膀胱 癌 血尿。 可怕的血尿

前立腺癌・膀胱癌|神戸市兵庫区 やまの泌尿器科|JR兵庫駅北口1分

膀胱 癌 血尿

小便帶血,一般人都會十分警覺,但亦有人誤以為血尿是發炎所致而不予理會。 直至發現腫塊阻塞其他器官才急急求醫,經專家檢查後確診患上膀胱癌。 有泌尿外科專科醫生指出,膀胱不像大腸有息肉,所以當膀胱長出腫塊,九成是癌瘤。 故此醫生提醒市民一旦出現血尿就要提高警惕,須及早求醫及緊密監察,才有助提高治愈機會,並保留膀胱及降低死亡率。 泌尿外科專科醫生林建文表示膀胱癌不算常見,每年約有300至400宗新症。 膀胱癌主要分兩大類,七成病人的癌腫屬表淺性膀胱癌,而另外三成則屬於滲潤性膀胱癌,與前者分別在於腫瘤是否已侵蝕膀胱肌肉。 男女的發病比例為3比1,而病人發病年齡多為65歲以上。 血尿或只偶然出現 林建文指出愈早發現膀胱癌就愈容易醫治,因此當病人出現血尿等病徵便須提高警覺並立即求醫。 「有部分個案血尿情況並不明顯,可能只會偶然出現,有時甚至多番求醫後被當作膀胱炎或尿道炎,直至病情不斷反復才再向專科醫生求助。 」另外,亦有腎病病人的膀胱癌腫不斷長大,阻塞了輸尿管出口引致腎衰竭。 手術加化療治表淺性膀胱癌 當出現懷疑徵狀時,林建文解釋通常會作幾個方法診斷,「包括膀胱內窺鏡、電腦掃描等,觀察是否出現腫瘤及擴散情況。 一旦發現表淺性膀胱癌便可利用內窺鏡手術批走癌腫,並加上膀胱灌注式的化療。 」 雖說表淺病人病情較輕微,但部分高危病人有可能頻密復發,甚至會惡化成滲潤性膀胱癌。 醫生會建議他們注射卡介苗減低復發的風險,但病人可能會出現尿急、尿頻等副作用,並須定期接受膀胱鏡檢查以便及早發現任何病情變化。 定期監察病情 林建文表示,「由於膀胱癌復發風險高達七至八成,一旦腫瘤侵蝕至深層膀胱肌肉,就可能要切除整個膀胱保命及終身打理人造膀胱,所以病人術後要定期照膀胱鏡監察病情。 」根據歐洲泌尿學會建議,所有病患者首年必須每3個月作膀胱鏡以及尿液細胞學檢查,若無發現復發的跡象則維持每3個月跟進一次,直到兩年之後才可改為每半年跟進一次。 等滿5年後,再延長為每年監察一次。 所以說,膀胱癌治療及監測是一個長期的承諾。

次の

闘病記パート4「ワイン色の血尿」

膀胱 癌 血尿

膀胱癌是指发生在膀胱黏膜上的恶性肿瘤。 是泌尿系统最常见的恶性肿瘤,也是全身十大常见肿瘤之一。 占我国泌尿生殖系肿瘤发病率的第一位,而在西方其发病率仅次于前列腺癌,居第2位。 2012年全国肿瘤登记地区膀胱癌的发病率为6. 膀胱癌可发生于任何年龄,甚至于儿童。 其发病率随年龄增长而增加,高发年龄50~70岁。 男性膀胱癌发病率为女性的3~4倍。 既往将膀胱黏膜上皮称为移行细胞,1998年WHO与国际泌尿病理学会联合建议用尿路上皮一词代替移行细胞一词,以区别于在鼻腔以及卵巢内的移行上皮,使尿路上皮成为尿路系统的专有名词。 2004年WHO《泌尿系统及男性生殖器官肿瘤病理学和遗传学》中尿路系统肿瘤组织学分类中膀胱癌的病理类型包括膀胱尿路上皮癌、膀胱鳞状细胞癌、膀胱腺癌,其他罕见的还有膀胱透明细胞癌、膀胱小细胞癌、膀胱类癌。 有些患者可能在相隔若干时间后再次出现血尿。 血尿的染色由浅红色至深褐色不等,常为暗红色,有患者将其描述为洗肉水样、茶水样。 出血量与血尿持续时间的长短,与肿瘤的恶性程度、大小、范围和数目并不一定成正比。 有时发生肉眼血尿时,肿瘤已经很大或已属晚期;有时很小的肿瘤却出现大量血尿。 有些患者是在健康体检时由B超检查时发现膀胱内有肿瘤。 这多由于肿瘤坏死、溃疡、膀胱内肿瘤较大或数目较多或膀胱肿瘤弥漫浸润膀胱壁,使膀胱容量减少或并发感染所引起。 膀胱三角区及膀胱颈部的肿瘤可梗阻膀胱出口,而出现排尿困难的症状。

