チンゲン 菜 レシピ。 チンゲン菜レシピ!人気15選!つくれぽ1000越え1位は?青梗菜の大量消費にも!

ごはんに合う絶品チンゲン菜料理のレシピまとめ

チンゲン 菜 レシピ

チンゲン菜は、中国野菜の中でも特によく使われている野菜の一つです。 日本には1970年代の日中国交回復の頃に入って来たと言われていますので、日本での歴史はそんなに古くありません。 露地ものの旬は秋ですが、ハウス栽培がされているので、一年中手に入ります。 中華料理でおなじみの野菜ですが、煮崩れないので、炒めもののほかに、煮込み料理にも用いられます。 この記事では、チンゲン菜の基礎知識に加え、チンゲン菜の炒め物レシピ、煮込み・スープレシピ、和え物レシピ、ごはん・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チンゲン菜の栄養素について チンゲン菜は、栄養素の多い野菜です。 ビタミンCは疲労回復や風邪の予防にも役立ちます。 また、カリウムやカルシウム、鉄分などのミネラルも豊富に含んでいます。 カルシウムは、骨や歯の材料になるので、骨がスカスカになる骨粗しょう症をはじめとする老化の予防やイライラの解消にも効果があります。 また、カリウムはナトリウム(塩)とのバランスをとってくれるので、高血圧を防ぐ食事として、塩分を防ぐだけでなくカリウムを摂るのも効果的です。 調理で流れて失われてしまうので、スープごといただける料理だとより摂取できるのでおすすめです。 美味しいチンゲン菜の選び方 チンゲン菜を選ぶ際は、まず鮮度の良さを確認するため、葉は黄ばんでいたりせず青々としているかどうかを見ましょう。 葉が濃い緑で肉厚なものが良い品です。 根元の切り口がみずみずしいものは、収穫からあまり時間がたっていない新鮮な証拠です。 また、チンゲン菜は、背高のっぽではなく、ずんぐりとした太いものを選びましょう。 買ってきたらすぐに食べるのが一番ですが、チンゲン菜は乾燥に弱い野菜なので、冷蔵庫で保存する場合は、乾燥防止に水で湿らせた新聞紙で包みポリ袋に入れて立てて野菜室で保存しましょう。 量が多すぎた場合は冷凍保存も可能です。 その場合は根元の方から入れて固めに塩ゆでして水けを切り、保存袋に入れて冷凍しましょう。 豚肉たっぷりのおいしい八宝菜のレシピです。 豚と野菜がたくさん食べられるボリュームのある1品です。 チンゲン菜、白菜をざく切りにし、にんじん、しいたけはスライスします。 フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒めて塩・こしょうします。 野菜と調味料、水を加えて中火でしんなりとするまで煮たら、味を整えて水溶き片栗粉でとろみを付け完成。 調味料はあらかじめ全て混ぜておきます。 油をひきニンニクの香りが出てきたらチンゲン菜の軸と玉ねぎを炒めます。 次にきのこを投入して更に炒め、最後に葉の部分を入れ炒めます。 混ぜておいた調味料を加えとろみがつくまで炒めたら完成。 なすは乱切りにして水につけておきます。 青梗菜は茎と葉に分けて、食べやすい大きさに切っておきます。 フライパンに油を熱して、豚肉、那須、青梗菜の茎の順に炒めます。 その後、葉も加えて炒め軽く塩・胡椒、酒を入れます。 ウェイパー、水も加えて炒めたら水溶き片栗粉でとろみを付けます。 最後に塩で味を調えて完成。 