ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬。 ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア100回分+クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬20回分

通販のドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬が届いた!海外製は安いしおすすめ

ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬

ドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬を利用したときに、私が勘違いしていたことがあります。 ドクターズチョイスを利用する前に、国産のドゥーテストを使いました。 このドゥーテストは、排卵を約1日前に予測する 検査薬でした。 ドクターズチョイスが良いのは、国産のものより低い濃度でも陽性反応が出せること。 つまり、2日前ぐらいから陽性反応の表示がでるようになります。 精子は子宮内で3日程度いわれていて、排卵2日前に仲良ししても48時間だから、十分元気なはずです。 自分の周期が分かりやすいです。 これを、2~3回行うと排卵日の予測がしやすくなります。 色の濃淡の変化も見て取れます。 この測定のためには、1日2本、4日間で8~10本が必要になり、3回(3ヵ月)行うと約30本消費。 ある程度自分の周期がわかれば、排卵予定の2日前からの利用に変更しました。 ドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬が50本単位のセットで販売されているのは、海外からの発送だから、送料がかかる点もあると思いますが、自分の周期を正確に測定しようとすると、30本ぐらいすぐに使ってしまいます。 日本製の排卵検査薬でこれをやったら、、、費用がかかりすぎて出来ないですね。。 私の勘違い?思い込みでしたが、同じように「陽性反応から排卵は1日後」と型通りに覚えてしまっている方もいるんじゃないでしょうか。 自分の排卵日を正しく知るよりも、排卵が近いことを早く知ることで、仲良しタイミングを計りやすいというのが排卵検査薬を使う目的です。

次の

排卵検査薬ドクターズチョイスワンステップとクリアブルーイージーデジタル使ってみた

ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬

妊娠検査薬は決して安いものではありません。 フライング検査したい方にとっては、たくさんあった方が気兼ねなく使えますね。 そんな方にオススメなのが「ドクターズチョイス・ワンステップ妊娠検査薬」という商品。 コスパもよく、使い方も簡単なので人気があります。 ドクターズチョイス・ワンステップの陽性反応のタイミングと、通販のおすすめ店や購入方法も合わせてまとめていますので、チェックしてみて下さいね。 妊娠検査薬「ドクターズチョイスワンステップ妊娠検査薬」の特徴 「もっとたくさん妊娠検査薬があったら、毎日検査できるのになぁ・・・」 「値段が安かったら、失敗しても安心なんだけど・・・」 妊娠検査薬は決して安いものではないので、毎日検査したくても金銭的にちょっと抵抗がありますよね。 また、必ずしも成功するわけではないので失敗した時は何だかショックです・・・。 そんな悩みを解決してくれるのが ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬なんです。 日本では販売されていない海外製なのですが、FDA 米国食品医薬局 認定商品! 日本で言う厚生労働省(医薬品食品安全対策課)からきちんと認定されている商品なので安心です。 ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬の主な特徴をまとめてみました。 1回あたり198円~なので、妊活をしていてこまめにチェックしたい方には最適のコスパです。 とはいっても、フライング検査薬は日本でも販売されています。 例えば「」は、生理予定日当日から使用できる有名なフライング検査薬です。 が、フライング検査薬は薬事法により、薬剤師のいるドラッグストアでしか購入できません。 購入の際には、個人情報なども書かないといけないので、少し手間がかかってしまいます。 一方のドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬は、日本で未販売なのでネット購入になります。 あまり早い時期だと、HCGが規定値に達していないために反応しないケースがあるからです。 しかし、1回あたりの値段がかなり安いので、生理予定日よりももっと前からフライング検査を毎日でもできちゃいますね! 日々の変化を記録したい方にも最適です。 実際にドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬で陽性反応が出た場合のイメージ画像を用意しました。 画像の向かって右側の線が、判定終了線にあたります。 左側の線が、妊娠していると出る陽性反応の線です。 もしも妊娠していない場合は以下の画像のような結果になります。 右側に判定終了線は出ていますが、左側に陽性反応は出ていません。 結果は陰性ということになります。 ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬では「コントロール線」と書かれていますが、わかりやすいように判定終了線と書きました。 画像の説明にもあるように、判定終了線は出ていないのに左側の線が出るケース、どちらの線も出ないというケースもあります。 これは、失敗ということになるので、検査をやり直ししなくてはいけません。 でも、ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬なら、1回の検査費用が198円~と安いので失敗しても気持ち的に安心です。 ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬の使い方! 日本で販売されている検査薬と違い、単価は安いのでケースなどに入っていません。 リトマス紙みたいな感じなので、尿をかけるのではなく浸して使用しなくてはいけません。 ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬の使い方は以下の手順です。 カップに採尿しましょう。 小袋から試験紙を取り出します。 試験紙 ワンステップ妊娠検査薬 の矢印を下にむけて、試験紙のマックスラインまで3秒間尿に浸します。 3秒経ったら試験紙を取りだし、清潔かつ乾燥した場所に平らにして置きます。 5分後までに判定結果を確認しましょう。 一般的にドラッグストアで入手出来る妊娠検査薬は、尿をかけて水平な場所に置いておくだけでOKです。 ですが、ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬は、カップに採尿をしなくてはいけません。 海外製だと不安に思われがちですが、FDA 米国食品医薬局 認定商品なので、安心して使用することが出来ます。 日本の方でもブログで紹介していますが、1回の値段が安いので毎日検査してもお財布に優しい! 知っている方は使っているオススメ妊娠検査薬なのです。 ただ、安心と言っても海外製品になりますので、信頼できるところから買わないといけません。 類似品などが出回っているので、きちんとした正規品じゃないと危ないです・・・。 アメリカから発送されているもの以外は類似品だそうです。 以下なら信頼出来る通販ですのでオススメ。

