チョコレートパフェの作り方。 簡単チョコレートソースの作り方。牛乳と板チョコでできるレシピ。

主婦わざ

チョコレートパフェの作り方

パフェを盛り付ける順番はコツがある?自宅のグラスやコップで簡単! 果物と生クリーム、 そしてアイスが美しく盛られた 憧れのスイーツといえば パフェ。 そんなパフェは、 喫茶店のご馳走の一つでしたが、 自宅でも簡単に作ることができます。 というか、 材料さえあれば、 盛るだけ。 こういうととっても簡単そうですが、 盛るにもコツがあります。 自己流で盛るのも楽しいですが、 頭のすみにでもコツを覚えておくと 出来栄えがアップするかも! そんなパフェの盛り付け方を ご紹介します。 スポンサーリンク パフェを盛り付ける順番はコツがある?自宅のグラスやコップで簡単! その1:パフェに使う材料 パフェといえば、 フルーツパフェにチョコパフェと いろんな種類のパフェがあります。 そんなパフェを作るのに ベースとなる材料といえば・・・ ホイップ(生クリーム) バニラアイス、 ヨーグルトクリーム コーンフレーク。 これをベースに、 フルーツやチョコ、プリンなどで 最後の仕上げをします。 でも、忘れてならないのが、 フルーツソース(ジャム)。 フルーツソースは、 パフェの一番底に入れるもので、 ジャムでもOK。 ジャムには、 いちごジャムにブルーベリージャム、 アプリコットジャムにキウイジャムなど、 フルーツを使った いろんなジャムがあります。 このジャムが パフェの味のベースになります。 好みのジャムを選ぶのもよし、 飾るフルーツに合わせるもよし。 自分の作るパフェに合うものを 選びましょう。 ただし、 例えばチョコレートパフェで チョコレート味を ガッツリ楽しみたいなど、 作りたいパフェが、 ジャムの味が邪魔になるようなら、 必要ありません。 パフェを盛り付ける順番はコツがある?自宅のグラスやコップで簡単! その2:パフェの盛り付けのコツは色にあり パフェは美味しさだけでなく 見た目の華やかさも楽しみの一つ。 だから、 パフェの配色にこだわりたいですね。 ベースとなる材料のうち、 ホイップクリームや、 ヨーグルトクリーム、 バニラアイスは白色。 抹茶パフェや アイスがバニラ以外だと 違った色になりますが。 ベースが白色なら、 いちごの赤といった、 フルーツやチョコの色は 鮮やかに表現することができます。 だから、白色をうまく使うなら、 白色のバニラアイスと フルーツソースや、 白色のホイップと 鮮やかな色の果物というように、 白とその他の色を交互に重ねます。 そうすることで、 差し色のように、 白以外の色が美しく見えますね。 なお、抹茶パフェなど ベースの色が白でない場合も、 抹茶パフェなら抹茶色のように ベースの色を決めて、 交互に重ねていくといいですね。 ただし、抹茶色など色によっては 白色と違って色にインパクトが ある場合があります。 その場合は、 抹茶色に合うフルーツや、 白色の白玉を重ねるなど、 合わせるものを選ぶのに 頭を使って 一捻りしたいですね。 パフェを色を考えて、 ベースの素材と交互に重ねることで きれい&美味しそうに 見えるはず。 だから、パフェの層を魅せるには、 パフェを入れるものは、 透明で細長いのがおすすめ。 お店で見かけるパフェも、 透明なガラスの器で、 底が小さく、上で広がっている 独特で細長い形ですから。 でも、パフェの入れ物を 持っていない場合が多いですね。 そんなときは、 ガラスのコップで、 できるだけ細長のものがおすすめ。 そして、パフェを作るときに 層の見え方に注意しながら、 材料を順番に入れていきましょう。 パフェを盛り付ける順番はコツがある?自宅のグラスやコップで簡単! その4:パフェを盛り付ける順番 これまでご紹介した パフェを盛り付けるコツを踏まえて、 パフェを盛り付けていきます。 作るパフェは フルーツパフェ。 まずは、できるだけ 透明で細長いグラスを用意します。 そして、グラスの底に、 好みのジャムを入れます。 その上には、 コーンフレーク。 コーンフレークが嫌なら、 ヨーグルトクリームがおすすめ。 ホイップした生クリームに 水切りしたヨーグルトを入れて 作ります。 もちろん、 コーンフレークの上に ヨーグルトクリームを重ねてもOK。 また、缶詰のフルーツカクテルを 使うのもおすすめです。 そのうえに、 バニラアイスを入れます。 バニラアイスの上に ホイップクリームを ソフトクリームのように 絞り袋で絞ります。 バランスによっては、 バニラアイスの周りにも ホイップクリームを絞ります。 そして、 バニラアイスの周りと とんがったホイップクリームに 果物を飾ります。 王道のいちごを 半分に切って並べたり、 缶詰の黄桃や白桃、 みかんを使うのも 美味しくて財布に優しいので ありですね。 このように果物を飾り、 最後にジャムをのばして作った フルーツソースをかけるのも きれいですね。 まとめると、 こんな感じになります。 (フルーツソース) + フルーツなどで飾り付け + ホイップクリーム + バニラアイス + コーンフレーク (ヨーグルトクリーム) + ジャム という層のパフェになります。 スポンサーリンク パフェを盛り付ける順番はコツがある?自宅のグラスやコップで簡単! その5:まとめ パフェを盛り付ける順番を ご紹介しました。 例としてフルーツパフェを 取り上げました。 しかし、自宅で作る醍醐味は、 自分の思うように作ること。 ひとことお伝えするなら、 ベースとなる素材の色を決めて、 それと交互になるように、 他の素材を入れていきましょう。 パフェは材料を用意すれば、 あとは、入れ物に 順番に入れていくだけなので、 簡単にできます。 パフェ作りを楽しみましょう。