チンゲン菜は日中との国交が回復した1972年、日本に来たと言われています。 癖のない味や食感が日本人の好みに合い、いまやすっかり日本に定着しました。 アクがないので、ほうれん草のように下茹での必要がないのも便利ですね。 スムージーのレシピはたくさんありますが、その中でもチンゲン菜は人気の野菜。 よりおいしく食べられる作り方がわかれば言うことないですね。 この記事では、チンゲン菜のダイエット効果や栄養に加え、フルーツベースのチンゲン菜スムージー、野菜ベースのチンゲン菜スムージー、豆乳ベースのチンゲン菜スムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 ぜひお試しください!• シャキシャキした食感が人気のチンゲンサイ。 1970年ごろ中国から伝わった野菜ですが、今ではすっかり日本に定着しており、適応力が高く、生育が早いため北海道から沖縄まで、全国各地で栽培されている身近な野菜です。 チンゲンサイは白菜の仲間の緑黄色野菜。 一年中出回っているので旬を感じにくいですが、9~12月頃が旬と言われています。 ほうれん草のようにアクがないので、下ゆでしないでそのまま料理できるのが便利ですね。 味にクセがないので、いろいろな食材と合わせることができ、ゆでたり炒めたりすると色味が良くなるので料理にも使いやすい野菜です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 どんな料理に添えても嫌味のないチンゲン菜は、中華料理に添えられることが代表です。 中国出身のチンゲン菜は和名では「たいさい」と呼ばれ、味が淡白で白菜の仲間です。 チンゲン菜は秋〜冬にかけて旬を迎え、軸の部分は肉厚でシャキッとした食感は、煮込んでも炒めても煮崩れることなく美味しく調理ができます。 鮮やかな緑色はどの料理にも彩りを加え、添えることでパッと華やかになります。 中華料理だけでなく、様々な料理に活用くださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 シャキシャキとした食感が特長のチンゲンサイ。 全国各地で栽培されており一年中手に入れることが出来ますが、特に美味しくなるのは10~11月と言われています。 塩分の排泄を助けるカリウムや肌荒れを抑えるビタミンCも多く含まれており、健康だけでなく美容にも嬉しい効果が期待できますよ。 特に中華料理には欠かせない食材で炒め物のイメージが強いですが、お浸しに付け合わせに揚げ物と、幅広いレシピに活用しやすい野菜です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 中華料理では定番のシャキシャキとした食感と加熱することでほのかな甘みが出るチンゲンサイ。 もともとは中国の野菜ですが、現在では全国各地で栽培されて通年流通していますが、最も栄養価が高まる旬は9月〜翌1月頃です。 緑の濃い野菜にしては珍しくアクが少ないため下茹でをしなくてもそのまま炒め物などに加えることができ、色鮮やかなまま食卓に並べられます。 また、油と一緒に摂ることでビタミンなどの吸収率が高まる嬉しい特徴がありますよ。 どんな食材とも相性が良いため、様々な料理に加えてアレンジしてくださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

