マルチーズ抜け毛。 ミックス犬、マルプーってどんな犬?性格、成犬の大きさ、寿命は?

ポメラニアンとマルチーズから生まれた『ポメマル』のお値段は

マルチーズ抜け毛

トイプードル 212• タイニープードル 94• ティーカッププードル 60• トイプードル トイ 58• チワワ 199• チワワ ロング 159• チワワ スムース 40• ミックス・その他の犬種 84• ポメラニアン 73• 柴犬 68• 柴犬 標準サイズ 36• 豆柴 32• ミニチュアダックスフンド 52• ミニチュアダックスフンド ロング 52• ミニチュアダックスフンド スムース 0• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• フレンチブルドッグ 47• シーズー 45• コーギー 34• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ヨークシャーテリア 32• ミニチュアシュナウザー 31• パピヨン 27• パグ 26• ボルゾイ 23• ペキニーズ 20• 狆 チン 19• カニンヘンダックスフンド 17• カニンヘンダックスフンド ロング 16• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• カニンヘンダックスフンド スムース 0• ブルドッグ 16• ボストンテリア 14• マルチーズ 13• スタンダードプードル 13• アメリカンコッカースパニエル 8• ゴールデンレトリバー 8• ミニチュアピンシャー 7• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• 秋田犬 5• グレートデン 5• シベリアンハスキー 5• 日本スピッツ 5• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• サルーキ 4• スタンダードダックスフンド 4• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• グレートピレニーズ 3• ノーフォークテリア 3• シェットランドシープドッグ 3• ケアーンテリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• ドーベルマン 2• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュポインター 2• シェパード 2• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ビアデッドコリー 1• ビションフリーゼ 1• ボーダーコリー 1• ブリタニースパニエル 1• チャウチャウ 1• 北海道犬 1• 日本テリア 1• ラブラドールレトリバー 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ロットワイラー 1• スキッパーキ 1• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 5• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 8• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 0• アメリカンブリー 0• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 0• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 0• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 0• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 0• カニンヘンダックスフンド スムース 0• カニンヘンダックスフンド ロング 16• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 0• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 5• グレートピレニーズ 3• ケアーンテリア 2• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 8• サモエド 0• サルーキ 4• シーズー 45• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 3• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 36• シベリアンハスキー 5• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 0• スキッパーキ 1• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 13• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 94• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 40• チワワ ロング 159• 狆 チン 19• ティーカッププードル 60• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 58• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 2• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 5• 日本テリア 1• ニューファンドランド 0• ノーフォークテリア 3• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 0• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 26• パピヨン 27• ビーグル 0• ビアデッドコリー 1• ビションフリーゼ 1• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 0• フレンチブルドッグ 47• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 1• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 16• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 20• 北海道犬 1• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 1• ボクサー 0• ボストンテリア 14• ボルゾイ 23• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 73• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 32• マルチーズ 13• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 0• ミニチュアシュナウザー 31• ミニチュアダックスフンド スムース 0• ミニチュアダックスフンド ロング 52• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 7• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 32• ラサアプソ 0• ラフコリー 0• ラブラドールレトリバー 1• レークランドテリア 0• レオンベルガー 0• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 0• ミックス・その他の犬種 84 マルチーズは3000年以上前から存在していて、世界最古の愛玩犬といわれています。 柔らかい真っ白な毛並みや小さな体、明るく素直な性格など、マルチーズはまさにかわいがられるために生まれた存在。 マルチーズの特徴や性格、飼い方・しつけ、気をつけたい病気をポイントを交えながら紹介していきます。 マルチーズの特徴 シルク状の長い被毛、やわらかな表情、親しみやすい愛情深い性格を持つマルチーズ。 愛玩犬らしい特徴をすべて兼ね備えた人気の小型犬です。 目:愛くるしい大きな瞳が特徴です。 目の周りには黒い縁取りがあります。 毛:絹糸状で長く、被毛の構造はオーバーコート(上毛)のみのシングルコートです。 マルチーズの原産地とされているのは、イタリアの南方にある島国・マルタ。 紀元前1500年頃、マルタ島に移住したフェニキア人(現在のレバノン共和国付近にあった都市国家)が持ち込んだとされています。 海洋貿易を得意としているフェニキア人。 長い航海に出る船員の愛玩犬として、マルチーズは愛されていました。 その後、イタリア・シチリア島を経由し、マルチーズの存在はヨーロッパ各国に広まっていきます。 15~16世紀には貴婦人の愛玩犬として人気を集め、19世紀末にはイギリスのビクトリア女王がマルチーズを飼育したことがきっかけとなり大流行。 日本でも人気は高く、 1968~1984年には登録犬数のトップ犬種となるなど、広く愛されています マルチーズの性格 マルチーズの性格は素直で穏やか。 愛玩犬らしい性格を持ちます。 飼い主とともに行動することを好む愛情深い性格が、長年人気となっている理由のひとつです。 