キハ 182 100。 TOMIX 98693 キハ183系「とかち」6両セットB railways湘南ラインweb店

儈儍儞儅乕崙揝亅尦 JR杒奀摴僉僴183宯

キハ 182 100

2008. 1 今回のN情報室は、5月に発売予定の国鉄キハ183系特急ディーゼルカーをお届けします。 工場より届いた成形試作品を中心にご紹介します。 実車は、短編成化のために中間電源車であったキハ184を改造して先頭車化されました。 トレインマークは好評をいただいている交換式となります。 (特急「北斗」装着済み、特急「おおとり」付属) キハ183-100形正面 キハ184形側面 キハ184形反対側面 同じく新規製作されたキハ184形の両サイドからの写真です。 キハ184形は電源装置付き中間車のため、駆動エンジン1基の他に発電用機関を搭載し、車内に機器室が設けられています。 キロ182-0形側面 キロ182-0形俯瞰 キロ182-0形屋根上 キロ182-0形も今回のリニューアルのために新規製作されています。 特徴ある屋根上のアンテナが別パーツ化となり、より立体感のある屋根上が再現されています。 このアンテナは当時存在していた青函連絡船の運行状況を知るための、専用アンテナです。 5月にリニューアル発売されるキハ183系標準色は、多様な編成が再現できるように3種類のセット、2種類の単品があります。 最後にどの車両がどのセットに含まれるかの整理を含めて各形式をご紹介します。 このページではインラインフレームを使用しています。 インラインフレームに未対応のブラウザをお使いの方はこちらをお読み下さい。

