ポメラニアン 病気。 ポメラニアンがかかりやすい病気は?骨や喉、脳の病気に注意

ポメラニアンの咳やくしゃみ、病気の可能性は?逆くしゃみとは?

ポメラニアン 病気

ポメラニアンの抜け毛(脱毛症)原因、治療、予防法 動物看護士 トリマー 山之内さゆり先生 ポメラニアンの抜け毛(脱毛症)について ふわもこでまるでお人形のような姿形をしたポメラニアンは、すごく活発で人懐っこくエネルギッシュな印象が強い犬種で、最近では茶色だけではなく白や黒といったいろいろなカラーのポメラニアンもよく見かけるようになってきましたね。 ふわふわでサラサラした毛のポメラニアンは、見た目だけだとあまり抜け毛がないようなイメージをもたれがちですが、実はダブルコートなので抜け毛が多い犬種でもあります。 こまめなブラッシングと定期的なトリミングを疎かにしてしまうと、すぐに毛玉ができたりアンダーコート(下毛)が抜け切れずに根元に密集してしまい、皮膚と勘違いしてしまうような毛玉のコート状態になってしまいます。 しかし、そうした日常的な抜け毛ではなくさまざまなことが原因となって起こる病的な抜け毛があり、ポメラニアンに目立って見られる疾患として、アロペシアX、皮膚糸状菌、アカラス、があります。 ポメラニアンの抜け毛(脱毛症)の原因となる病気 ポメラニアンに特に発症しやすいアロペシアXの原因、症状、治療法 まず、ポメラニアンに特に発症しやすいと言われているものが、アロペシアXです。 アロペシアXは脱毛症Xとも言われているのですが、実は何が原因となっているのかわからない原因不明の脱毛症です。 そのため、偽クッシング症候群や副腎性ホルモン欠損症などさまざまな呼び名がありますが、ホルモンバランスの乱れが関係しているのではないかと言われています。 アロペシアXの症状は、頭と手足以外の毛が異常に抜けて、かゆみがないのが特徴です。 最初はただの抜け毛時期なのかな?といった認識しかないのですが、あまりにも抜け毛が続きしかもその量がすごいので「おかしいのでは?」と思って診察に来られるパターンがほとんどです。 アロペシアXの治療法は、その原因がはっきりしていないために特定の治療法というものがありません。 アロペシアXだと診断がでた場合は、ホルモンバランスを整えるような薬や推奨されるサプリメントなどを試してその反応を見ます。 しかし、それでも反応がない場合もありますし、食事をスキンケア系のフードに変えることで改善する場合もあるなどさまざまです。 幸いにもかゆみがないため、生活する上でストレスを感じさせずに済むのが救いではありますが、落ち着かなければふわさらとはほど遠いスカスカな状態になってしまうので、可能性のあるものは試していくといいでしょう。 皮膚糸状菌症の原因、症状、治療法 次に皮膚糸状菌症です。 皮膚糸状菌症を引き起こす原因は真菌(カビ)です。 真菌は土にいたり寝床が不衛生だったりしても発症しますし、真菌を保有している動物に接触した場合も感染します。 特に免疫力が低下していると感染しやすいため、他の動物と接触する機会がなかったとしても、生活環境が不衛生な状態だと皮膚糸状菌症になる危険性が高くなるため、清潔にしてあげるようにしましょう。 皮膚糸状菌症の症状は、かゆみと一緒に背中や足などに丸い脱毛が見られます。 周りにうっすらとカサカサのようなものができるため、患部がドーナツ状の脱毛に見えたりもします。 皮膚糸状菌のカビは人にも感染するため、もし疑わしい症状が出たり実際に感染していた場合は、必ず触った後は石鹸で手を洗いその子が触れたものは消毒をするなど、徹底した管理が必要となります。 皮膚糸状菌症の治療は、抗真菌剤を注射あるいは飲み薬を投与して、合わせて真菌を抑える薬用シャンプーを使って患部を薬浴し、内側と外側から治療をしていきます。 かゆみや赤みがあり、しかも普通ではない脱毛の仕方をしているのであれば、様子を見るよりは気付いた段階で動物病院を受診することをお勧めします。 アロペシアXの場合は異常なのかどうかがわかりにくいのですが、もし異常な抜け毛でなければブラッシングをしていると、だいたい抜け毛が落ち着いてきます。 一方、異常な抜け毛だとブラッシングをいくらしても抜ける量が変わりません。 ブラッシングをすればするほど薄くなっていくため明らかにおかしいので、そうした場合も一度、動物病院に相談してみるようにしましょう。 ポメラニアンのアロペシアXの治療例 ポメラニアンだからこそなってしまう可能性の高いアロペシアXですが、実際にアロペシアXになると本当に一体何が原因なのかがわからないので、検査や消去法によって可能性を絞り最終的な診断にいたります。 ただ、元気食欲も変わりなく毛が抜けるということ以外は異常が見られないため、その点では少しの安心もありますが、どうしてあげればいいのかわからないため、やっぱりすごく心配になるものです。 私が出会ったポメラニアンは黒い毛の女の子で、子犬の頃からずっとトリミングなどで来てくれていました。 