肌荒れ ブツブツ。 肌荒れの原因と対策を症状別に解説!赤み、ブツブツ、にきび、吹き出物……etc.【美容のきほん⑥】|地曳久美子|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

顔などにできるブツブツの正体は!?種類と原因、対処法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

肌荒れ ブツブツ

肌の赤み、かゆみ、ぶつぶつの原因は肌が薄くなること 肌にかゆみ、赤み、ぶつぶつができてしまうなどの肌荒れの根本的な原因は 肌が薄くなることです。 医学的にはこれを 「菲薄化(ひはくか)」と呼びます。 肌が薄くなることで外部からの刺激を受けやすくなり、かゆみなどの炎症作用が過剰に現れてしまうのです。 そもそも皮膚は6~7層からなる層構造をしていて、大きく分けると表皮、真皮、皮下組織があります。 真皮にはコラーゲンやエラスチンという物質が含まれており、これによって弾力を保ち、表皮を支えています。 このコラーゲンやエラスチンは女性ホルモンであるエストロゲンによって生成が促進されます。 エストロゲンの分泌量は、年をとると低下していきます。 そのため、年をとるとコラーゲンやエラスチンも減少し、自然と肌が薄くなってしまいます。 また、若い人でも肌をかいてしまうことで肌の表面がこすりとられてしまい、肌が薄くなっていきます。 では、 肌をかいてしまう原因は何なのでしょうか。 肌をかいてしまう原因 肌をかいてしまう原因には主に以下の3つがあります。 肌の乾燥 冬になると肌荒れしやすくなる~って聞いたことありませんか? これは、冬場になると空気が乾燥して肌も乾燥しやすくなるからです。 皮膚の水分が失われると肌の表面が乾燥して、かさついたりひび割れたりします。 その結果、外部からの刺激に対して肌が敏感になり、「かゆい」と感じることで無意識のうちに肌をかいてしまいます。 肌をかいてしまうと肌の表面が傷ついてバリア機能が低下し、ますます乾燥してまたかゆくなるという悪循環に陥ってしまうのです。 肌が乾燥する原因には、冬場の乾燥以外にも、• 汗をかく• 入浴後の保湿ケアを怠る• 髪の毛が顔にかかる といったものがあります。 アレルギー アレルギー症状によって肌がかゆくなるとついついかいてしまいます。 アレルギーを引き起こす原因には、• 食べ物• 日光(紫外線)• ハウスダスト• 化粧品 などがあります。 アレルギーを疑ったとき、その原因をつきとめるにはまず日常生活をチェックしてみることが必要です。 いつ、なにをしたときに症状が強く現れるのかを明確にしましょう。 そのうえで、疑わしいアレルゲンについて病院でアレルギー検査を受けてみてください。 ストレス もし乾燥やアレルギーなどの明確な原因がないならば、ストレスによる肌荒れであると考えられます。 これは 「ストレス性皮膚炎」と呼ばれ、過剰にストレスを受けることで自律神経が乱れ、かゆみを感じるものです。 特に、新しい環境に置かれたり緊張したりするとこの症状が出やすくなると考えられています。 【スポンサーリンク】 肌荒れを早く治す方法 スキンケアで治す ここまでの話で分かったように、肌が乾燥していたりアレルギーやストレスによって肌をかいてしまうことで、肌のバリア機能がこわれて肌が荒れてしまいます。 肌荒れを治すために大切なことは、 肌のうるおいをキープして肌の再生機能を促すことです。 特に、顔の肌は敏感なのでしっかりと保湿する必要があります。 