ドラマ テセウス の 船 ネタバレ 最終 回。 テセウスの船最終回ネタバレ考察!田村心は家族の絆を守れるか?

テセウスの船最終回/結末ネタバレ!予想・考察の結果真犯人は!?

ドラマ テセウス の 船 ネタバレ 最終 回

しまった!見逃してしまった!という方もご安心下さい。 ただ、過去のドラマを見てもすぐに再放送される可能性は低いので、ParaviやTverを利用して視聴するのがベストかと思いますよ! テセウスの船 最終話10話のあらすじ 最終回の感想は放送終了後にまとめていきます! それまでは前回9話の感想をどうぞ!• 黒幕にスタンガンで電気ショックを受けて気失ったことが計画外だったことに腹を立てて、みきおが犯人の名前を言うんじゃないかな。 そんな期待を持とう。 そもそも心さんは意図せずタイムスリップしてるんですよね 笑 それ、この話の基本で、そこがロマンなのではないかな。 2度目のタイムスリップの時も「今からちょっくら平成元年行ってくるは」と思っていた訳でもなく、心さんはその時の現在で犯人と決着つけるつもりで2度目の令和の由紀に「もしも戻って来れたら俺が鍋をつくります」って言ったのですよね。 そしたら意図せずもうこれは時の神の意思でというかそこが物語のロマンで再び平成元年にタイムスリップしたのではないかな 笑 そこで由紀~って泣き叫べば悲しみは表現出来たかな? なんだか、それだと韓流ドラマみたいに私は、思いますが 笑 そんなのは日本男児心はねココロの奥底で慟哭してますよ 笑 自分の存在さえもう消えても未来を変えて佐野心に人生を託そうと指輪をタイムカプセルに入れる人だから。 多分、原作と違うドラマの意図はそこにあるのだと思います。 タイムスリップしようがどうしようが、今自分が置かれた場所で生きよ! 田村心は自分が置かれた今で必死に生きているのではないかな?と思います。 私は、そこに結構感動してます 笑• この展開は犯人は誰かには重きを置いておらず、あくまでタイトルのテセウスの船にこだわっているドラマなのだろう。 共犯者は全くわからないが、心さんは現代には帰れないんだろうね。 で産まれてくる心さんが30年後またゆきと出会って赤ちゃんを産んでる、とか? で父の冤罪を晴らした心さんと産まれてくる心さんは果たして同じ人物といえるのか!テセウスの船!みたいな?感じで終わると思う。 正直後半ミステリとしては最低だと思うけど、演者さんはとてもいい人が揃っているので重厚感があり家族愛も十分に感じられそれなりに楽しめた。 こんなに面白くて、すごく考えさせられるドラマは他にないと思う。 キャスト全員演技力が優れていて、真犯人が誰なのか本当にわからない。 ストーリー性とシナリオも素晴らしいので、Twitterでの考察も楽しいし、伏線の回収も楽しい。 ただ見るだけのドラマではなく、視聴者と作り上げているドラマなのがいいと思った。 田村心2回目の過去へのタイムスリップで音臼小事件は起こらなかった。 つまり令和2年で音臼小事件を追っていた上野樹里2号はもういない。 田村心は自分が過去を変えた事によって、あんなに生き生きしていた上野樹里2号を消してしまったのだが、その事には一切触れないヒューマンドラマとは真逆の展開。 もちろん令和2年の上野樹里2号のパフォーマンスは不要なものだった。 被害者遺族の会が今年で終ろうと、佐野の弁護士なら個々の居場所を調べてるはずなのだから、個別に訪ねて話を訊けばいいだけ。 寧ろ その方が、被害者遺族も話しやすいはずだ。 何か引っ掛かる情報を持っていたとしても、あんな派手なパフォーマンスされてしまったら、他の村人の手前、逆に話づらくなる。 自分達で自分達の首をしめただけ。 それでもあのシーンを入れたんなら、音臼小事件を阻止することで、事件を追っていた上野樹里2号が消える事に田村心がもっと悩むべきだったんではないの?• この物語は善と悪どちらにも見える登場人物が多い。 何度も時を超えてるだけに理屈を追えば迷宮にハマる。 結局最後は 何を信じるか しかない。 そんな物語に仕上げているようにも思えます。 やってくれましたねTBS 笑 私はね作家さん 志望動機がいい 子供達を守りたい!熱いぃ~!