鳥取 イカ 釣り。 シロイカエギングの仕掛けと釣り方

鳥取の釣り●鳥取の釣りスポットの紹介のページ● 地域情報

鳥取 イカ 釣り

シロイカエギングのために鳥取へ 今年は全国的にアオリイカが好調ですが、今回は「シロイカ」を狙うために鳥取へ! 今回は、今年5月にオープンしたジギング船 「ヤングバード」に乗船しました。 ヤングバードの船長はシロイカエギング大好きで、ワンシーズンに20回ほど京都から鳥取に通う変態だったようで、この釣りが好きすぎて鳥取で船も始めてしまったというなんともアレな人です(いい意味で) 駆け出し船長とはいえ、通い続けていたシロイカ船の2号艇なのでポイントは確かのようです。 春にジギングで利用したときも、いい思いをさせてもらいました。 シロイカについて シロイカ。 鳥取ではこの呼び名ですが、ケンサキイカ、マイカ、アカイカ等々、全国津々浦々で色々な呼び名があるようです。 このイカはショアからでも場所や季節によって釣れますが、1度船に乗り爆釣を体感すると、これがなかなかやめられません。 そうそう、漁り火って聞いたことありませんか? あの漁火で集魚する対象魚の一つがシロイカで、イカは夜行性で照明に寄ってくる性質があります。 ということで、シロイカが釣れるピークは夜中なのです。 が、夜から釣りをするかと思えばそんなことはなく、こんな明るい時間帯から出船します。 時刻は17時… 鳥取に多くある遊漁船がシロイカの釣れる数少ないポイントを取り合うので、これぐらいにでないと思ったポイントには入れないようなのです。 明るい時間帯から釣りスタート とはいっても明るい時間帯でも釣れることがあるので、釣りはじめます。 今回は、鳥取界隈で最近流行ってきている1本エギで釣ります。 他の地域では(若狭 小浜発祥。 エギと金属製スッテの複合リグ)や、(イカを釣る小型の疑似餌)を複数個着ける多点掛けの仕掛けが主流のようです。 潮は早め。 1本エギの釣法ではを使います。 今回は潮が早めなのを考慮して50号をチョイス。 エギは2. 5号をメインとします。 シロイカエギングは基本的にはオフショアジギング同様にワンピッチです。 ハーフピッチ、シェイキング、等々を織り混ぜながらイカに興味を持たせます。 明るい間に釣れないかなー あ、後ろの人釣った。 エギを替える…釣れない… あ、また後ろの人… まぁ、集魚灯がついてからが本当の勝負なので焦ることはないんですけどね。 ん? またまた後ろの人… … …… ……… そりゃ焦るわ! ところが、エギの色、タナ、シャクリ方…いろいろ試してもこれがまったくダメ… でもこれ、よくある話なんです。 シロイカの群れの入り方によって船のどの場所が釣れるかはかなり変わってきます。 ま、まぁもちろん腕もあるんですがね…。 暗くなって、本番スタート! 暗くなり集魚灯点灯! でもまだ釣れません。 効果が出るまで一時間はかかります。 とはいっても、暗くなるうちに海の状況が変わるのか、だんだんと釣れ出します。 最近はサイズが小さめの群れが多く入ってきてたのですが、この日はアベレージが中剣! そうそう、鳥取ではシロイカのサイズを剣に例えます。 大中小言いますが、多分、目測です。 自分のメインロッドはヤマガブランクスのイカメタル用ロッドバトルウィップです。 リールは先日までショアエギングで使うセフィアCI4を使ってましたが、オフショアでもショアでも使わないであまっていたバイオマスターをシロイカ用にし、今回初めて使用しました。 釣り方のイメージとしては、ボトムから集魚灯の効果により段々と上層にベイトが集まってきて、それを影からシロイカが狙う、そしてそのイカたちへエギでアプローチします。 ボトムをとり、数シャクリ… そうそう、このシャクリは、タナを探るのもかねてますので、何シャクリで何メートル上がるかは知っておいた方がよいですよ。 一般的には、カウンター付きの手巻き両軸リールを使うようですが、自分はヤマガのスピニングロッドのティップ感度が好きなので、ラインマーカーを頼りにタナを確認しながらシャクっていきます。 