リメンバーミー 声優。 「リメンバー・ミー」主人公の声・石橋陽彩(いしばしひいろ)Wiki!家族や手術の過去も

【映画】リメンバーミーのミゲルの家族構成(相関図)紹介!声優についても

リメンバーミー 声優

」で本編ノーカット、地上波初放送される。 本作の吹き替え版の声優を務めたキャストを振り返る。 本作は、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが主人公。 音楽と共にミゲルが成長するさまが丁寧に描かれ、第90回アカデミー賞の長編アニメ映画賞・歌曲賞の2部門で受賞した。 [PR] ミゲル役を務めたのは、当時13歳にして数々のテレビ番組で美声を披露してきた。 本編では、数々の楽曲を伸びやかに歌い上げている。 石橋は、昨年公開されたアニメーション映画『』でも声優を担当した。 ほか、エルネスト・デラクルス役に、ミゲルのおばあちゃん役に、パパ・フリオ役に、オスカル/フェリペ役に、事務官役に、広場のマリアッチ/グスタヴォ役に、ママ・ココ役にと実力派が名を連ねる。 また、本編には女性画家フリーダ・カーロも登場。 フリーダの声はが担った。 なお、渡辺は3月6日公開の『』でゲスト声優に決定している。 (編集部・梅山富美子).

次の

【リメンバーミー声優一覧】日本語・英語の歌の吹き替えを画像付きで!

リメンバーミー 声優

音楽が禁止な家庭で育っているのですが、実は音楽の才能を持っています。 そんな役柄なのでもちろん歌を歌うシーンもあり、歌唱力が必要となってくるのですが…そのミゲル役を演じたのが当時13歳の 石橋陽彩くん! 皆さん! もう2019年が終わりますね〜 いや〜今年も色々とありましたね! ワンマンライブがあって、ファンクラブイベントもあって。 僕の中でものすごく濃い一年でした。 来年はもっとも〜っと濃い一年にして、精一杯頑張りたいと思いますっ! 2020年も石橋陽彩をよろしくお願い致します。 死者の国でミゲルが出会う骸骨です。 ミゲルとともに成長していく魅力的なキャラクター。 そんなヘクターを演じているのは 藤木直人さんです。 soichiro がシェアした投稿 — 2019年12月月6日午前12時17分PST 俳優を中心にナレーションや歌手、トーク番組のレギュラーなど幅広く活動されている藤木さんですが、実は 映画の日本語吹き替えは初めてなんだとか。 あまりの感動で思わず生クルスやってしまった! エルネスト・デラクルスも皆さんに愛されるキャラになったら最高です — 橋本さとし 3104shHoney 劇団に所属したあと、映画やドラマ、歌手などで活躍されています。 声優としての過去作品だと「トランスフォーマーカーロボット」の日本語吹き替えでファイヤーコンボイ役を担当していたようです。 — ディズニー公式 disneyjp ミゲルの祖母エレナ。 イメルダの孫であり、ママココの娘です。 イメルダの意志を引き継いで音楽禁止を厳守する人物でもあります。 そんなエレナを演じるのは劇団所属の 磯辺万沙子さん。 キャプテン翼JなどのアニメやER緊急救命室の吹き替えなどでも活躍している声優です。 磯辺万沙子がお世話になりました「DOUBLE DECKER! 婿養子なので義母のイメルダには頭が上がらない様子。 映画「シュガー・ラッシュ」キャンディ大王役、「アナと雪の女王」のウェーゼルトン公爵役、「トイ・ストーリー」リトル・グリーン・メン役など数々のディズニー映画の日本語吹き替えを担当しています。 その画家をモデルにしたキャラクターを今回のリメンバーミーにも登場させていて、死者の国で芸術家としての日々を送っている様子が描かれています。 — ちっひー 介護士 kerokaigo628 ママ・ココはミゲルの曽祖母でありエレナの母親です。 そしてヘクターの娘でもあり、死者の世界でのヘクターの今後を左右する鍵となる人物です。 100歳近いこともあって認知症なのですが…。 そんなママココを演じるのは女優と声優で活躍するベテラン、 大方斐紗子さんです。 ピクサー作品の常連でもある声優です。 そこで同じく出演した「ロス・チャチャラコス」というバンドの女性メンバーの声優を担当したのはシシドカフカさん。 ジャパンプレミア 無事に終えて参りました 初めて皆さんとステージへ 安心感が凄い。 何よりとても楽しかった! 御一緒出来たことに感謝です。 ロス・チャチャラコス男性メンバー:茂木欣一 東京スカパラダイスオーケストラ シシドカフカさんとともにロス・チャチャラコスのメンバーとして声優を担当したのは、東京スカパラダイスオーケストラの 茂木欽一さんです。 セリフは少ないですが、 声優初挑戦とのことなので注目してみてください!.