また、地中海に浮かぶマルタ島をルーツとするマルチーズは、ラテン系の人々の多くがそうであるように、陽気で溌剌とした明るい性格でもあります。 一方では、飼い主への愛情の裏返しか、ほかの人や犬に吠え続けるなど神経質な一面を時にのぞかせることも。 自らの安定や幸せが脅かされるかもしれないと認識した相手には、どんな相手だろうと立ち向かっていくような大胆な一面があります。 マルチーズの飼い方・しつけ 被毛のケア純白の被毛(コート)が美しいマルチーズ。 下毛(アンダーコート)が無い分、被毛のボリュームは厚くなりません。 ただし、マルチーズの被毛は細く長いため、絡まりやすいと言えます。 できるだけ、毎日のブラッシングを行いましょう。 また、マルチーズの被毛は、伸ばしたままにしておくと床を引きずるほどに長くなりますので、定期的にカットやトリミングをします。 毛を伸ばしたい場合は、毛先が汚れないようにする毛の処理(ラッピングと呼ばれています)が必要です。 顔周りに毛がかかると、汚れたり目に入ったりしますので、リボンなどでまとめるとよいです。 【マルチーズは垂れ耳】 長い被毛に隠れてあまり目立ちませんが、マルチーズの耳は垂れ耳です。 垂れ耳は通気性が悪く汚れがちになります。 放っておくと外耳炎を引き起こしてしまう可能性があるので、耳掃除が必要です。 子犬の頃から耳を触るようにして、耳掃除を嫌がらないように慣れさせましょう。 運動は短時間でOK明るく溌剌とした性格のマルチーズは、遊び好きの一面があります。 ですが、狩猟犬などのワーキングドッグとは異なり、純粋な愛玩犬として育ってきたため、運動量はそれほど必要としていません。 散歩は20分ほどの短い時間で済ませて、普段は室内で遊ぶことをメインとしましょう。 【室内環境に気をつけよう】 マルチーズは、膝蓋骨脱臼(靭帯がうまく機能しなくなり、ひざの「お皿」がずれる病。 発症すると、歩様に異常がみられます)を好発しやすい犬種です。 室内で遊ばせる際には、階段やソファなどの段差から落下しないように気をつけます。 滑りやすく、足に負担がかかりやすいフローリングには緩衝材となるマットを引くなど、愛犬のケガを防止する対策を行いましょう。 一貫性を持ったしつけが肝心愛情深い性格の分、マルチーズは 飼い主に甘えたい気質でもあります。 思わずかわいらしさを感じることと思いますが、甘やかしすぎは禁物。 愛情深さも行きすぎると、独占欲のあまり他者に過敏な反応をみせるようになってしまいます。 来客のたびに吠え続けてしまう、思い通りになるまで要求し続ける……わがままな子犬に育つのは避けたいところですよね。 しつけのポイントは、一貫性を持った対応です。 マルチーズの行動に合わせて対応を変えない、構いすぎないと気をつけて接しましょう。 もともとが素直な性格のマルチーズですから、しっかりとメリハリのある関係をつくれれば、しつけも入りやすくなります。 発症すると、喉にものがつかえたような咳が出るようになったり、運動時に座り込んだりという症状が出ます。 やがて、徐々に左心不全が進み、肺水腫を原因とする呼吸困難を引き起こします。 犬の心疾患のうち、7~8割以上がこの病気にかかるとされています。 小型犬が発症しやすく、マルチーズは小型犬のなかでも発症しやすい犬種です。 7~8歳を迎える頃には、7~8割が発症するいう統計もあります。 治療は、服薬により行います。 完治する病気ではないので、服薬を続けることで病の進行や症状を抑えていくことを目的とします。 早期発見、早期投薬が治療のキーポイントです。 7~8歳を迎える頃には、定期的な検査を行いましょう。 目の周りの被毛にあふれ出た涙がつくと反応して赤茶色に変色します(いわゆる「涙やけ」と呼ばれる状態です)。 マルチーズをはじめ、プードル、ポメラニアン、シーズーなどに好発しやすいです。 原因は、結膜炎や角膜炎、まつ毛の異常などによる涙液分泌の増加、涙点の閉塞や先天的欠損による涙液の排泄障害などが考えられます。 原因となる疾患がある場合は治療、排泄障害の場合は涙管洗浄を行います。 【汚れは日々ケアしましょう】 目の周りは汚れやすいので、定期的にケアを行います。 目元は涙焼けを起こして変色することがあるので、こまめに涙を拭きとってあげましょう。 口の周りも汚れやすいので、気をつけてケアを行うとよいです。

次の

マルチーズは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

マルチーズ抜け毛

