セプテンバー 和訳。 「セプテンバー調子はどうだい」とは何か?うじたまいの歌詞やギターコードはこちら

「セプテンバー調子はどうだい」とは何か?うじたまいの歌詞やギターコードはこちら

セプテンバー 和訳

RADWIMPSを知らない人でも、「セプテンバーさん」という言葉を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。 「セプテンバー」とは、日本語で「9月」を意味します。 そんな「セプテンバー」を擬人化したような言葉となっている『セプテンバーさん』。 これはRADWIMPSの人気曲の曲名なのですが、9月に入るとなんとこの「セプテンバーさん」というワードがTwitterのトレンドに入ることも。 そのため、RADWIMPSの曲を知らなくてもこの言葉を目にすることがあり、9月になると多くのRADWIMPSファンが思い出す曲ということからも、この曲がどれだけファンに愛されている楽曲であるかがわかります。 AimerとRADWIMPSといえば、2016年8月17日にリリースされたAimerの11枚目のシングル曲『蝶々結び』を野田洋次郎が楽曲提供とプロデュースしたことで話題となりました。 実は、その『蝶々結び』のカップリングに、Aimerが『セプテンバーさん』をカバーした楽曲が収録されているのです。 Aimerと野田洋次郎のコラボはもともと多くのファンを歓喜させていましたが、この『セプテンバーさん』のカバーもファンにとっては嬉しいコラボとなりました。 Aimerがカバーした『セプテンバーさん』は女性ボーカルの優しいサウンドが魅力的で、本家に比べて切なさの中によりキラキラとした輝きを感じられるアレンジとなっており、本家とはまた別の魅力があると高い評価を受けています。 Aimerのしっとりした声と、本家の楽曲にある優しい耳心地の雰囲気が絶妙にマッチした作品です。 10年以上前に発表された『セプテンバーさん』ですが、最近ではTikTokで使用されたことで再び話題になっています。 TikTokではRADWIMPSが演奏するものはもちろん、Aimerがカバーしたものも多く使用されており、これによって『セプテンバーさん』という曲を知る人も少なくありません。 Aimerの『セプテンバーさん』をTikTokで聴いて本家を知ったり、多くの人がRADWIMPSの楽曲に興味を持つきっかけともなっているのです。 「好きなの」「もう少しだけここにいさせて」と、ちょっとキュンとしてしまうようなフレーズがたくさん盛り込まれている『セプテンバーさん』は、かわいくてキラキラのTikTokにぴったり合っておりたくさんの人に使用される人気曲となっています。 「セプテンバー」を擬人化したような言葉の『セプテンバーさん』。 このタイトルは、「セプテンバー3」、つまり9月3日が由来と言われています。 なぜ9月3日が由来となっているかと言うと、この日はRADWIMPSにとって大切な日だからです。 2005年9月3日、RADWIMPSは横浜BLITZにて初めてのワンマンライブを行いました。 そしてこれは、彼らにとってインディーズ最後のライブとなり、『セプテンバーさん』はその大切な日である9月3日のライブで初めて披露されました。 この日、彼らはメジャーデビューを発表し、そこからこれまで以上の功績を重ねる日々が始まったのです。 RADWIMPSにとって大切な9月3日が由来となっていると知ると、『セプテンバーさん』という言葉にも彼らの強い想いがこもっているんだなと改めて考えさせられます。

