抜け 駆け し て 申し訳 ありません。 記載漏れがあり、すいません。記載致しました。って英語でなんて言うの?

「謝罪メール」お詫びの書き方とビジネス例文!社内やお客様へ

抜け 駆け し て 申し訳 ありません

「空欄」や「空白」などは基本的に「blank」と呼びますので、 「記載漏れがあってすみません」・「空欄のままになってすみません」などは Sorry for the blank. で伝わります。 (漏れが複数発生した場合は「blanks」。 ) 「記載致しました」に関しては、 I filled it in. ですね。 I filled it in. Sorry about that. Fix it. (「ジョンソン!データに漏れがあるぞ。 」) B: Sorry for the empty cell, Mr. Warner. It's all good now. (「申し訳ありません、ウォーナーさん!空白となっていたセルを埋めました。

次の

「失念」の意味と使い方とは?類語「放念」との違いも解説

抜け 駆け し て 申し訳 ありません

「失念」の意味 まず「失念」の意味と言葉の成り立ち味を紹介しましょう。 「失念」の意味は「うっかり忘れる」 「失念」の意味は「うっかり物事を忘れること」「物忘れをすること」「度忘れをしてしまうこと」です。 「財布を家に忘れた」「カバンを置き忘れた」などの「忘れる」の意味ではありません。 「失念」は「本当はわっかっているのですが、うっかり頭から離れてしまいました」というようなニュアンスを持ち合わせている言葉であるため、「故意に忘れた」「意識にも残っていない」というような無関心で無礼な印象を与えることも少ないでしょう。 「失念」は自分の「うっかり」に対し、相手に丁寧な印象を与えながら伝えることができるとても便利な言葉です。 「失念」の成り立ち 「失念」の「失」は「忘恩」「忘我」「忘却」「健忘」などの言葉にも使われ、「記憶がなくなる」、「念」は「ものごとについての考えや内容」「思い」「願い」などの意味をそれぞれ持ち合わせています。 「失念」は言葉が説明するように「ものごとへの考えや思いの記憶がなくなること」を意図して成り立つ言葉です。 「失念する」の使い方と敬語表現 続いて「失念」の正しい使い方と気を付けたい点を挙げてみます。 「失念」は「忘れる」の謙譲語 「失念」は「忘れる」の敬語表現で「私」が主語となる謙譲語になります。 あくまで「私が失念しておりました」というように使つため、「失念」をする人物が必ず「私」「自分」であることを確認することが大切です。 また、第三者や目上の人に対して「失念」の敬語表現をしたい時は「部長は失念したようです」「田中さんは失念していた」などとするのは間違いです。 「部長はお忘れになったようです」「田中さんはお忘れになっていた」のように「尊敬語」を用いるようにしましょう。 「失念」は多用NG 「失念する」という言葉は「うっかり忘れること」です。 忙しいビジネスシーンでは多くの業務を一人でこなすことも稀ではなく、一度や二度の「うっかり」はあることでしょう。 しかし、この「うっかり」が日に何度もあるとどうでしょうか。 「本当に真剣に仕事をしているのだろうか」「私のことは後回しにされているのでは」と疑問の念を抱いてしまうことも否めません。 「信用」が最も大切なビジネスシーンでは「失念」の多用は避けましょう。 「うっかり」もほどほどにしなければ、信用が落ちてしまうかもしれません。 「失念」にはお詫びの気持ちも含まれる 「失念」は「うっかり忘れている」ことに対して「申し訳ない」「すまない」といった「お詫び」の気持ちが含まれている言葉です。 「失念しておりました」と表現することで「申し訳ありません。 うっかり忘れておりました。 お許しください」というニュアンスを運んでくれる表現でもあるのです。 「業務が立て込んでおり、メールの返信を忘れておりました」「業務が立て込んでおり、メールの返信を失念しておりました」では、相手に伝わる「お詫び」の度合いが変ってきます。 「失念」を使ったビジネス例文 「失念」を使ったビジネス例文を挙げてみましょう。 「失念する」• 営業日誌の提出を何度も失念することは、もはや許されないだろう。 部長との個人面談の時間を失念することのないよう、机にメモをはっておこう。 「失念しておりました」• ミーティングが長引いたせいか、メールの返信を失念しておりました。 顧客への来訪時間を、失念しておりました。 「失念いたしました」• 申し訳ございません。 不幸にもログインへのパスワードを失念いたしました。 お約束の入金を失念いたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。 「失念」の類語と反対語は? それでは「失念」の類語と反対語についてみましょう。 「失念」と類語「放念」の意味の違い 「失念」と似た言葉に「放念」があります。 ビジネスシーンでも「どうぞ、ご放念ください」というように使われますが、この言葉の意味は「どうぞ、心に留めず気にしないでください」「どうぞ、忘れてください」です。 やりとりをしている相手に対し「ご放念ください」を用いることで、「こちらは忘れていただいて構いません」という意図を丁寧な表現を持って伝えることができます。 「状況や内容が変わりました。 どうぞ、ご放念ください」「こちらの勘違いでございました。 申し訳ありませんが、ご放念下されば幸いです。 」などのように表現すれば、相手への敬意もしっかり表すことができるでしょう。 「失念」のその他の類語は「取り忘れる」「面忘れ」 「失念」で「ものごをうっかり忘れる」という意義での類語には「取り忘れる」「面忘れ」「打ち忘れる」、「覚えていることが困難である」という意義の類語には「忘失」「忘却」「廃忘」などがあります。 顧客との商談が難航し、部長への連絡を面忘れしてしまった。 同僚の業務も抱えることになったため、ものごとに対して忘失することが増えた。 「失念」の反対語は「記憶」「留意」 「失念」の反対語にあたるのは「記憶をする」「心に留めておく」という意味の「記憶」「留意」などです。 ビジネスシーンでも「どうぞ、ご留意下さいますようお願い申し上げます」などのように用います。 「失念」の英語で表現すると? 最後に「失念」の英語表現についてみてみましょう。 「失念」は英語で「I made a mistake」 「忘れる」は「forget」ですが、ビジネスシーンで「I forgot to do this(するのを忘れた)」と表現すると、相手にやや「無責任」なニュアンスを与えてしまいます。 そのため、代わる言葉として使いたいのが「I made a mistake」です。 「失念」を使ったビジネス英文• I am sorry, I made a mistake about the time to meet you up today. 申し訳ありません。 待ち合わせの時間を失念しておりました。 I am terribly sorry. 業務が忙しくて、いろいろ失念することが多くなったよ。 本当に申し訳ない。 まとめ 「失念」は「うっかり忘れる」「度忘れする」「物忘れをする」という意味があり、敬語表現である謙譲語として使われます。 しかし、「失念」を使い過ぎてしいまうと、相手への信用に欠けてしまうことがあるため、多用は避けるようにすることが大切です。 言葉の力を信じて快活なコミュニケーションを始めることができれば、自分流にビジネスライフを楽しむことも夢ではありません。 さあ、ボキャブラリーの量を増やしてビジネスチャンスを良好に築いていきましょう。