私は熱い男が大好きだ!この言葉を信じたい。 何者か分からぬ相手に確信をもって佐野文吾にそっくりだと言い切り必ず佐野さんを救ってやって下さいと頭を下げる石坂秀夫校長を信じたい。 かつて日本の未来の為に戦ってきた老兵は故郷を守り子供達を守り熱い男に未来を託し離任していくと信じてみたい。 元気ですか!?元気があればなんでも出来る! 信じますか?!何を信じますか?誰を信じますか? 信じる心が未来を開く!12の3でこの想い届け未来の家族の元へ! ハッピーエンドでジ・エンド! 笑• 犯人、誰でもいいです(笑)。 そんなこと言ったらもともこうもありませんね。 ただ、原作とは違うらしいので、説得力あるのかが心配です。 最後に由紀が出てくれて、佐野一家が幸せであれば、見続けた甲斐があります。 長男が大きくなると誰なのか?なんてことが見たいてす。 心さんの心からの笑顔が見たいです。 原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉による人気の同名漫画。 二転三転し謎が謎を呼ぶ緻密なストーリーが多くのファンに支持されている本格ミステリーだ。 主演は竹内涼真。 殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う主人公・田村心(たむら・しん)を演じる。 また、心の父親・佐野文吾(さの・ぶんご)役には鈴木亮平、母親・佐野和子(さの・かずこ)役に榮倉奈々、心の妻・田村由紀(たむら・ゆき)役は上野樹里がすでに決定しているが、このたび、事件の真相の鍵を握る重要な役どころで、豪華なキャスト陣の出演が決定した。 平成元年にタイムスリップして父が逮捕された殺人事件の謎を追う心を怪しんで正体を暴こうとする辣腕刑事・金丸茂雄(かねまる・しげお)役にユースケ・サンタマリア、殺人事件のあった小学校の教員・木村さつき(きむら・さつき)役には麻生祐未が決定。 また、事件の行方を左右する村人役で芦名星と竜星涼が出演。 その他、怪しい村人役で笹野高史、六平直政、今野浩喜が出演する。 さらに、同じく村人役で昨年のM-1王者である霜降り明星・せいやのドラマ初出演も決定した。 そして、令和の時代で登場するミステリアスな役どころで安藤政信と貫地谷しほりが出演する。 二人が事件とどう関係してくるのかがミステリーの行方を左右していく。 人気の本格ミステリーに多彩で本格派のキャスト陣がどう真相に絡んでいくのかが見どころだ。 テセウスの船の出演者 田村 心…竹内涼真 佐野 和子…榮倉奈々 車椅子の男…安藤政信 田村 鈴…貫地谷しほり 佐々木 紀子…芦名 星 長谷川 翼…竜星 涼 田中 正志…せいや(霜降り明星) 徳本 卓也…今野浩喜 佐野 鈴…白鳥玉季 佐野 慎吾…番家天嵩 田村 由紀…上野樹里(特別出演) 金丸 茂雄…ユースケ・サンタマリア 石坂 秀夫…笹野高史 井沢 健次…六平直政 木村 さつき…麻生祐未 佐野 文吾…鈴木亮平 テセウスの船はDailymotion,Pandoraで見れる? ・・・たしかに、今までは YoutubeやDailymotion、miomioなどで違法に見ている人も多かったですが、 パソコンがウイルスに感染したり、 法律違反をするのはちょっと・・・という方も多かったと思います。 その点FODは心配ありせん! 安心・安全に動画視聴を楽しみましょう! この FOD フジテレビオンデマンド は 月額888円(税別)で登録出来ます。 コンテンツのダウンロードが可能!• 国内ドラマやバラエティに強い• コンサートやライブ系もありアツい Paraviのデメリット• 洋画や海外ドラマが少ない• 雑誌や漫画のサービスがない• 同時視聴できない 実際にParaviを使っているのですが、正直最高です。 Paraviがっていうか、TBSが制作するコンテンツが好きっていう感じですね。 今でしたらテセウスの船やダブルベッド、前でしたら凪のお暇、グランメゾン東京などを楽しんでいました。 まだまだ見たい作品があるので、当分Paraviは継続する予定です。 \1話から全話まで無料で見る/•

次の

テセウスの船ネタバレ結末!原作の最終回は心が死ぬ悲劇で終わる?

