バイト 所得税 引 かれる。 所得税が引かれてる!扶養内なのに所得税が引かれた理由を徹底解説 : 主婦の税金

アルバイトの税金の計算方法は?いくらかかる?103万円の壁とは?簡単に解説

バイト 所得税 引 かれる

この記事をザザっと確認• アルバイトの学生でもほとんどの人が源泉徴収されている アルバイトとはいえ、 給料をもらう際にはほとんどの人が源泉徴収されています。 例え、高校生であろうと、主婦であろうと源泉徴収されています。 源泉徴収というのは、予め所得税を差し引いてアルバイト代を渡しているということです。 ですので、 確定申告(還付申告)をすることで、払いすぎていた、というか本来は払う必要のなかった所得税が返ってくることになります。 そして、 サラリーマンの場合は、会社が年末調整をしてくれるため、払いすぎていた分は戻ってきます。 しかし、アルバイトの年末調整は必須ではないので、やってくれない会社がほとんどだと思います。 さらに、税金についての教育なんてほぼ皆無の日本ですから、高校生・大学生をはじめ多くの アルバイトのみなさんの所得税は払いっぱなしになっているということです。 もちろん税務署が税金納めすぎですよーなんて親切に通知してくれるはずもありません。 還付申告は完全な自己申告制なんです。 でも、払っていない分については張り切って通知してきます。 掛け持ちでやっている人は確定申告が吉です! アルバイトの人の分も年末調整をしてくれる会社はありますが、 年末調整は1つのところでしかできません。 なので、掛け持ちでアルバイトをしている場合は、 確定申告をすることでほぼ確実に払いすぎた税金が戻ってきます。 年末調整してあるのか?という方は 自分の分を会社が年末調整してくれるかよくわからない、という方もいるかと思います。 年末調整してくれるかどうかは、けっこうカンタンにわかります。 この扶養控除申告書を会社に提出していれば、年末調整してくれます。 ただし、この 扶養控除申告書は1ヶ所にしか提出できないので注意してください。 これが、アルバイト掛け持ちの人は会社が年末調整してくれない理由です。 してくれないっていうか、できないんです。 ただし、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をアルバイト先に提出していると、月給87,000円未満なら源泉徴収されません。 また、アルバイト代が日払いで契約期間が2ヶ月以内の短期のアルバイトの場合、日額9,300円までは源泉徴収されません。 実際に、自分のアルバイト代からいくら源泉徴収されているかは、給与明細を確認してみてください。 また、年明けくらいに源泉徴収票をアルバイト先でもらうと思います。 こんなのです。 ここに、支払金額・源泉徴収税額がのっていますので自分の年収・源泉徴収で納めた額がわかります。 もし、アルバイト先から源泉徴収票をもらっていない場合は、必ずもらいましょう。 また、複数のアルバイトを掛け持ちしている方は、すべてのところから源泉徴収票をもらってください。 でないと、確定申告をする段階で困ります。 いくら税金が返ってくるかは、年収次第 源泉徴収された所得税は、年収によっては、確定申告(還付申告)をすることで返ってきます。 大手チェーン店などでアルバイトをしたことがある方は、年末になると突然シフトが減る主婦の方とかいませんでしたか?あれば、まさに自分の年収を調整するためにシフトを減らしているんです。 年収103万円と130万円という数字はなんとなく聞いたことがある方もいらっしゃると思います。 では、この 103万円と130万円でどのように税金が変わるのか、紹介します。 年収103万円の壁 まず、年収103万円の壁ですが、この数字は、納税者ならだれでも受けることができる基礎控除38万円と、給与所得者が受ることができる給与所得控除65万円を足した数字です。 つまり、この基礎控除と給与所得控除はアルバイト代(給与)をもらうと自動的についてくる控除なのです。 また、年収103万円以下であれば、扶養家族(ほとんどの場合「父」の扶養家族)になりますので、家族の方が払う税金も安くなります。 目安としては、 月収で85,000円以下であれば大丈夫です。 年収130万円の壁 もうひとつ、年収130万円の壁というものもあります。 これは、勤労学生控除の対象になるかならないかの壁です。 勤労学生控除とは、「学生で合計所得金額が65万円以下で、しかも勤労に基づく所得(給与所得)以外の所得が10万円以下であること」が条件で、27万円控除を受けることができます。 なかなかわかりにくい条件ですが、給与所得だけの学生の場合は、給与の収入金額が130万円以下であれば給与所得控除65万円を差し引くと所得金額が65万円以下となるので控除を受けられます。 そして、学生といっても、次のどれかに当てはまると大丈夫です。 学校教育法に規定する小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校など• 国、地方公共団体、学校法人等により設置された専修学校又は各種学校のうち一定の課程を履修させるもの• 職業能力開発促進法の規定による認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させるもの しかし、103万円を超える場合は扶養家族ではなくなるため、家族の方が払う税金は少し多くなります。 また、年収130万円の 目安は月収108,000円以下です。 年収130万円を超えた場合 年収130万円を超えてしまった学生のみなさんは、扶養家族でもなくなり、勤労学生控除も受けられなくなるので、所得税を納める必要があります。 といっても、基本的には源泉徴収されているので、追加で所得税を納めることはほぼありません。 まとめると 年収と扶養とか税金の関係はこういうことです。 ~103万円 103~130万円 130万円~ 税金 0円 0円 かかる!! 親の扶養に入る OK 無理!! 確定申告して所得税を返してもらう やっと本題です。 アルバイトをしている学生で所得税が返ってくる場合は、次の2つをクリアしていることが大前提になります。 確定申告に必要なもの• 源泉徴収票• 判子(シャチハタは不可)• 自分の口座番号がわかるもの(通帳を持っていけばまちがいなし) です。 これらを持って、税務署に行けば、あとは、言われたとおりに書類を作成して完了です。 そして、還付申告のいいところは、いつ申告に行っても構わないというところです。 巷でよく見かける3月15日までというのは、税金を払うほうの方の期限なんです。 ですので、 2月15日~3月15日の忙しい期間を外せば、税務署はいつも以上に丁寧に教えてくれます。 還付申告は過去5年分までできます この記事を見て、「マジで???昔のバイト代から引かれた税金、取り返してない…」という方も、 過去5年分は取り返せます。 ただ、注意点は、5年分とはいえ、例えば2020年の1月に還付申告できるのは、2015~2019年分だということです。 税金を払うほうの確定申告は、年が明けてからなんですが、還付は年内にやらないといけないところに注意してください。