ある時トリミングでカウンセリングのときに、「やけにスッキリなっているなぁ、痩せたのかな?」と思ったのでダイエットでもしたのか聞いてみたんです。 ですが、別に急激なダイエットをしているわけではないことと、実際体重計で体重を測っても体重の変化はなく、単純に毛量が少なくなっているだけだとわかりました。 6年間ずっと来てくれていたので変化にはすぐ気付きましたが、かゆみも赤みもなかったため、ただいつもよりも抜け毛が多かっただけなのかな?とも思ったのです。 しかし、実際にトリミングを始めたときにブラッシングをしてもいつまでもいつまでも毛が抜け続ける…シャンプーをしたらごっそりと毛が抜ける…ドライヤーで乾かしているときも異常なほど毛が抜ける…。 これは絶対おかしいと思い診察をした結果、もしかしたらアロペシアXの可能性があるということで、食事を先に変えてみることにしました。 もともと乾燥肌で保湿性のシャンプーとトリートメントでトリミングをしていたので、食事を変えることでなんらかの反応があるのではないかという決定でした。 これがアレルギーとかなら1~2ヶ月で状態がわかるのですが、アロペシアXの場合はどのくらいで反応が見えるのかは、はっきりとわかりませんでした。 ただ、2ヶ月は皮膚の生まれ変わりの関係もあるので様子を見ようということになり、本来はアレルギー食として使っているフードを試してみました。 アレルギー食はアレルゲンをカットしてあるだけでなく、皮膚の免疫力を高める働きがもあるため、皮膚の健康力を高める意味でも試してみたのですが、幸いこの選択がその子にはあっていました。 3ヶ月したあたりから徐々に脱毛量が減り始め、逆に今まで抜け過ぎていたせいか、抜け毛が全くないと言っていいほどピタリと止まりました。 それ以来ずっとそのフードを食べ続けていますが、それでも時々すごく抜けることがあります。 ですが、以前のようにずっと抜け続けるわけではなくすぐに治るので、この子にとってはフードで安定することができているようです。 食事で注意することや予防法 ポメラニアンのふわさらの毛を脱毛から守るためには、皮膚と被毛の状態を常に清潔にしてあげることが何よりの予防法になります。 そのためにも、ブラッシングを定期的にしてあげたり、質のいい食事を与え、ストレス発散にお散歩をしたり思いっきり遊んであげるなど、心身ともにできるだけ健康を維持してあげることが大事です。 基本的なことかも知れませんが、いかにひとつひとつの予防法を質のいいものにしてあげるか、それによってまた結果は違ってくるので、可能な限り清潔にそして健康的に生活できるようにしてあげましょう。 *このコラムは山之内さゆり先生に記事を作成して頂きました。 【山之内さゆり先生】 トリマー、動物看護士 約10年間動物病院でトリマー兼動物看護士として勤務。 現場で得た知識と経験を情報として発信し、飼い主さんとペットが幸せに暮らせるためのお手伝いをしていきたいと思います。 と、いうか、ほとんど変わりない状態だったから、、、でも今は、フサフサふわふわぁ~~~ 毛が抜ける病気の進行自体は止められませんでしたが、皮膚の状態は良くなりました。 ガサガサして出来物あり、毛が無くてむき出しのお肌を掻きむしっていましたが、、、 ホームページ内のアガリクスに関する情報は、自社発表論文 (番号を赤字で記載)を含め以下の公開論文の内容を元にご紹介しております 1 S. Wasser et al. , Int J Med Mushrooms,4,267-290 2002 2 RW. Kerrigan et al. , Mycologia,97,12-24 2005 3 K. Wisitrassameewong et al. , Saudi J Biol Sci,19,131-146 2012 4 Y. Liu et al. , Evid Based Complement Alternat Med,5,205-219 2008 5 N. Ohno et al. , Pharm Pharmacol Lett,11,87-90 2001 6 S. Hashimoto et al. , Int J Med Mushrooms,8,329-341 2006 7 N. Ohno et al. , Biol Pharm Bull,24,820-828 2001 8 D. Yamanaka et al. , BMC Complement Altern Med,14,454 2014 9 D. Yamanaka et al. , Immunopharmacol Immunotoxicol,34,561-570 2012 10 D. Yamanaka et al. , Int Immunopharmacol,14,311-319 2012 11 N. Ohno et al. , Carbohydr Res,316,161-172 1999 12 M. Motoi et al. , Int J Med Mushrooms,17,799-817 2015.

