ケビン ホール 博士。 ケヴィン・エアーズ

良質な脂肪をとれば太らない。その理由とは......

ケビン ホール 博士

[画像のクリックで拡大表示] 「痩せたままでいるにはどうしたらいいのか。 その研究は今までほとんどされて来なかった」。 そう語るのは『最後のダイエット』などの著書がある予防医学者の石川善樹氏だ。 石川氏は減量に成功するにはダイエット期間を「体重を減らす減量期間」と「落とした体重をキープする維持期間」に分けることが大切だと説く。 先の見えない減量を続けるとモチベーションの維持も困難になる。 適度に減量と維持を繰り返すことで適正な体重に近づけるという考え方だ。 リバウンドを防ぐカギを握るのが維持期間だ。 ダイエットで抑えるべきカロリーは年齢や性別、現状と目標とする体重、期間によって変わってくる。 実は医学・生理学の分野でも痩せるために必要とされる正しいカロリー計算の仕方が分かったのは2011年のことだった。 米国立衛生研究所のケビン・ホール博士らが解明し、学会で話題を呼んだ。 しかしホール博士たちの計算方法は「維持期のカロリー計算の仕方がやや粗かった」と石川氏は指摘する。 そこを精緻化して開発したのが「減量シミュレーター」だ。 スマートフォン(スマホ)やパソコンから誰でも無料で利用できる仕組みにした。 減量シミュレーターではまず、年齢や性別、体重、職場での仕事の仕方や休日の過ごし方、目標とする体重や減量期間などを入力する。 そうすると1日の基礎代謝と平均摂取カロリー、減量期と維持期の体重変化のグラフが示される。 これがダイエットプランだ。 一人ひとりのダイエットプランに合わせて、減量期と維持期に抑えるべきカロリーが示される。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

良質な脂肪をとれば太らない。その理由とは......

ケビン ホール 博士

経歴 [ ] 6歳の時の家族とともにに移住、12歳までを同国で過ごす。 ケント州に戻ってのハイスクールに進学するも、16歳で中退して放浪の旅に出る。 18歳の頃にを巡るトラブルからを離れ、ケント州に戻り州都に居住するようになる。 この地でエアーズは、の母親が経営する下宿屋「ウェリントン・ハウス」に寄宿し、ワイアットやマイク・ラトリッジ、デイヴィッド・アレンらと出会う。 互いの才能に触発された彼らは、にを結成。 にはそこから発展する形でソフト・マシーンが結成され、エアーズもその一員として再びロンドンに拠点を戻し、サイケデリック・シーンにおいて注目を浴びた。 なお、こうしたコンスタントな音楽活動を始めるまで、のや、などを何度となく放浪したとされ、これらの土地で身に着けたある種の無国籍的な感性は、後年における彼の音楽をニュアンスに富んだものにしたと言われる。 ソフト・マシーンはの前座で二度の公演を行うが、このツアーで精神を消耗したエアーズは、12月にバンドを脱退。 ベース・ギターをに売り払うと、ガールフレンドとともに再びイビサ島へと隠遁する。 同島で自分のペースを取り戻すと、よりシンプルなソングライティングの才能を発揮し始め、に『おもちゃの歓び』でソロ・デビュー。 以降、バンド形態の「ザ・ホール・ワールド」やソロ名義でコンスタントにアルバムリリースを続け、一部に根強いファン層を開拓した。 の『悪魔の申し子たち - その歴史的集会より』においては、ワイアットやオールドフィールドの他、や、らのゲスト参加を得て話題を呼んだ。 過去においては、、などのミュージシャンと活動をともにしていたこともある。 特にハルソールは、以来、エアーズの片腕として行動を共にしたことで知られ、その関係は彼がに死去するまで続いた。 イビサ島からイギリスに戻ったのは中頃で、その後南部に移り、終生をそこの住居で過ごした。 最後の作品は、9月リリースの『アンフェアグラウンド』である。 2013年2月18日、フランスの自宅で死去。 68歳歿。 枕元には「燃えないと、輝くことはできない」というメモがあったという。 ディスコグラフィ [ ] ソフト・マシーン [ ]• 『おもちゃの歓び』 - Joy of a Toy 1969年• 『月に撃つ』 - Shooting at the Moon 1970年• 『彼女のすべてを歌に』 - Whatevershebringswesing 1971年• 『いとしのバナナ』 - Bananamour 1973年• 『夢博士の告白』 - The Confessions of Dr. Dream and Other Stories 1974年• 『スウィート・デシーヴァー』 - Sweet Deceiver 1975年• 『レインボウ・テイクアウェイ』 - Rainbow Takeaway 1978年• 『ザッツ・ホワット・ユー・ゲット・ベイブ』 - That's What You Get Babe 1980年• 『ダイアモンド・ジャック・アンド・ザ・クイーン・オブ・ペイン』 - Diamond Jack and the Queen of Pain 1983年• 『ディア・ヴュ』 - Deia... Vu 1984年• 『アズ・クローズ・アズ・ユー・シンク』 - As Close As You Think 1986年• 『フォーリング・アップ』 - Falling Up 1988年• 『スティル・ライフ・ウィズ・ギター』 - Still Life with Guitar 1992年• 『アンフェアグラウンド』 - The Unfairground 2007年 コンピレーション・アルバム [ ]• 『コレクション』 - The Kevin Ayers Collection 1983年• 『バナナ・プロダクションズ』 - Banana Productions: The Best of Kevin Ayers 1989年• Document Series Presents Kevin Ayers 1992年• 『ベスト・オブ・ケヴィン・エアーズ』 - The Best of Kevin Ayers 2000年• Didn't Feel Lonely Till I Thought of You: The Island Records Years 2004年• 『バナナのひとりごと』 - What More Can I Say... 2008年• Songs For Insane Times: An Anthology 1969—1980 2008年• 『ライヴ・イン・コンサート』 - BBC Live in Concert 1992年• 『ファースト・ショウ・イン・ザ・アピアランス・ビジネス』 - First Show in the Appearance Business: The BBC Sessions 1973—1976 1996年• 『シンギング・ザ・ブルース』 - Singing the Bruise: The BBC Sessions, 1970—1972 1998年• 『トゥー・オールド・トゥー・ダイ・ヤング』 - Too Old to Die Young: BBC Live 1972—1976 1998年• 『アライヴ・イン・カリフォルニア』 - Alive In California 2004年• 『BBC セッションズ 70-76』 - BBC Sessions 1970—1976 2005年• 『ハイド・パーク・フリー・コンサート 1970』 - Hyde Park Free Concert 1970 2014年 コラボレーション・アルバム [ ]• 参考文献 [ ]• 『』1991年10月号、ミュージック・マガジン社• 『レコード・コレクターズ』2002年3月号、ミュージック・マガジン社.

