日蓮 正宗 日 顕。 かつて日蓮正宗に属していた寺院一覧

日蓮正宗の阿部日顕さんが死去されたそうですが聖教新聞には何か書...

日蓮 正宗 日 顕

昔から「十年ひと昔」という言葉があります。 現代のようなめまぐるしく時代が変わる時代に、日蓮正宗から、池田氏が破門になったのはもう三十年弱前になるのですよ。 換言すれば、ひと昔まえの、またひと昔前の、さらにひと昔前のことなのです。 創価にとり日蓮正宗との確執は、風化の時期に既に入っているわけです。 以上に加えて、創価の教勢は弱り始めています。 この前の参議院選での集票力の減退は明らかです。 ということで、創価は今そのようなことに関わっている余裕はないと思いますよ。 また、聖教新聞で会員に「日顕上人の逝去」をあからさまに知らせるメリットがないからでしょう。 かつて創価は、組織をあげて「日顕宗撲滅」という呪の状態にあったようです。 今から七年ほどまえ、信如苑の会員からいわれたことがあります。 その人の親戚に創価会員の婦人があたそうですが、その婦人は一日に三時間も「日顕宗を呪う」題目をあげていたそうです。 このような異常なことを会員にさせる創価の教義を研究しようと、創価発行の「御書全集」まで買ったそうです。 ということで、過去のある時期、比較的熱心な会員の数十万から、場合によっては百万近くの「打倒日顕宗」の祈祷があったことは想像に難くありません。 その祈りの効果は、どうでしょう。 日顕上人は、九十六という大変高齢まで生きられたのです。 しかも、事故死等でなくなられたものではないでしょう。 これでは、聖教に載せられないのですよ。 無視をきめこむ一つの理由がここにもあります。

次の

日顕 (日蓮正宗)

日蓮 正宗 日 顕

昔から「十年ひと昔」という言葉があります。 現代のようなめまぐるしく時代が変わる時代に、日蓮正宗から、池田氏が破門になったのはもう三十年弱前になるのですよ。 換言すれば、ひと昔まえの、またひと昔前の、さらにひと昔前のことなのです。 創価にとり日蓮正宗との確執は、風化の時期に既に入っているわけです。 以上に加えて、創価の教勢は弱り始めています。 この前の参議院選での集票力の減退は明らかです。 ということで、創価は今そのようなことに関わっている余裕はないと思いますよ。 また、聖教新聞で会員に「日顕上人の逝去」をあからさまに知らせるメリットがないからでしょう。 かつて創価は、組織をあげて「日顕宗撲滅」という呪の状態にあったようです。 今から七年ほどまえ、信如苑の会員からいわれたことがあります。 その人の親戚に創価会員の婦人があたそうですが、その婦人は一日に三時間も「日顕宗を呪う」題目をあげていたそうです。 このような異常なことを会員にさせる創価の教義を研究しようと、創価発行の「御書全集」まで買ったそうです。 ということで、過去のある時期、比較的熱心な会員の数十万から、場合によっては百万近くの「打倒日顕宗」の祈祷があったことは想像に難くありません。 その祈りの効果は、どうでしょう。 日顕上人は、九十六という大変高齢まで生きられたのです。 しかも、事故死等でなくなられたものではないでしょう。 これでは、聖教に載せられないのですよ。 無視をきめこむ一つの理由がここにもあります。

次の

かつて日蓮正宗に属していた寺院一覧

日蓮 正宗 日 顕

略歴 [ ] 第60世法主・の子息として生まれ、1928年に得度し、1943年に日蓮学科を卒業、教学部長、総監の要職を経て、1979年8月に法主に就任した。 、信徒団体だったを破門し、1998年5月には創価学会員らの供養で建てられた大石寺・を解体するなど、創価学会と対立した。 2019年(令和元年)9月20日午前7時30分、の自宅で死去。 96歳没。 訴訟 [ ] シアトル事件・クロウ事件 [ ] 付が「これが邪淫僧・日顕の正体だ!」という記事を掲載。 当時学会シアトル支部長の女性信者の証言を唯一の根拠に、阿部氏が29年前のに渡米した際、セックス・スキャンダルを起こしていたとの攻撃を開始した。 (H13. 5)宗門側では「和解」であると公表している一方、創価学会側では機関紙等で大勝利と掲載している。 芸者写真問題 [ ] 詳細は「」を参照 (平成4年)、『創価新報』で日顕が「芸者遊び」をし、淫乱・放蕩三昧をしていると掲載した。 日蓮正宗側は、(平成5年)、創価学会と池田大作をに当たるとして謝罪広告と損害賠償等の支払いを求めて提訴した。 第2審で東京高裁()は、日顕が原告に名を連ねていないことから、「報道は日顕個人に向けられたものであり、日蓮正宗・大石寺に対する不法行為に該当するということはできない」とし、日蓮正宗側の請求を全て棄却した。 日蓮正宗側のから3年後、は等の上告理由に当たらないと宗門側の上告を棄却した。 著書 [ ]• 百六箇種脱對見拝述記(、(株)大日蓮出版)• 寿量品説法(、(株)大日蓮出版) - に増補版が上下二巻で発刊• 講話 全五巻((株)大日蓮出版)• 妙法七字拝仰 上下((株)大日蓮出版)• 義((株)大日蓮出版)• 日蓮大聖人御金言義類別入文集((株)大日蓮出版) 脚注 [ ] [].

次の