ゴールデン ハムスター でかい。 キンクマ(ゴールデン)ハムスターとは?どんな性格?

キンクマ(ゴールデン)ハムスターとは?どんな性格?

ゴールデン ハムスター でかい

ゴールデンハムスターを飼い始めていると、こういうことって思いませんか? 他の種類のハムスター達よりも体が大きいということを。 笑」 具体的にいうと、他のハムスターの種類の2~3倍は余裕であります。 こう言われると、 やっぱりでかいなぁー って、なりますよね。 笑 なので、その分餌も多く食べます。 そこで、こんな疑問は生まれませんか? 「 ゴールデンハムスターへのおすすめの餌の量ってどれくらいなんだろう?」 コレ、思いますよね! 私も、飼い始めの時は良く思いました。 でも、 初めは、私も何となくの量であげていた記憶もあります。 しかし、「 餌の量」には、 しっかりとした理由があります。 ゴールデンハムスターは、体が大きいが故にしっかりと餌を食べるので、餌の量への管理が結構重要だったりするんです。 その「 餌の量」をしっかりと左右する要因もちゃんとあります。 ちなみに、この2点です。 おすすめの餌の量は? ゴールデンハムスターは体も大きいわけですから、やっぱりしっかりと調節してあげないといけません。 なので、ここでしっかりと間違いの無い、 適正の量っていうのをご紹介していこうと思います。 一旦はこの割合で見ていただきたいです。 ただこの「10%」という量に関しては、ゴールデンハムスターとしてではなく、ハムスターという括りの「 おすすめの量」です。 「っえ!ゴールデンじゃないの?」 そうですよね! 今回は、ゴールデンがメインなのに、 総合的に紹介されても意味がありません。 でもですね。 冒頭で少し言いましたが、 「 体重」「 季節」が大きく関係しています。 でも、いきなりこの細かな部分から入っては理解し難いと思い、先ずはベースでもある量の紹介から入りました。 それに、この「 体重&季節」が餌の量へ関係してくるのも、ゴールデンだけの解釈なので、余計にこのベースの割合を先に書いて分かりやすくしようという考えもありました。 なので、基本ベースの「 おすすめ餌の量」は 体重の10%で良いわけです。 そこは問題ございません。 中々感覚であげてしまいがちの餌ですが、ここで確認しておけば、飼っているゴールデンへもバッチリですよ! まぁ最初は私も、「おすすめの餌の量」なんて細かいこと全く知らなかったので大丈夫です。 今からあなたも勉強すれば問題ないです。 では、続いてはさらに詳しく見ていきます。 でも、 ハムスターは人間の言葉は当然話せないので、そこは飼い主である自分がしっかりと気を遣ってあげないといけないわけです。 そうなると、やはり日々のお世話が重要になってくるんです。 っと、少し話が逸れましたが、 私は、11匹のハムスターを飼っているので、そういう細かな部分も良く見えてくるというわけです。 その中で、「ゴールデンハムスター」の餌の量は「体重」や「季節」で左右される事があるので、そこをじっくりと紹介していこうと言うことなんです。 少し前置きが長くなってしまいましたので、早速見ていきましょう。 体重編 ここでは、ベストな餌の量を量るための一つの指標として「 体重」を使います。 先程の基準である「 体重の10%」というところも含めて書いていこうと思います。 で! 具体的にですが、 「体重の10%」の部分を守ってあげるのは、その 飼っているゴールデンハムスターの体重が100グラムまでと考えています。 なので、 「100グラムまでは、体重の10%」であげていけば良いです。 理由は後でまとめて書きます。 で! 逆に100グラムよりも大きくなっている状態に関しては、10%ではなく「 体重の8%」であげることをおすすめします。 「ん?なんで?」 っと、疑問点も多いでしょうから、 順々に理由を書いていきます。 先ずは、 100グラムまでは「体重の10%」で良い理由ですが、 コレは本当に単純です。 なぜならば、 「 まだ成長過程」だからです。 なので、 割としっかり「体重の10%」分の餌を与えて良いんです。 