次の

血尿

膀胱 癌 血尿

用を足した際にみられた血尿。 女性の場合、生理が原因なのか、血尿によるものなのか見分けることが難しく気になった方もおられるのではないでしょうか。 生理によるものならば問題はありませんが、もし生理が原因でない血尿だった場合を考えると不安になりますよね。 そこで今回は、血尿か見分ける方法と女性の血尿の原因として多いものはなにか、泌尿器科医165名に聞いてみました。 生理か血尿かを見分けるにはどうしたらいいの? 女性の場合、「生理」があるため排尿に血が混ざっていても、生理が原因なのか血尿が原因なのか判別しづらいと思われる方もおられるのではないでしょうか。 まずは、「生理による出血と血尿を見分ける適切な方法は何ですか」という質問を行い、医師の方々に回答をいただきました。 血の色• 出血の量• におい• 生理周期・期間かどうか• 出血期間• 排尿時の痛み• 性器のかゆみ• 頭痛・腹痛の有無・腰痛などの随伴症状• 出血期間見分けることは難しい• その他 以下が結果となります。 50代男性 泌尿器科 血尿は排尿時のみです。 生理は排尿時でなくとも区別なく出血します。 50代男性 泌尿器科 まずは生理について聞きます。 40男性 泌尿器科 周期。 期間かどうかとは相当因果関係あると思います。 50代男性 泌尿器科 排尿時以外でも出血しているかどうかです。 50代男性 泌尿器科 正しくは導尿すれば分かります。 50代男性 泌尿器科 生理の出血は基本的にはほとんど普通の血液の色です。 50代男性 泌尿器科 内診すると大体分かります。 下着が血で汚れる様なら性器出血の可能性が大です。 30代男性 泌尿器科 尿に血が混じるか、下着やパットに血がつくかの違いです。 40代男性 泌尿器科 月経がある若年の女性については生理の時期をうまく外して診療するのが重要だと思います。 50代男性 泌尿器科 生理期間中の受診 検査 はできるだけ避けてもらいます。 40代男性 泌尿器科 生理でない日の再診が必要です。 50代男性 泌尿器科 月経が終了してから再検しています。 30代男性 泌尿器科 どうしても判別がつかなければ、泌尿器科、産婦人科両方に診察してもらえばよいと思います。 50代男性 泌尿器科 導尿で検尿するのが一番です。 集計の結果、 「生理周期・期間かどうか」と回答していた医師の割合が最も多いことがわかりました。 医師のコメントからも、「まずは生理について聞きます。 」「期間かどうかとは相当因果関係あると思います。 」という意見が多くみられました。 このことから、生理なのか血尿なのかを判断するには、 生理周期、期間であるかどうかを重要な基準と考えている医師が多く存在するようです。 また、その他に生理か血尿かを判断する方法として挙げられた意見は、 下着などに血がつくかどうかでした。 血尿の場合は、排尿時のみに血が見られ、排尿時以外にも出血が見られる場合は生理と考える医師もいるようです。 さらに、排尿時にみられる血の原因が生理なのか血尿なのかを確実に見分けたい場合、 泌尿器科、産婦人科の両方に診察してもらうことを勧める意見もありました。 他にも、導尿を行うのが良いとするコメントも見られました。 参考: このように、導尿によって検査することが良いと考える医師もいることから、しっかりと原因を特定するべき状況では、導尿検査を医師から提案される可能性がある、と心構えをしておく方がよさそうです。 膀胱炎との回答が85%と最多 もし、血尿であった場合、考えられる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。 次に、「女性の血尿の原因として最も多いものは何ですか」という質問を行い、医師の方に回答をいただきました。 以下が結果となります。 60代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 膀胱炎の半分くらいに肉眼的血尿を認められます。 60代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 膀胱炎に頻度が最も高いと思われます。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 検尿をすると膀胱炎による血尿かそれ以外の原因を考えなければならないのかわかります。