コロナ イベント 中止。 県主催イベントの中止・延期情報

新型コロナ「イベント中止なら倒産」「政府は補償を」の声続々と

コロナ イベント 中止

政府のイベント自粛要請を受け、急きょ公演を中止したPerfume。 東京ドームには多くのファンが集まっていた。 撮影:大塚淳史 2月26日、政府は今後2週間程度、大規模なスポーツ・文化イベントを中止もしくは延期、または規模を縮小するよう要請した。 これを受け、EXILEやPerfumeは「政府に要請された方針に従う」として急遽、同日夜に予定していた公演を中止。 他にも星野源、TWICE、劇団四季など多くのアーティスト、団体が公演中止を発表している。 政府がイベント開催について明確な方針を示したのは、この日が初めて。 前日25日に発表した基本方針でも「全国一律の自粛要請を行うものではない」とし、開催の必要性を改めて検討するよう要請するに止まっていた。 そのため関係者からは、戸惑いの声がTwitterに上がっていた。 能楽師・槻宅聡さんは「丸投げに等しい」とツイート。 「能・狂言を主催する側としては、一律の自粛は求めないのに、開催の必要性を検討してほしい、というのは 判断を丸投げされたに等しい。 中止すればチケットは払い戻し、会場へは使用料を、出演者には違約金を払わなければならない。 この損害に耐えられる主催者でなければ開催するしか選択肢がない」 出典:西川貴教さんツイッター 「中止や延期の補填も当然なく、開催して感染者を出せば関係者全員が、先ず間違いなくメディアやネットで袋叩きにあうでしょう。 そもそも国が検査すらまともに把握出来てないし、その検査も入院レベルの肺炎になってからじゃないと受けさせてもらえないので、熟考しています」 「会場は早くて2年前から手配がはじまり、お客様を入れずとも多くのスタッフを危険に晒します。 一律に後ろにスライド出来るなら延期も即判断出来ますが、自己責任とされているので足並みは揃いません。 保険もリスクを取って加入は難しいです」と、その内情を打ち明けていた。 その後、3月のライブの全日程を延期する旨を公表している。 一方、前出の能楽師・槻宅聡さんは「3月15日まで国立能楽堂が主催する公演は中止するそうですが、 貸し会場としての公演は主催者判断に任せるとのことです。 悩ましいです」とツイート。 26日、文部科学大臣からの要請を受けて、やなどは主催公演の中止を発表しているが、能楽堂の貸劇場公演に関しては、主催者に問い合わせるよう求めていた。 注目の「興行中止保険」、でも補償は対象外 撮影:今村拓馬 西川さんの言及にあった「保険」について、今、注目が集まっているのが、イベント中止による損害を補償する「興行中止保険」だ。 しかし、Business Insider Japanが大手損保3社に問い合わせたところ、各社、新型コロナウイルスの感染が原因で中止になった場合は 「原則、補償の対象外」だという。 「保険は過去の事例を元に制度設計します。 悪天候や交通機関の事故などと違い、被害の規模やリスクが現状で予測できない感染症は、対象になりづらいんです」 と、ある大手損保の担当者は言う。 また、今から興行中止保険に加入するとしても、 「新型コロナウイルスの感染が一定程度広まっているので、補償が前提になってしまう。 審査も厳しくなるでしょう」 また3社ともに、今回の 政府のイベント自粛要請は、すぐに保険の審査基準などに影響しないとした。 ある大手損保は「政府の見解や、実際のイベントの実施状況は注視していくが、興行中止保険の枠組みが抜本的に変わることはない」。 また別の大手損保は「政府方針を受けて中止したイベントだから保険の対象になる、などの判断はないと思う。 あくまで感染症の影響で制度設計していく」と話す。 一方で、興行中止保険は基本的にオーダメード設計だ。 大手損保2社は、リスク規模が比較的明確になっている感染症については、補償の対象とする契約も過去にあったという。 補償や融資は「死活問題」、周辺業者や宿泊・飲食に影響も Perfumeの公演中止を知らせる掲示板。 撮影:大塚淳史 イベント中止を受けて、Twitterには関係者からの悲痛な声も上がる。 その多くが、政府への補償を求めるものだ。 「 フリーランスのコンサートスタッフです。 中止、延期は仕方がないことだと思います。 政府がそれを言うならきっちり生活保障してください。 個人事業主の僕らは何も保障がないので現場飛んだらハイそれまでヨ。 収入がまるごと消えます」() 「 政府はイベント中止要請を出すなら、セットで補償や融資を決めてくれないと、 バタバタ倒産するのは目に見えてる。 収入は途絶える。 払いはある。 そんなのに耐えられるのはよほどの大企業だけ。 主催者、出演者だけじゃない。 周辺業者、近隣宿泊飲食施設、交通機関…全部影響する。 政府は中小支援を!」() 「試合の中止、延期の場合にクラブ以上に心配なのは スタジアムにお弁当やスタグル(スタジアムグルメ) 、グッズを出していたりする零細の専門業者。 もう 死活問題だと思います。 東京都は21日、都が主催するイベントについて今後3週間は、500人以上の参加者が集まったり、食事を提供するものはすると発表。 これまでなっている。 今回の決定にあたって、稼働を失った働き手も数多くいるだろう。 補償について、東京都政策企画局の担当者は言う。 「補償については、 東京都として一律の方針を設けているわけではありません。 イベントを担当する各部局に任せており、委託した業者や個人とも担当部局が個別に話し合っています」 今回の都の決定を受けて中止になったイベントの1つが、だ。 22日に開催を予定していたが、前日の21日に中止が決定。 参加費は無料で、タレントなど複数のトークショーを予定していた。 イベント運営は業者に委託していた部分もあるという。 イベントを担当する生活文化局都民生活部地域活動推進課によると、 「前日に中止が決まったこともあり、その連絡などで今はまだバタバタしている段階。 当日何人のスタッフが稼働する予定だったのかは委託していた業者に聞かないと分かりませんが、運営に必要な人を用意してくれていたはずです。 補償に関しては、これから実際にかかった費用などを聞き、話し合っていくつもりです」 政府はさらなる支援の検討必要か.

