東北 学院 大学 鬼 仏。 鬼仏表

東北大学 授業評価

東北 学院 大学 鬼 仏

私の研究対象である方言は文化遺産のひとつであることは明らかなのですが、 あまりにも身近な存在であるために、多くの人たちがその大切さに気づいていません。 しかし、日本の伝統的な方言は今や共通語化の影響で消滅寸前の状況に追い詰められています。 方言を記録し、後世に伝えるために残された時間は、もうそう長くはないのです。 私は全国縦断型の1000地点調査を行うほか、 学生たちと一緒に、毎年、東北地方の方言調査に出かけています。 sinsaihougen. 願わくは、みなさんにも地域の言葉に関心をもってもらい、 方言の記録に参加していただきたいと思います。 どんなに小さな取り組みであっても、貴重な記録となることはまちがいありませんし、 そこから地域の文化や歴史についてさまざまな発見が生まれてくるはずです。 例えば、失敗したときの叫び方、ご覧の絵葉書は全国調査の結果をもとに作成したものですが、東西の驚き方の違いがはっきり浮かび上がっています。 これは日本人の驚き方の歴史が方言の上に投影された姿と考えられるのです。 研究・略歴• 著書・論文等• 主要担当科目 国語学概論、国語学各論、国語学演習、日本語変異論特論、日本語構造論研究演習 略歴 新潟県生まれ。 東北大学で国語学を学び、同大学院の博士課程に進む。 国立国語研究所言語変化研究部第1研究室研究員。 同主任研究官を経て現職。 博士(文学)。 主要著書 『方言学的日本語史の方法』(ひつじ書房、2004)、『方言が明かす日本語の歴史』(岩波書店、2006)、 『シリーズ方言学1~4』(岩波書店、2007・2008)、『方言を救う、方言で救う-3. 11被災地からの提言』(2013、ひつじ書房)、『柳田方言学の現代的意義』(ひつじ書房、2014)、『ものの言いかた西東』(岩波書店、2014)など。 主要論文 小林隆「配慮表現の地理的・社会的変異」野田尚史・高山善行・小林隆編『日本語の配慮表現の多様性』くろしお出版、2014 小林隆「あいさつ表現の発想法と方言形成-入店のあいさつを例に-」小林隆編『柳田方言学の現代的意義』 ひつじ書房、2014 小林隆「方言形成論の到達点と課題-方言周圏論を核として-(改定版)」小林隆編『柳田方言学の現代的意義』 ひつじ書房、2014 小林隆「猫の呼び声の地理的研究-動物に対する感動詞-」友定賢治編『感動詞の言語学』ひつじ書房、2015 小林隆「東北方言の特質-言語的発想法の視点から-」益岡隆志編『日本語研究とその可能性』開拓社、2015 受賞 1986年8月 第11回金田一京助博士記念賞受賞 2004年11月 第23回新村出賞受賞.

次の

東北大学有朋寮

東北 学院 大学 鬼 仏

主要業績 Dynamics of a hybrid system of a brain neural network and an artificial nonlinear oscillator. [Biosystems,58, 2000 ,249-257] N. Katayama, M. Nakao, H. Saitoh, M. Yamamoto カルバコールにより賦活される海馬神経回路の時空間ダイナミクス. [生体医工学,42 4 , 2004 ,269-276] 片山統裕,菊池修,渡邊直樹,辛島彰洋,中尾光之 Thickness Controls Spatial Cooperation of Calcium-activated Dynamics in Neuronal Dendrite System. [IEICE Trans. Fundamentals,E80-A, 1997 ,197-205] N. Katayama, M. Nakao, Y. Mizutani and M. [Brain Research,595, 1992 ,249-255] Norihiro Katayama, Naofumi Tokutomi, Junich Nabekura and Norio Akaike A Quartet Neural System Model Orchestratng Sleep and Wakefulness mechanisms. Neurophysiol. ,95 9 , 2006 ] Yuichi Tamakawa, Akihiro Karashima, Yoshimasa Koyama, Norihiro Katayama, Mitsuyuki Nakao 1 神経電極 神経電極には、脳・神経細胞の活動を観測するための記録用電極と、その活動を制御するための刺激用電極があります。 これらの電極は、脳科学の研究だけでな く、てんかんなどの病気の診断や、パーキンソン病などの治療にも欠かせません。 最近話題になっている、ブレイン・マシン・インタフェース BMI の実用 化のカギを握るテクノロジーでもあります。 私たちは、最新の神経生理学や解剖学のデータに基づいて脳・神経細胞をモデル化し、コンピュータシミュレーションする技術を応用して、高機能な神経電極の設計と開発を行っています。 私たち は、BMIのための新しいディジタル信号処理アルゴリズムを開発するとともに、そのアルゴリズムをリアルタイムに実行するシステムの実装を行っています。 3 脳の情報処理メカニズム 脳の高度な情報処理能力は、その構成要素であるニューロンの機能に支えられていると考えられています。 従来の極端に単純化されたニューロンではなく、最近 の生理学的データに基づいたリアルなニューロンの姿をシミュレーションすることによって、脳の情報処理メカニズムに迫っていきます。

次の

鬼仏表

東北 学院 大学 鬼 仏

東北学院大学アーバンキャンパス計画 2023年4月、仙台都心部・五橋地区に新キャンパス(五橋キャンパス)が誕生。 五橋キャンパス完成イメージ 東北学院大学は、教養教育型の総合大学として魅力を発揮するために、伝統ある土樋キャンパスと新キャンパス(五橋キャンパス)を一体的な「ひとつのキャンパス」とすることを目指しています。 このキャンパスには泉キャンパス、多賀城キャンパスの学生が移転し、学生・教職員の様々な交流を生み出す場をつくるとともに、学都仙台における交流拠点として市民に開かれたアーバン(都市型)キャンパスをつくります。 大学アーバンキャンパス計画とは、現在、土樋、泉及び多賀城と三キャンパスに分かれ様々な領域の学問を学んでいる学生たちが都心に近い土樋・五橋地区に整備する一つのアーバン(都市型)キャンパスに集い、異なる能力を持ち寄って新たなものを作る喜びを体験し、キャンパスライフのより高度な展開ができるようにすることを目指したものです。 この計画の第1期は土樋キャンパスの校地を拡大し、そこに新校舎を建設することでした。 この計画実施の結果、これまでに6個所の近隣・近隣地を取得し、以前には約4. 2ヘクタールであった校地が約5. 4ヘクタールと約30%拡大しました。 そして昨年3月にはその一つである東北大学から取得した校地にホーイ記念館が完成し、同年9月から供用しています。 明るく開かれたホーイ記念館は、学生、教職員ばかりでなく、近隣の方々からも好評を得ています。 この計画の第2期は五橋地区にある市立病院跡地を取得し、そこに、泉キャンパスの学生と多賀城キャンパスの学生が移転し、学ぶことのできる大学キャンパス(五橋キャンパスと呼ぶ)を設置することです。 大学アーバンキャンパスを構成する土樋キャンパスと五橋キャンパスは一体的に運用されるために、移転してきた学生は両方のキャンパスで学ぶことになります。 今後とも、御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。 五橋キャンパス整備計画に関する入学年度別キャンパス移転時期における学年 入学をご検討されている高校生・保護者等の皆様に入学年度別キャンパス移転時期における学年をお知らせいたします。 新キャンパス予定地へのアクセス キャンパス住所:宮城県仙台市若林区清水小路3番地1 他• JR「仙台駅」から徒歩約15分.

次の