そのためにまずは、 化粧品を適切なものに変えましょう。 化粧水は、肌本来の水分保持力が低下しているときに乾燥から肌を守る水溶性の成分が含まれているものがいいです。 成分表示に• ヒアルロン酸• コラーゲン、エラスチン• グリセリン• プロピレグリコール• ブチレングリコール• NMF(天然保湿因子)…アミノ酸、ピロリドンカルボン酸、乳酸ナトリウム が含まれているものが比較的保湿力の高いものです。 また、現在見つかっている保湿成分の中で、最も保湿力が高いとされるのが セラミドです。 多くの保湿美容液に含まれる成分のうち、分子量の大きなものは皮膚の内部まで浸透することができません。 これに対し、セラミドは表皮の一番上の層である角質層に存在する保湿成分なので、この層までなら確実に肌に浸透するといえます。 元々肌に含まれる成分なので安全性もばっちりです。 ここで注意しておきたいのが、 セラミドは化粧水では補えないということです。 セラミドはスフィンゴ脂質の一種であり、水に溶けにくいです。 よって、たまに目にする「セラミド配合化粧水」にはセラミドはほとんど入っていないと言えます。 セラミドは化粧水では補えないので、セラミド配合の乳液や美容液を使用しましょう。 食生活で治す 「肌は内臓の鏡」と言われるほど、食生活と肌の状態は非常に密接に関係しています。 美しい肌を保つにはやはり バランスの取れた食事が大切です。 主食、主菜、副菜、乳製品、果物をバランスよく摂りましょう。 その上で、肌の乾燥によく効くものには、 保湿を助けるヒアルロン酸や 新陳代謝を上げる亜鉛があります。 ヒアルロン酸は動物の軟骨などに多く含まれており、亜鉛は牡蠣、ホタテ、卵、納豆などに多く含まれています。 反対に、生野菜や冷たい食べ物などの摂り過ぎは要注意です。 体が冷えて血行が悪くなり、肌の代謝が悪くなるので、乾燥しやすくなります。 また、コーヒーに含まれるカフェインは抗酸化作用のあるビタミンCを破壊して肌の新陳代謝を遅らせるので飲み過ぎないほうがいいです。 肌を刺激する香辛料も控えましょう。 最後に 肌が荒れているとテンションも下がるし、人目を気にしてイライラしてしまいますよね。 一刻も早く治したいものです。 もし肌荒れが起きたらまず、自分は何が原因で肌荒れしているのかを考えましょう。 肌の赤み、かゆみ、ぶつぶつの原因は、肌が薄くなってしまうことで肌が外界からの刺激に敏感になることです。 年を取ると、女性ホルモンの減少に伴って肌は自然に薄くなっていきますが、若い人でも乾燥やアレルギー、ストレスなどによって肌をかくことで肌が薄くなってしまうのです。 もしアレルギーが原因なら、日常生活をチェックしてみて何によるアレルギーなのかを考えましょう。 その上で、病院でアレルギー検査を受けることをオススメします。 ストレスが原因ならば、そのストレスを感じない環境に身を置いてみたり、リフレッシュできる方法を考えてみましょう。 そして、いずれにしても肌荒れを早く治す上で大切なのは、 肌の保湿をきちんと行うことです。 化粧品には保湿効果の高いものを選び、入浴後など肌の水分が失われるときにきちんとケアしましょう。 セラミドを含む乳液や美容液が効果的です。 また、 食生活を見直すことも大切です。 肌の新陳代謝を上げる食べ物や、保湿力を高めてくれるような食べ物を取り入れましょう。 逆に、体を冷やして新陳代謝を悪くしたり、肌を乾燥させたり刺激したりする食べ物は避けてください。 みなさんもこの記事を参考にして、肌荒れから解放された気持ちの良い生活を送りましょうね。