次の

三重県|感染症:新型コロナウイルス感染症に係る県主催イベントの中止・延期情報

コロナ イベント 中止

【目次】本記事の内容• 残念! 新型コロナ感染防止のためイベント&行事が続々中止 季節の風物詩である全国のイベントや行事が次々と中止や延期になっています。 適宜、中止・延期情報を掲載していきます。 全国のイベント中止&休園情報一覧(株式会社KADOKAWA「Walker+/ウォーカープラス 」) 新型コロナ拡大防止のため、全国でのイベントが続々と中止になっています。 また、遊戯施設等も休園が続いている状況です。 主だった有名イベントやスポーツ大会の情報はピックアップしていますが、それ以外の情報は株式会社KADOKAWA「Walker+/ウォーカープラス 」のリンクを貼っておきます。 役立てていただければ幸いです。 「おうち遊園地」が4月28日にオープン! 15の遊園地の人気アトラクションが動画で楽しめる特設サイトです。 東日本遊園地協会に加盟する遊園地による企画です。 「おうち遊園地」 参加している15の遊園地はつぎのとおりです。 遊び実験が楽しめる動画も掲載中。 ご家族でチェックしてみてはいかがでしょう。 2020年5月に中止となったイベント 5月2・3日:博多どんたく港まつりは中止 事前の練習等も含めて集団感染リスクが想定されることや、例年200万人を超える人出があることから全国的な感染拡大に繋がると懸念されるため、中止。 神事のみで一般の方の観覧・参加はできません。 開催の最終的な判断については、決定次第、柏崎市のホームページで情報を公開します。 「第70回湘南ひらつか七夕まつり」の名称は来年の開催に使用します。 延期開催もありません。 令和3年に第67回茂原七夕まつりとして開催する予定です。 gionmatsuri. 前夜祭の「仙台七夕花火祭」も中止。 一方、 岸和田地区は対策を講じた上での実施。 東日本大震災の年の2011年以来、中止は2回目。 6月13日(土)以降の試合開催についても未定。 代替開催日およびチケットの取り扱いについても、決定次第告知。 無観客開催からスタートし、感染拡大状況など鑑みて対応。 しかし、各地の高野連で独自に大会開催の動きも。 中止が濃厚だが、代案として1年延期も。 どうぞよろしくお願いいたします。 肩書きは「エディトリアル・アーティスト」&捨て身の高熱量「プロ無謀家」。 集めて、編んで、外に発信することが生業。 文章、映像、写真、イベント、コミュニケーションなどを活用しながら編み、考えていることを掘り下げて伝えていきたいと思っています。 また、自分に負荷を与えるのが好きな性質を利用して、「プロ無謀家」として獣道を切り開きたいと思っています。 サイトタイトルの『インテリジェンス・ライフ』は「intelligence for good life」の略。 生きた情報(インフォメーションではなくインテリジェンス)を大切にしたいという願望からつけました。 192• 102• 162• 125• 161• 102•