次の

アルバイトの源泉徴収の疑問を解消!いくらから支払う必要がある?

バイト 所得税 引 かれる

パート・アルバイトの場合、 扶養控除申告書を勤め先に 提出して、 月88,000円未満なら税金は0円です。 月88,000円以上になると所得税が発生して、給料から天引きされます。 また、扶養控除申告書を 提出していない場合、最低でも 給料の3. この記事では• 扶養控除申告書と源泉徴収税額表• 扶養控除申告書の提出の有無による所得税の計算の違い について説明します。 令和2年分 2020年分 の源泉徴収税額表を探している方は下記のリンク先にあります。 関連 もくじ 読みたいところへ飛べます• 扶養控除申告書と源泉徴収税額表の見方 扶養控除申告書とは? 「(給与所得者の扶養控除等 異動 申告書)」とは、会社が税金の計算をするために必要な情報を記載した書類のことです。 氏名・住所はもちろん、配偶者や扶養親族の有無などを記載します。 この書類を会社に提出しているかどうかで天引きする所得税の決め方が変わります。 源泉徴収税額表とは? 給料から天引きする所得税は、 「給与所得の源泉徴収税額表」の「月額表」という表を使って計算します。 この表は 甲欄 こうらん と 乙欄 おつらん の2つに分かれていて、それぞれ天引きされる所得税の計算が異なります。 提出している: 甲欄• 提出していない: 乙欄 となります。 甲欄とは?月88,000円前後に注意 を提出している場合は 甲欄を利用します。 月88,000円未満なら所得税0円 甲欄は細かく「扶養親族等の数」によって税額が変わります。 画像では1人~7人の欄が全部0円になっていますが、120,000円くらいから1人以上でも税額が出てきます。 月額88,000円未満の場合、天引きされる所得税の金額は扶養親族等の数にかかわらず0円です。 パートやアルバイトの方は0人が多いです。 月88,000円未満の場合は、ふつう社会保険料が天引きされないので、そのままの金額で判断すればよいでしょう。 ただし勤務時間などにより健康保険料・厚生年金保険料、雇用保険料を払う場合もあるので、これらの社会保険料を控除した金額で判断します。 【ポイント】• を提出• 月給88,000円未満 両方の条件を満たしている方は、所得税が天引きされることはまずありません。 出典 月88,000円以上なら所得税が天引きされる場合も 88,000円以上89,000円未満(扶養親族等の数0人の場合)になると、 130円が天引きされます。 89,000円以上の場合も表を見ればいくら天引きすればいいか分かるようになっています。 1年間で負担するかもしれない所得税をざっくり計算して、それを12で割って毎月天引きするようにしています。 最終的には「年末調整」で1年分の確定した収入をもとに再度計算します。 もし、天引きした分が多ければ還付するので、あくまで毎月の給料の天引き分は「仮の所得税」です。 関連 関連 乙欄とは?最低3. 1か所目は扶養控除申告書を提出して甲欄で計算するので先ほどと同様です。 しかし、2か所目以降は扶養控除申告書を提出できないので、 乙欄を利用します。 乙欄の場合、月88,000円未満でも 社会保険料を控除した後の金額に対して3. 063%の税率をかけた金額を天引きします。 例えば80,000円なら、天引きする額は• 063%=2,450円 です。 そのため、甲欄に比べて乙欄の方が天引きされる所得税が多くなります。 甲欄は最終的には年末調整で精算する一方、 乙欄は年末調整の対象になりません。 2か所以上でパートやアルバイトを掛け持ちしている方は、原則として 自分で確定申告をする必要があります。 2か所以上から給料をもらっている場合の年末調整や確定申告の方法については、次の記事を参考にしてみてください。

