嘘つき ノーランド。 【ワンピース】空への旅路!空島編のあらすじまとめ【ワンピース(ONE PIECE)】

モンブラン・ノーランド処刑の謎と、気になる3つのポイント【ワンピース伏線考察】

嘘つき ノーランド

最近、変にウソップの事が気になって仕方ありません。 ウソップとは、ご存知の方も多いと思いますが、TVアニメ「ONE PIECE(以下ワンピース)」のキャラクターのウソップの事です。 なぜウソップが気になるのか?ワンピースの謎について、色々と調べていくうちに、なぜがポツンポツンと、ウソップの名前が浮かび上がる場面が多く感じるのです。 ソゲキングとして、要所要所での活躍をしていますが、それでも他のメンバーに比べれば、最弱ではないかと思われているキャラクターです。 同じような立場にあったナミも、「人魚ではないか?」説が浮上する中で、重要な役割として注目されています。 ではウソップはただのムードメーカーで終わるのか? 実はそこに疑問が出て来たのです。 以下の仮説を検証してみましょう。 ファンの皆様の中には薄々気づいている方もいると思いますが、グランドラインに入って、話が進むうちに、少しずつウソップが言っていた「嘘」が実現してきています。 一部紹介します。 金魚の話は、まだウソップが故郷で嘘つきと呼ばれていた頃に、カヤに話していたホラ話です。 ウソップ登場回に出したホラ話を、後から実現させる。 これはウソップが何か重要な役割があるという伏線ではないのでしょうか? また、ドレスローザ編に入って、それが顕著となりました。 再びの「うそつきノーランド」の登場です。 ノーランドの話は空島編で出て来た話で、その「うそつき」とウソップがどこかリンクされているように感じていました。 そして「うそつきノーランド」は本当は嘘つきではなかったという事が、空島編の物語の中で判明しました。 ウソップは、本当に「うそつき」です。 でも、「嘘」が実現してきています。 ノーランドとは立場が違えど、結果として同じになっているというのは、どういう流れでしょうか? そしてウソップは、トンタッタ王国でノーランドの子孫「モンブラン・ウソランド」と嘘をついています。 麦わらの一味の中で、フルネームの無いキャラは3人。 サンジ、ナミ、ウソップです。 その内、サンジとナミは孤児で、自身が物心ついた頃から親が分からなかった為苗字が無いと思われ、またその点については、重要な伏線であることも考えられます。 (ナミが人魚かもしれないなど) それに対して、ウソップは、フルネームで無い事の方がおかしい状況にあります。 それは両親が登場しており、出自がハッキリしているのです。 父親は、赤髪海賊団のヤソップであり、母親も死別していますが、回想シーンでバンキーナと言う名前で登場しています。 父親の名前からも分かる通り「ウソップ」は苗字ではなく名前です。 ここまで揃っていながら苗字が無いというのは可笑しいとは思いませんか? 一時は「Dの名を持つ者」疑惑もありましたが、ここに来て新たな伏線が出てきました。 それは前述にも書きましたが、ドレスローザ編にて、ノーランドの子孫「モンブラン・ウソランド」と嘘を吐いたという伏線です。