次の

[議論]新型コロナウイルス、イベント中止?開催? 迫られる選択:日経ビジネス電子版

コロナ イベント 中止

政府のイベント自粛要請を受け、急きょ公演を中止したPerfume。 東京ドームには多くのファンが集まっていた。 撮影:大塚淳史 2月26日、政府は今後2週間程度、大規模なスポーツ・文化イベントを中止もしくは延期、または規模を縮小するよう要請した。 これを受け、EXILEやPerfumeは「政府に要請された方針に従う」として急遽、同日夜に予定していた公演を中止。 他にも星野源、TWICE、劇団四季など多くのアーティスト、団体が公演中止を発表している。 政府がイベント開催について明確な方針を示したのは、この日が初めて。 前日25日に発表した基本方針でも「全国一律の自粛要請を行うものではない」とし、開催の必要性を改めて検討するよう要請するに止まっていた。 そのため関係者からは、戸惑いの声がTwitterに上がっていた。 能楽師・槻宅聡さんは「丸投げに等しい」とツイート。 「能・狂言を主催する側としては、一律の自粛は求めないのに、開催の必要性を検討してほしい、というのは 判断を丸投げされたに等しい。 中止すればチケットは払い戻し、会場へは使用料を、出演者には違約金を払わなければならない。 この損害に耐えられる主催者でなければ開催するしか選択肢がない」 出典:西川貴教さんツイッター 「中止や延期の補填も当然なく、開催して感染者を出せば関係者全員が、先ず間違いなくメディアやネットで袋叩きにあうでしょう。 そもそも国が検査すらまともに把握出来てないし、その検査も入院レベルの肺炎になってからじゃないと受けさせてもらえないので、熟考しています」 「会場は早くて2年前から手配がはじまり、お客様を入れずとも多くのスタッフを危険に晒します。 一律に後ろにスライド出来るなら延期も即判断出来ますが、自己責任とされているので足並みは揃いません。 保険もリスクを取って加入は難しいです」と、その内情を打ち明けていた。 その後、3月のライブの全日程を延期する旨を公表している。 一方、前出の能楽師・槻宅聡さんは「3月15日まで国立能楽堂が主催する公演は中止するそうですが、 貸し会場としての公演は主催者判断に任せるとのことです。 悩ましいです」とツイート。 26日、文部科学大臣からの要請を受けて、やなどは主催公演の中止を発表しているが、能楽堂の貸劇場公演に関しては、主催者に問い合わせるよう求めていた。 注目の「興行中止保険」、でも補償は対象外 撮影:今村拓馬 西川さんの言及にあった「保険」について、今、注目が集まっているのが、イベント中止による損害を補償する「興行中止保険」だ。 しかし、Business Insider Japanが大手損保3社に問い合わせたところ、各社、新型コロナウイルスの感染が原因で中止になった場合は 「原則、補償の対象外」だという。 「保険は過去の事例を元に制度設計します。 悪天候や交通機関の事故などと違い、被害の規模やリスクが現状で予測できない感染症は、対象になりづらいんです」 と、ある大手損保の担当者は言う。 また、今から興行中止保険に加入するとしても、 「新型コロナウイルスの感染が一定程度広まっているので、補償が前提になってしまう。 審査も厳しくなるでしょう」 また3社ともに、今回の 政府のイベント自粛要請は、すぐに保険の審査基準などに影響しないとした。 ある大手損保は「政府の見解や、実際のイベントの実施状況は注視していくが、興行中止保険の枠組みが抜本的に変わることはない」。 また別の大手損保は「政府方針を受けて中止したイベントだから保険の対象になる、などの判断はないと思う。 あくまで感染症の影響で制度設計していく」と話す。 一方で、興行中止保険は基本的にオーダメード設計だ。 大手損保2社は、リスク規模が比較的明確になっている感染症については、補償の対象とする契約も過去にあったという。 補償や融資は「死活問題」、周辺業者や宿泊・飲食に影響も Perfumeの公演中止を知らせる掲示板。 撮影:大塚淳史 イベント中止を受けて、Twitterには関係者からの悲痛な声も上がる。 その多くが、政府への補償を求めるものだ。 「 フリーランスのコンサートスタッフです。 中止、延期は仕方がないことだと思います。 政府がそれを言うならきっちり生活保障してください。 個人事業主の僕らは何も保障がないので現場飛んだらハイそれまでヨ。 収入がまるごと消えます」() 「 政府はイベント中止要請を出すなら、セットで補償や融資を決めてくれないと、 バタバタ倒産するのは目に見えてる。 収入は途絶える。 払いはある。 そんなのに耐えられるのはよほどの大企業だけ。 主催者、出演者だけじゃない。 周辺業者、近隣宿泊飲食施設、交通機関…全部影響する。 政府は中小支援を!」() 「試合の中止、延期の場合にクラブ以上に心配なのは スタジアムにお弁当やスタグル(スタジアムグルメ) 、グッズを出していたりする零細の専門業者。 もう 死活問題だと思います。 東京都は21日、都が主催するイベントについて今後3週間は、500人以上の参加者が集まったり、食事を提供するものはすると発表。 これまでなっている。 今回の決定にあたって、稼働を失った働き手も数多くいるだろう。 補償について、東京都政策企画局の担当者は言う。 「補償については、 東京都として一律の方針を設けているわけではありません。 イベントを担当する各部局に任せており、委託した業者や個人とも担当部局が個別に話し合っています」 今回の都の決定を受けて中止になったイベントの1つが、だ。 22日に開催を予定していたが、前日の21日に中止が決定。 参加費は無料で、タレントなど複数のトークショーを予定していた。 イベント運営は業者に委託していた部分もあるという。 イベントを担当する生活文化局都民生活部地域活動推進課によると、 「前日に中止が決まったこともあり、その連絡などで今はまだバタバタしている段階。 当日何人のスタッフが稼働する予定だったのかは委託していた業者に聞かないと分かりませんが、運営に必要な人を用意してくれていたはずです。 補償に関しては、これから実際にかかった費用などを聞き、話し合っていくつもりです」 政府はさらなる支援の検討必要か.

次の