次の

チョコレートアイスクリームパフェの作り方

チョコレートパフェの作り方

小学生でも作れる簡単パフェの作り方の法則 その前にパフェとサンデーとの違いは? 早速、パフェのお話・・・と思ったのですが、 パフェとサンデーとの違いってご存知ですか?。 「マジすか学園」でダルマが前田に同じ話をしていたので、 忘れてしまわないうちにこちらに記録させて頂きます。 ここはダルマ風に書きますね。 「敦ネェ~。 パフェとサンディとの違い・・・知ってますかぁ?。 パフェは細長い器に入ってて、 横に長い器に入っているのがダンディなんですよぉ~。 」 まぁ、嘘じゃ無いとは思いますが、 間違ってたら、苦情などは秋元先生に言ってください(笑)。 パフェ作りに必要な道具基本3点• パフェグラス• アイスクリームディッシャー• パフェスプーン・ソーダスプーン パフェ作りに必要な材料 チョコレートパフェ• アイスクリーム• コーンフレーク• ホイップクリーム• チョコレートソース• ウエハース• さくらんぼ フルーツパフェ 上記チョコレートパフェの材料に各種フルーツを追加します。 フルーツの種類は特に何でも良いです。 ヨーグルト• バナナ• パイナップル• オレンジ• りんご• みかん• キウイフルーツ などをご用意下さい。 自分で作るから意味がある!パフェの作り方 自分で作るのがパフェ作りの醍醐味です。 パフェを食べる時よりも、 自分のイメージした味を考えながら食材を積み重ねていく作業が至福の時なのですから。 【1】パフェグラスにコーンフレーク、アイスクリーム、コーンフレーク…の順番で重ねて行きます。 アイスの種類は同じものでも、違ったものでも結構です。 フルーツパフェの場合は途中で適当な果物を入れます。 【2】パフェグラスの広がった部分までコーンとアイスが入ったら、上部のデコレーションをします。 ホイップクリームをドバっとかけた後、チョコレートソースを降っても良いです。 また、丈夫に沢山のスイーツを乗せてからホイップクリームを乗せても美味しいです。 【3】気が済むまでデコレーションが乗せられたら完成です。 「パフェを思いっきり食べたい!!」という願望は、 男女問わず子どもの頃にあったのでは無いでしょうか?。 チョコレートパフェの食材は2,000円もあれば一式購入出来ます。 この食材は一回で使い切れません。 パフェ1個当たりのコストは200円以下となりますので経済的。 お風呂上がりのチョコレートパフェなんて如何でしょう?。 ただし全てのパフェは例外無く高カロリー。 ご自分の体の脂肪との兼ね合いも考えて食べましょう。 最後までご高覧頂きまして有難うございました。

次の

オーブンなしで作れる簡単チョコレートパフェの作り方/【パティシエ】プリン&ケーキ「Chocolate parfait 」recipe【Ralu&湯木優輝】【Teach me cooking】ep08|Ralu|note