ドラマ テセウス の 船 ネタバレ 最終 回

「テセウスの船」のネタバレで結末がどうなるのか気になる方多いのでないでしょうか。 原作の最終回では心が死ぬ悲劇で終わるのは本当でしょうか? ドラマ「テセウスの船」では、主人公・田村心 竹内涼真 の父親 鈴木亮平 が平成元年に巻き起こした事件の真相を探り、父親の冤罪を晴らすことができるのかが気になるストーリーですよね。 そしてその冤罪を晴らす過程で心は犯人に命を狙われるようになります。 果たして心の命は助かるのか、死ぬのかどっちなんでしょうか。 最終回はどうなるのか、結末から知りたいという方に、「テセウスの船」の原作をネタバレしていきます。 「テセウスの船」の原作を読んだけど、どんな終わり方だったか忘れてしまった方、原作が気になるけど読む時間がない方など是非参考にして見て下さい。 テセウスの船の結末で心は死ぬ 父の冤罪を晴らすため過去に二度タイムスリップした心 竹内涼真。 二度目のタイムスリップで事件の犯人が加藤ミキオだと分かる。 みきおが文吾 鈴木亮平 を殺そうと襲い掛かってくる。 心は父を守ろうと身代わりになって刺されてしまう。 文吾は目を開けない心の元へ行き、「どこにも行くな」と泣き叫んだが心は目を開けることはなかった。 心はそのまま息を引き取ってしまった。 テセウスの船結末のその後 それから28年後、昔、家族みんなで埋めたタイムカプセルを探しに行く文吾。 心は当時家系図を書いており、そこには由紀と結婚して子供が誕生する未来が描かれていた。 28年前に起こした事件の本当の犯人だったミキオは、3人を殺した殺人鬼として騒がれ、東京に暮らしている。 心は教員になっており、同じ場所で働いている女性と仲が良いようだ。 ある日文吾の元に心は、仲の良い女性を紹介しにきた。 その女性は、由紀だった。 タイムスリップで過去が変わることなく心と由紀が結ばれていて感動した文吾だった。 タイムスリップした心は死んでしまいますが、心がタイムスリップした世界で生まれる心は父が冤罪で犯人されることもなく、由紀と結ばれるというラストになりました。 これは少し賛否両論ある終わり方かもしれません。 父の冤罪を晴らした心は死に、新たに生まれた心は幸せに生きた。 ドラマではタイムスリップする心が生きる世界で由紀は心の帰りを待っています。 2つの時間軸が混じりあって進むストーリーなので感情移入を誰にするかによって結末への感情が変わります。 ずっと心目線で進んできたストーリーが最後父である文吾目線になることは面白い点ですね。 心の家族 心 竹内涼真 の父親、文吾 鈴木亮平 は北海道の音臼村で警官として働いていた。 しかし、今は、無差別殺人を犯した犯人として、死刑を控えている。 心は一番下の弟のため、殺人者になったときは、一番下の息子、心はまだ生まれておらず、母親の和子 榮倉奈々 のお腹の中にいた。 和子は心の病気になり元気がなく、子供たちもみんなから鋭い目を向けられながら育ってきたのだ。 由紀は過去を全て受け入れてくれて、結婚が決まり、幸せいっぱいだった。 子供も産まれ、これから幸せな家庭を築いていこうと思っていたが、子供を産んだときに由紀 上野樹里 は亡くなってしまう。 文吾が殺人を犯したと知っている由紀の両親は、生まれた子供を渡さないと言い出したのだ。 心は子供と一緒に暮らしていきたいと強く思い、このままでは子供と離れて暮らさなくてはいけなくなると怖くなった心は、由紀に文吾を信じてほしいと言われた言葉を思い出した。 由紀は、とても優しい心の父親が、人殺しをする訳がないと信じてくれていたのだ。 