次の

顔のブツブツ「ニキビではない!」て思うけど…何?どう治すの?

肌荒れ ブツブツ

最近、辛いものを食べましたか?• 最近、飲酒はしましたか?• 寒暖差で顔にほてりは感じますか?• ストロイド軟膏はいつから、どれくらいの頻度で使っていましたか? 実は、辛いものもお酒も大好きな私・・。 最近、夜に夫がいないことを良いことに、韓国の「辛ラーメン」を食べたり、唐辛子大盛のパスタを食べたりしていました(笑) そして、ちょうど飲みに行くことが多かった時期。 う~ん、、当てはまりすぎ!!! 寒暖差で顔がほてるのも肌荒れが起こると毎回起きるし、ステロイドもちょこちょこ5カ月間ほど塗っていました。 やだ、この人なんで私の私生活を知ってんの!?くらいの勢いで全部当てはまって納得しかありません。 でも、ひとつ疑問が。 じゃあ、最初にステロイドが処方された時の肌荒れはなんだったの??? 当時の状態を診ていないので断言できないですが、ステロイドで一時は回復したならその時は肌荒れだったのでしょう。 ステロイドを繰り返し使ったのが大きな原因かと。 え?そうなの??? 最初から酒さの症状だったんじゃないの?? と思いましたが、確かにここまでのひどい赤ら顔にはならなかったので、きっとそうなのでしょう。 酒さ様皮膚炎は、ステロイドの長期使用が原因と言われますが、酒さ自体は原因がわからない謎の病気。 これ以上聞いても答えはでないだろうな・・と思いました。 そして、このトマトのように真っ赤に膨れ上がった顔に処方されたのは、 「アズノール軟膏」と 「抗生物質(ミノマイシン)」でした。 精神が病む 皮膚科で処方された抗生物質を飲みながら、アズノール軟膏を塗る日々。 先生は、「なるべくメイクはしない方が良いけど、アズノールの上にメイクしても問題ないよ。 」と言ってくれたので、ミネラルファンデーションを塗りながら会社へ。 腫れは一日でおさまったけど、 ブツブツ、強いかゆみ、ヒリヒリ感、赤み、ほてりを常に感じます。 1週間ほど経つと、落ち着きを見せましたが、もう本当に 肌荒れに振り回される生活に嫌気がさしました。 酒さ様皮膚炎ってどうすれば治るの???と毎日スマホ片手に検索魔に。 何度も何度も何度も繰り返すこの肌荒れ。 しかもどんどん悪化して、治るまでの時間がかかるようになってきたことへの絶望・・。 酒さと関係ないですが、妊活も全然結果がでず(片側卵管閉塞&男性不妊気味)、精神はズタボロ。 みんなのお肌はどうして普通なんだろう、みんなはどうして普通に子どもがいるんだろう・・。 普通になりたい。 人生ってなに?なんのために生きているんだろう・・。 と、一日中考えるようになって涙が出たり怒りがこみ上げたり、情緒不安定でした。 精神が病んでいる状態は、肌にも影響することは十分わかっていました。 でもやめられないんです。 マイナス思考の無限ループが。 ステロイドは全面禁止!(怖くて塗りたくもならなかった)• ヒルドイドを徐々に減らす• ノーファンデの日を増やす• ファンデーションが多少残ってても良しとする ヒルドイドを徐々に減らす ヒルドイドを一気にやめると、 ものすごい乾燥&皮むけがくることはわかっています。 (過去に実証済み) 酒さ様皮膚炎で傷つきまくったお肌には酷だ、と判断。 なので、肌の状態を見ながら、ヒルドイドを徐々に減らしました。 慣れてきたら、朝のヒルドイドは二日に一回程度に• 気になるときだけヒルドイド• 最終的にはワセリンのみ その日の肌の状態を見ながらトライ&エラーで少しずつ調整していきました。 ノーファンデの日を増やす ステロイドを塗っていた期間以外は、ファンデ( )を欠かさず塗っていました。 人の目が怖いからです。 ですが、人の目より自分の肌を考えて、症状が軽い時はファンデをやめました。 汚い肌をさらすのはとても怖かったけど、他人にどう思われるかより自分のお肌を大切にしようと思ったのです。 ファンデーションが多少残ってても良しとする 宇津木式肌断食では、ファンデをつけた日は石けんで洗顔します。 私のお肌 はケガに近いのか、と(涙) ファンデを塗るときも多少の刺激は感じますが、石けんをつけて肌を洗うということがいかに刺激なのかを実感することができました。 宇津木先生は、「多少ファンデーションが残っていても垢と一緒に剥がれ落ちる。 丁寧にダブル洗顔するほうがよっぽど肌に刺激を与える」と言っていたので、しみる時はぬるま湯ですすぐだけにしました。 調子の良いを見て、石けんを使うという感じでしたが、ファンデが残っていることでニキビが増えたり、毛穴が開くというようなことは起こりませんでした。 エイジングケア?美白ケア?そんな場合じゃない!!!!という感じで、ケガをしたような状態の皮膚が少しでも健康になるよう努めました。 徹底したことは「肌に負担をかけない」こと。 さっきお伝えしたケア方法も 絶対にこの方法で行く!でなくて、 その日その時の肌の状態を見極めて、肌に刺激を与えないよう頑張りました。 ブツブツや赤みがほぼ引くのに1年くらいかかりましたが、 今はかなりマシになりました。 こんな風にブログで情報発信することなんて考えていなかったので、ひどかった頃は写真に残っていません・・。 あまり参考にならないかもしれませんが、現在と症状がだいぶ落ち着いたころの写真を載せてみました。 (実際はもっと赤いです) 頬骨のあたりのブツブツがなかなか治りません。 画像はありませんが、おでこもブツブツ・・。 これは今日(酒さ様皮膚炎診断から11カ月)卓上のLEDライトの下でスマホで撮りました。 だいぶマシになりました。 しかし、これは今日の状態が良いだけで明日はどうなるかわかりません。 というか、ストーブの前にいたらリンゴみたいになります(笑) アップにすると、まだところどころ赤みや小さなプツプツがあるのがわかります。 いわば 「体質」に近いものなのかもしれません。 あるいはヘルペスのように一生お付き合いしなければならない病気という感じでしょうか。 私は「完治」にこだわっていましたが、もうやめました。 完ぺきに治すことにこだわっていると、とても心が疲れるからです。 今は、なるべく症状を出さないような生活やケアを心がけています。 さいごに 酒さや酒さ様皮膚炎はとてもやっかいです。 一度発症すると長期あるいは一生付き合っていかなければならない可能性が高いからです。 お肌の赤みやほてり、かゆみ、痛み、ブツブツ・・とても不快感を感じますし、何より精神をむしばんでくるので本当につらかったです。。