チョコレートパフェの作り方

縦に高さが出るように意識する• グラスの1番下には、カサ増しになるものを配置 縦に高さが出るように意識する パフェというと、お皿のような平べったいものの上ではなく、パフェグラスに入って全体的に高さが出ています。 パフェグラスとは・・ 出典:アマゾン 実は上記グラスを真似して、この「高さの部分を少し意識する」だけで、一気にパフェの雰囲気が出ますよ。 ということで、 パフェに乗せるトッピングのお菓子も、ポッキーのような長いものを縦に刺してみると・・。 あら、不思議! パフェのような、それらしい雰囲気が出ます。 グラスの1番下には、カサ増しになるものを配置 こちらも上記の 「縦の高さを意識する」部分に共通します。 まず「グラスの下部分」にはアイスや生クリームなど、溶けてヘタってしまうものは通常入っていないですよね。 なぜかというと、作っているうちに溶けてしまうアイスなどでは、全体の高さを出し維持することが難しいからなんです。 そのため、 コーンフレークやスポンジなどをグラスの一番下にいれることで、縦に高さが出るカサ増しになります。 またアイスなどが溶けた際に、下にあるコーンフレークやスポンジに沁み込み、それも美味しいので一石二鳥。 食べたときの味のことも考えられているなんて、ひと言で「パフェ」といってもあなどれません! ただ普通のご家庭で「パフェグラスを何個も持っているよ」というところは、ほとんどないと思うんですよね。 そういったときのために、 家にあるものを代用するだけで、見た目もグッとパフェに近づけられるので、オススメです! それは、コレで代用できます! パフェの下に入れるコーンフレークやスポンジの代わりに、ホットケーキを簡単に焼いて入れませんか。 【関連記事】 コレを代用に使えば見た目も可愛くなります ジャーン!そうです! 「パフェグラス」の代わりに、「ワイングラス」を代用に使えば見た目も可愛くなりますよ! または、 普段使いしている「グラス」でも、十分かわいくなりますのでお試しください! 代用にワイングラスを使う利点 パフェグラスの代用に「グラスを使う利点」としては、お皿などに比べて何よりも縦に高さが出ること!なんです。 想像してみてもらうとわかりますが、平たいお皿だと「アイスやホイップの配置のバランス」も「ちょうどいいお皿の大きさの選択」も難しいですよね。 ですが 、縦に長いグラスでしたら「上からポンポンと入れていくだけ」でほとんど失敗がありません。 代用にワイングラスを使う注意点 ただ「ワイングラス」で代用にするのに、注意点もあります。 実際に子供と作り食べてみて、 「ワイングラス」は下の持ち手が長くて不安定ですから、倒してしまってグラスを割る危険性があり、お子様向きではないと実感。 しかも今回パフェを作って思ったのは、パフェ用の長いスプーンがあったらよかったなーと。 普通の長さのスプーンでも食べられたのですが、やはり長めで小さ目のスプーンだともっと食べやすかったはずです。 「ワイングラス」ではなく「普通のグラス」で作った方は、特にスプーンの長さは問題ありませんでした。 なので子供には、「普通タイプのグラス(背が低いグラス)」で作る方が安定しますし、さらに通常のスプーンで食べやすくなりますので「普通のグラス」をオススメします。 では、早速パフェを作ってみましょう! パフェ作りで用意したもの 【用意したもの】• アイス• チョコソース• ホイップ• コーンフレーク• トッピング用菓子• トッピング• みかん缶詰 今回は、子供が「チョコ系のパフェ」を食べたいとのことで、トッピング用のお菓子もチョコ系を用意しました。 チョコソース以外にもいろいろなソースがあるので、試してもいいですよね。 しかも「ホットケーキシロップ」もソースに使っておいしかったので、簡単に作ってみませんか! 【関連記事】 スポンサードリンク パフェの作り方 上記が「パフェ」の完成形です。 ワイングラスだと、グッと「パフェ」っぽくなると思いませんか。 しかもあまり量を入れなくても縦に高さが出るので、カロリーを抑えたい人にはオススメかもしれません。 ただ、ワイングラスの口が狭いので材料が入れづらい部分がありますので、その部分だけお気を付けください! では、作っていきましょう。 【1】グラスにコーンフレークを入れます。 【2】上からチョコレートソースをかけます。 【3】アイスを入れます。 今回は、大好きなバニラアイスをチョイス。 お好みで、チョコレートアイス、ストロベリーアイス、チョコチップなどを入れて下さいね! 【4】みかんを入れます。 グラスの外側から見えるように入れました。 コーンフレークの色と同化してしまったような・・。 スライスしたイチゴなどの赤い色の方が映えたかもと、思ったりしました。 【5】さらにコーンフレークをカサ増しで入れました。 【6】アイスを入れます。 【3】で入れたアイスと違う味のものを入れても、変化があるので楽しめますね。 (今回は同じバニラ) 【7】生クリームを周りに絞り出し、カラースプレーなどのトッピングをします。 チョコ系のお菓子も生クリームの上に乗せたり、刺したりして縦の高さを意識して乗せます。 【8】最後にチョコソースをかけて、完成です! アイス好きにはたまらない! 【関連記事】.

次の