もし犯人ではなかったら、子供と暮らせると感じた心は、文吾について調査していた由紀のノートを持ち、北海道へ行って、真相を見つけることに決める。 村に行くと、心は霧に覆われ、事件が起きる前の過去に戻った。 過去に戻る心 女の子が雪に埋もれていたので、病院へ連れて行く。 その女の子は、姉の鈴だった。 現在の鈴は、頬に雪のせいでできたアザが残っているが、心が見つけたのが早かったため、アザが軽くなったのだ。 そのため、歴史は変えられると感じることができた。 鈴を救ってくれたため、文吾にありがとうと言われて手を差し伸べられたが、心は文吾が憎き犯罪者だと思っているため、握手はしなかったのだ。 由紀が描いたノートには村で起きたさまざまな事件が記されている。 小学校の生徒、三島千夏が農薬を飲んで亡くなると書かれていたため、現場となる場所へ行き農薬を捨てたが千夏を救うことはできなかった。 由紀が書いたノートに書かれてある事件を防ぐため、雪崩で亡くなると書かれた木村敏行の元へ行き、危ないと伝えるが心の言うことを聞かず出て行く敏行。 雪崩に巻き込まれるが、間一髪で無事に助かり、敏行は心のことをミステリアスな人物だと感じる。 疑われてしまう 心は、救うために農薬を捨てた姿を見た人物が文吾に知らせた。 千夏を殺したと疑い、刑事の金丸に引き渡そうとしたが、敏行を助けたと知り疑うのを辞める。 心と文吾は二人で話し合い、まだ生まれていない心の名前を、正義にしようと思っていると聞く。 殺人を犯すわけがないと思い、自分が未来から来たことを伝える。 村で働くことになる 心は、小学校で教員として働くことになった。 ほとんどの生徒の名前が分かる理由は、事件で青酸カリが入ったジュースを飲んで亡くなった生徒と、教員の木村サツキの姿があったからだ。 事件では21人もの人が殺されている。 恐ろしいイラストが出てくる 由紀のノートに、田中が亡くなると書かれてあったため、文吾に相談し、見に行くことになった。 田中を説得し病院に行くように伝えると、田中の部屋で子供たちが書いた紙に、人間が二人立ち、一人が黒く塗られている怪し気な絵を見つける。 田中が亡くなると思われた日に、文吾と心が見張っていると、和子から鈴が帰ってこないと連絡が来たため、探しに行くことになった。 さらにもう一人行方不明になり、三島明音は長谷川翼に監禁されている。 鈴は帰ってきたため、安心した。 田中も生きていたため、過去が変わったと感じたのだ。 しかし、明音はなかなか見つからず、探している。 長谷川が怪しいと思い、自宅に行くと佐々木紀子が部屋から出てきた。 由紀が書いたノートを見ると、佐々木は明音が行方不明になった事情の聴き取りを受け、その後青酸カリを飲んで自殺したことが分かる。 事件も同じ青酸カリだったため、村のどこかに青酸カリがあると思った心だった。 佐々木がメッキ工場で働いていることを知り、青酸カリがなくなったことも分かる。 しかし、調査していた心が怪しまれ、逮捕されてしまったため、ばれないように由紀のノートを捨てた。 明音と長谷川が亡くなっているのが分かり、心は無実で出ることができたのだ。 その後、文吾にこれから村で怒る事件を教えてほしいと言われ全てを話した。 文吾が犯人にされていることやこれから生まれてくる実の息子ということも話す。 しかし、殺人者と言われたのが気に食わず、心を追い出した。 殺人なんて犯すわけがないのに、殺人者になっていると聞いて納得できなかったのだ。 現在に戻る 再び霧に覆われてしまい、現在に帰ってきた。 ネットで調査してみると、事件が少し変わっている。 