次の

ポメラニアンの寿命はどのくらい?なりやすい病気の症状と予防法

ポメラニアン 病気

「ポメハゲ」って何? ポメラニアンと暮らしている皆さんの中にも知らないという方も多いのが「ポメハゲ」です。 ポメハゲは病気としては正式な名前はなく、原因も不明なポメラニアン特有の脱毛・貧毛の状態のことです。 発症する、性別や年齢は特に決まっていません。 頭や四肢以外の体の部分に、左右対称に毛の生えない部分が出来て気づかれるケースが大半です。 痒みがなく、緩やかに進行することからなかなか気づかないまま症状が進むことが多いのも特徴ですね。 獣医師としての経験上、サマーカットや柴犬風カットを行うポメラニアンに多いように感じます。 また、洋服や首輪、胴輪などで毛が擦られることで発生するケースもあるようです。 ポメハゲの症状とは? 飼い主さんが来院するきっかけとしては、 1)サマーカットをして、秋になって他の部分は毛が生えたのに一部から発毛が見られない。 2)ふわふわの毛並みが、毛質が荒く固くなり擦り切れたり折れたりしやすくなった。 3)体の一部だけ、毛並みが薄く感じる。 このようなお話をされるオーナー様が多いですね。 愛犬の年齢は本当に様々ですが、脱毛を伴う深刻なケースは年齢の高い愛犬に多いように感じます。 ポメラニアンは、美容室でカットやシャンプーをお願いされる方も多いため、トリマーさんから毛質の変化や脱毛を指摘されることもあります。 しっかり愛犬の様子を観察して下さるトリマーさんと仲良くしておくのも良いでしょう。 サマーカットとあとの毛が生えない、毛質が変わってきたなど気になる場合はかかりつけの獣医師に相談されることをお勧めします。 ポメハゲの治療について 原因が不明で、現実として脱毛が起こっているので動物病院にいらっしゃるオーナー様がほとんどです。 1)病院での治療 そんな中で獣医師によっては「原因は不明だから治療はしません」という方もいるようです。 確かに、原因は不明ですが毛根や皮膚のダメージを減らしてケアする治療は行うべきだと私は思います。 ですから、薬というよりはサプリメントで皮膚の再生を促すものをお勧めします。 皮膚炎などでも処方するサプリメントなので、大抵の動物病院には置いてあります。 2)オーナー様の対策 そのほかにも、首輪や胴輪、洋服など被毛を痛める原因になるものをつけっぱなしにしないなどオーナー様の対策も大事ですね。 3)美容室(トリミングサロン)での対策 美容室では、被毛を痛めるカラーリングなどは控えて、トリートメント効果の高い施術をお願いしましょう。 さらに、サマーカットをお願いする際は少し長めに仕上げてもらうのも予防対策としてはオススメです。 経験上、豆柴カットや体を短くバリカンで仕上げるサマーカットの後に発毛が遅れるケースが多いです。 バリカン仕上げは、手早いですし価格もお手頃ですがポメラニアンのふわふわを保ちたいならおすすめしません。 ポメラニアンは被毛の豊かさも特徴のひとつなので、一部ハゲてしまうのはとても気になりますね。 まさかポメハゲという言葉があるとは思わず、ちょっと笑ってしまいました。 ポメラニアンはサマーカットで短くし過ぎてしまうと被毛が生えてこなかったり伸びなくなったり、毛質が変わってしまうことがある犬種です。 暑いからと短くしすぎないことが何よりの対策ですが、バリカンを使うとつい短くなりすぎてしまいますよね。 トリミングなどでもトリマーさんに長めにカットしてもらうように事前にお願いしておくといいですね。 犬は皮膚を守るために被毛があるので、短くカットすることで返って体調を悪化させてしまう可能性もあります。 暑そうだなぁと思っても別の方法で対策を練った方が良いと思います。 別の視点からみると、インスリン治療をしていると何度も同じようなところに針を刺すので、その部分の皮膚が硬化しハゲてしまうことがあります。 一度硬化してしまうとなかなか治りません。 この場合は注射する場所を毎日少しだけずらしながら打つと改善されます。 ハゲはストレスからくるものもあります。 もしポメハゲが見つかってしまったら、何かストレスになることがなかったか考えその原因を解消してあげてください。 サマーカットによって毛が生え難くなってしまう事はポメラニアンだけではなく、すべてのワンちゃんに共通しています。 