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 若い急性細菌性膀胱炎が一番多いです。 高齢者では膀胱癌です。 60代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 泌尿器科疾患で最も多い疾患は急性膀胱炎です。 以前は女性の膀胱癌は少数で49歳以下では少なかったですが、近年20、30歳代でも稀ではありますが以前より発生頻度が増加しています。 このため若い泌尿器科医を含めて膀胱炎を診断する先生は若年者の膀胱炎では膀胱癌が念頭になく抗生剤で治療されてしまい、後々、進行癌の状態で受診されたり、ひどい場合1年以上放置された 血尿を繰り返しそのころ発生したと予測 症例が来院。 患者さんがもう少し早く診断して欲しかったと不満が多く対応に苦慮しております。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 外来女性患者の血尿で一番頻度が高いのは膀胱炎です。 ほとんどに排尿症状を伴います。 50代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 がんも多いですけれど、膀胱炎は20ー70代と幅広いので、結局多く見ることがあります。 膀胱表面の粘膜浮腫、破綻から血尿になることはザラです。 40代男性 泌尿器科 「膀胱炎」 排尿時痛があればほぼ膀胱炎と思います。 50代男性 泌尿器科 「尿路結石」 やはり尿路結石でしょう。 40代男性 泌尿器科 「糸球体腎炎」• 腎臓内科的な疾患から結石や腫瘍など幅広いです。 50代男性 泌尿器科 「膀胱癌」 血尿の出現している年齢に左右されます。 60代男性 泌尿器科 「腎盂腎炎」 腎盂腎炎は多いように思います。 ストレス、冷え、トイレの我慢などが原因です。 集計の結果、医師の85%が「膀胱炎が原因」であると回答する結果となりました。 膀胱炎については、以下の通りに説明されています。 膀胱炎とは ・通常、膀胱炎の原因は細菌です。 ・症状としては、頻尿と排尿時の痛みや灼熱感が最もよくみられます。 ・診断は、しばしば症状に基づいて下されますが、通常は尿サンプルの検査も行われます。 ・感染自体と、しばしば症状に対する治療として、薬剤の使用が必要になります。 引用: 女性は尿道が短いことや、細菌が豊富に存在する膣や肛門と尿道との距離が近いことなどから膀胱炎になりやすいとされています。 上記の説明にもみられるように、膀胱炎の症状としては頻尿や尿意切迫、排尿時の灼熱感、痛み等がみられます。 症状は、数時間~1日中続くのが通常のようです。 参考: 医師のコメントによれば、膀胱炎は上記の症状に加え、血尿が認められるケースも多いようです。 このことから、多くの医師は、膀胱炎が原因であると考えているようです。 その他には、全体の5%と少ないものの、膀胱癌という回答も寄せられました。 膀胱癌は高齢者に多いと考えている医師がいる一方で、別の医師によれば、以前は49歳以下の女性には少なかった膀胱癌も現在では、20代、30代の若い世代でも発症率が増加しているとのことでした。 また、若年層での膀胱癌が増加していると考える医師からは、患者が若い年齢だったために、膀胱癌を疑われず膀胱炎と診断され治療を行ったものの、実際は違う病気だったために進行してしまった患者さんが来院されるケースもあるようでした。 調査の結果から、膀胱炎が原因と考える医師が多い結果となりましたが、膀胱癌など他の疾患もきちんと念頭におき、受診した方がよさそうです。 原因を特定するためには受診を 本調査によれば、血尿が生理による出血なのか血尿によるものなのか、判断するポイントとしては、「生理周期・期間かどうか」に最も支持が集まりました。 他にも、血尿の場合は排尿時なので、下着に血が付くか否かも重要な観察項目のようです。 また、女性の血尿の原因として多く考えられるものは、「膀胱炎」という意見が多く寄せられる結果となりました。 ただし、頻度は少ないながらも膀胱癌の可能性やその他の病気である可能性も考えられるため、それを念頭に置いた受診が大切のようです。 血尿か生理か悩み自己解決できない状況や、痛みなどの症状が見られるなどおかしいと感じた際は、一度病院を受診してみてはいかがでしょうか。

次の