さらに、心の母親の和子と、兄の慎吾は一家心中をして亡くなっていたのだ。 心は由紀が気になり、実家に行くと由紀も無事だった。 しかし、結婚しておらず、心を知らない様子だ。 文吾も変わらず、過去を変えることはまだできていない。 会いに行くと、金丸が高い場所から落ちて亡くなり、明音の事件も解明していないと聞く。 佐々木は当時、亡くなっていたが、無事だ。 再審請求で、青酸カリを持ち出したのは自分だ、と言ってくれることが決まり、救われる可能性も見えてきた 車いすの男性の正体は? 鈴は、顔を変えて、藍と名乗っていた。 藍(鈴)は車いすの男性、ミキオと生活している。 心はミキオをどこかで見たことがあると感じた。 心が教員として働いていたときの生徒、加藤ミキオだと分かり、びっくりしている。 教師のサツキがミキオの親戚だったため、引き取られて苗字がかわり、木村ミキオになったことを知った。 サツキも過去が代わり、助かっている。 事件の被害者で、身体が不自由になったという。 ミキオは藍の本性を知らない。 しかし、サツキは鈴だと分かっており、文吾の無実を話そうとしている佐々木を黙らせなければ、ミキオに全てを話すと脅してきた。 二人は佐々木に会いに行き、何を知っているのか問い詰める。 工場から青酸カリを持ってくるように頼まれ、渡したことを話す。 さらに、明音が亡くなり、殺すなんて聞いてなかったといい、分からない場所に隠してくると慌てて出て行ったことを話した。 真犯人に脅されて明音を閉じ込めるように言われていたのだ。 金丸と話しているときに、突き飛ばして殺した様子も見ていたことも伝える。 金丸は真犯人が分かり、その人物と話していたが殺されてしまったのだ。 その様子を見ていた佐々木だったが、真犯人の顔は見えず、怖くて逃げ出してしまったという。 佐々木は今まで何を言っても信じてもらえないと思って何も言わずに生きてきたが、医者から余命宣告されたため、全てを話そうと思ったと伝える。 真犯人が誰か分かるといい、写真を取りに行くと、サツキは飲み物に青酸カリを入れるよう言ってきた。 文吾が疑われたのは、青酸カリが自宅に置いてあったからだ。 事件後、珍しく自宅にきたことを思い出し、犯人なのかと思い問いただす。 自分ではないといい、真犯人の名前を教える。 名前を聞いてその場から立ち去った藍(鈴)は、妊娠しているため破水して倒れてしまった。 藍(鈴)は医者に子供を産まないといって泣いている。 サツキは佐々木が持ってきた写真を見てやはりといい、佐々木を殺して去って行った。 犯人は誰? 真犯人の名前を心に話し、明日の慰霊祭でまた同じ事件が起きることを伝える。 慰霊祭へ向かい、きたのはミキオだった。 過去に戻る方法を教えてほしいと言ってきたが、分からないと答える。 過去に戻れると知っているのは、由紀のノートを拾ったからだった。 心は自首するように伝えると、突然刺して、警察が来たため逃げて行く。 突然霧に覆われ、過去に戻る。 再び過去へ 心は文吾に会い、全てが分かったため、全ての事件を起こした犯人は、サツキとミキオというと、文吾はびっくりしている。 ミキオに話しを聞きに行くが、加藤信也という叔父と出て行ったという。 和子の元に、信也が尋ねて来て、お腹にいる子供がいつ生まれるのかなど、変な質問ばかりしてくるため、信也を不信に思った。 信也はナイフを手に持っており、刺すつもりだったが、鈴が出て来たため逃げて行った。 話しを聞いて家族が危ないと思い、明日親戚の家に行くように伝える。 和子と子供達は親戚の家に向かう途中、何者かが目の前に現れた。 