健康 診断 お金。 健康診断と助成金

「お金の健康診断」とは? 〜プロがお金の悩みを解決してくれる〜

健康 診断 お金

ご自身の家族構成や世帯年収などから、家計の状態が適切かどうかを同世代や似たような家庭環境の方と比較して判定することができます。 家計の問題点を解決するのに最適なお金のプロを紹介し、オンライン上で相談することができます。 それぞれ以下で詳しく紹介します。 1、家計の状態をチェック まず、あなたの家族構成や世帯年収、毎月の保険料などの情報に加えて、あなたの性格や興味のあることなど 全20の質問に対して回答します。 回答はチャット内で選択形式です。 全項目に回答すると、入力されたデータに基づきあなたのお金の健康診断結果が表示されます。 表示内容は、• お金に対する性格分析結果• 同年代、環境の人と比べて年収や貯蓄額が多い方か少ない方か• 同年代、環境の人と比べて家賃や保険料などの支出が多い方か少ない方か になります。 これにより、 家計に問題がないのか、どこが問題なのかを診断することができます。 2、お金のプロに無料でオンライン相談 「お金の健康診断」で問題があることがわかった方や、すでにお金の悩みを抱えている方はファイナンシャルプランナー(FP)や独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)といったいわゆる 「お金のプロ」に相談することが可能です。 「お金の健康診断」内でチャットを利用してお金のプロに直接悩みを相談することができ、お金のプロからアドバイスを受け取ることができます。 健康診断を受診された方は、 診断結果を元にご自身に合った最適なお金のプロが紹介されますので、ご希望であればそのままチャット画面に移行することもできます。 また、「お金の健康診断」のTOP画面からFP/IFAを検索することも可能ですので、ご自身に合ったお金のプロを選んでチャット相談することも可能です。 チャットは無料で利用可能となっていますので、気軽にご利用ください。 無料で利用できる• 家計に問題ないかを確認できる• オンラインで利用できる それぞれ詳しく見ていきましょう。 1、無料で利用できる お金の健康診断からチャットでの相談まで含めて、 全て無料で利用できます。 お金がかかることは一切ありません。 また、FPやIFAからチャット上で何か金融商品を斡旋されることもありません。 (チャット内の会話から直接FP/IFAの方と面会することになった場合に、初めて保険などの具体的な金融商品を紹介してもらうことが可能となります。 ) 2、 家計に問題ないかを確認できる ご自身の家計に問題ないのかを客観的に評価することができます。 同じような年齡・家族構成の方と比較して、収入が多いのか少ないのか・貯蓄額が多いのか少ないのか・保険料は高すぎるのか低すぎるのかなどの診断結果を見ることができ、改善すべきポイントが簡単に理解できるようになっています。 投資や資産運用が得意な人もいれば、保険やライフプランニングが得意な人もいます。 TOP画面より検索できます。 4、 オンラインで利用できる チャットでFPやIFAと相談できるので、 自宅にいても利用することが可能です。 もちろん、職場や移動中の電車の中でも利用できます。 またチャット内で会話し十分信頼できるFPだと感じられたり、もう少し詳しく相談してみたいとなった場合は、直接面会する約束をしていただくこともできます。 ジャンルとしては、• ライフプランニング• 教育資金• 老後資金• 住宅ローン• 資産運用 などなど、多くのお金に関する悩みが挙げられます。 また、相談内容も、• NISA、iDeCoに関して教えて欲しい• 投資の始め方を教えて欲しい といった初歩的なものから、• 保険料が高すぎるので、低く抑える方法を教えて欲しい• 貯蓄と投資額の比率をどのくらいにすべきか相談したい といった、具体的な相談まで対応することが可能です。 ・利用者は男女問わず20〜60代で幅広い ・世帯年収も幅広い人たちが相談 ・お悩みの種類も様々 過去の相談・解決事例 過去の相談事例を別記事にて紹介していますので、より詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。 こちらがTOP画面になります。 お金の健康診断を受診したい方はTOP画面上の「まずはお金の健康診断」のボタンをクリックします。 なお、健康診断を受診せずに直接FPに相談したい方はそのしたのFPを検索する画面をご利用ください。 診断画面が表示されますので、質問に回答してください。 (全部で20個です) 全ての診断が完了すると、診断結果が表示されます。 上記のようなお金に対するあなたの性格分析結果が表示され、その後年収、資産運用額、保険料など各項目に対するあなたの結果が同じ様な属性の方と比較して十分かどうかをみることができます。 診断結果を見て、問題点がわかったらその内容をFPに相談することができます。 診断時に入力した内容をもとに、あなたの相談内容に回答できる最適なFPが紹介されますので、「チャット開始」ボタンを押してチャットを始めます。 お金に関する悩みは誰しもが抱えるものだと思いますが、なかなか周りに相談しづらいことです。 ぜひこの機会にお金の健康診断を利用してみてください。

次の

協会けんぽ(社会保険)で健康診断。申込み方法と料金について。

健康 診断 お金

郵送にてお送りください。 費用負担者• 受診者名• 受診金額• 受診日• 受診内容• 補助金の対象となる病院(医療機関)は、日本国内で定期健康診断を実施している全ての病院(医療機関)となります。 全国健康保険協会(協会けんぽ)などとの併用が可能なので、とても経済的です。 定期健康診断を受診していただき、領収書と受診が確認できる書類を保管し、受診後に定期健康診断補助金申請書依頼フォームまたはFAX連絡票にてご連絡ください。 必要書類をお送りいたします。 ご利用資格 あんしん財団会員事業所の加入者(被保険者)の方のみが利用できます。 申請期限 受診日の翌日から起算して180日以内にあんしん財団が受付した申請に限ります。 補助金額.

次の

社員が健康診断を受診する時間に会社は賃金を支払うべきか?

健康 診断 お金

事業主は、使用する労働者に健康診断を受診させなければなりません。 <根拠法> 労働安全衛生法 (雇入時の健康診断) 第四十三条 事業者は、 常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。 (定期健康診断) 第四十四条 事業者は、 常時使用する労働者に対し、一年以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。 法定の健康診断は事業主の義務ですので、当然に行わなければならないものです。 法律上、当然義務になっている健康診断を行っても助成金は受給できません。 つまり、1回だけ実施すればよいのではなく、毎年実施する必要があります。 1.雇入時健康診断 2.定期健康診断 3.人間ドック 法律で定められた健康診断の項目 労働安全衛生法43条の雇入時健康診断• 既往歴および業務歴の調査• 自覚症状および他覚症状の有無の検査• 身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定• 胸部エックス線検査• 血圧の測定• 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)• 貧血検査(赤血球数、血色素量)• 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)• 血糖検査• 心電図検査 労働安全衛生法44条定期健康診断• 既往歴および業務歴の調査• 自覚症状および他覚症状の有無の検査• 身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定• 胸部エックス線検査およびかくたん検査• 血圧の測定• 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)• 貧血検査(赤血球数、血色素量)• 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)• 血糖検査• 【助成金をご提案し、計画作成、受給申請、スケジュール管理を代行します】• 労務関係.

次の