次の

TOMIX N情報室 国鉄キハ183系特急ディーゼルカー Vol.1

キハ 182 100

国鉄型主義:キハ183系 >キハ183系 2019. 筆者は10歳で初めて観光をしたのだが、高校へ進学すると度々北海道へ渡り、多いときは年6回も「乗り鉄」をしながら雄大な自然を眺めてきた。 そのような旅においては道内の移動は普通列車だけとは行かず、「北海道フリーパス」(当時)を駆使してキハ183系を多用した。 特に「おおぞら13・14号」(後の「まりも」)や「オホーツク9・10号」、「利尻」といった夜行列車の一夜は、キハ183系への愛着を強くさせたと思う。 そんな旅の相棒も、火災事故を起こすなど老朽化に直面している。 いまの内に、簡単ではあるが記録をまとめておきたい。 キハ183系特急型気動車は、老朽化したキハ80系の置き換え用に開発された。 厳寒の北海道に合わせた耐寒・耐雪構造の強化と性能向上を行った形式である。 1979年に試作車が登場し、1981年から量産車が投入された。 その後も、N183系をベースとした「ニセコエクスプレス」(5000番代)、「クリスタルエクスプレス」(5100番代)、「ノースレインボーエクスプレス」(5200番代)も導入され、少数ながらバリエーションは豊富である。 さて、北の大地で進化を遂げたグループではあったが、置換えの波は民営化直後から徐々に始まっていた。 それというのも、当時の北海道は高速道路も未発達であり、特に冬季は自動車事故のリスクも高く、安全で高速な移動を実現する鉄道への期待が強かった。 それゆえ、線路改良や新車投入も積極的に行われた。 まず、 1994年3月1日改正で新技術の粋を集めたキハ281系「スーパー北斗」が5往復(キハ183系6往復)設定される。 更に、振り子気動車第二弾として道東のより厳しい環境に適合したキハ283系を開発、 1997年3月22日改正から「スーパーおおぞら」3往復が登場する。 この キハ283系の好評を受け、 1998年12月8日改正では函館本線にも投入、「スーパー北斗」が増発されるが、この時の「北斗」4往復体制はしばらく続く事になる。 これは、函館本線は勾配・急曲線が少なく、N・NN183系でも高い速度を維持することができるため、置換えの優先度が相対的に低くなったためと思われる。 路線環境の厳しい石勝線系統では、 2000年3月11日改正からキハ283系増備車が入り、「おおぞら」1往復と「とかち」1往復が置き換えられた。 同時に「スーパーとかち」の名称はキハ283系に譲られ、2階建てグリーン車は「おおぞら」にも入るようになる。 続く 2001年7月1日改正では昼行「おおぞら」6往復全てがキハ283系化、夜行「おおぞら」はキハ183系のまま残るが「まりも」に改称、2階建てグリーン車は編成から外れてしまう。 ここまで登場しない「オホーツク」だが、1992年3月に急行「大雪」から格上げされた夜行「オホーツク」が 2006年3月18日改正で廃止される動きしかなく、この後も11年間動きがない。 本論に戻るが、石勝線系統は 2007年10月1日改正で「まりも」廃止、「とかち」1往復の「スーパーおおぞら」化、「スーパーとかち」へのキハ261系投入で「とかち」2往復のみとなったが、 2009年10月1日改正にはキハ261系化が完了、釧路方面から完全撤退となった。 この際、余剰となったN183系(キハ183-1500)が「オホーツク」の札幌方先頭車と波動用(400番代へ改造)へ転用された。 ここからしばらくキハ183系に大きな動きは無かったが、2011年5月27日に発生した石勝線でのキハ283系火災事故の記憶も残る中、2013年4月8日、函館本線八雲駅で「北斗20号」運用中のキハ183系のエンジン部分から発煙、同年7月6日には山崎〜鷲ノ巣走行中の「北斗14号」のエンジンから出火という事態が続いた(なお、7月15日にはキハ283系の配電盤から出火する騒ぎもあった)。 いずれもDML30HZの燃料噴射装置内の部品(スライジングブロック)が破損し、燃料噴射ポンプに過大な燃料が供給されることで過回転し、エンジンブロック自体が破損したと原因が判明した。 2013年7月から当面の間、DML30HZとDML30HSJエンジンを搭載した車両キハ183-500、キハ182-500と-2550、キロ182-500と2550は運用停止、その影響で「北斗」などが続々と運休となり、多大な影響を及ぼす。 事故を起こしたキハ183については、エンジンへの対策を施し、 2014年8月1日から「北斗」「サロベツ」の運転が再開されるまで、リゾート車両も総動員していた。 現在、経年を考慮して0番代は2017年度末までにキハ261-1000による置換えを進め、NN183系は当面の使用を考慮して重要機器(エンジン・変速機・減速機・輪軸・電気機器)の更新、転落防止幌の取り付けが行われている。 