次の

排卵検査薬ドクターズチョイスワンステップとクリアブルーイージーデジタル使ってみた

ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬

ワンステップ排卵検査薬の特徴 冒頭でも述べたように、ワンステップの大きな魅力である特徴はその感度です。 以下の図を見てみてください。 なぜワンステップがどの排卵検査薬よりも早く陽性反応を示してくれるかを表した図です。 引用元: 縦軸がLHホルモンですが、LHサージが少しでも起こった段階で検出できるということを表しています。 私が通っているCLでも使われていますが、日本の医療機関でも使われる 「ゴールドサイン」(森永乳業)と同じ感度です。 ゴールドサインを受付で購入できるクリニックもあるようですが自費ですし値段的にはかなり高いと思われます・・。 ワンステップは1本69円~ですからね・・。 詳細を見る>> ワンステップ排卵検査薬クリアを使った結果 使用したことがない方もどのようなものかイメージして頂きたくて連続した 4ヶ月分も載せますが、そんなに見なくていいや!という方は、 最後の3、4周期目の2つだけ見て頂ければと思います。 図は、少しでも分かりやすいように 判定日ごとに黒い線で区切っています。 1周期目 使い始めたD9に既に判定線が出たため 「あれ?もう陽性?」と思ったのですが、そのまま使い続けました。 後述しますが、 筆者はもともとLHの分泌量が高いようで、排卵日付近でない日でも毎日かなり薄っすらですが判定線が出てしまっていました。 ただ、陽性日はしっかり判断できるので全く問題ないです。 2周期目 D14の夜から翌朝まで濃い陽性反応が続き、D16の夜には陰性になりました。 3周期目 病院で実際の排卵日を特定した周期 D11夜からD12朝までくっきり陽性反応がでて、D12の夜には陰性になっています。 ただ、D11の10時も濃いのがでていますよね?そのあとはまた薄くなっています。 これはワンステップ排卵検査薬クリアの販売元サイトにも説明がありましたが、LHサージの前に 一瞬LHが上がってしまったところだと思われます。 前回に続き、 ワンステップ排卵検査薬で排卵2日前を確認できた。 使用結果のまとめ 4周期分出してきましたが、そのうち2回はクリニックでのエコー検査も行い、 ワンステップ排卵検査薬が陽性になってから2日後に排卵することが分かりました。 妊娠率を最大限高めるためには、 排卵2日前にタイミングを取ることが理想とされていますので、少なくともワンステップを使っていれば、そのベストタイミングを逃すことはなさそうです。 念のためワンステップ排卵検査薬クリア販売元に電話で聞いたところ、親切に対応してくださいましたが、 元々尿中のLHが高い方は常に薄い判定線が出る可能性があるとのこと。 薄い陽性反応が出続けてしまう方は以下の方法が推奨されています。 尿に10秒浸した後、通常の5分ではなく3分後に判定する。 それでも判定線が出続けるようであれば「クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬」を使う。 薄い判定線が常に出てしまっている場合でも、今回見て頂いたように、 判定線の濃くなるスピードやその濃さからLHサージ開始は全く問題なく判断できます。 また、説明書通り、判定時間を短くするのも有効です。 どのような場合でも、1、2周期はしっかりと使って自分のパターンを知るということが何よりも大切だと思います。 引用元:妊娠検査薬・排卵検査薬の専門店 ちなみに、私は他の海外製を数種類使ったことがありますが、陽性の日が本当に分かりにくくてやめてしまったものもあります。 ワンステップ排卵検査薬クリアで 最も妊娠率が高い排卵日2日前を判断できた(個人差はある可能性あり) どの検査薬でもいえることですが、中にはLHサージが複数日続く方もいるそうなので1、2周期使用して自分の特徴を知ることが大切だと思います。

次の