アラフィフ初産母になる。 アラフィフ主婦 人気ブログランキングとブログ検索

アラフィフ主婦 人気ブログランキングとブログ検索

アラフィフ初産母になる

「46歳で妊娠、出産なんだけど変に思う?」 そう聞いた友人の、少し落ち込んだ声にビックリしました。 38歳で結婚、それから8年あまり、待ち望んでいた子どもを授かったと聞き、さぞや喜んでいるだろうと思ったら、 「最初は夫と飛び上がる程喜んだのよ、でもさ、よく考えたら子どもが幼稚園入る頃には私は50歳よ・・・。 職場でも妊娠したので退職しようと思うとまず上司に話したらポカンとされちゃったし。 高齢だから、病院ではリスクの話をまずされるし、なんだかどんどん不安になっちゃってね」 立て続けに話し出した彼女にうなずきながら「バカなこと言ってないで、体調にだけは気をつけて妊娠期間はノンビリ、楽しく過ごさないと!」と思わず励ましてしまいました。 ただ、実際にアラフィフで初産となると、似たような思いをしている人が多いようですね。 今回は、45歳からの初産を経験したママたちの声を集めました。 喜びよりも困惑した現実 「妊娠ときいて〝え?〟と答えた私」 42歳バツイチ(互いに子どもなし)同士の再婚でしたから、子供がいなくても楽しいパートナーとして暮らしていこうという考えでした。 それが45歳の時に胃が苦しい感じがして診察を受けたら、まさかの妊娠。 それを告げた時の夫も正直、喜ぶというより「えっ」って。 まぁ私も病院で「えっ?」でしたからね。 お互いに子供は大好きで、甥っ子たちを実の息子みたいに可愛がって運動会とかも応援に行っていたくらいですが、想定外というか思ってもいなかったので嬉しさよりも戸惑い、それから、妊娠出産の知識もなかったので 「大丈夫だろうか」という不安感が大きかったです。 いろいろ調べて出産に強い大きな私立の総合病院を選びました。 そこでとても良い先生に巡り会えて「ウチのような病院では40代出産は多いんだよ、あんまり心配しないでね」と。 だけど、自治体が行っているプレママ教室に参加してみたら、それこそ若い、20代からせいぜい30代半ばの女性ばかり。 自己紹介で最初の若い女性が年齢を言ったんですよね、それで何となくみんな年齢を言う感じになっちゃって。 私の時「45歳?え、2人目とかでもこういうの参加するんだ」ってヒソヒソって声が聞こえて・・・。 ああ、私は高齢出産だと突きつけられた感じでした。 でも病院で開催している母親教室の方は、同じく40代初産の人が数人いて、そこで話をするようになって、初めて色々と相談したり愚痴を言い合ったり、励まし合ったり出来て、本当に良かったです。 同年代の知り合いができると、アラフィフ出産もとても気楽になりますね。 一瞬でも「この年齢で妊娠とか・・・初産で・・・なんかな」と思ったことを子供に対して今は本当に申し訳なかったなと思っています。 でも、実際にアラフィフで初産という人はみんな色々困惑することがあるんじゃないでしょうか。 やったー!と思ったのは束の間で、同時に高齢出産のリスクとか、体力の問題とか、子どもが大きくなって参観日とかに行ったら〝おばあちゃん〟と思われたら・・・どうでもいいようなことまで、本当にアレコレと頭に浮かんで、最初は戸惑うというか、悩みの方が大きかったです。 障害がある可能性が高くなるのは事実ですが、すべては神さまの決めることというか、授かるものなのだから、そこは夫婦でよく話し合い、結局、事前の検査は受けませんでした。 それが正しいのかどうかではなく、納得して決めればいいのだと思います。 そういうことも含めて、若い時ならイキオイで乗り切れる?出産も、確かに 45歳すぎての初産は色々と深刻に考えてしまう事は多いですね。 でも、結局、いくつで産んでも出産は女性にとって大変なことです。 年齢のことも気にしすぎないのが一番だと思います。 でも、コレ、無事出産したから言えることなんですよね。 特に職場では結婚して約15年、子どもが授からないんだろうという暗黙の了解?のような感じだったので、今さらながら妊娠しましたと言うのが・・・・。 悪気はないのはわかっているんですが、若い男性職員が「えっ、47歳で妊娠ってすごいっすね、うわー」って反応した時、なんか好奇の目で見られているようですごく嫌だったです。 それから、5歳の子どもがいる34歳の義妹から「よかったんだろうけど、その年齢で初産ってお姉さん、大変よ。 ママ友とか作りづらいだろうし、幼稚園とかで50歳ってママはほとんどいないけどなぁ」となにげなく言われた事もとても胸に引っかかりました。 でも5歳年下の夫はとても喜んでいます。 両親もです。 周囲の雑音は良いことだけを聞いて、アドバイスと思えるものは自分で選んで信じるものは信じて、そして変な目で見る人や興味本位の言葉は聞き流すようにしています。 でも「私も3人目は43歳だったんだけど、高齢出産は大変だよ。 産んだ後の体力もなかなか快復しないし、それ以前にやっぱり障害とかのリスクも大きいから」とアドバイスなんでしょうが、逆に不安をあおるような(あおるように私には聞こえた)ことを言う知り合いもいて、それほど気楽な妊娠期間ではなかったです。 でも、産んでみたら、どーってことない。 いや、確かに体力は大変です。 特に少し大きくなってからですね、でも、いいんですよ、初産にこだわらないなら40代の高齢ママも少なからず周囲にいますし、それに何より経済力もある。 お金ですませられることはすませる、早く産んでいる人からすると「ウソでしょ、45歳で妊娠!」って言われちゃったりしますが、気にしないことです。 その人が妊娠してるわけじゃないんだから(笑)生まれたら、ホント可愛いですよ。 実は48歳の時に産みました。 で、幼稚園でもママ同士の年齢の話にはなりますが、ひとまず、曖昧に答えてます(笑)でもまぁ、何となくはわかっているでしょうが、その辺は一応美容とかファッションとか、いろいろ気を配って、若作りはしないけど、老けて見えないように努力はしています。 何よりわが子、可愛いですよ!たまにイライラして怒鳴りつけているママを見ると、確かに遅い年齢で子どもを産んだから体力とか厳しいけど、精神的な余裕があるのかな、おおらかに子どもの成長を見守れるな、と感じます。 あまり周囲と比べないというか、この子の個性を大事にしょう、みたいなことを肩肘張らずに思えるのは、それまでの経験あればこそ、かなと思うんです。 体力なしは経済力でカバーできることもあるし、思ったよりは大変ではありません。 教育については、将来私たち親の老後は近いわけなんで、その辺も考えて、なるべく自由にさせるけど早くから自立を考えていけるよう育てないとね、なんて夫とはよく話し合っていますけどね。