2017年3月4日改正では、「北斗」系統へキハ261系12両を追加投入しN183系1往復を置き換えただけではなく、車両の所要数を削減するために輸送体系の見直しまで踏み込んだ。 宗谷本線のキハ261系「スーパー宗谷」2往復+キハ183系「サロベツ」1往復は、「サロベツ」が旭川で分断のうえ2往復化、「宗谷」は1往復化されたうえで全列車がキハ261系となった。 石北本線のキハ183系「オホーツク」4往復は、同様に旭川で分断して、旭川〜網走」の「大雪」2往復と「オホーツク」2往復に改められた。 キハ183系で残ったものの、宗谷本線や函館本線で余剰となったN183系・NN183系が順次投入されており、0(200)番代の置換えが進められている。 0番代は2017年度末で置換えが完了する計画となっており、2017年度中にキハ261系20両が追加投入される。 2018年3月17日改正では「北斗」系統からキハ183系が撤退、函館所のN183系・NN183系が苗穂へ転属すると思われる。 これにあわせ、モケットの交換など内装を更新している。 外観は「とかち色」を基にグラデーションを省略、バイオレット帯を太くして先頭車に「OKHOTSK」のロゴを入れた(通称、オホーツク色)。 なお、予備車共通化が進められ、「とかち色」は「オホーツク色」へ揃えられ、ロゴも撤去された。 運転台部分に「HET183(Hokkaido Express Train183)」のロゴが入ったことから、HET色とも呼ばれる。 そこで、1999年度から2009年度にかけ、防弾ガラスにも使われるポリカーボネートのカバーを側窓外側に取り付ける工事が行われた。 キハ281・283にも行われ、側窓が四角い額縁に収まるような外観となった。 床下に4両分の給電能力を持つ発電機を搭載しているため、走行用エンジンは小型のDMF13HSとなっている。 便・洗面所が無く定員68名。 便・洗面所付で定員68名(GU改造車は荷物置き場が設置され66名に減)。 0番代と異なるハイデッカー構造となっている。 1993年9月から1994年4月にかけ、キロ2550番代に内外装を合わせるリフレッシュ工事が行われた。 更に、2011年度から翌年度にかけ、LED読書灯や大型テーブルを備えた腰掛への交換などの リニューアルが実施されて現在の姿になっている。 キハ183-1500と同様、電源装置を搭載するため、エンジンは小型のDMF13HZとなっている。 便・洗面所が無く定員68名。 2014年7月から2015年12月にかけて重要機器更新が行われ、 7550番代となった。 これに伴いDML30HZ・660psから460psへ出力が下がっている。 2011年度から翌年度にかけ、LED読書灯や大型テーブルを備えた腰掛への交換などの リニューアルが実施された。 2014年7月から2015年12月にかけて重要機器更新が行われ、 7550番代となった。 これに伴いDML30HZ・660psから460psへ出力が下がっている。 キハ183-505,506、キハ182-504〜506,513の6両が改造されている。 便・洗面所は無く定員40名。 -104=2017. 便・洗面所は無く定員40名。 後に、17〜20は業務用室が車掌室・電話室に改造されている。 1992年に夜行「オホーツク」用の寝台車を連結するための出力増強を目的にエンジンが換装されたグループ(211〜215)と、1993年にNN183系の抜けた「とかち」編成の出力不足を補う目的で換装されたグループ(207〜210,217〜220)に分かれる。 キロ182のキロハ化に伴い、1996年2〜7月に211〜215の業務用室に車販準備室が移され、行先表示機の位置が変更されている。 キハ183-1500と違って電源装置を持たず、大出力エンジン(DML30HSJ)を搭載している。 便・洗面所付で定員60名。 後に-507はお座敷気動車へ改造され、-6001となった。 キハ183-505,506、キハ182-504〜506,513の6両が改造されている。 床下に4両分の給電能力を持つ発電機を搭載しているため、走行用エンジンは小型のDMF13HSとなっている。 オリジナルは便・洗面所が無く定員68名。 -1501〜1504は、2000年3月改正での宗谷本線の急行「サロベツ」などの特急格上げにあわせ。 デッキ仕切り戸のタッチセンサー化、指定席車両の暖房強化、各車窓下へのコンセントと自動販売機を設置、WC付車両が不足するため取り付け工事が行われ、座席3列分の側窓が埋められている。 なお、指定席用の1501〜1503はシートピッチが940mmから1050mmに拡大されており、定員48名(-1504はWC設置が無く68名)。 シートは レッド。 -1505は2017年に函館から転属。 上記のような改造は無く、スカートが灰色なため識別が容易(他は写真のとおり青色で-1551〜1556も同様)。 キハ183-1500と同様、電源装置を搭載するため、エンジンは小型のDMF13HZとなっている。 -1555,1556は上述の宗谷本線特急化に伴う改造車で、シートは ブルー。 塗装変更や側窓の強化など以外、大きな変化は無い。 -501〜503は宗谷本線特急用にシートピッチが拡大されて定員60名となっている。 シートは ライトグリーン。 当初は函館所の波動用だった。 現在の「オホーツク」は後述する半室グリーンが繫がれるため、予備車扱いとなっている。 同車を使用すると普通指定席の座席数が減ってしまうため、必ずキハ182とペアとなる。 改造内容は、水タンク撤去、新鮮外気導入装置の移設、グリーン車の3列化、喫煙室設置などが行われ、定員は普通車16名、グリーン車21名。 これに伴い、準備室はキハ183-211〜215へ移された。 各車は動物の名が付けられ、記念撮影用の座席を設けたり、子供向けの設備がある。 なお、-3は1995年12月に子供が遊べる「ちゃいるどさろん」として、クッションやビデオ装置、絵本、おもちゃを置いた車両に改造された経歴を持つ。 走行系は550番代が基本となり、330ps機関を3両で5台有している。 便・洗面所を持ち、定員48名。 定員56名。 クリスタルEXP キハ183 5101,5102 1989年、トマサホの代替として苗穂工場で新製。 展望車構造が特徴ではあるが、2010年の函館本線踏切事故を受けて展望室の座席が全て撤去され、定員が36名に減っている。 キハ182 No Photo 5101 定員56名。 キサロハ 182 5101 最大の特徴はやはりダブルデッカーである。 台車はサハネ581廃車発生品のTR69であり、スノープローが残っている。 ノースレインボーEXP キハ183 5201,5202 アルファコンチネンタルエクスプレスの代替として、苗穂工場で1992年7月に新製。 車体帯は5201がピンク、5202がラベンダー。 定員47名。 キハ182 No Photo 5201,5251 電源設備を有する。 5201の車体帯はオレンジ、1992年12月に増備された5251はブルー。 キサハ182 No Photo 5200 1992年12月に増結。 2階建て構造で2階は客室、1階はラウンジ・ビュッフェ。 定員36名。 通路を挟み、4人用・2人用の掘りごたつ式テーブルが配置されている。 現在はHET色に変更されている。 また、便洗面所が新設されている。 先頭車と一緒に3両編成を組み釧網本線などで運用されたこともあったが、やがて活躍の場は狭まり、一足先に廃車となってしまった。 2008年の撮影だがモケットもくたびれており、0番代の寿命を感じた。 - - キハ183-1550(宗谷本線用) 宗谷本線の急行列車が格上げされる際、キハ183系が担当する「サロベツ」と「利尻」の自由席用にリニューアルしたキハ183-1555,1556に見られる内装。 2003年2月には「北斗」の増結に1両、快速「お座敷摩周号」(釧路〜知床斜里)に2両が動員されていた。 他に「オホーツク」,「サロベツ」,「利尻」,臨時特急「わっかない」にも充当された。 車内は掘り炬燵式になっている。 テーブルの天板を引っくり返すと畳になっており、これを穴(?)にはめるとフラットになる。 また通路部分に敷く分については何処かに収納してあるようだ。 画像は「はなたび利尻」の フルフラット車として使用中の姿。 場所指定用に頭上部分の窓枠にテプラで席番が貼られている。 キロハ182-0 0番代のグリーン車を半室化したものだが、内装のリニューアルもされており原型とは違うと思われる。 - - キロ182-500,7550 シート改良前の500番代。 リニューアルされた座席。 かなり重厚もので、グリーン車に相応しい環境になった。 ツインクルレディによる飲み物などのサービスが無くなった代わりでもあろうか。 同じような改造をされた先頭車(キハ183-200)と異なり、石勝・根室本線運用の縮小に伴い、あっさり廃車された。 17全車廃車 キハ182-106〜108 回送運転台設置 「おおぞら」の増解結を容易化するため、キハ283系(キハ282-2000)と同じ回送用運転台を設置することになった。 1996年12月から1997年3月にかけて、キハ182-6〜8に回送用運転台を設置、新鮮外気取入装置や乗降用扉の移設が行われた。 結局、営業運転において増解結は行われなかった。 17全車廃車 キハ182-36〜38 宗谷・サロベツ組み込み お座敷気動車キロ29・59の老朽取替用に、宗谷本線用キハ400を捻出する必要があり、玉突き用に「オホーツク」短編成化で余剰となったキハ182-36〜38が充当されることになった。 1997年11〜12月に改造が行われ、腰掛16席を撤去しサービス用電源エンジンを設置、ジャンパ連結器と幌の交換、塗装の変更が行われた。 結局、2000年3月に特急格上げ・キハ183系化となり、お役御免となった。 30全車廃車 キハ183系 >.