次の

RADWIMPS「セプテンバーさん」歌詞の意味解釈・解説!Aimerカバー曲

セプテンバー 和訳

9月21日の 夜のことをさ Love was changing the minds of pretenders よそよそしかった 僕らの気持ちを 愛が変えていったよね While chasing the clouds away 雲を 追い払うようにね Our hearts were ringing 僕らのハートは 鳴り響いていたんだ In the key that our souls were singing. 僕らの魂が歌うキーに合わせてね As we danced in the night, 夜中に ダンスを踊ったらさ Remember how the stars stole the night away 覚えてる? 星々が 夜を奪っていったんだよね Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - never was a cloudy day 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba dudu ba du, ba dudu ba du Ba dudu ba du, ba dudu ba du Ba dudu ba du, ba du ba My thoughts are with you 僕の想いは 君と一緒にあるんだ Holding hands with your heart to see you 君を見るために 君のハートと手を繋いでいるのさ Only blue talk and love, 甘い会話と愛だけでいいんだよ Remember how we knew love was here to stay 覚えてるんだ 愛はここにあり続けるって分かったよね? Now December found the love we shared in September. 今は12月 9月に分かち合った本当の愛に気づいたんだ Only blue talk and love, 甘い会話と愛だけでいいんだ Remember the true love we share today 忘れないで 今日僕達が分かちあった 本当の愛を Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - never was a cloudy day 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - golden dreams were shiny days 金色の夢は 輝かしい日々になったのさ Love bells was ringing 愛の鐘が鳴り響いて Our souls were singing 僕たちの魂が歌っていたんだ Do you remember 覚えてる? Never was a cloudy day, yow 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - never was a cloudy day 決して曇ることのなかった あの日をさ Ba de ya - say do you remember 覚えてるだろ? Ba de ya - dancing in September 9月に踊ったことを Ba de ya - golden dreams were shiny days 金色の夢は 輝かしい日々になったのさ Ba de ya... Ba de ya... 「September」の歌詞の和訳を簡単にまとめると、 9月21日に一夜を過ごした男女が、また12月に再会して、付き合いだす!? って感じなんですよね。 なので、 「9月」は歌詞の中では回想であって、今は 「12月」なんですね。 Now December found the love we shared in September. 今は12月 9月に分かち合った本当の愛に気づいたんだ この歌詞の和訳が、 「September」の歌詞を めちゃめちゃ簡単にまとめています(笑) それにしても、とてもキャッチーなMUSICですよね。 私は、世代は違うのですが、どこで聴いたのか、とても耳に残っているMUSIC。 聴いたことはあったけど、どういった内容の歌詞なのかは、知りませんでしたが、今回歌詞を和訳してみて、なるほどそういう歌詞だったのかと。 まあ、ノリの良い音楽同様、ノリの良い男女でないと、 起きそうにない恋愛エピソードですね(笑) 9月から12月の間はいったい何をしていたのか!?そもそも、9月はどうやって出会ったのか!? 歌詞の和訳をしながら、そんな疑問も浮かんできましたが、 そういう細かいことはどうでもいいんだと、諭されるような音楽ですよね。

次の

<歌詞和訳>Wake Me Up When September Ends

セプテンバー 和訳

解説 [ ] アース・ウィンド・アンド・ファイアーのメンバーであるとアル・マッケイおよびアリー・ウィリスの共作。 アリーは、同バンドののアルバム『』でもソングライターとして関わっている。 歌詞は、12月のの時に9月のことを思い出す内容になっている。 1』等に収録。 アース・ウィンド・アンド・ファイアーを代表する楽曲として、また最も代表的なソングの1つとして世界的に知られている。 には、・ヴァージョンの「セプテンバー'99」も発表された。 、日本の『』の主題歌に起用された。 、のとして使用された。 、アメリカ映画『』のサウンドトラックで使用された。 ・の、の、の、のチャントの原曲でもある。 ・のがに入る際に流れる曲(ホームゲームの場合は主催球場の関係者がCDで、ビジターゲームの場合は巨人の応援団がトランペットで流す)でもある。 また、近年は歌詞に合わせて「ホームラン、阿部 慎之助」とコールされることがある。 のが入場の際に流れる曲としても使用されている。 映画『』のエンディング、『』のオープニングでも使用された。 2014年に発表されたクリスマス・アルバム Holiday にこの曲のオケを使ってした December をリリースした。 の部分はそのままに、新しいヴォーカリストによって生まれ変わった。 カバー [ ]• にブラスプラスがデビューアルバム『La・La・La』の中で、「Party Night(September)」というタイトル・による日本語詞にてカバー。 に三井桜子がのプロデュースととのバックによる日本語詞のカバーをリリース。 にがカバーを含む『熱帯JAZZ楽団II 〜September〜』をリリース。 にが日本語詞のカバー曲「接吻のテーマ」をリリース。 にがソロデビューアルバム『STANDARDS 〜土岐麻子ジャズを歌う〜』でカバー。 にはのカバーでカクテルスパークルのコマーシャルソングとなっている。 にがアルバム『Bossa NILO 〜Goodies〜』でカバー。 にがシングル『』でカバー。 にがシングル『』でカバー。 ビデオゲームでの使用例 [ ]• でも多数使われている。 下記に挙げるゲームはカヴァーヴァージョンも含まれる。 日本国内 [ ]• :、 「V4」以降 ()• : 欧米 [ ]• :「」(版)や「」(「」の日本国外版)• :「」(「」のアメリカ版、後に日本国内向けに発売されたバージョンにも収録。 :「」(、日本未発売)• コナミ:「」(「の日本国外版」) 脚注 [ ] [].

次の