かつ 漢字。 「カツ」という読み方を持つ漢字一覧

「かつ」の意味と使い方・由来・「及び」との違い|古典/数学

かつ 漢字

イラスト追加のカテゴリーについて 記事の順番は日付順ですので、古い記事につけた場合は追加3へ、日付が新しいものは追加2へ入れるようにしております、申し訳ございません。 複数のカテゴリーに当てはまる記事はタグで分けるように致します。 ご要望等ございましたらお気軽に申しつけください• 申し訳ございません!• ただいま実験中ですので暫くお待ちください• 避難所を作りましたのでまた繋がりにくいようでしたらお使いください。 避難所を作成次第お知らせ致します。 イラストのリクエストや今週のAAにお応えするのが遅くなってしまい申し訳ございません。 コメントについて 不適切なコメントなどございましたら教えて頂けると嬉しいです。 リクエスト記事について 能力不足により探すのが遅くなってしまい申し訳ございません• コメントについて 不適切なコメントなどございましたら教えて頂けると嬉しいです。 とても励みになります。 申し訳ございません。 これからも努力してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます• 旧年中は大変お世話になりました。 「ほのぼの絵にっき」は皆様のご期待に添うべく、精一杯努力してまいります。 本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願いいたします• カレンダー壁紙 スマホ用含む はサイズが合わない等ございましたらお知らせください• 様でご紹介いただきました!• 皆様のご期待に添うべく、精一杯努力してまいります。 今後ともご指導・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 ------------------------------------• 身辺が落ち着いてきましたのでイラストを再開致します。 皆様の温かいお心遣い本当にありがとうございました。 ------------------------------------•

