城 プロ キャメロット。 キャメロット

キャメロット城 無敵効果を持ったオンリーワンの城娘!

城 プロ キャメロット

【城プロ】新イベ『討伐武将大兜!宇喜多直家』を攻略して霊鋼をゲット! こんばんは、ポンコツゲーマーです。 緊急出兵「討伐武将大兜!宇喜多直家」 宇喜多直家は初登場ですね。 によると、幼名は「八郎」。 手に余る者には、自分の娘や姉妹、或いは親類の娘を養女として、縁組を成立させて親類の体を表し、時節を見はからった上で毒殺したり、闇討ちして寝首をかく行いが多いと伝えられる。 と、正々堂々の対極にあるような人物ですが、その一方で• 策謀の対象とした敵を手厚く葬り、暗殺の実行者を使い捨てず厚遇するなど、穏やかで極めて理知的な一面も持った人物• 家臣を大切にしており、家臣を粛清した事は無い• 乙子城主だった時代には家臣と共に耕作に励み、時には自ら節食して兵糧を蓄えたという などの一面もあったようです。 でも「手厚く葬り」は「手厚く弔い」じゃないでしょうかね、あとあまり穏やかには思えない… 戦功はどれも倉破壊と殿への攻撃阻止なので極めてシンプル。 シナリオも面白いので是非是非! ファッ!? いやいや、笑顔で何言うてはりますのん?? まさかの下ネタ?詳しくはCMの後…じゃなくゲームで。 ちなみに、相変わらず-絶-は初見殺しです。 キャメロット城・邯鄲改壱実装 続いてキャメロット城と邯鄲に改壱が実装されました。 キャメロット城は実装当初、武器が刀のくせに『エクスカリバー』固定で強化もできないという不遇な扱いのためお蔵入りしていましたが、そのエクスカリバーが着脱可能となり、今回晴れて改壱も実装されたので、育て甲斐が出てきたというものです。 もともと近接には攻撃の乗算バフ、遠距離には範囲アップと至れり尽くせりなのに、その強化に加えて、自身だけが対象だった攻撃後の隙短縮を範囲無視でバラ撒くのにはビックリしました。 キャメロット城マジイケメン。

次の

キャメロット

城 プロ キャメロット

近接の攻撃25%上昇は上書きされづらい数値で配置に関係なく効果を及ぼすことができます。 遠隔城娘では範囲が上昇されるので更にキルゾーンを広く構えることができるでしょう。 また隙短縮という重なりづらいサポート効果を全域に、高い数値で展開できるのはかなりの強みではないかと思います。 遠隔城娘の範囲上昇も数値が上昇しています。 5だけなのでそこはあまり変わらない印象。 自身も強くなり、より味方のサポートもできるようになりました。 この計略がキャメロット城最大の魅力でしょう。 自身に掛けることで15秒間ダメージを受けなくなります。 言ってみれば無敵効果ですね。 受けてはいけない敵を撤退せずにダメージを与えつつ受け流せるといった事もでき、様々な場面で対応できそうです。 計略時間が伸びたことは嬉しいですね。 またコストも減ったので、より扱いやすくなった印象です。 彦根改込で10秒間隔。 10秒の間に気も10増えるのでコスト5は割といい内容なのではないでしょうか。 おすすめ武器 聖剣エクスカリバー 攻撃71・敵の防御を5%無視 キャメロット城は武器が固定されています。 なかなか面白いですね。 固定されている分武器での補正を受けれないので注意が必要です。 かつては呪いの武器とまで言われていたエクスカリバーですが、強化もでき、他の城娘にも装備することができるようになった。 でもおすすめしたいのはエクスカリバーですね。 バフは全域なので範囲を広げる必要もなく、火力が上がるような装備がいいと思います。 おすすめ増築用施設 門系(攻撃上昇) なんでもいいと思います。 防御面が優秀なので攻撃面を少しでも底上げしたいと理由でおすすめしています。 ただ割と攻撃面も優秀だと思いますが… キャメロット城の使用感・まとめ 扱いやすい城娘で計略による防衛が優秀です。 特技の全体の近接攻撃バフは25%と上書きされにくい数値なので最後まで活躍してくれそうです。 ただ使用感としては範囲攻撃バフの方が良いです。 近接城娘は蔵前にポツン、ポツンと置きますので敵を殲滅するキルゾーンの強化に繋がらないことが多いためためです。 遠隔城娘の範囲上昇はキルゾーンの強化につながりますので、それは嬉しいですね。 四方八方から攻めてくるマップであれば活躍しそうですが、なかなか刀を最初に巨大化することが前世殿はないなぁ…というのが感想です。 計略は面白いですね。 似たような効果で御城プロジェクト:REでは隠密というものがあります。 隠密効果を受けた対象は敵からの攻撃を受けないという効果です。 どちらもダメージを受けませんが、敵からの攻撃を受けるか、受けないが違います。 隠密は敵からの攻撃を受けないかわりに他のもの(近くの城娘、蔵など)が攻撃されます。 キャメロット城の計略は自身に敵の攻撃ターゲットを狙わせつつダメージを無効化できますので、こちらのほうが使い勝手は良いです。 改壱評価 なかなかの強化内容ですね。 浜松城と合わせたいですが、どちらかというと江戸城の方がいいと思います。 手持ちが揃ってくると敵の攻撃を耐えてくれれば近接はなんでも良くなってくるんですが、できれば味方のサポートもしてほしいですよね。 そういったときにこのキャメロット城はいいのではないかなと。 耐えるだけなら計略使えば何でも耐えれますしね。 あとは殲滅力なんですが、刀の調整と攻バフ30%、隙30%短縮で申し分ないと思います。 敵を漏らすこともなくなってきた刀がバランス調整、江戸城の登場によりまた復権してきた印象ですね。 実際に使用した動画 使ったマップはコラボイベント『 異界門と囚われし騎士-絶-』難しいです。 防御力が高い盾でも防御貫通がある分、かなりのダメージを受けます。 そこにキャメロット城の無敵計略を合わせた感じで使用しました。