しかし、フワフワした毛並みが特徴的なポメラニアンがハゲてしまう事は飼い主さんにとってショッキングであると考えられます。 ポメハゲは進行も遅いので発見が遅れがちになってしまいますが、ハゲの範囲が小さいうちに治療をすれば目立たなくなります。 したがって、早期発見も早期治療がポメハゲを防ぐ有効的な手段です。 また、サマーカットをする際に毛を短くカットし過ぎない事もポメハゲの予防となります。 毛が長い時と短い時とで印象が180度変わるポメラニアンはお洒落をさせてあげたくなります。 しかし、お洒落のせいで毛が生えなくなってしまっては気の毒なので、節度を持ってカットを依頼する事が大切です。 原因不明ということに少し怖さもありますが、毛を短くしすぎないということに関しては、飼い主さんが予防してあげられることだと思います。 カットの際に、一度トリマーさんに短くしたいと相談したことがあります。 ですが、やはり『一度バリカンを入れてしまうと同じ毛が生えてくるか保証はできないです』と言われたことがありました。 短いほうが涼しいだろう、という考えがそもそもの間違いなのだとその時トリマーさんの話を聞いて知りました。 ポメラニアンは、毛が長めなので暑そうですが毛が長いほうが風が入りやすく逆に長いほうが涼しいんですよね。 ただ、お腹は短めにしてあげると涼しいらしいです。 ポメラニアンは毛がふわふわでとても綺麗です。 うちのポメラニアンも今はハゲらしきものは見当たりませんが、注意してよく見てあげようと思いました。 ポメラニアンの毛質は独特で、一度バリカンを入れてしまうとほよほよした変な毛質に変わってしまうと聞いています。 なので、私が利用しているトリミングサロンでは、必ずすべてハサミで仕上げているようです。 知らずにポメラニアンを飼ったばかりの方が、バリカンで体を短くカットしてしまい、首から上と首から下の毛質が見事に変わってしまい後悔しているところに居合わせました。 毛質が変わってしまったことで、見た目の色や質感も変わってしまいちょっとおもしろい感じになってしまっていましたが、犬自身はなんてことなくニコニコしてかわいかったです。 暑くなるとどの犬種もサマーカットといって短くしますが、実際犬は冷房の効いた部屋におりますし、サモエドのような超密度のモフモフ犬でない限りはそう短くする必要はないそうですよ。 昔飼っていたポメラニアンちゃんが、よくポメハゲになりました。 原因は毎回違いました。 初めてのポメハゲは、ハーネスが擦れることによるもので、すぐに、改善しましたが、二回目は、原因がアレルギーでした。 何のアレルギーかを血液検査で調べていただきました。 すると、スギとハウスダストでした。 私にはわからなかったのですが、ハゲている以外に、口の中も少し腫れているし目もすこし赤いですよと指摘されました。 すぐに治療してもらい、点滴でかなり楽になりまして、目やにが出て赤かった目もきれいになりました。 公園には杉の木があって、それに反応したので違う公園に行くようになってからは、すっかりとアレルギーがでなくなりました。 もちろん、ハウスダストもアレルゲンになることがわかったので、寝床や部屋全般を掃除して清潔さをキープしていました。 ポメハゲもなくなり、平和になりました。 色んな原因でなるポメハゲには早期発見と原因究明が一番大切ですね。 ポメハゲと言うのが一般的なのか分かりませんが、先代の子は一度もサマーカットにしなかったけど発症しました。 見た目はライオンの様に、顔周り以外は殆ど毛がない位まで進行して可哀想な感じでしたが、先生には「本人は痛くも痒くもないから、飼い主さんが気にしないならそのままでも大丈夫ですよ」と言われました。 生涯の半分以上は薄毛のまま、サプリメントによる治療を続けて 12歳を迎える頃に突然産毛の様な発毛が見られ、先生と共に「こんな事もあるんですね」って驚き喜び合いました。 その後 奇跡的にフサフサのポメラニアンに戻りましたが、長生きは出来ませんでした。 最期に発毛の為に生きるパワーを使ってしまったのかな、と 申し訳ない気持ちが残ります。 原因も治療法も確立していない病気なので 正解は無いのですが、また同じ状況になったら、やはりサプリメントを頼ってしまうと思います…。

