シャープ マスク 不良品。 シャープのマスク販売停止 : 彼方のブログ

【更新:シャープのマスク】新型コロナ対策で生産開始!いつから買える?価格はどうなる?

シャープ マスク 不良品

シャープ 不織布マスク SHARP COCORO LIFE で販売 1. シャープがマスク製造開始 シャープは、日本政府の要請を受け、2月28日にマスクの生産を決定したそうです。 そして、3月24日マスク製造が開始されています。 マスクの種類 マスクは様々な種類がある中で、 不織布マスク 画像はこちら( を製造しています。 販売方法 やはり気になるのが、販売方法ですね。 シャープによると 政府への納入を優先とのことですが、 その後は、「」のECサイトでも販売 するとのことです。 販売時期 そして、販売時期ですが、 4月21日10時からに決まりました。 SHARP COCORO LIFE への登録が必要になります。 詳細はにまとめました。 予約販売 想定外のアクセス数により一旦抽選販売に変更 — 記事 ・ ・ ・.

次の

「黒い点が……」孫正義マスクが不良品続出で回収・検品

シャープ マスク 不良品

グループ(SBG)の会長兼社長(62)が始めたの供給事業で、商品の一部に汚れがあり、回収していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。 孫会長は4月11日、中国のBYD社と提携し、専用の製造ラインを設立したと発表。 医療用高機能マスクを1億枚、一般用サージカルマスクを2億枚と月産3億枚製造して、5月から納品すると告知した。 そして5月下旬から、イオンなどのスーパーやドラッグストアなどで販売が始まった。 販売価格は1箱50枚入りで税込3278円だった。 マスクを販売したスーパーの店員が明かす。 「初回に入ってきたBYD社のサージカルマスクに黒い点のようなものがあり、5月末、回収された。 返金対応をした店もあると聞いています」 不良品の発覚を受けて、SBGの社員や取引先の社員は茨城県守谷市にある物流倉庫で、マスクの検品作業を行ったという。 「5月31日、会社から言われて、倉庫へ行きました。 社員だけでなく、本部長やアルバイトもいて、午前中から夜までずっと検品作業をやらされたのです」(ソフトバンク社員) 実際に検品作業にあたった派遣スタッフはこう証言した。 「現場責任者からは『マスクに汚れやゴミがないか、折れがないかを確認してほしい。 自分が買うとして嫌なものは除けてほしい』と言われました。 検品したら、ゴミや埃以外にもまつげと思しきものも。 私が確認した分では3割が不良品でした」 孫正義氏はマスクの製造元であるBYDを「世界最大のマスクメーカー」と強調するが、BYDはもともと電池や電気自動車のメーカーで、マスク製造を始めたのは今年2月からだった。 SBGに確認したところ、個別の質問には答えずに「不良品等については製造メーカーであるBYDにて回収、良品に交換するなどの対応をしています」と回答した。 BYDジャパンは回収の事実を認め、「(品質不良の状況については)工程時に付着した埃が大多数となります。 カビが付着していた事例はございません。 また、埃の成分分析をした結果、人体に悪影響を及ぼす物質は検出されませんでした」と回答した。 孫氏は今年3月、簡易PCR検査を無償で提供したいと宣言したが、医療崩壊につながるなどの批判が殺到してすぐ撤回しており、マスクの供給でも躓いた形だ。 6月11日(木)発売の「週刊文春」では、SBGのマスク事業の詳細や検品にあたる現場の混乱などについて詳報する。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年6月18日号).

次の

シャープ マスク ココロ 一般販売 在庫

シャープ マスク 不良品

マスク不足ブロガーのヒラノ( )です。 シャープ株式会社は個人向けに、自社生産した不織布マスク(MA-1050)の販売を開始することを報告しました。 お待たせしてすみません。 50枚2980円(税抜・送料660円も別)で、おひとり様1箱のみ、購入後3日間は再購入不可です。 また無料の会員登録が必要ですが、いつでも退会は可能ですので。 お一人様1箱限り• 購入後3日間は再購入不可 価格は1箱50枚入りで2,980円(税抜)、送料は別途660円という強気価格にネットでは賛否両論の声があがっています。 SHARPの自社生産マスク50枚2,980円に高すぎるの声も シャープ株式会社が、三重県多気町の液晶パネル工場でマスク生産を始めたと発表したのは3月24日のこと。 親会社台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業から技術協力を得て、日本国内でマスクの製造設備を2ライン設置。 戴正呉会長兼社長は「新型コロナウイルス対策の一環として、三重工場(多気)のクリーンルームを活用し、マスクの生産を開始することを決定した。 今後も、日本企業として、政府との連携をより密にし、日本社会の安心、安全に貢献していきたい」と述べた。 それからわずか1ヶ月という短期間で販売までこぎつけています。 価格は1箱50枚入りで2,980円の税抜、送料は別で660円。 すべて含めると合計3,938円、1枚あたり78. 76円。 この価格にSNSでは「高すぎる」という声があがっています。 ミーハー心 — \助けよや/ yoya 正直、高いな、シャープマスク。 それともこれまでのマスクが安すぎたのか? — 外呑み自粛で家呑みばば@みつゆびなまけもの threetoedslothB 平時だと安いやつで1箱500円くらいだったでしょうか?もはや値段すら忘れてしまうくらい長引いているマスク不足ですが、安いやつはたいてい国外で生産されたマスクです。 現在中国が輸出しているマスクは粗悪品も多いようで、フィンランド国家緊急供給庁のトミ・ルネマ長官が4月8日、中国から購入したマスクと個人用防護具は、基準を満たしていないと発表しています。 (参考:) こういうニュースを見ると、完全国内で生産されて安心して装着できるマスクと思えば高い金額ではないと思いますが、価値観は人それぞれかもしれませんね。 値段が、という人はシャープさんがマスク専用製造メーカーじゃないことを忘れているのでは これのためにした設備投資人件費諸々忘れているのでは 通常1000円以下!もっと安くて当然だ!と言う人は存分に転売ヤーの養分になればいいと思う 同じ値段だからって転売ヤーと同じというのは失礼がすぎる — 繭 小山田 harutaro0529 マスクを生産するための設備投資ですが、設備投資額の3分の2が国から補助金と支払われる見込みで、「税金で作ったマスクなのに高い」という声もちらほら… SHARPのマスク。 適正な価格で売るように、政府が指導すべきだよね。 なんの為に補助金出したんだろ。 少々高いのは仕方ないけど、これは足下を見た値段設定だ。 大企業なのに、しょっぱい事するね。 — ダイジョーブ博士 yyXCAXwt1wMz2P3 こういった批判の声がシャープに届いているようで、シャープの公式ツイッターではマスクの販売価格についてのツイートを投稿。 ちょっとお高い点もすみません。 くわしいことは私も教えてもらえなかったのですが、さまざまな事情や要因を考え、この値段に決めました。 私も長らくこの会社で働いているのでわかりますが、決してぼったくるための値段ではないことは、申し添えておきます。 シャープ製のマスクの販売は4月21日午前10時に開始。 売り切れた場合は5月10日までは毎日午前10時ごろに在庫を補充するそうです。 逆に言うと、売り切れると翌日までは買えません。 またこのアカウントで補充をいちはやくお知らせすることもないので、無理にフォローくださる必要はありません。 わかる範囲で質問にはお答えしますが、フォローは軽い気持ちでなにとぞ。

次の