次の

キャメロットのバビロニア・劇場版・映画が話題

城 プロ キャメロット

近接の攻撃25%上昇は上書きされづらい数値で配置に関係なく効果を及ぼすことができます。 遠隔城娘では範囲が上昇されるので更にキルゾーンを広く構えることができるでしょう。 また隙短縮という重なりづらいサポート効果を全域に、高い数値で展開できるのはかなりの強みではないかと思います。 遠隔城娘の範囲上昇も数値が上昇しています。 5だけなのでそこはあまり変わらない印象。 自身も強くなり、より味方のサポートもできるようになりました。 この計略がキャメロット城最大の魅力でしょう。 自身に掛けることで15秒間ダメージを受けなくなります。 言ってみれば無敵効果ですね。 受けてはいけない敵を撤退せずにダメージを与えつつ受け流せるといった事もでき、様々な場面で対応できそうです。 計略時間が伸びたことは嬉しいですね。 またコストも減ったので、より扱いやすくなった印象です。 彦根改込で10秒間隔。 10秒の間に気も10増えるのでコスト5は割といい内容なのではないでしょうか。 おすすめ武器 聖剣エクスカリバー 攻撃71・敵の防御を5%無視 キャメロット城は武器が固定されています。 なかなか面白いですね。 固定されている分武器での補正を受けれないので注意が必要です。 かつては呪いの武器とまで言われていたエクスカリバーですが、強化もでき、他の城娘にも装備することができるようになった。 でもおすすめしたいのはエクスカリバーですね。 バフは全域なので範囲を広げる必要もなく、火力が上がるような装備がいいと思います。 おすすめ増築用施設 門系(攻撃上昇) なんでもいいと思います。 防御面が優秀なので攻撃面を少しでも底上げしたいと理由でおすすめしています。 ただ割と攻撃面も優秀だと思いますが… キャメロット城の使用感・まとめ 扱いやすい城娘で計略による防衛が優秀です。 特技の全体の近接攻撃バフは25%と上書きされにくい数値なので最後まで活躍してくれそうです。 ただ使用感としては範囲攻撃バフの方が良いです。 近接城娘は蔵前にポツン、ポツンと置きますので敵を殲滅するキルゾーンの強化に繋がらないことが多いためためです。 遠隔城娘の範囲上昇はキルゾーンの強化につながりますので、それは嬉しいですね。 四方八方から攻めてくるマップであれば活躍しそうですが、なかなか刀を最初に巨大化することが前世殿はないなぁ…というのが感想です。 計略は面白いですね。 似たような効果で御城プロジェクト:REでは隠密というものがあります。 隠密効果を受けた対象は敵からの攻撃を受けないという効果です。 どちらもダメージを受けませんが、敵からの攻撃を受けるか、受けないが違います。 隠密は敵からの攻撃を受けないかわりに他のもの(近くの城娘、蔵など)が攻撃されます。 キャメロット城の計略は自身に敵の攻撃ターゲットを狙わせつつダメージを無効化できますので、こちらのほうが使い勝手は良いです。 改壱評価 なかなかの強化内容ですね。 浜松城と合わせたいですが、どちらかというと江戸城の方がいいと思います。 手持ちが揃ってくると敵の攻撃を耐えてくれれば近接はなんでも良くなってくるんですが、できれば味方のサポートもしてほしいですよね。 そういったときにこのキャメロット城はいいのではないかなと。 耐えるだけなら計略使えば何でも耐えれますしね。 あとは殲滅力なんですが、刀の調整と攻バフ30%、隙30%短縮で申し分ないと思います。 敵を漏らすこともなくなってきた刀がバランス調整、江戸城の登場によりまた復権してきた印象ですね。 実際に使用した動画 使ったマップはコラボイベント『 異界門と囚われし騎士-絶-』難しいです。 防御力が高い盾でも防御貫通がある分、かなりのダメージを受けます。 そこにキャメロット城の無敵計略を合わせた感じで使用しました。

次の