インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい。 インフルエンザ予防接種の副反応|熱は出る?副反応の症状と予防法を解説

インフルエンザの予防接種で体調不良になる?

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

予防接種の副作用とは? あなたは、インフルエンザの予防接種を受けたときに、 注射したところが 赤く腫れた事はないですか? あれは、 予防接種の副作用 副反応 だと言われています。 私が予防接種を受けた時にも赤く腫れました。 注射跡が赤くなったり、腫れたり、痛くなるのは、 副作用の代表的な症状です。 このような症状は、インフルエンザワクチンに対して、 体がちゃんと反応して起こるもので、 抗体が作らている証拠です。 どの症状も軽いものがほとんどで、2、3日で治ります。 その他には、発熱、頭痛、全身がだるくなるなども 副作用の症状として言われてます。 これらの症状は、ワクチンとは関係ない風邪の場合もあるので、 一概には副作用とは言えないですが2、3日で収まることが多いです。 一般的にインフルエンザの予防接種の副作が出る確率は、 10~20%だと言われています。 10人に注射すれば1人か2人は副作用が 出ることになります。 殆どの副作用が先程説明したような軽度で、 3日程度で収まる様な症状ばかりです。 予防接種の効果についてはこちらを参照してください。 なので、予防接種をした事が原因で、インフルエンザを、 発症することはないです。 大抵は、ある意味正常な反応で軽度な副作用がでるくらいですが、 ごく稀に 重度の副作用が出る時があります。 こんな症状が出たときは注意が必要です。 スポンサーリンク 注射跡の腫れが広範囲 通常は、注射跡が赤くなったり、腫れたりするのは、 ごく狭い範囲です。 しかし、稀に広範囲で腫れる人がいます。 腫れが 肘や肩を超える場合は、ワクチンに対して、 過剰なアレルギー反応の可能性があるので、 すぐにお 医者さんで受診してください。 呼吸が苦しくなった 呼吸が苦しくなったり、じんましんが出たり、 意識がレベルが下がる、嘔吐や吐き気などの症状が、 出たら 要注意です。 アナフィラキシーの可能性があります。 アレルギー反応が原因で起こる症状で、予防接種の、 直後から30分以内で急激に進行します。 アナフィラキシーはインフルエンザワクチンだけではなく、 ほとんどの薬の副作用に書かれています。 アナフィラキシーとは、 アレルギーの過剰反応が原因です。 スズメバチに2回刺されると命に関わると 聞いたことないでしょうか? あれはスズメバチの毒に対して抗体が出来て、2回目刺された時に、 過剰反応して、最悪の場合は死に至ります。 これがアナフィラキシーです。 インフルエンザワクチンでも同じ様に、 アナフィラキシーが出ることがあります。 特に危険なのが 卵アレルギーの人です。 ワクチンを作る過程で鶏の卵を使いますので、 成分に鶏卵のタンパク成分が残っています。 卵の成分で以前に アナフィラキシーショックを 起こしたことがある人は 予防接種を受けない方が、 良いでしょう。 スポンサーリンク 両手両足に力が入らない 手足に力が入らなかったり、呼吸ができなくなると、 ギランバレー症候群の可能性があります。 接種後 1~3週間経ってから症状が出ます。 ギランバレー症候群になると、手足がしびれて感覚がなくなり、 呼吸がしにくくなり呼吸困難になることもあります。 時間をかければ回復する事が多い病気ですが、 神経内科などの専門医療で治療が大事です。 予防接種後1~3週間後に手足のしびれを感じたら、 神経内科で受診しましょう。 最後に どんなワクチンや薬には多少の副作用があるようです。 インフルエンザの予防接種も例外ではなく、副作用はありますが、 軽度の症状がほとんどですね。 しかし、重度の副作用が起きることも事実で、 実際に 死亡例もあります。 副作用が嫌で予防接種を受けたくない人は、こちらを参考にしてくださいね。 初めまして、こんばんわ。 2日前の夜にインフルエンザの予防接種をしました。 ワクチン接種後、2~3時間あたりでフラフラして気分が悪くなりました。 吐き気がある訳ではなく、なんとなく気持ちが悪い感じです。 あまり動き回らず座って過ごすと症状が治まりました。 次の日は休みだったのもあり出歩かず家でゆっくり過ごしました。 そして今日、夕方位からまたふらつきが出てきて気持ち悪くなりました。 座ってるのもつらく、文字を読み書きするのが苦痛です。 7年ほど前から予防接種受けてますが、今回のようなのは初めてです。 こういった症状も副作用でしょうか? ちなみに毎度のことですが、接種部位は赤く腫れあがり熱を帯びています。 喘息持ちですが、今までワクチンによって喘息がでたことはありません。 って言う事はありません。 また、予防接種をしなくても、かからない人はかかりません。 そして、最近では、予防接種に効果がないという意見まであり、正直、どうすれば良いのかと悩みますよね。 あくまでも自己責任でお願いしたいのですが、私が過去に副作用で入院したとしたら、おそらく受けないと思います。 ただ、私は、医療関係者では無いので、医学的にどうこうは言える立場ではありませんし、受けた方がいいか、受けない方がいいのか?さらに、過去の入院が副作用が原因かも判断できないと言うのが本音です。 なにとぞ、ご自愛ください。

次の

インフルエンザの予防接種について去年初めてインフルエンザ予防接種を私が...