次の

ポメラニアンがかかりやすい病気は?寿命は?長生きのポイントまとめ

ポメラニアン 病気

p-well. 膝蓋骨とは膝にあるお皿のことで、パテラ(膝蓋骨脱臼)は膝蓋骨が正常な状態からずれてしまっている状態をいいます。 パテラ(膝蓋骨脱臼)は、内側にずれているものを内方脱臼、外側にずれているものを外方脱臼といいますが、圧倒的に内方脱臼のケースが多いようです。 また、パテラ(膝蓋骨脱臼)は、先天性のものと後天性のものに分けられます。 先天性のものは、滑車溝(膝蓋骨が上下に滑る溝)が浅かったり、筋肉や靭帯の発育異常が原因で、年齢を経るに従い脱臼するケースです。 後天性のものには、落下や急激な方向転換により脱臼するケースがあります。 パテラ(膝蓋骨脱臼)にならないように気をつけること 先天性の場合は仕方がないにしても、できることならパテラ(膝蓋骨脱臼)にならないように気をつけたいと思うのが、飼い主としては当然ですよね。 パテラ(膝蓋骨脱臼)にならないように気をつけることとして、まずは滑りやすいフローリングにカーペットなどを敷いて足に負担がかからないようにすることが大事です。 また、足裏の毛をカットしてあげたり、筋肉が落ちないように適度な運動も必要です。 そして、ただでさえ骨が華奢だといわれているポメラニアンですから、 肥満は足に負担がかかってしまいます。 飼い主が日常的に肥満を防ぐように体重管理してあげることが必要です。 さらに、ジャンプや急な方向転換は足を痛める原因になりますので注意しましょう。 保険会社のアニコムに後ろ足エクササイズのがありました。 パテラ(膝蓋骨脱臼)の症状 パテラ(膝蓋骨脱臼)の症状は重症度によってグレードが4段階に分かれています。 グレード 症 状 グレード1 膝蓋骨を押すと脱臼しますが、離すと元に戻る状態です。 普段の生活では無症状のことが多く、たまにスキップをするような歩き方をします。 グレード2 膝を曲げると膝蓋骨が脱臼する状態となりますが、足を伸ばすと元の状態に戻ります。 グレード3 脱臼したままの時間の方が長くなるため、足を触れるだけか、足が着かなくなったりします。 グレード4 常に脱臼したままの状態で、足をずっと上げた状態で歩きます。 歩くときは背を曲げ、うずくまった様な姿勢になります。 もし、愛犬が足を引きずるような歩行をしていたら、パテラ(膝蓋骨脱臼)になっている場合があります。 心配な方は早めに受診された方が良いでしょう。 blog. fc2. グレードが低い場合は、体重制限や運動制限、レーザー治療やサプリ、非ステロイド系消炎鎮痛剤など症状に応じて選択するようです。 また、グレードが低い場合でも、膝蓋骨の位置がずれている生後5~6ヶ月の幼犬は、筋が固くなるので手術する場合があるそうです。 また、手術の場合、動物病院によっても異なりますが、手術費用は10万円から35万円程度のようです。 スポンサーリンク 最後に パテラ(膝蓋骨脱臼)になっていても、グレードが低い場合、普段は症状がほとんど出ないので、気付かないケースも多いようです。 そして、飼い主が、しっかりと室内環境の改善や体重管理、適度な運動をさせることで、パテラ(膝蓋骨脱臼)のグレードを維持させることは可能のようです。 愛犬が将来パテラ(膝蓋骨脱臼)の痛みを感じないように、普段から獣医師と相談しておくのも良いかも知れません。 スポンサーリンク.

次の