お盆 2020。 お盆休み2020の期間はいつからいつまで?山の日の祝日変更で銀行は?│トレンドの樹

日本の伝統行事「お盆」を知ろう【2020年版】

お盆 2020

お盆・初盆のお話 7月盆、8月盆、旧暦盆について お盆の期間は地域によって違いがあります。 関東や都市部では7月盆、関西や地方では8月盆を行います。 なぜこのような違いが生じたのでしょうか? 理由のひとつに、明治時代に旧暦から新暦に切り替わったことがきっかけという説があります。 そもそも、明治5年(1872年)に新暦が導入されるまで、お盆といえば旧暦の7月15日(旧暦盆)でした。 新暦の導入(改暦)が決定されたのが明治5年11月、実施は同年12月3日。 つまり明治5年12月2日の次の日が突然「明治6年1月1日」となったのです。 あわただしさの中で新暦に切り替わったため、人々の生活の中ではさまざまな混乱が生じ、お盆期間についても少なからず影響を受けたようです。 その結果は…? 新暦7月盆を受け入れた地域 東京や神奈川県、北海道の一部や石川県金沢市、静岡県の都市部などでは新暦の7月盆が主流です。 旧暦から新暦に切り替わった当時、これを徹底させようと必死に努めていた明治政府に対し、そのお膝元であった東京やその周辺の地域、都市部などは令に沿って対応せざるを得なく、新暦7月15日にお盆を行なうようになったと言われています。 新暦7月盆を行う地域のお盆は 7月13日〜16日です。 新暦8月盆とした地域 北海道や東北、新潟県、長野県、関西地方などが8月盆。 「月遅れ盆」とも呼ばれ、全国的にも多くみられるお盆の期間です。 新暦の採用当時、明治政府の目の行き届かなかった都市部以外の地域では、やはり昔からの慣習をすぐに切り替えることにはならず、旧暦7月15日のお盆が行われ続けました。 そして、旧暦7月15日に近い新暦8月15日をお盆とすることで徐々に落ち着いていきました。 新暦8月盆を行う地域のお盆は 8月13日〜16日です。 旧暦盆を守り続ける地域 旧暦盆といえば有名なのは沖縄です。 沖縄では現在でもさまざまな行事を旧暦で行いますが、中でも「シチグヮチ」とも呼ばれるお盆はその代表的なもの。 「家族を大切に、祖先を大切に」という考えの強い沖縄では、旧暦盆は一年で最も大切な行事です。 旧暦に沿っているため旧暦盆の期間はその年によって変わり、9月にずれ込む年もあります。 沖縄のほか、関東北部や中国・四国・九州地方、南西諸島等でもこの期間で行われるところがあります。 日本のお盆といえば、本来は旧暦盆ひとつだけでした。 1872年に新暦が導入されたため、いろいろと複雑になってしまいましたが、一番大切なことは、昔も今もお盆本来の目的に変わりはないということです。 お盆は、祖先の霊をお迎えし、おもてなしをする大切な行事。 これからも受け継いでいきたいものです。

次の

お盆の帰省はコロナでどうなる?2020年(令和2年)のお盆事情について

お盆 2020

越中おわら風の盆の始まりは? 江戸時代の元禄期の 1636年に、米屋により八尾町が開かれた際に、「 町建御墨付文書」という大事な書類が加賀藩主から渡されたそうですが、その後、 1702年に役人によりこの書類を加賀藩に返すように求められ、当時の米屋の子孫がこれを拒否したそうです。 そのため、この書類を取り戻す手段として、役人のお触れで庶民に 桜のお花見の宴を3昼夜催させ、その騒ぎのどさくさに紛れて、無事に書類を取り戻したそうです。 また、当初は桜の時期に行わていましたが、 台風の時期の9月の大雨や風雨などの災害を無事に過ごせるようにと、この時期に祈られるようになったそうです。 越中おわら風の盆の特徴は? 越中おわら風の盆は、越中おわら節の 哀愁感のある曲調にのって、華やかな、「 女踊り」と勇ましい、「 男踊り」が、坂が多いことで知られる八尾町で、無言でさっそうと優雅な踊りが披露されるそうです。 おわらの語源の3つの説 「おわら」の語源は、江戸時代の芸者達が唄を披露する際に、唄の中に、「 おわらひ(大笑い)」という言葉を入れることが流行っていたという説と、「 おおわら(大藁)」で豊作祈願を行っていた説や当時の小原村で娘が歌い始めたという、「 小原村説」など、3つの説があるそうです。 輪踊りと舞台踊りとは? おわらの踊りは、古来から、「 町流し」という各町の踊り手が、おわら踊りを踊りながら町中を練り歩くもので、踊り手が輪を作って踊る、「 輪踊り」と各町ごとに設置される特設ステージで披露される、「 舞台踊り」があり、町ごとに 新旧の盆踊りをミックスさせて、それぞれ個性的な踊りが披露されるそうです。 スポンサーリンク 越中おわら風の盆周辺のおすすめランチ• 山元食道• 手打そば高野• エルバッチャ 山元食道 山元食道は、ランチ、丼物、カレーといったシンプルなメニューですが、出汁の効いた味噌汁が好評で、ゆっくりとした時間の中で食べられる落ち着きのあるお店だそうです。 住所:富山県 富山市 八尾町鏡町 1000-10 手打そば高野 手打そば高野は、コシのある手打ちそばと濃いめの甘辛いつゆとの相性が抜群に合っていて美味しいと評判のそば屋さんだそうです。 住所:富山県 富山市 八尾町西町 2232 エルバッチャ エルバッチャは、市街地の丘陵地の中でイタリアンを楽しめるお店で、季節感のあるイタリア料理が好評だそうです。 住所:富山県 富山市 八尾町新田 3-1 越中おわら風の盆周辺のおすすめホテル• 八尾ゆめの森 ゆうゆう館• おわらビューホテル 八尾ゆめの森 ゆうゆう館 八尾ゆめの森 ゆうゆう館は、自慢の癒やしの温泉や海と山の両方の新鮮な素材を盛りだくさんに使った会席料理が食べられる人気のお宿だそうです。 料金:2,500円~13,080円(税込み) 住所:富山県富山市八尾町下笹原678-1 おわらビューホテル おわらビューホテルは「おわら風の盆」が行われる会場まで歩いて10分程度と近く、観光に最適なホテルだそうです。 住所:富山県富山市八尾町高熊33 まとめ 越中おわら風の盆の2020年の日程は、毎年9月1日~3日の3日間にわたって行われるようですね。 また、会場によっては、一般の観光客も輪踊りに参加できる場合もあるそうなので、一緒に踊りを体験するのも良いですね。 スポンサーリンク.