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

インフルエンザワクチンには重症化を防ぐ効果があります。 ワクチンを接種することでインフルエンザに対する免疫を作っておき、感染による発症を抑えたり、症状を軽くしたりする働きがあります。 感染自体を予防する効果はありませんが、つらい症状を引き起こさないためにもインフルエンザワクチンの接種は重要なものといえます。 接種時期は10月後半〜11月前半がおすすめ インフルエンザワクチンは、接種してから約5ヶ月ほど効果が持続します。 インフルエンザの流行シーズンは12月〜翌年3月といわれているため、流行シーズンに合わせてインフルエンザワクチンを接種すると良いでしょう。 インフルエンザ予防接種の効果の詳細については、関連記事をごらんください。 関連記事 腫れはインフルエンザ予防接種の副反応 インフルエンザの予防接種の目的は、ワクチンを注射することによりインフルエンザウイルスに対する免疫を獲得することです。 しかし、 ワクチンを接種することで免疫獲得以外の反応がおこる場合があります。 これを副反応といいます。 注射した部分が腫れたり熱くなるのはインフルエンザに対する抗体を作る免疫反応が起きているためです。 インフルエンザウイルスへの予防効果を獲得するプロセスであり、正常な反応ともいえます。 腫れ以外にも、むずむずとしたかゆみ、うずくような痛み、注射跡が硬くなる、熱を持つ、赤くなるなどの局所反応が起こることがあります。 なお、インフルエンザの予防接種の副反応は、局所だけではなく全身に現れることもあります。 インフルエンザ予防接種の副反応については、関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザ予防接種後の副反応は、通常2~3日で徐々におさまっていき、長くても1週間というケースがほとんどです。 基本的には、自然と腫れがひくのを待ちましょう。 腫れやかゆみ、痛みが気になるときは、濡れタオルや氷や保冷剤をくるんだタオルで冷やすのがおすすめです。 かく、もむ、直接氷を当てるなど、刺激を与えることはやめましょう。 入浴は可能ですが、温めると症状が強くなりやすいため長風呂は避け、腫れているところは強く洗わないでください。 また、腫れている間は激しい運動は避けましょう。 子どもが腫れた場合は? 子どもに副反応がみられた場合も、対処は大人とほとんど変わりません。 軽い副反応であれば過度な刺激を与えず、経過を見守ることが良いとされています。 ただし、強いかゆみを感じていないか、腫れや赤みが広範囲に広がっていないか、注意しましょう。 13歳未満の子どもは、インフルエンザの予防接種を2回行います。 1回目で腫れた場合、2〜3日で腫れがおさまれば問題ありませんが、心配な場合は医師に相談しましょう。 医療機関を受診した方がよいケース 長期にわたって副反応がおさまらない場合や、腕から肩にかけて腫れていたり、肘よりも下の部位にかけて腫れているなど、広範囲に腫れやかゆみがある場合は医療期間を受診し、医師の指示をあおいでください。 おわりに インフルエンザ予防接種による腫れは、珍しいものではなく、むしろ正常な反応だと言えます。 ただし、長期にわたって副反応がおさまらない場合や、広範囲による腫れやかゆみがみられた場合は、必ず医療機関に相談してください。 また、腫れ・かゆみ・痛み・熱っぽさがワクチンを接種した部分だけでなく全身に起きたり、蕁麻疹のようなアレルギー反応が起きた場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

次の

インフルエンザの予防接種で腫れを冷やすのはアリ?原因やベストな対処法

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

針が皮膚を貫通する際の痛み 皮膚には外界から体を守る、最前線の位置に存在し、 神経が張り巡らされています。 ですから皮膚に針が刺さるという刺激が 痛みの原因のひとつになっています。 ワクチンが注入されることによる痛み 予防接種では、場所はいろいろですが、 体内にワクチンを注入します。 インフルエンザワクチンは「皮下注射」なので、 皮膚(表皮、真皮)の下にある、 「皮下組織」と呼ばれる位置にワクチンを打つのですが、 その結果、 周囲の組織や皮膚組織が押しやられて 引き延ばされることによって 痛みが生じる、というものです。 ワクチンと組織が反応することによる痛み ワクチンは 次第に吸収されてゆきますが、 ワクチン接種をした直後は、 いきなり体内に異物が入った状態になりますので、 それが刺激となり、体内でワクチンに対する反応が起こることで 痛みが生じます。 上の1. は 予防接種をしている「その時」〜しばらく起こる痛みで、 3. は、時間経過によって出現してきます。 ただ、この3. の痛みが強く、持続する場合は、 すこし注意が必要かもしれませんので、 以下に書いてみました。 予防接種後の腫れなどの「副反応(副作用)」について インフルエンザなどの予防接種の後に 注射をした部位が赤く発赤して腫れたり、 しこりのように硬くなることがあります。 一般的には「ワクチンの副作用」といった 言い方をされることも多いですが、 医療者の間では副反応と呼ばれています。 ワクチン接種をしたことによる「反応」ということですね。 このように注射部位が直径数3-10cm程度腫れたり 鈍い痛み、しこりがある、発疹が出るなどの反応は けっこうな頻度で生じるものです。 また、これらよりは頻度は低いですが、 発熱や頭痛、悪寒(さむけ)、倦怠感など、 インフルエンザのような症状が出ることもあります。 ただし、赤い腫れが上腕全体に広がるようなひどい腫れや、 高熱が出る、ひきつけを起こした等、 いつもと比べて様子がおかしいなどの異変があれば、 重い副作用につながる可能性もあるため すぐに病院を受診されてくださいね。 インフルエンザの予防接種で腫れた時の運動や飲酒はしていいの? インフルエンザの予防接種で腫れた場合に、 普段通り運動や飲酒はしていいのでしょうか? これに関しては、 腫れているのは生体の反応で、 軽い炎症が起きているのと同じことになっています。 ですから、運動や飲酒によって 体の血流が増えてしまうと、 接種部位の腫れが悪化する可能性があります。 ですから、 予防接種の接種部位が腫れている間は 生活は普段通り送っても大丈夫ですが 激しい運動や飲酒は 控えたほうが無難だと考えられます。

次の