次の

『か』から始まる漢字

かつ 漢字

「かつ」という言葉を見たことがある方は多いでしょう。 さまざまな場面で使用される言葉ですが、実際にはどのような意味があるのでしょうか。 「かつ」の意味について詳しく見ていきましょう。 一方では。 かたはしから。 次々に。 ちょっと。 前もって。 「 -聞き給ひてもあるらん/平家 11」 二 ( 接続 ) 〔漢文訓読に由来する語〕 二つの動作・状態が並行あるいは添加して行われることを表す。 同時に。 その上。 「学び、-遊ぶ」 「必要にして-十分な条件」 「行く先は遠いし、-時間もない」 「かつ」には多くの意味がありますが、同時や並行を示すものがしばしば使用されます。 上で挙げた意味の中では、副詞の1番目の意味と、接続詞の意味に該当します。 それ以外の意味は、主に古文などで使用される意味になります。 同時を示す場合の「かつ」は、基本的には「~と~」のような意味です。 例えば、「AかつB」のように表現すると、「AとB」という意味になります。 これはAとBが同時に存在していることを示しています。 また、同時や並行でなくても、動作や状態が相前後して行われる場合、動作や状態が加わる場合など、同時に近い意味も含まれています。 いずれの場合も、基本的には「~と~」という意味で考えることができます。 「かつ」の使い方は? 代表的な使い方は? 「かつ」は、先ほど見たように「AかつB」のような使い方になります。 例えば、「歌い、かつ踊る」と表現すれば、「歌う」と「踊る」という動作が同時、あるいは相前後して行われていることを示しています。 また、「よく学び、かつ、よく遊ぶ」という表現は、「よく学び、そのうえ、よく遊ぶ」のように「そのうえ」という言葉で示すことも可能です。 いずれの使い方も、「~と~」という意味が含まれています。 「歌い、かつ踊る」であれば、「歌うことと踊ること」を示し、「よく学び、かつ、よく遊ぶ」であれば、「よく学ぶこととよく遊ぶこと」を示すことが可能です。 このように、「かつ」の代表的な使い方は、複数のことが同時または相前後して行われていること、並行または添加して行われることを表します。 ビジネスでの使い方は? ビジネスで使われる「かつ」には、「迅速かつ丁寧」といった使い方があります。 例えば、「迅速かつ丁寧なご対応ありがとうございます」などの表現があります。 これは、「迅速であることと丁寧であること」という意味があり、「迅速」と「丁寧」が同時に存在することを表していると言えるでしょう。 また、求人情報で「かつ」が使用されることもあります。 例えば、「以下の資格を取得しており、かつ3年以上の実務経験があること」という内容であれば、資格を持っていることと同時に、3年以上の実務経験があることが条件です。 これは、資格があることと実務経験があることの両方が求められ、どちらか片方だけでは条件を満たさないことを表します。 「かつ」は、「且つ」と書きます。 「かつ」の接続詞としての意味は、もともと漢文訓読に由来する言葉です。 漢文では「且」がしばしば使用されますが、これは同時や並行を意味しています。 「かつ」には「そのうえ」や「さらに」という意味があり、ここから、同時や並行を意味することにつながります。 そして、この「そのうえ」や「さらに」という意味は「且」という漢字に由来しているそうです。 「且」は、もともと象形文字としては「まないた」の意味があります。 これは台の上に食べ物を重ねる状態を示しています。 つまり、ここから「そのうえ」という意味が生まれ、同時や並行、加わる状態を示す言葉となっています。 科目別の「かつ」の意味と使い方は? 古典 先ほど見たように、接続詞の「かつ」は漢文訓読に由来する言葉です。 漢文では「且」と表記し、同時や並行を意味します。 訳文としては、「さらに」や「そのうえ」、「~しながら~する」などがあり、動作や状態が同時に起きていることや、加わる場合などを示していると言えるでしょう。 また、先ほど挙げた「かつ」の意味に古文で使用される意味が含まれています。 もう一度見てみましょう。 一方では。 かたはしから。 次々に。 ちょっと。 前もって。 「 -聞き給ひてもあるらん/平家 11」 二 ( 接続 ) 〔漢文訓読に由来する語〕 二つの動作・状態が並行あるいは添加して行われることを表す。 同時に。 その上。 「学び、-遊ぶ」 「必要にして-十分な条件」 「行く先は遠いし、-時間もない」 古文で使用される意味は、副詞の2番目、3番目、4番目の意味になります。 2番目の意味は「すぐに」「次々に」、3番目の意味は「わずかに」「ちょっと」、4番目の意味は「あらかじめ」「前もって」となっています。 このうち「すぐに」「次々に」は、同時や並行の意味と似ていますが、他の意味はニュアンスが異なることが特徴です。 数学 法律の条文でも、「かつ」が使用されます。 例えば、以下の条文のような例があります。 (地役権の時効取得) 第二八三条 地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得することができる。 ここで使用される「かつ」は、「継続的に行使されること」と「外形上認識することができること」を結んでいる言葉です。 これは、「継続的に行使されること」と「外形上認識することができること」のどちらも必要になることを意味します。 この条文は、地役権という権利を時効によって得ることを意味しますが、そのためには「継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるもの」という地役権でなくてはなりません。 これは、「継続的に行使されること」と「外形上認識することができること」の両方が必要です。 例えば、「継続的に行使はされていないが、外形上は認識できる」ような地役権は、時効によって取得できないということになります。 このように、「かつ」は同時を示すものとして、どちらも必要となることを意味します。 「かつ」と「および」の違いは? および【及び】 一 ( 接続 ) (名詞や名詞と同じ資格をもつ句に付く)並べて挙げる時用いる。 並びに。 …も…も。 「東京-大阪で開く」 「会館の運営-管理」 〔法令用語では、「及び」は小さな段階の語句を併合するのに用い、「ならびに」は大きな段階の語句の併合に用いる。 漢文訓読に由来する語〕 二 ( 名 ) およぶこと。 とどく限り。 「これも心の-はいかでかおろかに侍らん/海人刈藻」 [句項目] 及びもつかない 「および」と「かつ」を比較する場合、接続詞として考える必要があります。 そのため、ここでは「および」の接続詞の意味を考えてみます。 「および」は、語句を並べて示す場合に使用される言葉です。 「AおよびB」と表現すれば「AとB」という意味になり、「かつ」と同様に「~と~」という意味で使用することができます。 しかし、「および」と「かつ」には違いが見られます。 「かつ」と「および」の違い 上で挙げた意味にあるように、「および」にも「かつ」の意味が含まれることがあります。 一方で、「および」は基本的に名詞をつなげるものになります。 例えば、「運営および管理」と表現すれば、「運営」と「管理」という名詞をつなげていると言えるでしょう。 一方で、「かつ」の場合は、「よく学び、かつ、よく遊ぶ」といったように動詞で使用することができます。 これらの例文の「かつ」を、そのまま「および」に変えることはできません。 もし「および」を使用する場合は、「学習すること、および遊ぶこと」などの表現になります。 こうすれば、「~すること」という名詞化された表現として使うことができます。 また、「知識および技能」という例を考えてみましょう。 この「および」をそのまま「かつ」に変えると、おかしな表現になります。 もし「かつ」を使用するのであれば、「知識があり、かつ、技能がある」といった表現になります。 具体例をもとに意味をおさえてみよう!.

次の

かつしかの「かつ」ってどう書くの?