次の

ワンピースのウソップwwwwwwwwwww : ジャンプ速報

嘘つき ノーランド

最近、変にウソップの事が気になって仕方ありません。 ウソップとは、ご存知の方も多いと思いますが、TVアニメ「ONE PIECE(以下ワンピース)」のキャラクターのウソップの事です。 なぜウソップが気になるのか?ワンピースの謎について、色々と調べていくうちに、なぜがポツンポツンと、ウソップの名前が浮かび上がる場面が多く感じるのです。 ソゲキングとして、要所要所での活躍をしていますが、それでも他のメンバーに比べれば、最弱ではないかと思われているキャラクターです。 同じような立場にあったナミも、「人魚ではないか?」説が浮上する中で、重要な役割として注目されています。 ではウソップはただのムードメーカーで終わるのか? 実はそこに疑問が出て来たのです。 以下の仮説を検証してみましょう。 ファンの皆様の中には薄々気づいている方もいると思いますが、グランドラインに入って、話が進むうちに、少しずつウソップが言っていた「嘘」が実現してきています。 一部紹介します。 金魚の話は、まだウソップが故郷で嘘つきと呼ばれていた頃に、カヤに話していたホラ話です。 ウソップ登場回に出したホラ話を、後から実現させる。 これはウソップが何か重要な役割があるという伏線ではないのでしょうか? また、ドレスローザ編に入って、それが顕著となりました。 再びの「うそつきノーランド」の登場です。 ノーランドの話は空島編で出て来た話で、その「うそつき」とウソップがどこかリンクされているように感じていました。 そして「うそつきノーランド」は本当は嘘つきではなかったという事が、空島編の物語の中で判明しました。 ウソップは、本当に「うそつき」です。 でも、「嘘」が実現してきています。 ノーランドとは立場が違えど、結果として同じになっているというのは、どういう流れでしょうか? そしてウソップは、トンタッタ王国でノーランドの子孫「モンブラン・ウソランド」と嘘をついています。 麦わらの一味の中で、フルネームの無いキャラは3人。 サンジ、ナミ、ウソップです。 その内、サンジとナミは孤児で、自身が物心ついた頃から親が分からなかった為苗字が無いと思われ、またその点については、重要な伏線であることも考えられます。 (ナミが人魚かもしれないなど) それに対して、ウソップは、フルネームで無い事の方がおかしい状況にあります。 それは両親が登場しており、出自がハッキリしているのです。 父親は、赤髪海賊団のヤソップであり、母親も死別していますが、回想シーンでバンキーナと言う名前で登場しています。 父親の名前からも分かる通り「ウソップ」は苗字ではなく名前です。 ここまで揃っていながら苗字が無いというのは可笑しいとは思いませんか? 一時は「Dの名を持つ者」疑惑もありましたが、ここに来て新たな伏線が出てきました。 それは前述にも書きましたが、ドレスローザ編にて、ノーランドの子孫「モンブラン・ウソランド」と嘘を吐いたという伏線です。

次の

【ワンピース】うそつきノーランドと悪魔の実大図鑑の伏線がついに回収された件について!

嘘つき ノーランド

うそつきノーランドとは、「」に登場するである。 探検のがのような冒険の話を人々に聞かせ、最終的にがばれてになるというもの。 の作中にはの子孫である「・」も登場する。 絵本では最期の言葉ので面を添えて描かれているが、実際には大粒のを流しながらの念の死であったという。 「にし」という言葉も、実際には「地殻変動による(の)遺跡の沈没」の。 意味としてはあまり変わらないが、印は随分と違ってくる。 事実、そして真実 の遺跡は確かに存在していた。 しかし、のするような沈没ではなかった。 この流がが2度に訪れる1年前にの下で発生し、の遺跡を含むの半分をか上へと突き飛ばしてしまった。 さらにこのとき、ちょうどの上に(正確にはの)が飛来して来ており、飛ばされたはそこに定着することになる。 しかしはそのことを知る由もなく、が半分なくなり、そこにあったはずの村や遺跡もなく、を交わした達もいなくなってしまったことに愕然とする。 さらに当てであったはそれがないことにし、を捕縛してへ帰還。 「(1回の上陸時に)があったというのはっな」という言をするためのの人まで仕立て上げて、をにした。 へ飛ばされたの達は、に元々住んでいた者たちによってを追われ、以後0年に渡ってを取り戻すべく戦い続けることになる。 しかしに至るまで地上の人々にの遺跡のや、それがにあることは知られていない。 というか、の存在自体がである。 モンブラン・ノーランド : ルブニール王所属の探検。 また、学者でもある。 中で王類を仕留めたり、自分の何倍も大きいを一で仕留めたりと、も相当なものである。 そのを人などに闇に奮わず、小人や知り合ったのために使うなど、思慮もある。 精面も強いうえに、相手の身心や思想の違いを組み入れつつ接する気遣いや、時には友人や相手に怒鳴られるのを覚悟の上で厳しい発言をするなど、自分にも他人にも厳しく、そして優しい性格をしている。 その精性と残した功績は上記の悲劇などによって、一部の域で曲されてしまったものの、全くの駄ではなく、にわる話とは別件とはいえ彼にし、後生までその功績を伝える一族や、に関する知識を悪政に苦しむ人などのために活かす者の出現などによって、さながら報われつつある。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の