チンゲン菜と鶏肉のオイスター炒め 作り方・レシピ

チンゲン 菜 レシピ

【材料】 チンゲン菜…2株 ハーフベーコン…1パック 卵…3個 塩胡椒…少々 マヨネーズ…大さじ1 酒…大さじ1 鶏ガラスープの素…小さじ2 オイスターソース…大さじ2 【手順】• チンゲン菜のヘタを取り、一口大の大きさに切ります。 重なっている部分を縦に切り分けます。 水を張ったボウルに入れて洗います。 ベーコンを1cm幅くらいに切ります。 卵をボウルに割り入れ、マヨネーズを加えて混ぜます。 フライパンにごま油を入れて卵を全体に広げるように入れ、かき混ぜながら焼いていきます。 ある程度固まったら別の皿に取り出します。 キッチンペーパーでフライパンを綺麗にし、ごま油をひいてベーコンを焼きます。 ベーコンがこんがりしたらチンゲン菜の茎を加えて炒めます。 しめじを加えて炒め、火が通ったらチンゲン菜の葉を加えて更に炒めます。 別皿の卵を戻し、料理酒、鶏ガラスープの素、オイスターソースを加えて混ぜるように炒めます。 調味料が全体に行きわたれば完成です。 【材料】• 豚肉こまぎれ…150g• チンゲン菜…1袋• 長ネギ…1本• 卵…2個• 醤油…大さじ2• 酒…大さじ1• 砂糖…小さじ1• 鶏ガラスープの素…小さじ1• ごま油…適量 【手順】• チンゲン菜は食べやすい大きさに切り、茎と葉の部分に分けます。 長ネギの白い部分を斜めに切ります。 卵をボウルに割り入れ、溶きます。 ボウルにしょうゆ、酒、砂糖、鶏ガラスープを入れて混ぜ、調味料を作ります。 フライパンにごま油をひいて豚肉を炒めます。 チンゲン菜の茎を入れて炒め、火が通ったら派の部分とネギを加えて炒めます。 チンゲン菜がしんなりしたら3の調味料を加えます。 溶き卵を加えて混ぜます。 皿に盛り付けて完成です。 【材料】• チンゲン菜…3束• 卵…3個• エリンギ・・2本• トマト• ごま油…適量• 酒…ひと振り• 鶏ガラスープの素…少々• 塩…少々• 水溶き片栗粉…適量• 水…100cc• 器に卵を割り入れて溶きます。 エリンギを縦に食べやすい大きさにカットします。 フライパンに油をひき、温まったら溶き卵を入れます。 混ぜながら卵を混ぜ、ふんわりしたら別皿に移します。 フライパンを洗って水を入れ、沸騰させます。 チンゲン菜の軸を切り落とし、沸騰させたお湯で茹でます。 トマトをスライスします。 チンゲン菜に軽く火が通ったら上げて水気を切り、食べやすい大きさにカットします。 お湯を捨てたフライパンにごま油をひき、エリンギ、エビ、酒を入れて炒めます。 エビの色が変わったら、チンゲン菜、卵、水を入れ、卵をほぐすように炒めます。 鶏ガラスープの素、塩、トマトを加えて炒めます。 醤油を加えます。 器に片栗粉と水を入れて混ぜ、水溶き片栗粉を作って加えます。 全体にとろみがついたら完成です。 【材料】• チンゲン菜…2株• 豚バラ肉…100g• 卵…1個• ご飯…適量• しば漬け…適量• 水…200cc• 創味シャンタン…小さじ1• 酒…大さじ1• 醬油…小さじ1• 砂糖…小さじ1• ごま油…少々• ブラックペッパー…お好みで 【手順】• チンゲン菜を経て六等分にカットして手でさき、水洗いします。 玉ねぎを2mmくらいにスライスします。 豚バラ肉を2cmくらいの幅にカットします。 フライパンに油をひいて卵を溶き入れ、混ぜながら炒めます。 卵が半熟になったら取り出します。 フライパンに豚バラ肉を入れて炒めます。 豚肉に火が通ったら、チンゲン菜と玉ねぎを加えて炒めます。 水を加えて煮詰めます。 創味シャンタン、オイスターソース、酒、醤油、砂糖を加えて混ぜます。 水溶き片栗粉を回し入れて混ぜます。 とろみがついたら半熟卵を戻し入れ、ごま油をかけます。 お好みでブラックペッパーを加え、ご飯に乗せて完成です。 【材料】• 生姜みじん切り…5g• スライスベーコン…2枚• 卵…1個• ご飯…茶碗2杯分• 塩胡椒…適量• 醤油…少々• サラダ油…適量 【手順】• チンゲン菜は軸と葉に分け、それぞれ食べやすい大きさに切ります。 白ネギはみじん切りにし、ベーコンは1cm幅に切ります。 フライパンにサラダ油を温め、生姜のみじん切り、白ネギを入れて炒めます。 香りがたったら、ベーコン、チンゲン菜の軸を加えて炒めます。 チンゲン菜がしんなりしたら葉を加えてさらに炒め、取り出します。 フライパンにサラダ油を足し、溶き卵を加えて半熟状になるよう混ぜながら炒めます。 ご飯を加え、卵をからめながら炒めます。 【材料】• チンゲン菜…1束• しめじ、しいたけ…お好みで• 春雨…30g• 溶き卵…1個• 水…600ml• 水溶き片栗粉…大さじ1• 鶏ガラスープの素…大さじ1• 塩・胡椒…少々• 黒酢または穀物酢…大さじ2• ごま油…小さじ2 【手順】• 鍋に水を入れて沸かし、鶏ガラスープの素を入れます。 チンゲン菜の軸を切って縦に二等分し、食べやすい大きさに切ります。 春雨、きのこ、チンゲン菜を入れて3分茹で、さらに一煮立ちさせます。 一旦火を消して、醤油、ごま油、塩、胡椒、酢を入れます。 水溶き片栗粉を回し入れます。 とろみをつけたら中火か弱火で再沸騰させます。 溶き卵を入れ、卵に火が通るまで混ぜながら煮ます。 卵に火が通ったら完成です。

