えんほう cm。 日清ラ王CM 子役(白天使・黒天使)は誰?レロレロ 口調が可愛い

【動画】そごうCMに炎鵬出演!考えたのは誰?話題の炎上CMも作成?

えんほう cm

2020年1月1日の朝日新聞など朝刊に掲載された、 そごう・西武の広告「わたしは、私。 」が話題になっています。 幕内最小の力士「炎鵬(えんほう)」を起用したこの広告は、文章を読んでみると 「どうせ奇跡なんて起こらない」「勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明」などとてもネガティブな内容。 けれど、 これが少し見方を変えるだけで、一気に形勢逆転に! 目にした人からは「むちゃくちゃ鳥肌たった」「電車の中で見てボロ泣きした」などの声があがっています。 【厳しい時代、大逆転なんて無理……?】 2019年に大相撲夏場所で新入幕した 炎鵬晃(えんほう あきら)は、 幕内最小・最軽量となる168センチ・98キロ。 「小兵」と例えられる体でありながら大柄な力士にまっすぐ果敢に挑む姿が多くの人を魅了し、昨年は大躍進を遂げました。 今回の広告では、炎鵬がまわし姿ですっくと立つ写真の上に次のようなコピーが掲げられています。 大逆転は、起こりうる。 わたしは、その言葉を信じない。 どうせ奇跡なんて起こらない。 それでも人々は無責任に言うだろう。 小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。 誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。 今こそ自分を貫くときだ。 しかし、そんな考え方は馬鹿げている。 勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。 わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。 土俵際、もはや絶体絶命。 そして、ポスターのいちばん下には 「さ、ひっくり返そう」という大きな文字。 「勝ち目がなくても立ち向かえ」「自分らしさで乗り切れ」「今年こそ、今の状況をひっくり返していけ」……ハイハイ、こんなのよく言われることだけど、それができたら苦労しないよ。 自身の身の上と照らし合わせ、共感しながらもため息をついた人も多いかもしれません。 【「ひっくり返そう」の言葉どおり反対から読むと……?】 けれど、ちょっと待って。 赤文字で小さく 「ここまで読んでくださったあなたへ。 文章を下から上へ、一行ずつ読んでみてください。 逆転劇が始まります。 」 との文章も添えられているではないですか! 言われたとおり、コピーをひっくり返して読むと…… 土俵際、もはや絶体絶命。 わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。 勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。 しかし、そんな考え方は馬鹿げている。 今こそ自分を貫くときだ。 誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。 小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。 それでも人々は無責任に言うだろう。 どうせ奇跡なんて起こらない。 わたしは、その言葉を信じない。 大逆転は、起こりうる。 あらら、まったく正反対のポジティブで希望にあふれた文章になる……!! 「どうせ奇跡なんて起こらない。 わたしは、その言葉を信じない。 大逆転は、起こりうる。 劣勢にあっても自分らしさを貫いて勝負しようというメッセージに胸が熱くなります。 小さな体で大きな相手に立ち向かい続ける炎鵬との組合せだからこそ、なおさらこのコピーが心に迫ってきますね。 【ポジティブなメッセージに励まされる!】 新年早々、多くの人が勇気づけられた そごう・西武の粋な広告。 ぜひ皆さんも全文を下から読んでみてください。 なお、昨年はで物議を醸した同企業。 参照元:、 執筆: c Pouch.

次の

西武・そごうの広告がネガティブ! …と思いきや、ひっくり返すと勇気をもらえると話題

えんほう cm

2020年西武そごうのCMの逆さ文章の全文書き起こし コレが動画内の文章です! 大逆転は、起こりうる。 わたしは、その言葉を信じない。 どうせ奇跡なんて起こらない。 それでも人々は無責任に言うだろう。 小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。 誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。 今こそ自分を貫くときだ。 しかし、そんな考え方は馬鹿げている。 勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。 わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。 土俵際、もはや絶体絶命。 さ、ひっくり返そう。 この文章の上から下までを一通り読み上げ 『さ、ひっくりかえそ』 のところから文章はさかのぼって読み上げられます。 すると、文章の意味が何ともポジティブな文章に変わっていくんですね! 動画の再生も 巻き戻されながら再生され、最後にまた力強い炎鵬関が現れるという カッコイイ結末!!• 炎鵬 晃 えんほう あきら• 本名 中村 友哉 なかむら ゆうや• 愛称 ユウヤ、ユウタン• 血液型 AB型• 出身 石川県金沢市• 身長 168cm• 体重 99kg• 所属部屋 宮城野部屋• 得意技 左四つ、下手投げ 幕内最小の力士といわれ、自身の体より大きな力士にぶつかって勝つという所に魅力を感じるファンが多く、NHK大相撲動画再生ランキングでも連日1位の人気となっているようです! 最小といわれるのにも訳があって、小食で好き嫌いもそこそこある様子。 なので体重を増やすのが苦手の様です。 米が嫌い、プリンが好き、そして美肌を意識しているらしくスキンケアが好きだということ! そんな意外なかわいらしい一面も魅力的ですよね。

次の

炎鵬(えんほう)のCMがヤバイ!逆から読むと驚きの結果!

えんほう cm

土俵際、もはや絶体絶命。 私はただなす術もなく押し込まれる。 勝ち目のない勝負は諦めるのが賢明だ。 しかしそんな考え方は馬鹿げている。 今こそ自分を貫く時だ。 誰とも違う発想や工夫を駆使して戦え。 小さなものでも大きな相手に立ち向かえ。 それでも人々は無責任に言うだろう。 どうせ奇跡は起こらない。 わたしはその言葉を信じない。 大逆転は起こりうる。 同じ文章でもここまで違うなんて、文章とはすごいものだと思います。 「ひっくりかえせ」の意味が色々な意味にとれてとても深く感じられます。 炎鵬といえばとても体の小さい力士ですが、様々な工夫を凝らしてとても見ごたえのある相撲を取る力士としても有名です。 そこで炎鵬のプロフィールや経歴を見ていきましょう。 炎鵬のプロフィール 今回の広告モデルは なのね〜可愛いわ — けいけい keikeidoradora• 名前:炎鵬晃(えんほうあきら)• 本名:中村友哉• 生年月日:1994年10月18日• 出身地:石川県• 身長:168㎝• 体重:99㎏• 血液型:AB型• 大きな体の友達に相撲で勝ったことをきっかけに炎鵬の相撲人生は始まりました。 その後中学・高校・大学と相撲を続けて、就職活動をしている時に応募先からも相撲界入りを勧められたこともあって、卒業後に白鵬の内弟子として宮城野部屋に入門しました。 小さい体の力士でありながらも、初土俵では一番出世となったのです。 やはり素晴らしい才能の持ち主ですね。 その後もスピード出世を果たして今では角界では名物力士の1人となっています。 取り口としては「ひねり王子」という愛称で呼ばれるほど、捻りが得意であり、左右の区別なく捻りを繰り出します。 そして体は小さいながら相手に圧力をかけながら前に出る相撲を取ることで有名です。 身長167㎝という本当に小さい体ながらここまでの活躍をするには才能とものすごい努力と工夫があったに違いありません。 炎鵬が土俵に上がるととても闘志あふれていて盛り上がり、そのパフォーマンスでもとても存在感があります。 そんな炎鵬だからこと今回のCMがピッタリだったのではないでしょうか。 まとめ 今回は小さな力士炎鵬の出演する西武・そごうのCMについてご紹介してきました。 とても印象に残るCMでとても話題になっています。 例え条件が悪くても「自分は自分」と思って淡々と前へ進む炎鵬のように私たちも頑張れるといいですね。 今回は以上となります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の