10 2 3. 857 24 28 42 3 9. 959 外野守備 年 度 球 団 試 合 2015 ソフトバンク 36 29 0 2 0. 935 2016 12 8 1 0 0 1. 000 2017 1 2 0 0 0 1. 000 2018 10 14 0 0 0 1. 000 2019 65 86 2 0 0 1. 000 通算 124 139 3 2 0. 979• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ]• 初出場:2012年6月14日、対4回戦()、7回裏にの代走で出場• 初先発出場:2013年7月13日、対10回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7番・一塁手で先発出場• 初打席:同上、2回裏にから二塁ゴロ• 初安打:2014年7月22日、対17回戦()、2回裏にから二塁内野安打• 初盗塁:2015年4月7日、対1回戦()、10回表に二盗(投手:、捕手:)• 初打点:2015年4月17日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦()、9回表にから一塁スクイズバント• 初本塁打:2018年7月16日、対10回戦(福岡ヤフオク! ドーム)、7回裏にから右越2ラン 背番号 [ ]• 129 (2011年 - 2012年6月10日)• 69 (2012年6月11日 - 2016年)• 36 (2017年 - ) 登場曲 [ ]• 「」(2012年)• 「」(2013年)• 「」(2014年)• 「」(2015年)• 「」(2016年)• 「」(2016年)• EXILE TRIBE「24WORLD」(2016年)• 「」(2016年)• 「」(2016年)• 「」(2017年)• 「Flap Away」(2017年)• 「」(2018年)• 「GET UP」(2018年)• 「」(2018年)• 「」(2018年)• 「drama」(2018年 - )• 「」(2018年 - )• 「」(2018年 - )• 「」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• 「My Place」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• :NPB選抜• :日本代表 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2020年1月10日閲覧。 www3. city. kurume. fukuoka. 2019年11月14日閲覧。 NPO法人 ホークスジュニアアカデミー HJA• オフィシャルサイト 2010年10月28日. 2012年11月2日閲覧。 ブリスベン・バンディッツ牧原大成成績• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年6月11日. 2012年11月2日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年7月13日. 2012年11月2日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• 週刊ベースボール2014年10月20日号45ページ• 2014年10月1日 日刊スポーツ• NPB. jp 日本野球機構• 侍ジャパンオフィシャルサイト• 2014年11月5日西日本スポーツ• 2014年11月17日 日刊スポーツ• 日刊スポーツ 2014年11月22日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年2月13日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年4月6日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年4月17日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年11月26日. 2017年4月1日閲覧。 2016年4月6日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2016年4月10日. 2017年4月1日閲覧。 Full-Count 2016年12月2日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2016年12月14日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2017年1月30日. 2017年3月30日閲覧。 日刊スポーツ 2017年4月1日. 2017年4月1日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2017年4月5日. 2017年12月9日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構 2017年4月28日. 2017年12月9日閲覧。 西日本スポーツ 2017年6月3日. 2017年12月9日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2017年6月4日. 2017年12月9日閲覧。 日刊スポーツ 2017年10月7日. 2017年12月9日閲覧。 日本語. SANSPO. COM(サンスポ). 2018年11月14日閲覧。 SANSPO. COM. 2019年12月10日. 2019年12月10日閲覧。 日本語. 2018年11月16日閲覧。 日本語. Number Web - ナンバー. 2018年11月16日閲覧。 日刊スポーツ 2015年3月20日. 2017年4月1日閲覧。 西日本スポーツ 2015年12月18日. 2017年4月1日閲覧。 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルホームページ. 2017年4月16日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• taisei. makihara -.