次の

メール誤送信のお詫び方法とマナー【例文あり】

抜け 駆け し て 申し訳 ありません

記事の目次• はじめに まずは基本中の基本から。 日本語の 「申し訳ありません」に近いフレーズを作ることができます。 「反省する」、「悔しく思う」という意味があることから、 「遺憾に思う」というニュアンスを出すことができます。 またフォーマルさに欠けますので、子供っぽく聞こえてしまう可能性もあります。 謝らなくてはいけない対象が軽い時にも大丈夫です。 ビジネスメールでも使う機会は十分にあります。 心から申し訳ないと思っております。 しかし基本的に英語では、 省略をしないことがフォーマルだと認識されています。 ご心配をおかけしていまい、非常に申し訳ないと思っております。 こうすれば自分の行為に対しての謝罪を伝えることができます。 We are awfully sorry about the delay. 遅くなってしまい、大変申し訳ございません。 こちらのフレーズは、以下の形を使った表現です。 昨日の会議に参加できず、大変申し訳ございません。 この英語フレーズは、次の形を使ったものです。 理由は先ほどもお伝えしたように、ビジネスメールのような フォーマルな文章では省略英語は不適切とされているんです! 省略を無くすことで多少文章が長くなりますが、基本的に 英語のフォーマル文章は、 文字が多くなればなるほど堅い印象になる傾向があるので、全く問題ありません。 配送が遅れてしまい、申し訳ございません。 I apologize to you for the delay in delivery. (配送が遅れてしまい、申し訳ございません。 (再度、お詫びを申し上げます。 ) We apologize for keeping you waiting. お待たせしておりまして、申し訳ございません。 I do apologize for any inconvenience caused. ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございません。 We sincerely apologize for the trouble this has caused you. お手数をおかけしていまい、大変申し訳ございません。 最近ではトラブルの名前で、日本人の間でもよく使われますよね!「ご迷惑をかけた」、「お手数をおかけした」と伝えたい時にピッタリの英語表現です。 I must apologize for my lack of professionalism. プロ意識が欠如しており、大変申し訳ございません。 意識の低さを謝罪したい時に便利な英語ですね! I would like to apologize for this problem. この問題について、謝罪をさせて頂きたく思います。 つまり「させて頂きたい」というニュアンスの英語です。 ビジネスシーンで謝る時に定番の形ですが、人によっては「したいとか言っていないで、早く謝れば?」と感じる人もいるそう。 (会社を代表しまして、この問題について個人的に謝罪をさせて頂きたく思います。 ) Please allow me to apologize for rescheduling our appointment. お約束していた日程を変更することについて、謝罪をさせてください。 どちらもビジネスメールにおいて大切な英語ですね! この言い方もアリ! Please let me apologize for rescheduling our appointment. (お約束していた日程を変更することについて、謝罪をさせてください。 ) Please accept my apologies for my mistake. 私の間違いをお許しください。 「私の謝罪を受け取ってください」と伝えることで、反省の気持ちを伝えるフレーズになります。 Please accept my apologies for 名詞. Please accept our apologies for 名詞. Please accept my sincere apologies for the series of misunderstanding. 度重なる誤解の数々を、どうかお許しくださいませ。 (度重なる誤解の数々を、どうかお許しくださいませ。 ) I would like to convey my apology to you. お詫び申し上げます。 これと使うことで、謝罪の気持ちを相手に伝えることが可能です。 あまり口語で使われる表現ではないので、まさにメール向きのフレーズでしょう。 (お詫び申し上げます。 遅れによってご迷惑をおかけしてしまい、残念に思っております。 この表現を使うことで、ミスや問題に対して「残念に思う」という気持ちを伝えることができます。 このフレーズをお詫びメールで使うと、非常にフォーマルな印象になりますよ! I regret that the price information sent to you was incorrect. お送りした価格情報に誤りがあり、大変申し訳ございません。 メールで料金について話をした時に使いたいですね! We very much regret the error. 誤りに関しまして、大変申し訳なく思っております。 (誤りに関しまして、大変申し訳なく思っております。 ) おわりに いかがでしたか? メールで丁寧に謝罪の気持ちを伝える方法は、色々種類がありましたね。 しかし大きく分ければ、その方法は3種類しかありません。 事態を丸くおさめるためにも、しっかり言葉を選んで謝罪文を作るようにしましょう!.

次の