どんなに小さい大人のゴールデンハムスターでも100グラム前後はあります。 ですので、 餌の量の調整はここからで問題なしです。 で! その後の100グラム以上には「 体重の8%」あげるというところですが、 コレもあくまで目安です。 ですが、結構いい目安だと思います。 っというのも、このまま「体重の10%」あげ続ければ、すごい量の餌を上げ続けるわけです。 捨てるのは百歩譲って良しとしても、「肥満」はハムスターにとって 命に関わることなので、「体重の10%」あげ続けるのは少し考えものですね。 後、ゴールデンハムスターは他の種類と違って体自体の骨格がデカイので、「肥満」であることの判断が少し難しいです。 なので、 ある程度の基準が必要になってくるんです。 それが「 体重の8%」です。 季節編 続いての「 季節」ですが、 正直どの季節も大事ですし、 気を抜けません。 すぐに太ったり、下痢になったりします。 もちろん、てきとうにしなければ、 そう簡単に体調は崩しませんが、 崩した時のリスクがすぐに「 死」に直結したりするので、しっかりと気を付けないといけないんですよね。 ゴールデンハムスターとは言え、 ペットという部類では、 体も小さい方ですからね。 春&秋は季節感がやや似ているので、 まとめての紹介でいきます。 やっぱりこれらの季節はハムスターにとってとても過ごしやすです。 人間も過ごしやすいので、 同じ感覚ですね。 「過ごしやすいとどうなるのか?」 ですが、 ・たくさん走る ・たくさん食べる ・たくさん寝る です。 なので、基本を忠実にやっていけば問題ないでしょう。 気温や湿度も安定していますし、 本当にハムスターも過ごしやすいと思います。 餌の量も、先程の「体重編」での説明通りで問題ないと思います。 ここは本当に簡単でしたね。 基本は「 春&秋」です。 夏 「夏」ですが、 やはり怖いのが、「 夏バテ」です。 ハムスターは暑さも寒さも苦手なので、ここはしっかりと調節してあげる必要があります。 夏は、水をたくさん飲んで寝ていることも「春&秋」に比べると少し多いかもしれません。 なので、 「 しっかりと餌を食べているのか?」 「 餌の量は足りているか?」 「 腐ってはいないか?」 など、 本当に餌の量への配慮は欠かせません。 なので、この季節は本当に日々のチェックが大事になってきますね。 最後に「 冬」です。 冬 ここも「 夏」の時同様、 ハムスターの苦手な季節です。 なので、十分に配慮が必要になってきます。 餌の量の配慮で言うならば、 「好きなものを少しだけ多めにあげる」 というところです。 コレは、 またまたどういうことかというとですね。 ハムスターは寒すぎると、 冬眠してしまい、最悪の場合そのまま死んでしまうという自体にまで発展してしまいます。 そうなってからでは遅いので、 しっかりとここで餌の量でも対策をしていく訳です。 もちろん、部屋の温度などでの対策も必要ですが、今回は「 餌の量」での対策です。 ということです。 もちろん、 人間のようにいかないのは当然です。 そもそもの体の作りが違いますもんね。 でも、この好きな餌きっかけで、 ペレットなどをしっかりと食べ、運動もして、冬眠せずに冬を乗り切れば良いわけです。 要は、体の熱の発生へのきっかけです。 この「餌の量」だけで乗り越えるのは難しいかもしれないですが、やらないよりはやった方が良いと思うので、おすすめします。 ・おすすめの餌の量は? ・体重や季節で量の調整とは? でしたね。 他の種類のハムスターに比べ、 ゴールデンハムスターは飼いやすと思います。 まだ、飼い主にも慣れやすかったり、 なついてくれるので、飼っていて楽しい種類です。 その分他の種類よりも圧倒的に体がデカイので、「 餌の量」への管理もしっかりと行わなければなりません。 でも、大丈夫! ここで、一緒に私と確認してきたので、 ここからは、その季節に合わせて実践するのみです。 あなたが、餌の量での疑問や不安点はよく分かっているつもりです。 私も、初めは何となくであげていたので。 でも、しっかりとゴールデンハムスターのことを知れば知るほど、愛着も湧きますし、何と言っても責任を持って育てることが出来ます。