Contents• マルチーズの毛の特徴・抜け毛は? マルチーズは純白でアンダーの毛はありませんが、伸び続ける特徴のシングルコートです。 アンダーの毛があるダブルコートの犬と比べると、かなり抜け毛は少ないし匂いも少ない傾向です。 ですが人間の髪と同じで伸び続けるので、ブラシングでお手入れをしてあげましょう。 人間も毎日髪をブラシでとかしますね。 同じで少なくても必ず抜け毛はありますし、ブラッシングをしないと絡まってしまします。 マルチーズは毛が細く柔らかい為、絡まりやすいので毎日専用のブラシでのブラッシングが理想です。 ブラシングで抜け毛対策 マメにブラッシングをしてあげることが一番です。 ピンブラシやコームを使いわけると、スムーズにブラッシング出来ます。 光沢を保ちながら、抜け毛も取れますよ。 もし毛玉があれば無理にとかさずスリッカーブラシを使ったり、カットしてください。 スリッカーブラシは毛玉を取るには最適と言われています。 無駄な毛も取れますが、よく切れるのでやさしく扱ってくださいね。 無理にとかそうとすると痛くて嫌になって、ブラッシング嫌いな子になってしましますよ。 出来れば、散歩の前後がオススメです。 散歩前は毛の間に入ったほこりなどを落として汚れをつきにくくし、散歩後は汚れやもつれを取ってあげましょう。 そうすることで、ブラシングにかかる1回の時間がかなり減りますよ。 ブラッシングには皮膚の血行促進の効果もあります。 皮膚の傷や出来物を発見したりすることも出来ますので、是非スキンシップの一つとして毎日してあげてくださいね。 ウチの子は幼いころあまりしていなかったようで、ブラッシングが大嫌い!「ガウガウ」唸ってくるので大変です。 (私の親により他もワガママに育てられているのが原因かと) そうならないようにチワワは幼いころからしていたので、ブラッシングが大好きです! スポンサードリンク シャンプーで抜け毛対策 抜け毛の効果にシャンプーは有功です。 マルチーズは匂いの少ないと言われていますが、やはり2ヶ月、3ヶ月ほったらかしにしていると匂ってきますよ。 シャンプー、もしくはトリミングに連れていきましょう。 月1回が理想と言われています。 シャンプーすることにより、中の深い毛まで綺麗に洗い流せます。 自宅でする時は、必ず犬専用のシャンプーを使用してくださいね。 人間用は刺激が強すぎて、皮膚を傷め抜け毛を引き起こす原因になりかねません。 乾かすときもドライヤーも使用して、入念に乾かしてください。 乾かし残しがあると、匂いの原因になりますよ。 シャンプーの後はブラッシングを忘れずに! 病気で毛が抜ける? 病気が原因ももちろんありますが、遺伝性・生理的などで毛が抜ける場合があります。 病気 アレルギー性皮膚炎、寄生虫、感染症などにより、掻いたり舐めたりすることで脱毛になってしまうことがあります。 毛穴が炎症を起こし毛が抜けやすくなる「毛包炎」、カビにより皮膚が弱くなってポロポロと抜け落ちる「皮膚糸状菌」自己免疫が破壊する「免疫介在性」など様々な病気があります。 遺伝性 先天性) 遺伝が原因で毛が抜け、薄くなる場合があります。 内分泌脱毛症は、ホルモンバランスの乱れて起こります。 甲状腺機能低下、副腎皮質異能亢進症 クッシング症候群 、ホルモン失調などが考えられます。 淡色被毛脱毛症は、被毛の色に関係してくる脱毛症です。 淡色の被毛の子は特に薄い箇所に、黒っぽい色の被毛の子黒の強い箇所に症状が現れます。 それ以外に胴体の外側を中心に抜ける脱毛症や、頭や足飲み残る脱毛症もあります。 原因不明の脱毛症もあり、人間の男性型脱毛症にに似ていると考えられている脱毛症もあります。 遺伝性により、生まれつき毛が生えていなかったり薄い子がいます。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグなどの犬種です。 ウチの先代のマルチーズも薄い方で、特に10歳を超えると薄さが目立ちだし14歳の頃には下半身だけ皮膚が透けて見えるくらいになっていなした。 特に病気ではなかったし、その子は下半身がすこし人で言う「天然パーマ」がかかった感じの毛質でした。 今のマルチーズは幼い時から多すぎるくらいで、13歳の今でもフサフサです。 同じマルチーズでも、全然違いますよ。 生理的・その他 ストレスにより舐めたり噛んだりして、毛が抜けることもあります。 「休止期脱毛症」は発熱や妊娠、過度なストレスにより成長するはずの毛が休止してしまう脱毛症です。 毛の成長期の段階で抜け落ちたり、突発的に部分だけ抜けたり様々な脱毛症がたくさんあります。 健康上問題ない場合もありますが、体内で何かが起こっていても大変です! 気が付けば少しでも早く病院に行きましょう。 マルチーズに抜け毛がないのはホント?【おわりに】 いかがでしたでしょうか? 最後はちょっと怖いお話になってしまいましたが、マルチーズは非常に抜け毛の少ないことがわかりましたでしょうか。 お手入れしているマルチーズは、家の中でも抜け毛がほぼ無いので掃除も楽ですよ。 お手入れは健康の為にも、しっかりブラッシングをしてあげてくださいね。 スキンシップを取りながらすると、ワンちゃんも喜んでくれると思います。 お洋服を着せてあげるのも良いですね。 マルチーズは白いから何色でも似合うので、選んでいるだけでも楽しいですよ! ぜひお洋服を着て、一緒にお出かけしてください。 お洋服を脱がせた後は、忘れずにブラッシングをしましょうね! スポンサードリンク•