次の

峯岸みなみ 気の毒すぎる“そんなわけないだろ案件”炎上

せなか れ 炎上

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] に(現・)で生まれた。 時代は、久留米ボーイズに所属し主将を務め、3年時にホークスカップでチーム準優勝に導き、優秀選手に選ばれた。 時代は、1年夏に同校が甲子園に出場したがメンバーから漏れ 、1年時の秋からベンチ入りした。 2年時の春からは、秋からはに定着し、秋季大会では打率. 429を残すなど熊本大会準優勝に貢献した。 3年時の夏、ではトップバッターとして活躍するも、準々決勝での前にノーヒットに抑えられ敗退した。 10月28日、プロ野球にてから育成5位指名を受け 、入団。 は 129。 ソフトバンク時代 [ ] オフにはに派遣され 、11月4日から12月2日までの14試合に出場した。 6月11日に支配下選手登録を受け 、背番号は 69となり、6月13日に一軍初昇格を果たした。 シーズン中の一軍昇格は3回。 5試合で代走として出場し、3得点を上げる。 7月19日に開催されたに9番二塁手として先発出場した。 二軍では規定打席に到達し、82試合に出場した。 277 リーグ3位 、12盗塁、6三塁打 リーグ1位 を記録し 、チームのの優勝に貢献した。 また、6月の月間打率. 347、3盗塁で6月度「ミズノ月間MVP」に選出された。 には9番遊撃手で先発出場した。 オフには11月24日から12月22日までで行われたにNPB選抜として派遣され、20試合に出場した。 56打数21安打で打率. 375だった また二塁手、三塁手、遊撃手として守備について失策は0だった。 7月13日に行われた本拠地での対戦において、7番ファーストで初出場を果たし、初打席を迎えたが、にセカンドゴロ、空振り三振と打ち取られ2打席で代打を送られた。 二軍では85試合に出場し打率. 2957 リーグ4位 、19盗塁 リーグ1位 、8三塁打 リーグ1位 を記録し 、ウエスタン・リーグの優勝に貢献し、11月26日のにて最多盗塁として表彰された。 10月6日にはファーム日本選手権に7番遊撃手として出場した。 、7月22日のでの対戦、9番サードでスタメン出場し、2回一死二塁の一打席目にからセカンドへのでプロ初安打を記録した。 二軍では91試合に出場し、打率. 374で首位打者を獲得しウエスタン・リーグの優勝に貢献し、11月26日ので首位打者、優秀選手賞として表彰された。 また、ウエスタン・リーグ単独新記録のシーズン通算120安打 を樹立した。 10月4日のファーム日本選手権で1番遊撃手として出場、3度目にして自身初安打を記録した。 オフには11月7日からで開催されたのにとして選出 、主将に任命され 、8試合に出場、33打数15安打、打率. 455、4盗塁と活躍した。 第1ラウンドは1番打者での起用だったが、第2ラウンドから3番スタメンで起用され、11月13日の対戦と11月15日の戦ではを記録。 決勝戦では台湾代表先発から2安打放ったが、惜しくもチームは準優勝となった。 11月16日に大会ベストナイン 遊撃手 、最優秀守備選手として表彰された。 11月21日、契約更改交渉を行い、300万円アップの年俸1,000万円 金額は推定 で更改した。 の春季キャンプより、内野手登録ながら外野守備に挑戦し 、4月5日にで行われた対戦において、2番センターで先発出場を果たす。 にで行われた対ロッテ戦において、で初打点を記録する。 シーズン成績は、主に代走や守備で43試合に出場、打率. 159。 守備では全て外野手としての起用だった。 11月26日、契約更改交渉を行い、300万円アップの年俸1,300万円 金額は推定 で更改した。 は、開幕一軍はならなかったが、の負傷離脱により4月6日に一軍昇格。 4月10日にで行われた対オリックス戦において、今季初スタメン初安打を記録する。 シーズン成績は、二塁手と外野手として41試合に出場、打率. 244だった。 12月2日、契約更改交渉を行い、現状維持のの年俸1,300万円 金額は推定 で更改した。 12月14日、来季より背番号を 36に変更されることが発表された。 は、宮崎春季キャンプではA組 、オープン戦も一軍帯同したが、開幕一軍登録はならず、4月1日、腰痛で離脱のの代わりに一軍昇格する。 4月5日の対戦で今季初出場するが 、4月28日にの一軍昇格により一軍登録を抹消される。 6月3日にの首痛による離脱により再昇格し 、6月4日の、対戦に約1ヵ月振りに出場する。 しかし、6月末に右肩を痛めて離脱を余儀なくされる。 残りのシーズンはに費やすこととなる。 このシーズンは10試合の出場にとどまった。 は、前年の怪我の影響から、宮崎春季キャンプからB組帯同、開幕1軍も逃したが、7月8日に1軍登録されると、当日の対オリックス戦で今季初出場・初スタメン・初安打を記録する。 また、オールスターゲーム明けの7月16日の対西武戦では、7番・二塁手として出場し、プロ初本塁打を含む猛打賞を記録。 その後も、1番・2番・8番・9番でスタメン出場されるなど好調を維持し、チームの2位躍進に貢献。 しかし、9月27日にで行われた対西武戦、初回一死三・一塁の場面で、の投ゴロで三本間に挟まれた際に右足首を負傷し交代。 所沢市内の病院でレントゲン・CT検査を受けた結果、「右前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)損傷」と診断され、翌日に登録抹消、以後は、ともに出場できなかった。 