次の

キンクマハムスターの歴史は?特徴は?飼い方は?

ゴールデン ハムスター でかい

ハムスターといえば、小型ペットの代表。 とっとこハム太郎効果もあり、小学生からの人気は抜群の可愛い愛玩動物です。 しかし、実は野生のハムスターが存在するってご存知ですか?しかも、でかく、屈強なのが。 スポンサーリンク photo by katanski ハムスターといえば、ゴールデンハムスターや、ジャンガリアンハムスター。 これらも数はごくわずかですが野生種がいます。 しかし、今回紹介するのは「クロハラハムスター」という聞きなれない種類。 これがすごいのです。 このクロハラハムスター、名前の通りお腹が黒いハムスター。 普通のハムちゃんが5cm~10cm程度なのにたいして、このクロハラハムスターはなんと20~30cmにもなります。 生息するのはベルギーなどヨーロッパの中部。 そしてシベリア、ルーマニアなどです。 このハムスター、ペットとしても飼われることもあるのですが、日本でペットがはじまってからまだ10年もたっていません。 もともと野生種だけあって気性が荒く、とくに繁殖期のメスの猛々しさはすごいようです。 そんなクロハラハムスターがロシアで人にばったり出会ったときの映像がこちら。 完全にファイティングポーズを取っています。

次の

ハムスターのパイプトンネルってハムスターにとって良いものな...