釣れるけど、ピークには今一つ… こちらはサブロッド、ロッドはシマノの炎月SS、タイラバ用です。 リールはジギング用のグラップラー300HGなのですが、昨年はリールにグラップラーCTを使ってました。 これはカウンター付きですが、今一つ自分のワンピッチと合わないので、今回からこのリールをためしています。 いろんなタナを探るもどうもタナが安定しません。 うーん。 もしかして、これで合わせれるって、天才? ついに大剣サイズが・・・ 集魚灯が効いてきたのか、 プチラッシュ! バンバンは釣れないのですが、飽きない程度のヒットが続きます! サイズも中剣メインです。 うーんいいね~。 中剣で満足してると、 隣で釣っていた船長の竿が、しなる! 相手はシロイカなのに上がらない! まるで、ショアのアオリで体験するようなジェット感! お、あがった。 でかーーーぃ!これは文句なし大剣! 結局、自分には大剣サイズは上がらずですが、釣果は50杯弱、まずまずでした。 深夜便に突入! ということで、沖上がりです。 と、みせかけて、半夜便帰港後、えー再度近海状況の調査にいって参りました。 そう、深夜便に突入です。 鳥取では半夜便を1便、深夜便を2便と言います。 最近、この船は遠征続きだったので、そろそろ近海でパラシュートの具合をみたいという話があり、自分も行って参りました。 パラシュートアンカーはある層の潮にのせて船を流す方法で、ぶっ飛び潮の時にはこれを使います。 デメリットはイカのサイズが小さくなってしまうこと…らしいです。 理屈はよくわかりません。 ・・・ 深夜便スタート。 集魚灯を点けてまもなくポツポツとイカが出ます。 スタートが遅かったので夜が明けるまで短かったですが充分楽しめました! 翌日もシロイカ釣りに。。。 ということで夜が明け、片付けも終わり、さぁ帰ろうかとしたところに、船長が現れ 「アレ明日は?」とよくわからないことをいいますので、 よくわかりませんが、 「あ、じゃあ。 乗ります。 ハイ、帰らんときます。 」ということになりました。 鳥取には温泉が多数あり、だいたい畳の部屋が用意されています。 船長オススメの温泉はさらに漫画が完備! が、読むまもなく爆睡。 起きると半夜便に乗る時間でした。 今日は隣にビギナーさんが乗られるとのことで、船長いわく 「教えてあげてね~」ってことなのですが、てか自分もビギナーですよ?自分はもともとショアエギンガー。 シロイカ始めてまだ1年経過してませんよ? とはいいながらも、仕掛けやシャクリ方、去年教えてもらった知識をそっくりそのままお伝え…している最中に…!! 釣る… ま、まぁ、ビギナーズラックって、やっぱりあるしね… うん。 そうそう、まーそういうのは続かないしね… って、また、釣ってるし!! ということで、ビギナーさん1人ラッシュ。 ビギナー無双。。。 ようやく自分が釣れ出したのは集魚灯炊く頃でした。 バスポンプの効用 そうそう今回は、活かしにを使用しなるべくシロイカを長時間生かせる作戦をとってみました。 海水をくみ上げ、かけ長すわけです。 適度に泡も混じるので酸素も入りますが、あまり釣りすぎると酸欠になってしまうようです。 どうやらこれを防ぐには先端にが必要だそうです。 ともかく、生かして墨を吐かせ、弱ったらクーラー内に放り込む。 ここで氷水に浸したいとこですが、氷が真水のためイカが白濁して痛むので、とりあえず手返しの邪魔にならない程度にタッパーに入れていきました。 この日もプチラッシュ程度の渋い日でしたがトータル46杯。 ヒットカラーのお陰でまずまずの結果となりました。 帰港途上に、タッパーからイカを出し、少し海水を入れた袋に小分けして入れから氷水に入れていきました。 このまま凍らしておくと傷まず約1年保存がきくのです。 ということで、3日にわたる長すぎる鳥取シロイカエギングが終わりました。 連絡くだされば、アドバイス等々できる範囲でお教えしますよ。