次の

肌荒れ・ニキビの原因|赤み・かゆみの悩み、あごや頬にできるぶつぶつや吹き出物対策&おすすめサプリメント

肌荒れ ブツブツ

[目次]• 二の腕ブツブツの正体とは 腕の毛穴が詰まって盛り上がり、触るとブツブツ・ザラザラして「二の腕を露出するのが恥ずかしい!」とお悩みの女性は多いのではないでしょうか。 このブツブツの正体は、 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)または 毛孔角化症(もうこうかくかしょう)と呼ばれる皮膚疾患です。 毛孔性苔癬(毛孔角化症)の症状の特徴 二の腕や肩、太もも、背中などの毛穴に角質がつまり、 ブツブツした丘疹(きゅうしん)が発生します。 触るとブツブツ・ザラザラしていて、丘疹の色は普通の皮膚の色または薄い赤や褐色系の色をしています。 自覚症状はほとんどない場合が多いですが、時に軽度の痒みを感じる場合があります。 毛孔性苔癬は子供の頃から発症する 毛孔性苔癬(毛孔角化症)は、とても一般的な皮膚疾患の一つです。 早い人は 子供の頃から発症し、小学校高学年の約20%が罹患しているといわれます。 もっとも多いのが思春期で、20代以降は年齢とともに次第に軽減し、30代には自然に消えていく人が多いですが消えない人もたくさんいます。 女性に多いとされますが、男性も珍しくありません。 毛孔性苔癬は人にはうつらない 毛孔性苔癬は良性疾患のため、放置しても、• 健康上に重大な問題を引き起こす• 他人に感染する などのようなことはありません。 しかし、上述のように外見が気になる若い人に多く発症するため、特に女性では 身体よりも心に対する影響が大きいと言えるでしょう。 毛孔性苔癬(毛孔角化症)の原因は遺伝? 毛孔性苔癬(毛孔角化症)の根本的な原因は、まだハッキリとは解明されていませんが、 遺伝によるものといわれています。 ブツブツした丘疹の中身は角栓で、毛穴周囲の角質が肥厚し毛穴を塞ぐことで丘疹が発生します。 角質以外に、毛穴の中に毛が一緒に詰まっていることもあります。 毛孔性苔癬の自宅での対処方法とやってはいけないケア 自宅でできるケアとしては、肥厚した角質を落とし毛穴を引き締める効果のあるビタミンC入りのローションや美容液などを使用してケアを行うことをおすすめします。 また、毛孔性苔癬の場合には、以下のような行為はしないようにしましょう。 患部をゴシゴシとナイロンタオルなどでこする• 丘疹を潰して中身を出す• 保湿を怠る ニキビと同じで、擦ったり潰したりすると 色素沈着やクレーター状の跡が残る場合があります。 また保湿を怠って肌が乾燥すると、より角化が早まって悪化してしまいますので、特に乾燥する季節は しっかりと保湿するようにしましょう。 毛孔性苔癬はセルフケアでは治らない? 軽症であればビタミンC入りのローションや美容液などで粘り強くケアすることで改善する場合がありますが、重度の場合はホームケアで改善するのはかなり難しいと言えます。 また間違ったケアをすると上述の通り色素沈着や跡が残る可能性があるので、一度ドクターに相談するのがおすすめです。 皮膚科での治療方法|レーザー・外用薬の使用 では毛孔性苔癬が重度だった場合、病院ではどのような治療が行われるのでしょうか? ある美容皮膚科の治療では、レーザー(フラクショナルCO2レーザー)やローラー(ダーマローラー)などの皮膚を深部から入れ替える治療が行われています。 外用薬やケミカルピーリングは表面的な治療しかできませんが、これらのレーザー治療を数回行うことによって凸凹だった皮膚がツルツルになるといわれています。

次の