心と文吾は信也を探しているがなかなか見つからない。 明日、事件が起きる日のため、お泊り会を中止するように校長に伝えるが話を聞いてくれず、文吾が厳重に警備を行うことにした。 三島姉妹の事件の真相 ミキオが人生の良い思い出を信也に聞くと、人を殺したときだという。 一緒だと言ってお互い納得し合っていた。 信也は、未来からやってきたミキオで、同一人物だったのだ。 ミキオは、明音が鈴に悲しい思いをさせたことが許せず、妹の千夏を殺すことを企んだという。 さらに、長谷川に明音を監禁させ、殺した。 事件当日 事件の当日、文吾はやってきた生徒や保護者に、飲み物は水道水以外飲んではいけないと説明し、厳重に荷物の検査も行う。 そんな中、夕食時になり、ミキオが不信な飲み物を渡そうとしている姿を見つける。 文吾はミキオが犯人だと心から聞いていたため、生徒達に飲まないように伝えた。 ミキオは毒が入っているとでも思ってるのかと言い出し、渡そうとしていた飲み物を飲み干して倒れたのだ。 しかし、突然起き上がって笑い出し、毒じゃないと言い高笑いしている。 そこへ佐々木が慎吾をおんぶしてやって来た。 和子と鈴が知らない男性に連れて行かれたと言ったため、慌てる文吾。 校長に、お泊り会の中止を文吾が伝えるとやっと受け入れてくれた。 小屋に和子と鈴がいることが分かり、心が向かうと小屋の中からミキオの声が聞こえてくる。 なぜいるのか戸惑っていると後ろから襲われて心は倒れてしまう。 心が目を覚ますと、手は拘束されており、ミキオの声は録音されていた声だったことが分かる。 そこで、大人のミキオがいるため、なぜいるのか戸惑う。 しかも車いすではなく、普通に歩いているのだ。 ミキオは心と一緒にタイムスリップしてきたことを知った。 事件の真相 ミキオは、転校してきた鈴のことが好きになり、独り占めしたいと思うようになったという。 しかし、鈴は好きな人はいない、父親のように正義感のある人が好きだというと、ミキオは鈴に、父親は正義感がない、現に千夏の事件も解決していないと言ってしまい、鈴は悲しんだ。 鈴のことが大好きなミキオは、鈴に寂しい思いをさせた明音を殺し、文吾を殺人者にしようと考えた。 ミキオは事件を起こし、わざと青酸カリを舐めて疑われないようにしたのだ。 大人になってからも鈴が好きなミキオは鈴を探して藍(鈴)という名前で別人として暮らしていることを知り、近づいてやっと自分のものにした。 しかし鈴を自分のものにしたが、大好きだった鈴は自分のせいで性格が変わってしまったと分かり、ミキオは慰霊祭でみんなを殺して自分も死のうと考えた。 過去にやってきたミキオは、自分自身に事件を起こさないように伝える。 そして同じく過去からやってきた心と心から話しを聞いて全てを知っている文吾、さらに心が産まれないように和子を殺す計画を立てる。 しかし、鈴が現れたため、目の前で母親を殺したら鈴がまた悲しんで変わってしまうと思い、姿を消したのだ。 和子と鈴を誘拐し閉じ込め、それをミキオが助けて正義のヒーローにさせよう、信也は遺書を書いて死ぬ計画を立てた。 心を山小屋に閉じ込め火を放って去って行った。 そして鈴が閉じ込められていた場所へ行き助けた後、全ては信也のせいだと伝える。 文吾は不信に思い、和子を助けると心がいる山小屋へ向かった。 信也はそのあとをつけ文吾にナイフで襲い掛かる。 そのとき山小屋から逃げ出した心が文吾を守り、代わりに心が刺されてしまう。 刺された心は最後の力を振り絞って、ミキオに手錠をかけ、子供の頃に犯した、事件の真相を述べたテープを出し、もう逃げられないといって倒れた。 