次の

国鉄型主義:キハ183系

キハ 182 100

概要 従来の特急形気動車の仕様を再検討し、諸設備の機能向上と耐寒耐雪機能に留意した専用車両として開発された系列である。 北海道内各系統のは(昭和36年)以来を使用してきた。 同系列は「」「」「」などの道内特急列車網を確立し長期にわたって使用されてきたが、(昭和50年)頃から接客設備の陳腐化と酷寒地運用ゆえの故障多発・損耗が顕在化し、取替えが喫緊の課題とされた。 後継車両の計画に際しては北海道内での使用に留意し、をベースに厳しい気象条件に適合した「雪と寒さに強い」特急形気動車として開発が進められ、(昭和54年)にキハ183系の先行試作車(900番台)が完成した。 (昭和55年)から1年半の試用の後、(昭和56年)10月1日から量産車(基本番台)の使用を開始した。 (昭和61年)ので、各部の大規模な設計変更がなされた500・1500番台(N183系)が投入され、キハ80系を完全に淘汰した。 JR北海道移行後の(昭和63年)には走行性能の向上に留意した550・1550番台(NN183系)を投入し、道内特急列車の高速化と設備水準向上を実現した。 (13年)から経年の進んだ車両が順次淘汰されつつあるが、使用路線の実情を考慮した仕様変更や改造も多数なされ、現在に至るまで道内各路線の特急列車に使用されている。 製造…新潟:、富士:、日立:• 配置…函館: 、札幌: 、苗穂: 、釧路:• 4 (キハ183形) 44. 8 t(キハ182形) 44. 2 t(キハ184形) 45. 内ではの運行体系を中心から中心に転換する構想が具体化しつつあり、基本を7両、必要に応じ中間電源車を含む3両を挿入して最大10両編成とする運用方式が採られた。 特急気動車としては以来11年ぶりの新形式だったが、保守の省力化と信頼性の確保に鑑み、各部仕様は先行形式で実績のある構造を主軸に採用する方針が採られた。 量産移行後は仕様を統一する量産化改造がなされて量産車と完全に混用されていたが、老朽化や余剰のため(平成13年)9月までに全車がとなった。 車体(900番台) 同時期にされたの仕様を踏襲した耐寒耐雪設備を有し、客室窓の天地寸法は以南向け特急形車両に比べ小さい。 客用扉は各車とも片側1か所に片開きのものを設けた。 列車のを前提とせず、先頭車は特急形電車同様の高式非貫通型で、着雪防止のため、直線と平面で構成され正面中位が前方に突出した「スラント形」と称される独特の前頭部形状をもつ。 灯火類は正面下部左右にとを設けるほか、運転台直上部中央にも2灯の前照灯を設けた。 車体側面には非常時脱出用のを設け、客室窓は冷房故障時換気用の内傾式窓を片側2か所に装備する。 用の消火装置は自動と手動の2系統を装備する。 キハ183形・キハ184形は床上に最大4両分の給電能力を有する電源機関を設置し、客室床上に機器室を設けられた。 走行装置(900番台) 上:DML30HSI 形エンジン 下:DMF15HSA 形エンジン 駆動機関として、各車に1基のを搭載する。 電源機関の搭載・非搭載で駆動系の仕様が異なり、2種の系統がある。 電源機関をもつ形式(キハ183形・キハ184形)はの駆動系を基本としており、エンジンは出力220 PSののDMF15HSA機関を搭載している。 電源機関のない形式(キハ182形・キロ182形)はの駆動系を基本としており、エンジンはのDML30HSの出力をデチューンした出力440 PSののDML30HSI機関を搭載している。 は車体直結(ダイレクトマウント)式の台車で、軸箱支持方式は円筒案内式である。 軸ばねには雪の侵入を防ぐゴム被覆を設けるとともに、台車と車体の間にダンパを空気ばねの横に装備している。 