次の

ケンサキイカのイカメタル入門(船釣り)|釣り百科

鳥取 イカ 釣り

マイカとスルメイカ、タルイカ釣りに行く日は、どういう日がよいのでしょうか? 絶対という条件はありませんが、こういう日はよく釣れることが多いというものはあります。 あくまで、私の経験によるものも含まれていますのでご了承ください。 天気 釣りと言えば、普通晴れているよい天気の日の方が釣れそうに感じます。 イカ釣りに限っては、晴れているよりも、曇っている日の方がよいことが多いです。 それは、どうしてかと言えば、月明かりが海面に届かないためだと言われています。 イカ釣りは、船のライトを点灯し、イカを寄せて釣ります。 月が出ていると、その光が海面を照らし、船のライトの効果が半減してしまうのです。 曇っていると、真っ暗な中で船のライトだけが光りますので、船の下にイカが集まってくるのです。 もともと闇夜(新月)なら、関係ないですが。 雨の日も月が隠れますので、同じような効果が期待できます。 魚は雨が降って、海水の塩分濃度が薄くなると、喰いが悪くなると言われます。 あまりにも大雨が降れば別かもしれませんが、私は雨の日の方がよくイカが釣れたという印象が強いです。 たまたまよく釣れただけかもしれませんが。 もちろん、風や波はない方がよいです。 波は適度にあった方が、自然に誘いがかかるというメリットはありますが、特になくても自分で誘えば問題ありません。 スポンサーリンク 月の満ち欠け 天気のところで説明したとおり、イカ釣りは月明かりが海面に届かない日の方がよいことが多いです。 そのため、 闇夜(新月)から三日月ぐらいまでがベストです。 多くの釣り人も、このよう考えますので、イカ釣りの時期は闇夜前後の予約が多いです。 逆に、満月前後は敬遠されることが多いようです。 あと月の満ち欠けは光だけではなく、潮の満ち引きにも関係していると言われることがあります。 私は、そこまでは考えていません。 どこまで影響があるのかはわかりません。 潮の流れ 先ほど月の満ち欠けと潮が関係していると言いましたが、新月と満月の時に潮が大きく流れ、月が半分の時に潮の流れが小さいとみられています。 また、「大潮」や「小潮」などによっても潮の流れる速さが異なります。 一般的には、大潮の日には潮が大きく流れ、小潮の日には潮があまり流れません。 ただ、これらは1つの目安です。 月の満ち欠けや潮汐表で、潮の流れが100%わかれば苦労しません。 実際のところ、行ってみないとわかりません。 基本的には、イカは潮が止まっていたり、速すぎたりすると、あまり釣れません。 ゆっくり流れているのが、理想的です。 天気と月の満ち欠け、潮の流れが最高の日を選んだとしても、必ずしもその日が釣れる日だとは限りません。 そのため、あまりにも気にし過ぎると、釣りに行く日がなくなってしまいます。 個人的には、天気と月の満ち欠けを重視して決めればよいと思います。 早めに予約する場合は、長期予報でわかる範囲で考慮すればよいです。 スポンサーリンク 次へ 「」.