次の

マルチーズの性格・特徴は?飼い方や値段も知りたい!

マルチーズ抜け毛

名前のルーツ マルチーズの名前のルーツは、イタリアのマルタ島に持ち込まれた可能性があるとして付けられました。 日本ではマルチーズを略して「 マル」の愛称で呼ぶ方も多いです。 ちなみに英語では「 Maltese」と表記します。 マルチーズの歴史 マルチーズの歴史はとても長く、起源については諸説様々ですが、古くは地中海中部の港や海事都市でネズミなどの 害獣退治に使われていました。 また、貴族の間でも人気があり、英国王室でも飼育されていたという話もあります。 成犬の平均体高・平均体重 ジャパンケネルクラブでは、マルチーズの成犬の平均体高はオスは 21~25cm、メスが 20~23cmとされています。 ちなみに、ショータイプのマルチーズであれば体重は 3. 2kg以下で、理想は 2. 5kgといわれています。 マルチーズの毛色 マルチーズの被毛は シングルコートのみです。 毛色も単色の「 ホワイト」のみですが、薄く黄色がかった「 レモン」や、薄いベージュ色の「 タン」も許容されています。 飼い方による2つのタイプ マルチーズは細かい種類の違いはないのですが、飼い方(カットの仕方)によって2つのタイプに別れます。 ショータイプ ショータイプのマルチーズとは文字どおり ドッグショーに出るために育てられたマルチーズのことです。 図鑑や書籍でよく見かけるモップのように毛の長いマルチーズがこちらのタイプで、 フルコートのウェーブもカールもかかっていない、まっすぐの毛が全身に渡っており、毛の色は真っ白のものほど良いとされています。 ただし、「 レモン」や「 タン」の毛色でも失格ではありません。 また、フルコートで毛を伸ばしているマルチーズがすべて ショータイプとは限りません。 ドッグショーでは体重や姿勢、バランスに歯並びなど厳正な資格があり、それを満たしていないと失格とされてしまうからです。 もちろん、ドッグショーで失格になったからといってマルチーズじゃないと否定されるわけではありませんが、ドッグショーに出場させるブリーダーさんは、その基準を守るために 血統はもちろん、 育て方にもこだわっています。 美しい直毛にするため毎日のブラッシングは欠かせませんが、その際、静電気にならないよう スタイリング剤を使ったり、大切な毛をよごさないように ラッピングしたり、美しい姿勢のために食事も立って与えたりなど、その苦労は数えればキリがありません。 ペットタイプ ペットタイプとは、ペットショップや一般のブリーダーさんから購入できるマルチーズのことです。 ペットタイプのマルチーズでもショータイプのように毛を伸ばしている犬もいますが、 最近では 毛を伸ばすとお手入れが大変ということでトリミングして毛を短くし、お手入れしやすくしている子も多いです。 マルチーズの値段 マルチーズの値段ですが、ペットショップでの相場は大体 10~20万円くらい、価格の差は親の血統によるものが多いです。 親犬がどちらか片方でもチャンピオン犬だった場合、 チャンピオン直子(ちょくし)ということで 30万円以上の価格がつくこともあります。 またマルチーズのような小型犬は、体が小さいほうが可愛いとされており、 骨格が小さいほうが価格が高くなる傾向があります。 実際、体の小ささはドッグショーでも評価の対象となっています。 逆に価格が相場より大幅に安い場合は、何らかの理由で投げ売り状態になっていることが考えられます。 例えば 遺伝的な病気を持っている血統などです。 値段が安い犬を飼う場合は、価格が安い理由をしっかり確認しましょう。 ブリーダーのところで親犬をチェック マルチーズのような愛玩犬を購入する場合は、 ブリーダーさんのところで親犬をチェックすることをオススメします。 遺伝的な病気を持ってないか、 毛の質や 性格は荒くないかなど、親犬から受け継ぐことが多いので、とくに 母犬をチェックしてください。 また犬を飼うのが初心者の方は、生後 1〜2ヶ月の子犬を購入するのは避けてください。 見た目はとても可愛いですが、育成が難しいので死なせてしまう場合もあります。 親元で 3ヶ月くらい過ごした子犬のほうが社会化の初歩が済んでいるので、 その後の育成も少し楽になります。 その他にかかる初期費用• 混合ワクチン…… 16,000円• 狂犬病予防接種… 3,500円• 健康診断………… 3,000円• 畜犬登録………… 3,000円• 飼育グッズ……… 30,000円 初期費用は 155,000〜255,000円 マルチーズの性格の6つの特徴 1. 大胆 マルチーズは「 マルチーズ・テリア」と呼ばれていた時期もあるように、テリア種(小獣猟犬)の大胆で気が強い一面があります。 ときには自分より大きい犬に向かっていったり、飼い主を守ろうとしたりする行動も見られます。 甘えん坊 マルチーズは飼い主に対し甘えん坊で、どこに行くにもついて来たりなど健気に愛情表現をします。 