次の

アラフィフシンママのパパ活

アラフィフ初産母になる

この本が単行本で出版されたのは7年前です(文庫本は2020年6月)。 けれども7年前出版の内容とは思えないタイムリーな内容です。 まさに「今こそ読むべき本」です。 当然、変わらないといけないわけです。 コロナ以前はAIに仕事を奪われるのではないか?という不安が国内に広がっていたように思います。 けれども実際は、コロナの影響で「もしかしたら世の中が近いうち激変する」と思ってはいても、どこか「まだ余裕はある」と考えている人が多数だったと思うのです。 ところがコロナが流行して、それは急速に… 食いしん坊にはたまらない季節がやってきましたね。 食欲の秋とか天高く馬肥ゆる秋なんて言われますが 私も夏よりか今の季節が一番好きです。 秋の味覚 狩りに週末は平田観光農園へ 行ってみようかと思っています。 りんごはそのままでもアップルパイにしても 美味しい食材で3日に1回は食べてますね。 りんごはAn apple a day keeps the doctor away 1日1個のりんごで医者いらずとも言われ、秋の味覚 を代表するだけでなくダイエットにもいいんです。 ポリフェノールも調べたらあるとの事なので 下手な痩せ薬よりか効果あるな!きっと。。。 余談ですが名称の頭に「サン」が付くリンゴは無袋で 栽培されたことを示し 見栄えは悪いが甘く美味しい リンゴとの事です。 (無袋の方が日光が多くあたり糖度も上がる) 秋の味覚を楽しみましょう!•