かつ 漢字

ページ番号1005533 更新日 平成27年12月24日 このページ上では「 」と「 」の字も表示するために、ふたつの文字を画像処理しております。 文字を拡大してご覧になりたい方は、PDFをご利用ください。 「かつしか」という地名 は古代の と呼ばれた地域のごく一部にしか過ぎません。 古代の「かつしか」という領域は広大なものでした。 古代の「かつしか」は、 ( ・江戸川・墨田・江東区)と、千葉県市川・柏・流山・松戸・船橋市や埼玉県栗橋および茨城県古河・総和市までおよぶ広い地域がその範囲でした。 「かつしか」の地名は、当時の 全体の地形的特徴を捉えることで説明ができます。 つまり、「かつしか」の「かつ」は丘陵や崖などを指し、「しか」は砂州などの低地の意味をもっています。 「かつしか」とは、利根川流域の右岸に低地、左岸に下総台地が広がる旧 の地理的な景観から名付けられたと考えられます。 「 」と「 」 ところで、「かつしか」という漢字を書くときに困ったことはありませんか。 「かつ」の字が、「 」や「 」などまちまちだからです。 では「 」と書くのが正しいと説明していますが、「 」と書く人もたくさんいます。 歴史的にみた「かつしか」の表記 「かつしか」が文字として表記されている最も古い史料は現在のところ、下総国府が都に提出した「養老五年下総国 飾郡大嶋郷戸籍」にみえる「 飾」です。 大嶋郷戸籍と同じ8世紀に編纂された万葉集の中にも「かつしか」が表記されていますが、基本的に音に漢字をあてているだけです。 また、下総国府付近から出土した奈良時代の土器には、「 」の字が墨書されていました。 中世になると、千葉県の香取神宮に所蔵されている寛元元年(1243)の古文書には「下 西」とあり、応永33年(1426)の奥津家定寄進状に「 西庄」、永禄5年(1562)に小田原の北条氏が本田氏に宛てた書状には「 西」と記されています。 このほかにも、「 西」と記した史料が多くあり、中世においては圧倒的に「 」の字が用いられています。 こうしてみると、古代から中世にかけて「かつしか」の「かつ」あるいは「かさい」の「か」という漢字の表記は「 」とする事例が多いように思えます。 江戸時代になると、「かさ井」「笠井」なども使われ、実に様々な表記がなされます。 中世や近世においては、当て字なども頻繁に使われており、字よりも音のほうが重要だったようです。 「 」と「 」をめぐる混乱 その後も「かつしか」を表記するときの混乱は続き、現代まで尾を引くこととなります。 「 」と「 」は、新聞の紙面や官公署関係の表示でも、人や機関によって異なった表記がなされていました。 このような混乱を避けるため、昭和61年、 区ではCIサイン(区のマークやロゴ)を選定する際に、区の関連の表示については、略字ではない正字の「 」の字を使うことにしました。 国語的に見た「 」と「 」について 「 」の異体字が「 」です。 どちらも漢字として存在する正しい字です。 異体字ですから、その差は字体のみであり、文字としては同一の意味をもっています。 「 」の字が、誤字や俗字であるということではありません。 なお、第21期国語審議会の「表外字印刷標準字体表試案」では、「 」は中国起源の正字「 」の略字として扱われています。 法的に見た「区名」の根拠 区名を法的な観点から見るとどうでしょうか。 区の区制施行を告示した、「警視庁・東京府公報」(昭和7年5月24日付)には、「 」と明記されています。 また、戦後定められた地方自治法第3条第1項には、「地方公共団体の名称は、従来の名称による」と定められています。 したがって、従来からの名称である告示時の名称「 」が正式な区名である、というのが本区の見解です。 コンピュ-タでは「 」が使われるのはなぜか? コンピュ-タでは、JIS情報交換用漢字符号系という規格が使われています。 この規格には旧規格である「C6226-1978」以前のものと、新規格である「X0208-1983」以降のものがあります。 旧規格(旧JISコ-ドと呼んでいます)では、「 」がコ-ド「1975」で指定されていました。 ところが、新規格(新JISコ-ドと呼んでいます)では、同じコ-ド番号に「 」が指定されているのです。 その上、「 」は指定からもれています。 この時、字体が入れ替わった文字は「新旧JIS変更字形」などと言われ、ほかにもたくさんの文字の字体が入れ替わりました。 そこで、本区では、ワ-プロの各メ-カ-に「 」の字の搭載をお願いしたり、各新聞社に区名表記の適正化を呼びかけました。 (現在、5大日刊紙では地名としての「 」には、「 」の字を使用しています) なお、平成16年2月20日の「JIS漢字コード表(JIS X0213)」改正によって、「 」とされていた字形の例示が「 」になったことで、今後パソコンなどに搭載される字形が「 」に移行していくことが期待され、改正された「JIS漢字コード表(JIS X0213)」に対応したOS(基本ソフトウェア)では、「 」の字が、表示できるようになっています。 ホームページと「かつ」の字 ホームページ上でも、できれば「 」の字を表出できればいいのですが、先ほどご説明したとおり、字体の表示はユーザー側のマシンに依存するので、「 」と表出される場合もあります。 なお、この文章上で「 」と「 」が区別できているのは、ふたつの字体を画像処理しているためです。 (この文章では、区別しないと話しができません)• 官公署への「申請」・「届出」と区名の問題 かつて、一部の官公署で「 」の字を用いた申請書類が受理されなかったという申し出に接したことがあります。 しかしながら、現在、裁判所をはじめ、ほとんどの官公署では問題が生じておりません。 本区窓口におきましても、「 」の字を理由に不受理とすることはありません。 添付ファイル•

次の