次の

雇用保険なし、所得税のみ引かれている場合

バイト 所得税 引 かれる

アルバイトでも収入の額によっては税金を取り戻せることも! この給与所得は原則として、毎年最後の給与を支払うときに、という手続きによっての精算が行われます。 しかし、年末調整の手続きは煩雑なので、多数のアルバイトを採用している飲食店や中小企業の中には、正社員の分しか年末調整を行わないところもあるようです。 パートやアルバイトは税金がとられすぎ? パートやアルバイトが確定申告すると税金は戻る可能性が高い理由は、主に以下の2点です。 年末調整の対象から外れていること• 月給(あるいは日給)ベースで源泉徴収されたままになっていること 年末調整の対象から外れると税金がとられすぎてる理由 アルバイトやパートであっても、毎月の給料が8万8000円以上となると、雇用先においてを徴収するよう義務付けられています。 これはあくまで税金の前払いにすぎないのですが、14種類あるのうちしか考慮されていません。 つまり、給与の支給時には、14種類ある所得控除のうち、社会保険料控除や扶養親族等の数しか考慮されていない源泉所得税が算定されているので、少し多めに差し引かれているのです。 そして、前述のように、アルバイトやパートの場合、から外されている場合も多く、結果として生命保険料控除や地震保険料控除、勤務先に申告していない自身で支払った社会保険料控除などがまったく考慮されていないまま所得税が源泉徴収され、放置されているといえます。 つまり、税金の精算を受ける機会がなく、税金が過大に徴収されている可能性が高いのです。 これが、年末調整されていないパートやアルバイトの方が税金が戻る可能性が高い理由です。 【関連記事をチェック!】 月給(日給)ベースで処理されたままだと税金がとられすぎる もうひとつの理由はパートやアルバイトが差し引かれる源泉所得税は月給(あるいは日給)ベースだということです。 月給から差し引く源泉所得税というのは国税庁から発表されている源泉徴収税額表に記載されているとおりに所得税を給与から天引きしなくてはいけません。 この源泉徴収税額表に記載されている所得税は、「この月給が1年間続けばこのくらいの年収になるだろう」ということを想定して決められています。 一方、本来のは年収ベースで計算します。 たとえば、1カ月30万円の住み込みのアルバイトをした学生がいたとします。 雇用主は源泉徴収税額表にあるとおり、扶養親族等の数がいない人だった場合30万円から8420円を差し引かなければいけません。 源泉徴収税額表抜粋(出典:国税庁) これが3カ月続き、この前後まったくアルバイトをしなければ• 年収 90万円• 源泉所得税額 2万5260円 という源泉徴収票が手許に残ることとなります。 ただし、確定申告すると給与所得控除額65万円&基礎控除38万円が活用できるのでパートやアルバイトで年収103万円までだったら税金がかかりません。 なので、所得控除の計上もれがなくても確定申告の手続きをとるだけで源泉所得税額 2万5260円が還付されることになるのです。 このように短期間に集中してパートやアルバイトをした方で、源泉所得税が差し引かれたままになっているという方も税金が戻る可能性が高いのです。 源泉徴収票を見れば、あなたが税金を取り戻せるのかわかる では、実際に税金を取り戻すためにはとにもかくにも「(げんせんちょうしゅうひょう)」を用意するのが、一番のポイントです。 まれに「」という質問をいただきます。 所得税法226条に、年末在職者については翌年の1月31日までに、退職者については退職日から1カ月以内に発行しなくてはならない旨の規定があります。 どうしても応じてもらえないなら、を勤務先の納税地等を所轄する税務署長に提出する、といった手続きも検討してみてください(画像参照)。 