次の

リメンバー・ミーの声優一覧!日本語の吹き替え担当は誰?|Aomameブログ

リメンバーミー 声優

CONTENTS• All Rights Reserved. 監督を務めるのはアカデミー賞受賞作『トイ・ストーリー3』(2010)のリー・アンクリッチ。 名曲『リメンバー・ミー』を生み出しのは『アナと雪の女王』(2014)で『レット・イット・ゴー』を手掛けたロペス夫妻。 日本語主題歌はメキシコ出身のシシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラによる奇跡のコラボが披露されます。 ディズニー/ピクサーの魅力がたっぷり詰まった新たなる金字塔が誕生! 2. All Rights Reserved. 1967年8月8日生まれ、アメリカオハイオ州出身。 携わった主な過去作は、『トイ・ストーリー2』 1999年/共同監督・編集・声の出演 ・『モンスターズ・インク』(2001年/共同監督・編集・声の出演)・『ファインディング・ニモ』(2003年/共同監督・編集)・『トイ・ストーリー3』(2010年/監督・声の出演)など、ピクサーを黎明期から支えています。 2009年の第66回ヴェネツィア国際映画祭にて、アニメ映画への多大な貢献を評価され栄誉金獅子賞を受賞。 脚本と共同監督を担当したエイドリアン・モリーナと共に、 「死」をテーマにした意欲作に挑みます。 All Rights Reserved. アンソニー・ゴンサレス(ミゲル役) 2005年3月15日生まれ。 TVシリーズの『THE BRIDGE/ブリッジ』(2011-2015)や『クリミナル・マインド 国際捜査班2』(2017年)などに端役として出演。 俳優としての活動はまだほとんどない新人がオーディションによって大役を掴み取りました。 本作では 12歳のギターの天才少年ミゲルを演じます。 日本語吹き替えは歌うまキッズとして注目を集める 石橋陽彩が演じます。 ガエル・ガルシア・ベルナル(ヘクター役) 1978年11月30日生まれ、メキシコ・ハリスコ州出身。 19歳の時から3年間、イギリス・ロンドンの名門セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで演技を学び、在学中に『アモーレス・ペロス』(2000年/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)で長編映画に初出演。 同作品でアリエル賞男優賞を受賞、以降メキシコをはじめとするスペイン語圏映画に多数出演している売れっ子。 主な出演作は『天国の口、終りの楽園。 』(2001/アルフォンソ・キュアロン監督)、『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2004/ウォルター・サレス監督)、『バベル』(2007/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)、『NO』(2012/パブロ・ラライン監督)など。 非常に端正な顔立ちのため、女性ファンが多い俳優です。 本作では 陽気だけど孤独なガイコツのヘクターを演じます。 日本語吹き替えは俳優の 藤木直人が演じます。 ベンジャミン・ブラット(エルネスト・デラクルス役) 1963年12月16日生まれ、アメリカ・カリフォルニア州出身。 過去には『くもりときどきミートボール』(2009/フィル・ロード&クリストファー・ミラー監督)、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)などに参加しているため、アニメの声優経験は豊富。 本作では 伝説のミュージシャンであるエルネスト・デラクルスを演じます。 アランナ・ウバック(イメルダ役) 1975年10月3日生まれ、アメリカ・カリフォルニア州出身。 幼い頃から子役として活動し、『天使にラブ・ソングを2』(1994年)、『勇気あるもの』(1995年)などに出演。 映画やテレビドラマのほか、テレビアニメやアニメ映画で声優としての活動も多く、TVアニメ『ティーモ・シュプリーモ』(2002-2004)や『ランゴ』(2011/ゴア・ヴァビンスキー監督)などに参加しています。 本作では ミゲルのひいひいおばあちゃんイメルダを演じます。 日本語吹き替えは女優の 松雪泰子が演じます。 レニー・ビクター(エレナ役) 1953年6月15日生まれ、アメリカ・テキサス州出身。 俳優業だけでなく、歌・ダンスの振り付け・通訳・テレビ番組の司会など、幅広い分野で活躍しています。 主な出演作はTVシリーズ『Weeds ママの秘密』(2005-2012)や『お買いもの中毒な私!』(2009)に『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』(2014)など。 本作では ミゲルのおばあちゃんエレナを演じます。 アナ・オフェリア・ムルギア(ココ役) 1933年12月8日生まれ、メキシコ・メキシコシティ出身。 80歳を超える大ベテランの女優です。 代表作は『愛しのトム・ミックス』(1992)、『Escrito en el cuerpo de la noche(原題)』(2001)など。 本作では ミゲルのひいおばあちゃんココを演じます。 日本語吹き替えは女優の 大方斐紗子が演じます。 ナタリア・コルドバ=バックリー(フリーダ・カーロ役) 1982年11月25日生まれ、メキシコ・メキシコシティ出身。 主な出演作は、TVシリーズの『ベイツ・モーテル』(2013-2017)や『エージェント・オブ・シールド』(2013〜)、『マクファーランド 栄光への疾走』(2015)など。 本作では 独創的な画家フリーダ・カーロを演じます。 日本語吹き替えは芸人の 渡辺直美が演じます。 All Rights Reserved. ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。 しかし、ミゲルは厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていました。 ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。 彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間。 そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。 しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまいます。 唯一の頼りは、家族に会いたいと願う陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。 彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていました。 不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こします。 All Rights Reserved. 映画の中で「死」を扱うというのはとても難しく、ただの絵に生命を宿すアニメーションでは従来避けられてきたテーマです。 ましてやディズニー/ピクサーは世界中の親子が楽しみにしている作品。 しかし、 難しいテーマにあえて挑戦し続ける、その姿勢が多くの映画ファンを虜にしているのも事実です。 今思えば『トイ・ストーリー3』にも明らかに おもちゃの死を示唆した恐怖のシーンがありました。 人から忘れ去られること、そのテーマは本作にも通じています。 最近の作品のクオリティコントロールはマーベルと肩を並べる程なので個人的には全く心配していません。 アカデミー長編アニメ映画賞も間違いなく受賞することでしょう。 成功を続けることでその名を世界中に轟かすディズニー/ピクサーの新たな傑作の誕生を目にするのが今から楽しみです。

次の