ゴールデン ハムスター でかい

語源 [ ] 日本語の「ハムスター」はキヌゲネズミの様々な種を指すが、元はゴールデンハムスターの俗称・通称として一般人に定着したものであり、ドイツ語や英語のゴールデンハムスターであるhamsterに由来している。 には、hamustraという単語があり(元々1000年頃にの意味で使われていた古い単語であったが)、1607年にはハムスター(クロハラハムスター)という意味で使われており 、ヨーロッパに広く生息していたクロハラハムスターの語源となった。 しかし、実験動物用としてドイツにゴールデンハムスター(: Syrische Goldhamster)が伝来して増え、ゴールデンハムスターがHamsterの代名詞にとって変わった。 ドイツ語の「買いだめする、溜めこむ」という動詞ハムスターン(: hamstern)は、hamsterの貯食の習性から相手を揶揄する言葉として派生した。 特徴 [ ] 外見 [ ] 地中生活に適応するため、体はずんぐりとしており、四肢も尻尾も短く進化している。 でも尻尾は毛皮の下に隠れてしまいほとんど目立たない。 ただし、にはハムスター類で最も長い尾(2. 8-3. 1cm)があり物をつかむような機能をもつ。 左右にもともと口腔が陥没してできた頬袋(cheek pouch)と呼ばれる袋(盲嚢)をもつ。 頬袋には伸縮性がありエサを収容しておくためのものである。 ゴールデンハムスターやドワーフハムスターには臭腺がある。 エナメル質が作られるときに銅などを取り込むため切歯の色は黄色である。 体重は、は30-50g、ゴールデンハムスターで80-150g。 ハムスターの中で最も大型になる種はで、その体重は250g-600gに達する。 寿命はジャンガリアンハムスターで2年、ゴールデンハムスターで3年ほどであるが、稀に5年生きた個体などが報告されている。 習性 [ ] 頬袋に餌を詰めるハムスター 野生ではからの乾燥地帯に分布。 で地中に掘ったトンネル内を餌を探すために一晩に10km〜20kmも移動しながら生活している。 野生のハムスターは、一日のほとんどを巣穴の中で過ごし、捕食者を避け明け方と夕暮れの短い時間のみに餌を探しに出掛ける。 ハムスターは穴掘りの能力に優れており、複数の入口に、寝床、食料の貯蔵庫などの様々な部屋が繋っている巣穴を掘ることができる。 野生のゴールデンハムスターは数が少なく絶滅が危惧されている。 頬袋に餌を収納し、一杯になるとその袋は2倍から3倍にもふくれ上がることがある。 ここに溜めた食料を、自分の巣穴で吐き出して貯蔵する習性がある。 食性は穀食を中心とした草食性に近いで、野生状態では、木の実、穀物、野菜、果物、また昆虫やなども食べる。 飼育時に適したエサについては下記参照。 ハムスターは時に自分の糞を食べることがある(食糞)。 これは、一度では消化しきれなかった養分をもう一度吸収するためであり、異常行動ではない。 ハムスターの視力はあまり良くなく、またである。 そのため、外界の状況の把握は聴力と嗅覚に頼っている。 臭腺の臭いを周りに散布することでなわばりを主張するとされており、特に自身の臭いに非常に敏感である。 また、高周波を聴くことができるといわれており、超音波で互いにコミュニケーションしているとも考えられている。 餌不足、短い日照時間、低温などの環境に置かれるとと呼ばれる状態になることがある(ただし最長でも5日〜6日で餌をとる)。 飼育下のハムスターだと疑似冬眠からうまく目覚めることができず、そのまま死んでしまうことがある。 性格はゴールデンハムスターなどでは体の大きいメスのほうがオスよりも気が強く、特に繁殖期などは飼育に注意を要する。 ゴールデンハムスターは縄張り意識が強く、一般的には一匹で生活する。 縄張りを侵すと殺し合いのケンカをすることもある。 一方、ドワーフハムスターと呼ばれる小さめのハムスターは、同種で、気が合えば2匹以上一緒に生活することもありうる。 草原や川岸に生息する野生種のクロハラハムスターは、泳ぐ能力があり、頬袋に空気を貯めて浮き袋にする習性がある。 この習性は、元々砂漠地帯に生息していたゴールデンハムスターにも存在し、雨季の洪水などで水に落ちると、頬袋を膨らませて短時間ながら泳ぐことが確かめられている。 繁殖 [ ] 生後間もないハムスター ハムスターが可能になる年齢は、種類によって異なるが一般的にはで1ヶ月から3ヶ月で交配可能となる。 メスのハムスターの交配可能な期間はおよそ3年であるが、オスはもっと長いこともある。 規則的なを持つ。 からに、2週間から1ヶ月の妊娠期間の後、10匹前後の子を生む。 ゴールデンハムスターは齧歯類の中でも特にが安定しており、メスは4日の周期で発情を繰り返す。 発情したメスは、背中側のお尻周辺を触ったり、甘噛みされると、尾を上げ交尾姿勢を取る。 分類 [ ]• キヌゲネズミ亜科• ゴールデンハムスター属• (シリアンハムスター)• (ヒメキヌゲネズミ)• (キャンベルキヌゲネズミ)• (ロボロフスキーキヌゲネズミ)• カンガルーハムスター属• クロハラハムスター属• (ヨーロッパハムスター)• モンゴルキヌゲネズミ属• (モンゴルキヌゲネズミ)• アルタイキヌゲネズミ属• カンシュクハムスター属• キヌゲネズミ属• (キヌゲネズミ) 進化 [ ] およそ600万年前には他のからしていたと見られ、その後ヨーロッパから中国までユーラシア大陸各地に分布する。 森林から草原生が多いが、他のネズミ科同様、幅広い環境にしていた。 絶滅した化石種も多数発見されている。 現生種に近い個体が発見されるようになるのは160万年から数十万年前ほどからで、現在でもユーラシア大陸の各地に生息している。 [ ] 飼育 [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 回し車を回すパールホワイト ハムスターの中でもよく知られているのが、ゴールデンハムスター(シリアンハムスター)である。 