しかしながら、1軍では自己最多の59試合に出場、自身初の100打席超えを果たし、打率. 317 3本塁打 26打点をマーク。 飛躍の1年となった。 は自身初となる開幕スタメンを勝ち取る。 怪我人が多いチーム事情から、本職の二塁以外にも、遊撃や外野での先発起用も多かった。 しかし前年に比べ打撃は不調で、5月以降は下位打線、交流戦期間中は2軍落ちも経験。 最終的には規定打席にはわずか7打席届かず、打率も. 242に留まった。 その一方で、自己最多となる114試合の出場を果たした。 のファイナルステージでは、シーズンの不調を見事に脱却。 西武との4試合で打率. 421 1本塁打 5打点をマークした他、守備面でも二塁手として好プレーを披露するなど攻守にわたって大活躍を見せ、3年連続の日本シリーズ進出に貢献。 続く巨人とのでも第1戦でから2安打2打点を記録し、3年連続の日本一に貢献した。 オフの契約更改では年俸は倍増となる4000万円でサインした。 選手としての特徴・人物 [ ] のタイムが5秒8と俊足を武器としており 、2012年・2013年はウエスタン・リーグの三塁打1位を記録した。 2018年シーズンは、1軍で4本の三塁打を記録し、三塁到達タイムは10. 66秒と、この年の唯一の10. 6秒台を記録した。 初球から積極的にバットを出す打撃スタイルを信条としており、2018年シーズンでは9月10日時点で初球打ちの打率が. 525と、驚異的な数字を残している。 その一方で、2019年シーズンは436打席で四死球が14と極端に少なく、出塁率も. 267と課題を残している。 私生活では2015年3月16日に出身の女性と入籍。 同年12月15日に女児が誕生した が、2017年に離婚している。 2019年9月に1学年上の出身の一般女性と再婚。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 5 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ---- 6 7 6 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3 0. 000. 000. 000. 000 11 15 13 1 1 0 0 0 1 0 0 1 2 0 0 0 0 6 0. 077. 077. 077. 154 43 51 44 6 7 1 0 0 8 4 2 0 4 2 0 0 1 4 2. 159. 170. 182. 352 41 97 90 15 22 3 0 0 25 6 4 0 5 1 1 0 0 15 0. 244. 250. 278. 528 10 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 333. 333. 333. 667 59 264 249 32 79 12 4 3 108 26 9 3 3 2 8 0 2 33 2. 317. 341. 434. 775 114 436 409 37 99 14 2 3 126 27 10 13 12 1 10 0 4 85 2. 242. 267. 308. 575 通算:8年 289 873 814 96 209 30 6 6 269 63 25 18 27 6 19 0 7 146 6. 257. 278. 330. 608• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 内野守備 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2013 ソフトバンク 1 7 0 0 0 1. 000 2 5 6 0 3 1. 000 - - 2014 - 3 4 1 0 0 1. 000 4 2 10 2 3. 857 - 2016 - 22 34 45 3 11. 963 - 12 8 1 0 0 1. 000 2017 6 8 1 0 0 1. 000 1 0 2 0 0 1. 000 - 1 2 0 0 0 1. 000 2018 - 57 111 177 0 32 1. 000 - 3 3 1 0 0 1. 000 2019 - 59 100 134 3 23. 987 - 21 25 41 3 9. 957 通算 7 15 1 0 0 1. 000 144 254 365 6 69. 990 4 2 10 2 3. 857 24 28 42 3 9. 959 外野守備 年 度 球 団 試 合 2015 ソフトバンク 36 29 0 2 0. 935 2016 12 8 1 0 0 1. 000 2017 1 2 0 0 0 1. 000 2018 10 14 0 0 0 1. 000 2019 65 86 2 0 0 1. 000 通算 124 139 3 2 0. 979• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ]• 初出場:2012年6月14日、対4回戦()、7回裏にの代走で出場• 初先発出場:2013年7月13日、対10回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7番・一塁手で先発出場• 初打席:同上、2回裏にから二塁ゴロ• 初安打:2014年7月22日、対17回戦()、2回裏にから二塁内野安打• 初盗塁:2015年4月7日、対1回戦()、10回表に二盗(投手:、捕手:)• 初打点:2015年4月17日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦()、9回表にから一塁スクイズバント• 初本塁打:2018年7月16日、対10回戦(福岡ヤフオク! ドーム)、7回裏にから右越2ラン 背番号 [ ]• 129 (2011年 - 2012年6月10日)• 69 (2012年6月11日 - 2016年)• 36 (2017年 - ) 登場曲 [ ]• 「」(2012年)• 「」(2013年)• 「」(2014年)• 「」(2015年)• 「」(2016年)• 「」(2016年)• EXILE TRIBE「24WORLD」(2016年)• 「」(2016年)• 「」(2016年)• 「」(2017年)• 「Flap Away」(2017年)• 「」(2018年)• 「GET UP」(2018年)• 「」(2018年)• 「」(2018年)• 「drama」(2018年 - )• 「」(2018年 - )• 「」(2018年 - )• 「」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• 「My Place」(2019年 - )• 「」(2019年 - )• :NPB選抜• :日本代表 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2020年1月10日閲覧。 www3. city. kurume. fukuoka. 2019年11月14日閲覧。 NPO法人 ホークスジュニアアカデミー HJA• オフィシャルサイト 2010年10月28日. 2012年11月2日閲覧。 ブリスベン・バンディッツ牧原大成成績• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年6月11日. 2012年11月2日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年7月13日. 2012年11月2日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• NPB. jp 日本野球機構• 週刊ベースボール2014年10月20日号45ページ• 2014年10月1日 日刊スポーツ• NPB. jp 日本野球機構• 侍ジャパンオフィシャルサイト• 2014年11月5日西日本スポーツ• 2014年11月17日 日刊スポーツ• 日刊スポーツ 2014年11月22日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年2月13日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年4月6日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年4月17日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2015年11月26日. 2017年4月1日閲覧。 2016年4月6日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2016年4月10日. 2017年4月1日閲覧。 Full-Count 2016年12月2日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2016年12月14日. 2017年4月1日閲覧。 日刊スポーツ 2017年1月30日. 2017年3月30日閲覧。 日刊スポーツ 2017年4月1日. 2017年4月1日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2017年4月5日. 2017年12月9日閲覧。 NPB. jp 日本野球機構 2017年4月28日. 2017年12月9日閲覧。 西日本スポーツ 2017年6月3日. 2017年12月9日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2017年6月4日. 2017年12月9日閲覧。 日刊スポーツ 2017年10月7日. 2017年12月9日閲覧。 日本語. SANSPO. COM(サンスポ). 2018年11月14日閲覧。 SANSPO. COM. 2019年12月10日. 2019年12月10日閲覧。 日本語. 2018年11月16日閲覧。 日本語. Number Web - ナンバー. 2018年11月16日閲覧。 日刊スポーツ 2015年3月20日. 2017年4月1日閲覧。 西日本スポーツ 2015年12月18日. 2017年4月1日閲覧。 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルホームページ. 2017年4月16日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• taisei. makihara -.

次の