次の

アラフィフ初産 母になる

アラフィフ初産母になる

JAパパと🏩デート。 JAパパはいい人ですが、ただそれだけ。 相変わらずの薄幸感。 仕事の給料が安い、体がしんどい、女上司と反が合わない等、愚痴っていました。 「子ども達が心配して辞めた方がいいと言うし、親父も一人でおいておくのが心配だから仕事辞めようと思う。 安月給でこきつかわれなくても、もっと自分に合う仕事があるはず。 あんな仕事は女がやる仕事だと思う」 まだ転職して半年も経っていません。 色々言い訳して、弱いパパです。 「辞めるなら早めに上司に相談した方がいいですよ」 「なかなか言い出しづらいんだよね。 言った後働くのも気まずいし」 「・・・」 お昼は焼肉のコース頂きました。 焼肉は美味しかったですが、ネガティブな話ばかりで、なんだか食欲が失せました。 JAパパの負のオーラに飲み込まれる前にお別れした方がいいのかな。 お小遣い頂きました。 Like• 八百屋パパと🏩デート。 ベッドの上で、私の体触りながら、ペラペラしゃべっているパパ。 「梅雨で野菜がいたみやすくて、たい、へ、、ん・・・」 パパの手が急に止まりました。 「ん?」 「グォー、グォー😪」 秒で寝るパパ😨 八百屋パパはいつもエッチの途中で一回休憩して寝ます。 で、30分~1時間位で目を覚まして再開します。 パパが寝ている間私がソファーで映画見ていたら、八百屋パパ、30分位して急にムクッと上半身を起こし、また横になって、また起きて。 それを3回繰り返しました。 Like• JAパパと仕事帰りにご飯。 豆腐料理のお店。 私がリクエストしました。 失礼な言い方をすればいてもいなくてもどちらでもよいパパです。 ただ不幸すぎて、可哀想で見捨てることもできず気づけば1年以上もお付き合いしています。 「私は誰ともずっと一緒にいることはできませんから、JAさんは別の幸せを見つけてもいいんですよ」 八百屋パパは既婚者だからいいです。 Kパパは独身ですが、もう75才ですから。 JAパパはまだ50代。 たぶん、、、結婚願望もあります。 私なんかといても仕方ない。 奥様が病気になり、亡くなってからは不幸の連続のJAパパ。 「ここ数年で良かったことは、孫が生まれたことと、さゆりchanに会えたことだけ」 お孫さんが生まれたことはとにかく、私と会ったことはどうかな? 私と幸せな夢を見るにはお金がかかります。 JAパパがそれでもいいというのなら私は構いませんが。 Like• Kパパとデート。 ホテルでは「誕生日プレゼント、欲しいものがあるんだけど」とパパ。 「何ですか?」 「『一緒にお風呂にはいる券』をちょうだい」 「何ですかそれ 笑 肩たたき券じゃダメですか?」 以前は女性とお風呂に入るのは嫌いだからと言っていたのに、普通にエッチするのに飽きてきたのかな? ベッドでは「きれいな体だ。 決して太ってはいけないよ。 今の体型を維持して。 ずっと今のままのさゆりちゃんでいて」 本当に、、、残酷なパパです。 私がエッチの時に部屋を暗くするのは恥ずかしいからだけではありません。 日々増えるシワ、白髪、体のたるみ、、、。 誰しも永遠に若く美しくいることはできません。 「相手を変えれば、いつまでもいくらでも若くて美しい女性が抱けますよ」 「さゆりちゃん・・・僕は、さゆりちゃんとじゃないとできないよ」 男の人の心と下半身は別。 男の人の体は自分の心を裏切ることもあります。 7月のお小遣い頂きました。 Like• JAパパと🏩デート。 エッチはいつも通り、ワンパターンに体位を何回か変えて終了しまし。 