ミキオはまた文吾に襲いかかるが、文吾が発砲し、倒れた。 タイムスリップしてきた心は死んでしまったのでした。 「テセウスの船」の原作者は、東元俊哉さんです。 漫画が原作となっており、2017年から2019年まで講談社の漫画雑誌モーニングで連載されていました。 漫画本を読んでみたくなった方も多いのではないでしょうか? 全10巻あるので、気になった方はぜひ読んでみてはいかがでしょう。 ドラマを見る前に原作を読んでおさらいして、ドラマを楽しむのもいいですね。 スポンサーリンク テセウスの船・ドラマの最終回は原作と同じ? 竹内涼真が日曜劇場『テセウスの船』初主演! 泣ける本格ミステリー!2020年1月スタート! 父親は殺人犯!? 事件直前にタイムスリップした息子が 父の無実を信じて立ち上がる! 時代を超えた父と子の絆の奇跡! この謎に、涙する。 ドラマにも車いすの男性が登場し、名前はまだ分からない状態なので、車いすの男性が犯人という結末は一緒ではないかと予想しています。 鈴は車いすの男性にたくさん悲しませられてきたので、悲しまない結末を望みたいですね。 幸せに暮らす佐野家を見たいので、みんなが楽しく笑っているラストを期待しています。

次の

テセウスの船ドラマ最終回ネタバレ!あらすじ結末を原作漫画から考察予想!

ドラマ テセウス の 船 ネタバレ 最終 回

スポンサーリンク テセウスの船最犯人を考察!あざ鈴が犯人でみきおが共犯? まず 原作漫画とドラマの犯人は違うと言う事なので、オリジナルストーリーとして犯人や結末を予想していこうと思います! ただ、 原作漫画とまるっきり違うって事もないと思うので絡めつつの考察です.. (心が過去に戻る前の時間軸) 犯人はずばり 子供の鈴! では理由をどうぞ!! 鈴は元々階段から落ちて雪に埋もれたときにほっぺにできた大きなあざがありまたよね。 (2回目の過去では心に早々に発見されるのでほっぺにあざは残りませんが。 ) そのあざのせいで友達にいじめられていました。 だんだん我慢の限界になり、悲しみが憎しみに変わったころに唯一自分をバカにせず守ってくれた加藤みきおに相談を持ち掛けます。 (みきおは鈴の事が好き) そこで 音臼小事件の計画が立てられることになります。 みきおは残虐的な思考の持ち主で青酸カリを飲んだらどうなるか知っていましたが、鈴は詳しくわからないままオレンジジュースの中に入れてみんなを少し苦しめてやろうと行動を起こしてしまい、あの事件が起きます。 つまり 主犯格はみきおで実行犯が鈴と言うことになりますね。 鈴はこんなつもりじゃなかったと驚きますが時すでに遅し。 言い出せないまま父親の佐野文吾が逮捕されることになります。 証拠の青酸カリの瓶を駐在所に隠したのは鈴! 佐野文吾が鈴が犯人と知って身代わりになった可能性も考えましたが、それなら無罪を主張するのはおかしいのでそれはないと思っています。 鈴が青酸カリのビンを駐在所に隠したが為に文吾が犯人にされてしまいました。 これもみきおの指示だったと思います。 みきおは最初から文吾を犯人に仕立て上げるつもりだったんですね。 これが1回目の音臼小事件(オレンジジュース)の真相です。 1話の冒頭でアザ鈴が車椅子に乗ったみきおを押しているシーンがありました。 心が過去を変える前も鈴とみきおは結婚する運命だったと言う事ですね。 でも、表情から鈴は最初の未来でもみきおを好きになって結婚したわけではなさそうですから、罪悪感や秘密を守るために一緒にいる感じだと思います。 