次の

チンゲン菜・クックパッドつくれぽ件数が多い人気で簡単なレシピ10選

チンゲン 菜 レシピ

【材料】 チンゲン菜…2株 ハーフベーコン…1パック 卵…3個 塩胡椒…少々 マヨネーズ…大さじ1 酒…大さじ1 鶏ガラスープの素…小さじ2 オイスターソース…大さじ2 【手順】• チンゲン菜のヘタを取り、一口大の大きさに切ります。 重なっている部分を縦に切り分けます。 水を張ったボウルに入れて洗います。 ベーコンを1cm幅くらいに切ります。 卵をボウルに割り入れ、マヨネーズを加えて混ぜます。 フライパンにごま油を入れて卵を全体に広げるように入れ、かき混ぜながら焼いていきます。 ある程度固まったら別の皿に取り出します。 キッチンペーパーでフライパンを綺麗にし、ごま油をひいてベーコンを焼きます。 ベーコンがこんがりしたらチンゲン菜の茎を加えて炒めます。 しめじを加えて炒め、火が通ったらチンゲン菜の葉を加えて更に炒めます。 別皿の卵を戻し、料理酒、鶏ガラスープの素、オイスターソースを加えて混ぜるように炒めます。 調味料が全体に行きわたれば完成です。 【材料】• 豚肉こまぎれ…150g• チンゲン菜…1袋• 長ネギ…1本• 卵…2個• 醤油…大さじ2• 酒…大さじ1• 砂糖…小さじ1• 鶏ガラスープの素…小さじ1• ごま油…適量 【手順】• チンゲン菜は食べやすい大きさに切り、茎と葉の部分に分けます。 長ネギの白い部分を斜めに切ります。 卵をボウルに割り入れ、溶きます。 ボウルにしょうゆ、酒、砂糖、鶏ガラスープを入れて混ぜ、調味料を作ります。 フライパンにごま油をひいて豚肉を炒めます。 チンゲン菜の茎を入れて炒め、火が通ったら派の部分とネギを加えて炒めます。 チンゲン菜がしんなりしたら3の調味料を加えます。 溶き卵を加えて混ぜます。 皿に盛り付けて完成です。 【材料】• チンゲン菜…3束• 卵…3個• エリンギ・・2本• トマト• ごま油…適量• 酒…ひと振り• 鶏ガラスープの素…少々• 塩…少々• 水溶き片栗粉…適量• 水…100cc• 器に卵を割り入れて溶きます。 エリンギを縦に食べやすい大きさにカットします。 フライパンに油をひき、温まったら溶き卵を入れます。 混ぜながら卵を混ぜ、ふんわりしたら別皿に移します。 フライパンを洗って水を入れ、沸騰させます。 チンゲン菜の軸を切り落とし、沸騰させたお湯で茹でます。 トマトをスライスします。 チンゲン菜に軽く火が通ったら上げて水気を切り、食べやすい大きさにカットします。 お湯を捨てたフライパンにごま油をひき、エリンギ、エビ、酒を入れて炒めます。 エビの色が変わったら、チンゲン菜、卵、水を入れ、卵をほぐすように炒めます。 鶏ガラスープの素、塩、トマトを加えて炒めます。 醤油を加えます。 器に片栗粉と水を入れて混ぜ、水溶き片栗粉を作って加えます。 全体にとろみがついたら完成です。 【材料】• チンゲン菜…2株• 豚バラ肉…100g• 卵…1個• ご飯…適量• しば漬け…適量• 水…200cc• 創味シャンタン…小さじ1• 酒…大さじ1• 醬油…小さじ1• 砂糖…小さじ1• ごま油…少々• ブラックペッパー…お好みで 【手順】• チンゲン菜を経て六等分にカットして手でさき、水洗いします。 玉ねぎを2mmくらいにスライスします。 豚バラ肉を2cmくらいの幅にカットします。 フライパンに油をひいて卵を溶き入れ、混ぜながら炒めます。 卵が半熟になったら取り出します。 フライパンに豚バラ肉を入れて炒めます。 豚肉に火が通ったら、チンゲン菜と玉ねぎを加えて炒めます。 水を加えて煮詰めます。 創味シャンタン、オイスターソース、酒、醤油、砂糖を加えて混ぜます。 水溶き片栗粉を回し入れて混ぜます。 とろみがついたら半熟卵を戻し入れ、ごま油をかけます。 お好みでブラックペッパーを加え、ご飯に乗せて完成です。 【材料】• 生姜みじん切り…5g• スライスベーコン…2枚• 卵…1個• ご飯…茶碗2杯分• 塩胡椒…適量• 醤油…少々• サラダ油…適量 【手順】• チンゲン菜は軸と葉に分け、それぞれ食べやすい大きさに切ります。 白ネギはみじん切りにし、ベーコンは1cm幅に切ります。 フライパンにサラダ油を温め、生姜のみじん切り、白ネギを入れて炒めます。 香りがたったら、ベーコン、チンゲン菜の軸を加えて炒めます。 チンゲン菜がしんなりしたら葉を加えてさらに炒め、取り出します。 フライパンにサラダ油を足し、溶き卵を加えて半熟状になるよう混ぜながら炒めます。 ご飯を加え、卵をからめながら炒めます。 【材料】• チンゲン菜…1束• しめじ、しいたけ…お好みで• 春雨…30g• 溶き卵…1個• 水…600ml• 水溶き片栗粉…大さじ1• 鶏ガラスープの素…大さじ1• 塩・胡椒…少々• 黒酢または穀物酢…大さじ2• ごま油…小さじ2 【手順】• 鍋に水を入れて沸かし、鶏ガラスープの素を入れます。 チンゲン菜の軸を切って縦に二等分し、食べやすい大きさに切ります。 春雨、きのこ、チンゲン菜を入れて3分茹で、さらに一煮立ちさせます。 一旦火を消して、醤油、ごま油、塩、胡椒、酢を入れます。 水溶き片栗粉を回し入れます。 とろみをつけたら中火か弱火で再沸騰させます。 溶き卵を入れ、卵に火が通るまで混ぜながら煮ます。 卵に火が通ったら完成です。

次の