ただ、かわいいからと甘やかしすぎると、大胆な気質から問題行動を起こしやすいので、しつけには十分注意しましょう。 マルチーズのワガママを聞きすぎると、飼い主であるあなたを自分より下にみてしまいます。 活発 マルチーズはもともとねずみ取りや害獣退治に用いられていたほどですので、体力があって疲れを知らず活発です。 また遊ぶことが大好きです。 おだやか 基本的にマルチーズはとてもおだやかで温厚な性格です。 昔から愛玩犬として人と一緒に居たので飼い主への忠誠心が強く飼い主や家族に怒ることはほとんどありません。 陽気 マルチーズは愛玩犬としての歴史が長いため、人懐っこく社交的でとても明るい性格をしています。 人間が大好きなのでどんな人にもなつきやすいです。 賢い 飼い主の感情に敏感に反応する子が多く、よく飼い主の高度や感情を見ています。 このため、しつけやトレーニングが入りやすく、よく従います。 またマルチーズは「 性格が悪い」という方がいますが、じつはこの賢さに原因があります。 留守番をさせるとオシッコやイタズラで飼い主を困らせて気をひこうとするわけです。 オスとメスでの性格の違い 1. オス マルチーズはオスのほうがおっとりしていて、穏やかな性格の子が多いです。 個体差はありますが、穏やかな性格の子が良い場合は、オスのマルチーズがおすすめです。 メス 逆にマルチーズのメスは、オスに比べると多少気が強いところがあります。 メスは気品高い性格といえます。 マルチーズを飼うのに向いている人 1. 初めて犬を飼う人 犬を飼うのが初めてで、どの犬種が飼いやすいか分からず悩んでいる人には、マルチーズはおすすめの犬種です。 人懐っこいので、すぐに慣れてくれますし、性格が穏やかでおとなしい子が多いので犬を飼うのが初めてでも困ることが少ないからです。 長時間の散歩、日々の散歩が面倒な人 マルチーズはもともと「 抱き犬」として可愛がられていたため、他の犬種ほど多くの運動を必要としません。 ただし、全く散歩をさせなくても良いわけではありませんので、気分転換に外へ出て日光に当たらせて運動させる。 お家の中で遊んであげるなど、適度に体を動かして運動不足にならないようにしましょう。 お手入れやおしゃれを楽しみたい人 マルチーズはおしゃれをさせるのにとても向いています。 毎日、ブラッシングなどのお手入れが苦にならないのであれば、毛を伸ばしてロングコートとしてのオシャレを楽しめます。 ショートコートでも、最近は様々なカットの仕方がありますので、いろいろなスタイルを楽しめます。 また、毛の色が白くつやがあるので、耳に飾りをつけたり、服を着せたりすると映えるでしょう。 寂しがり屋な人 マルチーズは飼い主に対しての忠誠心や愛情が深く、飼い主の事が大好きです。 家の中ではつねに付いて回るほどですから、寂しがり屋の人にはとても良いパートナーになるでしょう。 ただ、可愛いからと甘やかしすぎると ワガママな犬になりますので、そこの線引きはしっかりとしてください。 家を長期間空けない人 マルチーズは飼い主が大好きで寂しがり屋です。 何泊も一人で留守番させるような人には向いていません。 長期間家を空けることによって、精神的に不安定になり 問題行動を起こしてしまうからです。 専業主婦の方や家で仕事をされている方、仕事を引退した方などが向いています。 マルチーズのしつけの3つのポイント 1. 甘やかしすぎない 褒める時はしっかり褒めて、悪い事をした時はしっかりと叱って、遊ぶときはしっかり遊んで、といった感じにメリハリをつけてしつけることが大事です。 ここの線引きがしっかりできていなければ 噛み癖や 吠え癖がついた悪い子になってしまい、一緒に生活していくうえで悩むことになりかねません。 トイレのしつけはしっかりと これは、どの犬種にもいえますが、特に室内で飼われることの多いマルチーズは、トイレのしつけがきちんとできていなければ生活環境が悪くなってしまいます。 飼い主も片付けが大変ですし、お互いにいいことがありません。 無駄吠えをなくそう マルチーズはもともと穏やかな性格で鳴いたり吠えたりする子は少ないです。 実際、子犬の頃はほとんど吠えないため非常に飼いやすいのですが、成犬になると縄張り意識が芽生えて急に吠えだすような、繊細で気が強い子もいます。 インターホンの音に対して、吠える子が多いです。 また、危険から守ろうとする性質があるので、吠えて威嚇するという場面も少なくありません。 小さい頃から人や他の犬とコミュニケーションをとらせるなどして、音に慣れさせることも必要です。 また、最近は吠え癖防止のグッズなども発売されています。 そういったグッズを使ってみるのも効果的なしつけの方法です。 マルチーズの飼い方で注意すべき3点 1. ブラッシング マルチーズは毛が長いので被毛のケアをしてあげないと 毛玉になりやすい犬種です。 毛玉になると、ほどくのは難しく刈り取るしかありません。 ですから、マルチーズを飼う場合は 毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。 