次の

富山の「おわら風の盆」2020年は中止 新型コロナ感染防止で苦渋決断

お盆 2020

夏の連休といえば、お盆休みを思い浮かべる人も多いでしょう。 この時期に帰省したり、墓参りをする人もいると思います。 コロナ禍が順調に収束に向かえば、今年も帰省や旅行、レジャーの計画を立てることができるでしょう。 今年2020年のお盆休みは、最大何連休となるのでしょうか。 また、今後のお盆休みは?他にも、お盆の期間に行うこと、準備すること、ご先祖様にお供えするものって?TABIZINEではお盆特集をお届けします。 知っているようで詳しく知らない、お盆について詳しくご紹介します。 お盆の時期には、浄土にいる霊魂が、生前過ごしていた地上に帰ってくるといわれているからです。 お盆の期間は、一般的に8月13日から8月16日までの4日間とされていますが、地域によって異なります。 2020年のお盆休みはいつ? お盆のスケジュール 2020年(令和2年)のお盆休みは、8月13日(木)~15日(土)が休みとなる会社も多いようですが、8月13日(木)から8月16日(日)の4日間になる予定です。 本来、開催される予定であった2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催のため、2020年に限り、祝日である「山の日」が8月11日(火)から8月10日(月)に変更されました。 それにより2020年8月8日(土)から10日(月・祝)までが3連休となるため、有給休暇を使って9連休を取る方もいるかもしれませんね。 新型コロナウイルス感染拡大で、東京オリンピックが来年に延期されたことによって、「山の日」が例年通りの11日に戻されるのではないかという話題もありましたが、2020年5月現在、そのような発表はありません。 >>詳しくはこちらもどうぞ。 五供には、「香(こう)」「花」「灯燭(とうしょく)」「浄水」「飲食(おんじき)」があり、帰ってきたご先祖様をお迎えするために用意するお供え物です。 他にも、鬼灯(ほおずき)や、キュウリと茄子で馬と牛をかたどった「精霊馬」などがあります。 >>詳しくはこちらもどうぞ。 ご先祖様の霊魂が迷わずに帰って来られるように行うのです。 迎え火はお盆が始まる13日の夕刻に、送り火はお盆が終わる16日に行います。 ) 迎え火、送り火をする際には、家の門口や玄関で素焼の平皿である焙烙(ほうろく)に「おがら」という麻の茎を折ってつみ重ね、火をつけて燃やします。 迎え火、送り火は火を扱うため、マンションなど火を扱いづらい建物など、住宅事情によっては行うのが難しい場合には、盆提灯を使うとよいでしょう。 盆提灯が迎え火、送り火の代わりとなり、目印となってくれます。 お盆は3つあるって本当? 私たちは「お盆」と呼んでいますが、新暦のお盆、月遅れ盆、そして旧暦のお盆の3つに分かれます。 新暦のお盆は、カレンダーの7月15日を中日に、7月13日から16日までの期間です。 月遅れ盆というのは、ひと月遅れのお盆で、8月15日を中日に、8月13日から16日のお盆です。 お盆休みもこの期間に合わせられています。 最後は旧暦のお盆です。 こちらは旧暦の7月15日を中日にしたお盆で、その年によって日にちが異なります。 農業が忙しい時期を避けたり、地域の産業に合わせる、旧暦のお盆の時期に合わせるなど、地域によってさまざまなお盆の時期があるようです。 今年2020年は新型コロナウイルス感染拡大により、例年通りのお盆休みとはいかないかもしれません。 感染に注意しながら、可能な範囲内でご先祖様や故人を偲び、供養を行うこととなるでしょう。 今の自分があるのもご先祖様のおかげ。 感謝の気持ちとともに準備をし、お盆を迎えたいものですね。 [All Photos by shutterstock].

次の