龍 が 如く ピエール 瀧。 セガ、『JUDGE EYES(ジャッジアイズ)』の販売停止 羽村役ピエール瀧の逮捕を受けて

『ジャッジアイズ』ピエール瀧被告演じる羽村京平の差替えモデルが欧米向けに公開。日本向けの再販&アップデートはどうなる?

龍 が 如く ピエール 瀧

昨年末に発売された木村拓哉(キムタク)主演のPS4ソフト『JUDGE EYES(ジャッジアイズ)』は、龍が如くシリーズのゲームエンジンを使用し、非常に高い評価を得た作品ということで話題になりました。 キムタク以外にも谷原章介、中尾彬、滝藤賢一といった実力派俳優を起用したこともあり、既存のゲームファン以外にも注目されました。 ところが、主要キャストの一人である ピエール瀧がコカイン所持の容疑で逮捕され、メーカーは販売自粛を決定。 発売から数か月だったこともあり、購入を検討していた人にとってはもどかしい事態だったかと思います。 しかし、 7月18日に新価格版として4,540円(税別)というお得な価格で発売再開されます! というわけで今回はジャッジアイズ新価格版について情報をまとめていきます。 この記事の目次• ピエール瀧の代役は誰?キャラクターモデルはどうなるの? 出典:IGN Japan まず今回降板になってしまったピエール瀧の代役は誰になるのか?って事ですよね。 上の画像はピエール瀧が演じていた羽村京平のモデルです。 右側がオリジナルでピエール瀧本人をモデリングしており音声も本人が担当しています。 そして左側が差し替えとなったモデルで、完全に架空の人物になっています。 代役は田中美央という方みたいですね。 最近の実績だと、ジャッジアイズの前身とも言える『龍が如く極2』の植松彰信というキャラクターを担当されていたようです(下記の動画の01:46~のいかついキャラクターです。 ピエール瀧とはだいぶ違うタイプの声優さんだと思いますが、良い声優であることは間違いなさそうなので、また一味違った羽村京平が楽しめそうですね。 ただ、キャラクターモデルはピエール瀧の方が良かったですね。 結論から言うと、 初版を購入した人はアップデートをしても代役に置き換わらないとのことです。 つまり、ピエール瀧のファンやオリジナル版を楽しみたい人はアップデートしても安心って事ですね。 もし、代役ではなくピエール瀧が演じる羽村京平が良いって人は、 初版を購入するものアリかも知れません。 Amazonで確認したところ今のところは何とか購入できそうですね。 なお、初版と新価格版の セーブデータに互換性はないとのこと。 つまり、初版を途中まで遊んで、続きを新価格版で遊ぶという事は出来ないという事です。 なお、体験版のデータを新価格版に引き継ぐことも出来ません。 JUDGE EYES初版と新価格版の違いは? 初版と新価格版の違いについてまとめます。 羽村京平のキャラクターモデルがピエール瀧から架空モデルに変更• 羽村京平の音声が変更(ピエール瀧から田中美央へ)• 新価格版は2019年3月までに行われたアップデートがあらかじめ適用される• 価格が8,290円(税別)から4,540円(税別)に大幅値下げ 現在分かっている情報は以上ですね。 ゲーム内容についてはピエール瀧が演じていた羽村京平に関する変更、2019年3月までに行われたアップデートの適用、そして価格の大幅値下げが変更点となります。 他にも変更点が発覚したら随時追記していきます。 JUDGE EYES初版と新価格版を比較して楽しむのもアリ! キャスト変更は残念である反面楽しみでもあります。 ゲーマーとしてはオリジナル版との 違いを楽しむのも一興だと思います。 特にピエール瀧が演じていた羽村京平は物語の主要キャラクターなので、これが差し替えとなると ゲームの雰囲気が結構変わってくると思うんですよね。 これからジャッジアイズを遊んでみようと思っている方はもちろんのこと、新旧比較してみたいというゲーマーの方も要チェックですよ。 新価格版の発売日は7月18日、価格は4,540円(税別) とても良い作品なので是非遊んでみてくださいね。

次の

ピエール瀧が演じたジャッジアイズ羽村京介の新映像が公開、全くの別人に・・・

龍 が 如く ピエール 瀧

セガゲームスはPS4ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の製品出荷及びDL販売を停止することを明らかにした。 出演者のピエール瀧が麻薬取締法違反で緊急逮捕されたことを受けての対応。 羽村のカシラがまた逮捕された ピエール瀧が俳優として出演していた大河ドラマ「いだてん」についてはNHKが対応を協議中で、同じくピエール瀧が出演する4月5日公開の「麻雀放浪記2020」でも配給元の東映は「プロデューサーらが集まり、今後の対応を協議中。 」だという。 「俳優の罪は出演作品の罪なのか」という問題は今や「俳優の罪は俳優をモデルにした3DCGの罪なのか」という問題に発展している。 テレビでは不祥事を起こした出演者を強引に合成で消し去ることがあるが、ゲームならばもっと自然にキャラクターの声と外見を変更できる。 しかし、そうすることにどれだけの意味があるのか。 当サイトのに書いた通り、羽村京平は『龍が如く』と比べてあっさりめの人物描写が多かった『JUDGE EYES』の中で数少ない「興味深いキャラクター」だ。 羽村の存在感にはもちろんピエール瀧独特の演技と雰囲気も一役買っている。 続編での再登場は難しいとしても、ゲームに羽村がいることでセガゲームスの企業イメージが傷つくとは思えないのだが。 なお、ピエール瀧を声優として起用しているスクウェア・エニックス『』は今のところ正常に販売されている。 『JUDGE EYES』のレビューは。 『龍が如く0』と比べて批判的に評価したが、羽村のカシラは魅力的な悪役だった。

次の

JUDGE EYES:死神の遺言

龍 が 如く ピエール 瀧

「龍が如くスタジオ」の英語圏向け公式Twitterアカウントが、 北米版『JUDGE EYES:死神の遺言』の最新映像を公開した。 その中ではピエール瀧氏が演じていたキャラクター「羽村京平」が登場しており、すでにモデルが差し替えられていることが明らかとなっている。 (画像はより) Throughout Yagami's investigation, he'll have to collaborate with, and occasionally face off against, some of the most powerful individuals in Kamurocho. Meet Kyohei Hamura, the intimidating captain of the Matsugane Family. — RGG Studio RGGStudio 『JUDGE EYES』は2018年12月13日に発売されたリーガルサスペンスアクションゲーム。 プレイヤーは木村拓哉氏が演じる主人公「八神隆之」となり、神室町で起きた猟奇殺人事件の真相を明らかにしていくことになる。 キムタクを操作できるインパクトや、『龍が如く』シリーズに登場した神室町が舞台ながらも主役は探偵であるという新鮮な設定が好評となった。 また『龍が如く』シリーズと同様に多数の大物俳優が出演していた同作だが、そのひとりだった羽村役を演じるピエール瀧氏は、2019年3月12日にコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕。 セガゲームスは同件を重く受け止め、同作を発売停止とし公式サイトでの掲出を自粛していた。 プロデューサーである佐藤大輔氏は で当時、「いつか、必ず、復活させる。 」と再販へ向けた意思を表明していた。 なお3月22日には英語圏向けセガの が、羽村京平のキャラクターモデルと日本語音声を変更して当初の予定どおり北米版を6月25日にリリースすると発表していた。 また に対しプロデューサーの細川一毅氏は、「キャラクターモデルを差し替えて、日本語ボイスもすべて撮り直しました。 」とすでに差し替えが完了していることを明らかにしている。

次の