として飼われているゴールデンハムスターは、にで捕獲された1匹の雌とその12匹の仔の子孫が繁殖し、世界中に広まったものである。 その後、野生種は発見されていないため、現存するゴールデンハムスターは皆彼らの子孫である。 にロンドン動物園でハムスターが展示・一般販売され、それ以後ハムスターがペットとして飼われるようになった。 その後、体格が小さいドワーフタイプのハムスターがペットショップ等で扱われて一般化されている。 日本国内にが輸入されたのは、昭和40年代で、ペットとして出回り始めたのは、1993年頃とされている。 ハムスターは人によく馴れて飼いやすいため、ペットとしてよく飼われている。 親子・兄弟であってもケンカにより共食いをし、死亡することがあるため単独飼育が基本であるが、種類によっては複数飼育が可能である場合もある。 縄張り意識が強いため、不用意に手を差し伸べたりすると噛み付いて外傷を負う事がある。 メスは気が強いこともあり、オスの方が比較的おとなしく飼いやすい。 ゲージ内は狭く運動不足になりがちとなるためハムスターの大きさにあったやを与える。 ただし、チャイニーズハムスターはほとんど回し車を使うことをしない。 切歯は伸び続けるため、飼育下では、小枝や板などの齧り木や市販の専用グッズなどで歯の過長を防ぐ必要がある。 また、高齢の個体や栄養状態の悪い環境では爪が過長する傾向がある。 爪切りは血管を避けて爪の先端を処理する。 主に春と秋に換毛があり時期と期間に個体差があるが、複数飼育していると次々に換毛が発生することがある。 ハムスターは自らグルーミングを行うが、特に長毛個体に対してはブラッシングを行って毛球症や腸閉塞を防ぐ。 急激な温度変化や乾燥には弱い。 低温の環境下にみられる擬似冬眠状態のままにしておくと死亡するリスクがある。 エサ [ ] 主食は獣医師が推薦するような専用ペレット、または市販のハトの餌(トウモロコシ・ヒエ・粟・麦など低脂肪で腐りにくい穀物のミックス)を与え、副食は少量ずつ水を切ったもの(ニンジン、大根の葉、ブロッコリーなどの野菜や、農薬などに汚染されていないタンポポ、クローバー、レンゲなどの野草)をペレットと同量程度与えれば良いとされている。 また、ハムスターは下痢をし始めると脱水症状により致命的な状況になりやすく、肥満させないような食事を与えると良い。 ピーナッツやヒマワリの種子は脂肪分が多いため、肥満を誘発しないよう、おやつとして少量に制限することが推奨されている。 動物性たんぱく質を含むおやつとして、ゆで卵の黄身、白身、低塩チーズ、、ペット用の煮干し、をごく少量与えると良いが、専用ペレットを与えていれば必須ではないとされている。 なお、ハムスターには餌を隠したり頬袋に溜め込む習性があるため、実際のエサの摂取量を測定することは困難である。 中毒を起こす物質 [ ] ハムスターに食中毒を起こさせる主な化学物質としては、(ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクの類に含まれるを引き起こす物質)、および(チョコレート、紅茶、コーヒーなどに含まれる嘔吐・下痢・昏睡を引き起こす物質)、(ジャガイモの芽や皮に含まれ、、嘔吐・下痢などを引き起こす)、(アボカドなどに含まれる中毒物質。 嘔吐・下痢・呼吸困難・肺水腫を引き起こす危険のある物質)、アルコール飲料などがある。 卵については、生卵の白身だけ与えるとビオチン欠乏症を発症するが、白身を加熱して黄身と一緒に与えれば同症にならないとされる。 ハムスターにとってゆで卵の黄身は毒性がなく、蛋白源として適量与えてもかまわないとされている(ただし、ゆで卵は腐りやすい餌であるという指摘もなされている)。 2017年には、餌にトウモロコシの比率が高まるとナイアシンが不足し、攻撃性が高まって共食いなどを行うようになるという研究結果が、ストラスブルグ大学の学者らによって明らかになっている。 飲水に関する配慮 [ ] ハムスター(特にドワーフハムスターなど)には水を口にしない個体が見られることがある。 ペレットを主食として飼育する場合には飲水が不可欠である。 水分不足になると食事量が減ったり尿路結石等の原因となる。 飼育される種類 [ ] (学名:Mesocricetus auratus) 生物学的にはジャンガリアンハムスターと同じと言われているが、ロシアの研究で遺伝子に差が発見され、習性も異なるため、区別されている。 野生種同士の外見は殆ど同じで区別は難しい。 性格は臆病で警戒心が強く、比較的噛み付いてくる傾向がある。 観賞用に向いているが、忍耐強く接すれば手乗りにもなる。 体毛は背と腹の色が分かれているタイプと全身一色のタイプがあり、品種は野生種の他、アルビノやチョコレート、ブルーなど数多い。 全身黒いものは「ブラックジャンガリアン」と呼ばれている。 ハムスターが原因となる人間の病気 [ ] ハムスターに噛まれるなどの要因で、人間が(急性アレルギー反応)を引きおこす事が知られている。 に日本人の男性がハムスターに噛まれたことによりが発生、更に持病であったを誘発し死亡した例がある。 そのため、気管支喘息や皮膚炎などアレルギー性疾患を起こした事がある人は、そのことに留意し、病院でハムスターアレルギーであるかを検査してもらうなどの対策が必要とされる。 脚注 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2012年5月)• 『ハムスターのお医者さん : ハムスターパラダイス』(、監修、)• 『ハムスターの上手な育て方—ハムスターパラダイス 2 』(主婦と生活社、中村ちはる監修、)• 『ハムスター : ハムスターの飼育・医学・エサ・生態・歴史すべてがわかる』(、, 監修、)• 『小動物ビギナーズガイド ハムスター』(、大野瑞絵 著、井川俊彦 写真、) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (がハムスターの「DB. スターマン」) 外部リンク [ ]•

次の