食事はJAパパが行こうとした焼肉屋さんが混んでいて、急遽韓国料理になりました。 パパはサムギョプサル、私は冷麺頂きました。 くどいもの食べたくなかったので、焼肉屋さん混んでいて良かったです。 JAパパ、家から車のチラシ持ってきてくれました。 「この車はかなり人気出ると思うよ」 たぶん少しはサポートしてくれるつもりだと思います してくれないかもしれませんが 私も良い車だと思いますが、八百屋パパは嫌いと言っていた車です。 お世話になっている他のパパ達の意見も無視できず、車の買い換えは悩ましい所です。 JAパパは新しい仕事の愚痴言っていました。 もしかしたら辞めるかもしれないと。 奥様亡くなり、ある事件が原因で転職した後、お母様倒れ、お父様も入院されました。 本当に不運なJAパパ。 私が今までお付き合いした方は皆さん運気上昇でしたが、JAパパだけは違います。 JAパパのマイナスオーラは、半端ではありません。 JAパパは亡くなった奥様の保険金や、親の財産で金銭的に困ることはありませんが、人間お金があれば幸せと言うわけではありません。 「さゆりchanとのデートだけが楽しみ」 かわいそうなJAパパ。 お小遣い頂きました。 Like• 八百屋パパと🏩デート。 いつもと違うホテルで、八百屋パパはしゃいでいました。 子どもと同じです。 あと、ボキャブラリーが少ないです。 エッチの時は私の体触りながら、私の代わりに?八百屋パパが「あ~ん💓」「いや~ん💓」「だめ💓」と声出していていました 😨 八百屋パパ、溺愛している長女が一人暮らしを始め、私をその長女の代わりに甘やかしてくれます。 私も八百屋パパのことは、ちょっとうっとうしい父親のような、全くときめかない長年連れ添った夫婦のような、そんな感じがします。 でもずっとそばにいてくれて、守ってくれる安心感はあります。 Like• Kパパと🏩デート。 「今日がすごく待ち遠しかった。 この年になって何かを待ち遠しく思う日が来るなんて思ってもみなかった。 さゆりちゃんは僕と会う日を指折り数えて待つなんてことないだろう?いつもさばさばしているから」 「そんなことないですよ💦」 Kパパには自分なりに甘えているつもりでしたが、そんな風に見えているんですね・・・💧 「いいんだ。 会いたいと言ったり、やきもちやいたり、ベタベタしたりしない、そんなさゆりちゃんがいいんだから。 男はいくつになっても追いかけていたい生き物だからね」 お昼は和食のランチ。 「この前食事した時も思ったんだけど、さゆりちゃん最近きれいになったよね?」 「前はそんなにひどかったですか?」 「そういう意味じゃなくて、恋でもしてるのかなと思って😅」 「何も変わったことはありませんよ」 まじまじと私の顔を見るパパ。 「もしかして、、、整形した?」 飲んでいたお茶吹き出しました。 「整形するならもっと美人にしてもらってますよ」 まだまだKパパの脳内はお花畑のようで、こんなオバサンを美化して見てくれているようです。 ただ単に目が悪くなっただけかもしれませんが😅 Kパパにかかった魔法がいつまでもとけませんように。 Like• 八百屋パパと私のお誕生日のお祝いの食事。 駅の改札付近で待ち合わせ。 15分位早く着いてしまったのでスマホ見ていると、パチン、パチンと大きな音が。 八百屋パパはお店知らないので、私が予約しました。 1万2千円のコースでしたが、味はう~ん、普通。 高いから美味しいというわけではありませんね。 雰囲気やサービスは文句なしでした。 単純で、無邪気で、素直なパパです。 でも一緒にいると退屈しません。 Like•

次の