ご理解いただきありがとう。 ビジネス英語の「ありがとう」の使い分け

「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語

ご理解いただきありがとう

<目次>• <英文ビジネスメール例文>• 英文ビジネスメールの末文の役割 『末文』の役割は、主に3点です。 重要事項の確認をする。 相手への具体的な依頼があれば記す。 感謝や、スムーズな意思決定を促す。 ビジネス英文メールというと、とかくビジネスライクに用件だけという印象がありますが、欧米でも人間関係は重要ですし、日本人特有の心遣いを末文に添えることで、好印象を与えられることも事実です。 また、日本人の場合、締めくくりとしての儀礼的な表現がないと落ち着かないという心理が働くこともあるでしょう。 そこで今回は、「感謝やスムーズな意思決定を促す」ための末文や人間関係を繋ぐ末文の例文を特にご紹介します。 英文ビジネスメール例文1. 人間関係を繋ぐ末文 I look forward to hearing from you soon. メールお待ち申し上げます。 I look forward to talking with you. お話しできる機会を楽しみにいたしております。 I hope we can keep in touch by e-mail. メール交換できれば、幸いです。 I look forward to your visit. ご訪問、楽しみにいたしております。 If you have any questions, please feel free to contact us at any time. ご質問等ございましたら、いつでもご連絡下さい。 Please give my best regards to your staff. スタッフの皆様にもくれぐれも宜しくお伝え下さい。 英文ビジネスメール例文2. 感謝を表す末文 I am much obliged to you. 厚く御礼申し上げます。 ご配慮心より御礼申し上げます。 Thank you very much for your prompt reply. 早速のご返信、ありがとうございます。 Thank you for everything. いろいろとありがとうございました。 Thank you very much for your help. ご助力ありがとうございます。 I appreciate your time and effort. ご尽力を感謝いたしております。 Thank you in advance. 宜しく御願い致します。 Thank you for your cooperation. ご協力ありがとうございます。 英文ビジネスメール例文3. 謝罪の末文 クレームへの対応や、相手に多少無理をお願いする内容のメールの場合には、謝罪の表現が必要になってきます。 「Please」や「We apologize」といったクッション言葉を使うとより効果的です。 We apologize for any inconvenience this may have caused you. この件につきまして、ご迷惑おかけいたしましたことお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。 I apologize for the short notice. 急なお知らせで申し訳ありません。 Please accept our deep apologies for your incovenience we have caused. ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。 Please accept our apologies. 本当に申し訳ございません。 Please accept our deep apologies for any inconvenience we may have caused you. すぐにお返事申し上げず失礼いたしました。 We apologize sincerely for the delay in payment. 支払いが遅れ申し訳ありません。 We appreciate your understanding of our situation. 何卒、事情をご理解くださいますよう御願い致します。 We would appreciate your understanding. ご理解の程、お願い申し上げます。 【関連記事】•

次の

「お気遣いいただきありがとうございます」の意味と使い方・例文

ご理解いただきありがとう

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

「平素より/平素は」とは?意味と使い方を知る

ご理解いただきありがとう

この記事の目次• ご了承いただきありがとうございます の意味 「ご了承いただきありがとうございます」は「納得・承諾してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご了承の意味は「事情をくんで納得すること、承諾すること」 ご了承(読み:ごりょうしょう)のもとになる単語は「了承」であり、意味は「事情をくんで納得すること」「承知すること」「承諾」 つまり「ご了承ください」だと意味は… 「事情をくんで納得してほしい」「理解したうえで承諾してほしい、認めてほしい」「了解してほしい」のように解釈できます。 すると意味は「納得・承諾してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご了承」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 了承 = 事情をくんで納得すること、承諾すること• すると「ご了承いただきありがとうございます」の意味は… 「納得・承諾してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご了承いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご了承いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご了承いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「了承」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「了承」に謙譲語「お・ご」で 「ご了承」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご了承いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご了承いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご了承いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに「納得してもらいたい・承諾してもらいたい」とお願いしたメールに返信がきたとき。 お礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご了承いただきありがとうございます」はとくに返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 在庫が無くて納期をのばすよう依頼して「OK」との返事をもらったとき。 -ビジネスメール例文- このたびの在庫不足にともなう納期調整に際し、 ご了承いただきありがとうございます。 のようにして使うと丁寧です。 「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」が丁寧 ただ注意点として「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」としたほうが丁寧な印象となります。 お礼のフレーズは「ありがとう」だけじゃなくって本当にたくさんあります。 お詫びをともなう時は「恐縮・恐れ入る」などを使うと丁寧 またお詫びシーンではお礼よりも「恐れ入ります=申し訳なく思う」「恐縮です=恐れ入ります」というように申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかったほうがよいシーンもあります。 そうすると…以下の例文のほうがよいでしょうね… 「ご了承くださいまして~」の「ください」は「くれる」の尊敬語「くださる」を使っています。 どちらを使っても結局は同じことを述べています。 「ご了承いただき vs ご了承くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご了承いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご了承くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご了承いただく=納得・承諾していただく」なのか「ご了承くださる=納得・承諾してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご了承いただきありがとうございます」「 ご了承くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導して くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご了承」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご了承いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご了承」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご了承」 お礼シーンだけじゃない「ご了承」の使い方。 ほかには何かしらの不都合がおきて目上や上司・取引先に「納得・承諾してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「ご了承くださいますようお願い申し上げます」 意味は「納得・承諾してくれるようお願いします」• 例文「ご了承のほどお願い申し上げます」 意味は「納得・承諾してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご了承いただければ幸いです」 意味は「納得・承諾してもらえたら嬉しいです」• 例文「ご了承いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「納得・承諾してもらいたいと思います」• 例文「ご了承いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「納得・承諾してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご了承いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「納得・承諾してね!よろしく」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご了承くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご了承くださいますよう お願いいたします」「ご了承くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご了承くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご了承」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「誠に恐縮ではございますがご了承〜」 「大変恐縮ではございますがご了承〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「誠に恐れ入りますがご了承〜」 「大変恐れ入りますがご了承〜」 「たびたび恐れ入りますがご了承〜」• お手数=お手間 「誠にお手数お掛けしますがご了承〜」 「大変お手数ではございますがご了承〜」•

次の