次の

レゴレシピ いろんなペット

ケビン ホール 博士

ダイエットは減量期と維持期の2つで1つ 前章では、今までのダイエットでは、人それぞれ違う「正確なカロリー目標」がわからないから、やせるのはとても難しいということをお伝えしました。 また、仮にやせたとしても、人はすぐにリバウンドしてしまうので、やせたままでいるのが大変だということもお伝えしました。 この章では、 その2つの問題を、 というツールを使って、一気に解決したいと思います。 私たちが開発した、インターネット上のツール「減量シミュレーター」を使うと、人それぞれの目標設定を求めることができるのです。 ツールを使う前にひとつだけ、ダイエットに成功する人がどのような体重変化になるのかを知ってください。 体重を落とせても、リバウンドをしては意味がありません。 ダイエットをするときには、この2つの期間を意識して、それぞれの期間で適切な行動をする必要があります。 気合を入れてダイエットに挑戦して、厳しすぎる計画をたてたことはないでしょうか。 短いスケジュールで目標体重までやせようと、やみくもに曖昧にカロリーを減らして、気合と根性で乗り切ろうとして力つきてしまうのです。 たとえば、1ヶ月の間に10㎏やせるという目標は、あまり現実的ではありません。 食事を減らすだけでこの目標を達成しようとすると、1ヶ月間はほとんど絶食に近いことをしないといけません。 社会人が、仕事をしながらダイエットをするのに無理のない目安は、1ヶ月にせいぜい2、3㎏といったところです。 減量期間は、最短1ヶ月、最長3ヶ月としています。 短すぎても現実的ではありませんし、あまり長すぎると中だるみしてしまうので短期決戦でいきましょう。 体重を落とした後も、リバウンドしては意味がありません。 ダイエットで節制するべきカロリーは、年齢、性別、体重、目標体重、そして期間などによって変わってきます。 じつは、 医学・生理学の分野でもやせるための本当に正しいカロリー計算の仕方がわかったのは2011年のこと。 アメリカ国立衛生研究所のケビン・ホール博士らがその計算方法を解明し、研究者たちの間で話題を呼びました。 減量期については、これまでもおおまかな計算はできていましたが、落とした体重をキープする維持期のカロリー計算は非常に難しかったのです。 なぜなら、体重の減り方によって、どのぐらい筋肉が落ち、基礎代謝がいくら下がるかが変わってきてしまうからです。 この本では、ホール博士らの研究をもとにして、私たちが日本人向けにアレンジし、正しいダイエット方法を導いてくれるというものをつくりました。 ダイエットで具体的にやるべきことは、年齢、性別、現在の体重、目標体重、そして期間によって変わってきます。 「減量シミュレーター」は、一人ひとり、ぴったりの数字を教えてくれます。 本章を読んだ後に、スマートフォンやPCで次のサイトにアクセスしてみてください。 あなたにぴったりの目標数値がこれでわかります。 くわしい使い方は、この章の後のコラムを読んでみてください。 このあとは、3人の太っている人の例をもとに、実際に「減量シミュレーター」をどう使うのか、生活にどう役立てればいいのかを見ていきます。 次回「3人の典型的な太っているひとたち」につづく 一人ひとり、やせたままでいるにはどうすればいいかがわかる世界初の を 、一度お試しください。 (PC・スマホからアクセスできます) 「みんなの健康づくり」のプロである予防医学研究者・石川善樹さんが、最新科学で解き明かす新しい減量法の決定版、絶賛発売中です! 第1章 なぜダイエットはこんなに難しいのか?

次の