「源泉徴収票不交付の届出書」のフォーマット(出典:国税庁ホームページ) アルバイトやパートでしか収入がなく、月々の給料から所得税が差し引かれた月があって、源泉徴収票に記載されている支払金額の欄の金額が「103万円以下」の人であれば、確実に税金が全額戻ってきます。 税務署にどんな書類を持っていけばいい? 税金を取り戻せることがわかったら、税務署に足を運ぶのが一般的です。 その場合、自分の住所地の管轄をしている税務署が所轄の税務署となります。 不明な場合は、などから所轄の国税局・税務署を調べてみてください。 せっかく申告書を作成しても、所轄以外の場合、文書を受理されないことがあります。 【参考】 税務署に持っていくものはケースバイケースで異なり、自身が受けられる可能性のあるに関係する書類となります。 例えば以下のようなものです。 ・源泉徴収票 ・源泉徴収票に記載されている以外の国民健康保険や国民年金の支払いを証するもの ・ の控除証明書 ・ の控除証明書 ・扶養の対象となる親族や配偶者がいる場合の生年月日や所得を表す書類 なお、その場で申告書を記載して、文書収受手続きまで完了してしまう場合は、次のものも必要です。 ・戻ってくる税金を振り込んでもらう銀行口座の口座番号などが分かる資料 ・認印 税務署におもむくなら、「確定申告書の作成コーナー」に行って、迷わず係の人に「初めてなんですが確定申告書の書き方を教えてください」と言いましょう。 このときに、持参した「」を相手に見せながら言うと話が早いかもしれません。 また、最近では国税庁ホームページのも便利になっています。 そちらで申告書を作成して、プリントアウトし、税務署に持参(あるいは郵送)するという手続きでもかまいません。 税額も自動計算してくれますので、おおよその還付税額もわかりますし、記載要領が不明な箇所だけ税務署の職員に尋ねるという方法も有効でしょう。 スマホで申告して税金を戻してもらうことも可能に なお、平成30年分(2019年分)から導入されたスマホで行う確定申告ですが、令和元年分(2020年分)確定申告から大幅に対応できるパターンが拡充されました(下表参照)。 スマホで確定申告できるパターンが拡充されました (出典:国税庁ホームページより) このコラムに関連するところでいうと、平成30年分(2019年分)確定申告では、1カ所給与、つまりアルバイトやパート先が1カ所だけの人しか対応できなかったのですが、年末調整済みのアルバイト先やパート先の源泉徴収票があれば、アルバイトの掛け持ちやパートの掛け持ちであってもスマホで確定申告ができるようにになりました。 もちろん事前に• ID・パスワード方式で確定申告したいのであれば「ID・パスワード方式の届出完了通知」をうける あるいは• マイナンバーカード方式であれば、マイナンバーカードの読み取り機能付きのスマホで事前設定をしておく といったなりすまし防止や本人確認といった一定の処理が必要ですが、確定申告の提出手段が増えた、ということにはつながりますし、空き時間を有効活用できるのではないでしょうか。 確定申告書は5年間さかのぼって提出できる 税額が多めに天引きされていた給与所得者(サラリーマンをはじめ、パート・アルバイトも含む)は、そもそも税額が多めとなっているのですから、確定申告の提出義務者とはなりません。 しかし、確定申告提出義務者でない人の場合、税額を還付してもらうための確定申告=の書類は、過去5年間さかのぼって提出できます。 これは、「年末調整の対象からはずれたアルバイトやパート従業員」だけが対象ではありません。 「適用できるはずの医療費控除があった」「生命保険料控除の証明書が後日、発見された」というように、正しい税法の規定をあてはめ、再計算した場合に税額が還付されるのであれば、誰でも利用できる規定です。

次の