次の

イカ釣りについて

鳥取 イカ 釣り

オモリグとは? 船でのイカの釣り方は、電動リールを使用してたくさんのスッテを使った釣り方や、最近人気のイカメタルゲームなどがあります。 イカメタルゲームではタックルや仕掛けもシンプルでイカのあたりをダイレクトに捉えてフッキングでかけていくゲーム性の高い釣りです。 イカメタルはドロップリグと言って、基本的には1番下に鉛スッテ、その上にエギや、ウキスッテをつける仕掛けです。 オモリグはイカメタルのドロップリグの様な仕掛けで、 中間に20号〜40号のオモリをつけて、ひとヒロのリーダーの先に2. 5号のエギをつける仕掛けです。 オモリグセティング図 潮の流れや、状況によって有効になる釣り方で、大物を狙い撃ち出来る釣り方がオモリグです。 山陰や北陸エリアでは、かなり前から中オモリ式釣法が主流でした。 それが進化を重ねてオモリグ釣法として確立されました。 これからさらに注目を浴びる釣り方だと思います。 オモリグでは、大剣(大きいケンサキイカ)が釣れやすいと言われています。 その理由に、 オモリグのフォール中や潮の流れに乗ったエギは水平姿勢をキープし自然にアピールしてくれ、 イカを抱かす時間が長く大物にも効果的みたいです。 さらに、船でのイカ釣りは、漁火を灯します。 その漁火に集まった小魚(ベイト)、それを食べる中型魚、イカが群れになって灯りに集まってきます。 遊泳力のない小さいイカは餌を追い回す事が難しく群れになって固まってます。 大きいケンサキイカは、遊泳力があるので、単独で群れから離れた暗闇からえさを狙っています。 スピニングタックルでのオモリグではショートキャストで暗闇にいる大物を狙うわけです。 実際、 オモリグの方がドロップリグよりやはりサイズに差がでます。 逆に群れが大きくて活性が良い日の数釣りには、イカメタルのドロップリグが活躍します。 私自身、両方用意して、状況に合わせて使い分ける方法をおすすめします。 オモリグ専用ロッド 長さは、7ft前後のもので、バーチカルに攻める場合はベイトタックル。 オススメはスピニングタックル仕様でショートキャスティングする釣り方です。 オモリ20号から40号を操作でき、スピニングタックルではキャストに対応したロッドを選んでください。 小さなアタリが取りやすい柔軟なティップで大きなアクションに負けないバットパワーがあるものが良いでしょう。 専用のロッドを使うのが一番ですが、テンヤ用や、キャスティング鯛ラバロッドなどでも代用できます。 本気で取り組むならやはり専用がおすすめ。 しゃくりを入れる釣りなので、タックルの重さにも注意。 手首などの負担を考えましょう。 オモリグ専用ロッドは下記記事でまとめています。 オモリグで使えるリール リールについては、オモリグでバーチカルに攻める場合はカウインター付きのベイトリール、ショートキャストをする場合は、スピニングリールの2500番~3000番のハンドルを替えて使っている人も多い。 おすすめは、20号~40号のオモリをきれいにワンピッチジャークでラインの巻き取りができてパワーがあるリールです。 ダイワで言えば3000番~4000番、(LT5000~6000)ぐらい、シマノで言えば5000番~6000番ぐらいが最適なのではないかと思います。 いきなり大型リールを導入するのに抵抗がある方は少し小さめのリールでも全然大丈夫です。 その場合は、ハンドルはパワーハンドルに交換した方が良いと思います。 オモリグに使えるリールは下記記事でまとめています。 オモリグ仕掛け・オモリ(シンカー) 道糸(ライン)はPE。 細い方が感度が良い! オモリグに適正な道糸はPE0. 5〜0. 8号でOK。 おすすめは、PE0. 6号です。 細いラインの方がアタリが取りやすくなります。 水深が深い場所を釣る場合もあります。 高切れしても大丈夫なように200m以上のラインを巻いておきましょう。 リーダーは3号か4号。 仕掛けの号数に合わせよう。 オモリは専用のものも多数出ています。 潮の流れによって重さを変えないといけないので幅広くそろえておくことが大切です。 地域によっても変わってくるので大体の目安は船長さんに聞いて下さい。 サゴシなどが回遊しラインを切られる時期はオモリは地味なカラーを選びましょう。 オモリグ仕掛け・オモリは下記記事でまとめています。

次の