涙やけ マルチーズは純白の犬種ですから「 涙やけ」がとても目立ちやすい犬種です。 こまめに涙を拭くなど手入れをしてあげてましょう。 もし、なかなか涙やけが治らない場合は、 ドッグフードがあっていない場合があります。 とくに穀類などアレルギーになりやすい食品が入っていると涙やけになりやすいようです。 ケアをしてもなかなか涙やけが治らない場合はフードを質の良いものに変えてあげましょう。 室温調整 マルチーズはシングルコートの被毛のため 暑さにも寒さにも弱い犬種です。 夏場は毛を短くトリミングしてサマーカットにする。 冬場はワンちゃん用の服を着せるとともに、室温の調整を徹底して体調管理にはとくに気をつけてあげましょう。 マルチーズの平均寿命 マルチーズの平均寿命は 12~15歳で、小型犬の中では長寿な犬種です。 参考までに小型犬の平均寿命ですが、だいたい 14歳くらいです。 今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけてることで、寿命は長くなります。 ギネス記録では 21歳が最高齢のマルチーズとして登録されていますが、ギネスへの登録は有料なこともあり 22歳のマルチーズも結構いるようです。 このページの下のほうで、マルチーズにオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。 飼育環境 マルチーズは、運動量も多く必要としませんし、暑さや寒さに弱いです。 また、穏やかで無駄吠えも比較的少ないので、外での飼育よりも 室内飼育に向いています。 きちんとトイレや寝る場所を与えてあげて、快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。 散歩 マルチーズは愛玩犬の歴史が長いので、毎日散歩へ連れていく必要はありませんが、肥満防止や気分転換のためにも適度に散歩にいきましょう。 また個体差で外が大好きな子もいますので、その子にあった散歩の方法を見つけてください。 ちなみにロングコートのマルチーズを飼っている場合は、 散歩のときだけ服を着せるなど毛先が汚れないような注意が必要です。 食事 おやつやカロリーの高いものをあげすぎて運動をしないと体重だけがどんどん増えていきます。 肥満になると足に負担がかかり関節を痛めたり、心臓に負担がかかる原因となってしまいます。 マルチーズの食事管理はしっかりとすることが重要です。 カロリーが低く、高タンパク質の品質の良いドッグフードを食べさせてあげましょう。 また、食事が原因で「 涙やけ」を起こす場合もあります。 涙やけがなかなか直らない場合は、品質の良いドッグフードに変えてみてください。 マルチーズとトイプードルの比較 初めて犬を買う方は、同じくらいの大きさで見た目も似ているマルチーズとトイプードルで悩む方も多いでしょう。 こちらでは簡単に比較してみます。 マルチーズが良い点 トイプードルはいま一番人気の犬種なので値段も高く、マルチーズのほうが少し安い値段で買うことができます。 トイプードルが良い点 マルチーズは抜け毛は少ないほうですが、トイプードルと比べると多く感じるかもしれません。 ハウスダストなどにアレルギーがある方はトイプードルのほうがよいでしょう。 ペットにする喜び、マルチーズを飼う魅力 ・上品な見た目 シルクのような純白の被毛は上品で美しく、真っ黒なクリクリの瞳はまるでぬいぐるみのようです。 カットでいろいろなスタイルが楽しめるのもマルチーズを飼う魅力の一つです。 シングルコートなので抜け毛は少ないですが、もつれやすいので毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。 ・穏やかで遊び好きな性格 マルチーズは陽気で明るく遊び好きな性格です。 その性格から、どんな家庭にも順応しやすく、その愛くるしい見た目と仕草にハマってしまいリピーターになる方も少なくないようです。 賢く忠誠心もあるので飼い主さんには従順です。 愛情には愛情で返してくれるので、良きパートナー・家族になってくれるでしょう。 今回のまとめ マルチーズはペットとしては小型犬でもとても人気があり、かわいがられています。 どういう犬の種類かというと、見た目は丸くて甘えん坊のような性格です。 マルチーズの生まれはイタリアや地中海部地方です。 昔はねずみなどの撃退目的で飼われたという形跡もあります。 マルチーズの性格はいろいろありますが、甘えん坊で賢いところもありますが、見た目とは少し違い、活発なところもあります。 しかし基本的には人に吠えることは少ないのですが、威嚇することもあるので少し要注意する必要があります。 特にマルチーズはおしゃれが好きで見た目も中身もかわいがってくれる人などにむいています。 マルチーズは病気にかかりやすいのので、飼う以上はしっかり観察することが必要です。 マルチーズの基本データ.

次の