テセウスの船の第一話の冒頭で、鈴が車椅子を押してたのも、音臼小事件の被害者で同級生の旦那だった 過去が変わる前も後も同じ相手と結婚する未来を歩んだってことかな? — もも uCCjSNUinFmCW7b 大人になったアザ鈴もタイムスリップしていた! そして心が初めて行った過去。 つまり2回目の過去には 心だけでなくアザ鈴もタイムスリップしていた可能性はないでしょうか? 音臼小事件を起こしてしまって後悔している鈴はタイムスリップしたことをきっかけに子供鈴とみきおを止めようとします。 でも、心のノートを手にしてすべてを知ったみきおに脅されて今度は 大人のアザ鈴が2回目の音臼小事件を起こします。 (はっと汁) 2回目の未来の無理心中で鈴だけ生き残った理由とは? 2回も自分の手で音臼小事件を起こしてしまった大人アザ鈴は 母親(和子)と兄(慎吾)を手に掛けて、自分も命を絶ちます。 (無理心中とされていた真相) ただ、過去の子供のアザなし鈴を手に掛けることはできずにアザなし鈴だけ生き残ります。 (心は産まれたばかりで病院に入院中で無事だった?) アザなし鈴は完全にただの被害者・アザあり鈴は加害者。。。 複雑です。 でも村人全員が怪しい気もしますよね~! テセウスの船最終回結末ネタバレ予想!結局心や音臼小事件はどうなる? 犯人はアザ鈴だったとして、心はどうなるのか予想していきます。 この辺は多分原作漫画通りにいくのではないでしょうか? 音臼小事件は無事に止めることに成功! 再び過去に戻ることができた心は3回目の音臼小事件はなんとか止めることに成功します。 これで父親の佐野文吾が犯人として捕まる未来もなくなりました! とりあえずそれに関しては、よかった! 大人の心は亡くなり産まれた心は幸せになる! ただ、未来から来た心は音臼小事件を止める段階で犯人。。。 というか共犯者のみきおに刺されて亡くなってしまいます。 未来の心は亡くなる運命! 未来の形は同じでも過去がまるまる変わってしまったこの未来は果たして心の本当の幸せと言えるのか。。。 奥が深い! 面白い! テセウスの船犯人結末予想!ツイッターの考察は? 私は鈴を犯人と予想して原作漫画を交えつつ、 ちょっと無理があるような、結局根本の犯人は変わっていないような考察となってしまいましたが 笑 みなさんの考察を見て参考にしてくださいw テセウスの船がマイブーム 犯人はコイツと予想、、 貫地谷しほりのことも整形で顔を変えてること既に知ってるけど敢えて知らないフリしてそう — ぴぃり pirimiricyun やっぱこれでさつき先生犯人は単純すぎだよなあ、誰かを庇ってる説あるかもしれない。 そのままなんじゃね!?とか思っちゃう。 — ユッキー 8qaDo 原作と犯人違うからあの人は犯人じゃないんだろうけど、何も関わってないとは思わないな。 てかあの絵とか中二っぽい文章とかいい年した大人が描いてたらちょっと嫌だし、複数が関わってて主犯が原作とは別とかかな。 "この「謎」に、涙する"ってことは娘の犯罪を父がかばっているって展開?でも、無罪を主張し続けるところが謎。 みきおも共犯だと思う。 さつき先生はただの怖い人。 明日が楽しみ。 — 3mi xiaolongmama 大人鈴も子供鈴も犯人はないと思います。 特に大人鈴はまず白。 例え整形した別人ならば破れた佐野家の思い出写真を持ってる訳がない。 あの切ない表情すら監視カメラの録画で見るさつきに見せつけるための演技なら仰天しますが。 — くるたじん テセウスの船考察資料館 kurutajin テセウスの船 犯人まだ出てない説 あると思います。 — のりー yatsuiman みんな怪しいですが。。。

次の