動力台車は1軸駆動のDT47形と2軸駆動のDT48形の2種があり、付随台車は各形式ともTR233形である。 基礎ブレーキは踏面式の両抱き式ブレーキを採用している。 接客設備(900番台) のはR51形2人掛けの回転で、座席間隔は 940 である。 座席の配色はモケットが薄茶色、肘掛・フレーム部はロームブラウン(濃い茶色)。 キロ182形の座席はR27形で座席間隔は 1,160 mm である。 座席の配色はモケットがワインレッド、フレーム部は灰色。 は製作されず、キロ182形の準備室で対応することとした。 ・はキハ183形以外の全形式に設置し、キハ183形には業務用室、キロ182形には車掌室を設置している。 はの AU79X 形を屋根上の中央に1基搭載しており、・は各車の屋根上に冷房装置の前後に2基設置された新鮮外気取入装置によって行う。 なお、キハ181の中間車に搭載されていたエンジンのである放熱器フィンは姿を消している。 形式(900番台) キハ183形900番台 901 - 904 運転台をもつ普通車であり、耐寒耐雪構造を強化した非貫通高運転台式としており、前照灯は前面に2灯と運転台頭上に2灯の計4灯を配置している。 前面には電動ロール式の大形ヘッドマークが装備され、その下部には密着自動連結器と強力なスカートが設置されている。 前位(運転台)側の床下にDMF15SA-G機関と出力180 kVAのDM82A発電機で構成されたサービス電源用の電源機関1基を搭載し、運転台後方には中央通路の両側にを収めた機器室を設けており、その両側側面には2枚の大型、屋根上には2基の冷却ファンが並んで配置されている。 ラジエーターとファンの一組は走行用エンジンのもので、床下のラジエーターは無い。 後位(デッキ)側の床下には走行用のDMF15SA機関1基を搭載しており、台車は前位側に付随台車のTR233形、後位側に1軸駆動のDT47形を装備している。 ・は設けず、後端には客室扉と業務用室が備えられている。 定員は40名である。 後位のは両側に装備する「両渡り」構造で方向転換が可能である。 1979年(昭和54年)に4両が製作された。 業務用窓は開閉が可能である。 正面下部の(スカート)は裾部に折り曲げ加工がなされている。 特急マークの両脇には車体色と同色の飾り帯が付く。 後位側に便所・洗面所を設け、定員は68名である。 床下にはDML30HSI機関1基を搭載しており、台車は2軸駆動のDT48形とTR233形を装備している。 便所・洗面所の床上に水タンクを設置した。 1979年(昭和54年)に6両が製作された。 キハ184形900番台 901 中間普通車であるが、10両組成時において両先頭車の発電セットのみでは不足するサービス電源の給電能力を確保するため、キハ183形と同様、床下に走行用のDMF15HSI機関1基と、DMF15SA-G機関と出力180kVAのDM82A発電機で構成されたサービス電源用の電源機関1基を搭載した車両である、ラジエーターなどを収納する機器室を前位端の客室扉と客室の間に設けているが、機器室は片側に寄せられている。 機器室側の側面には2枚の大型ルーバー、屋根上には冷却ファンが2基並んで配置されているが、ラジエーターを左右側面に振り分けたキハ183形に比べ、ラジエーターとルーバーの面積が拡大されている。 客用通路は側廊下とし、側面に窓が設けられている。 後位端には便所・洗面所と水タンクを設けている。 台車は1軸駆動のDT47形とTR233形を装備している。 1979年(昭和54年)に1両が製作された。 基本番台(量産車)と車体構造が異なり、定員は44名である。 (昭和60年)に発電セットを撤去のうえグリーン車 キロ184形(キロ184-901)に改造、編入された。 座席1列ごとに狭窓が並んでおり。 後位端には便所・洗面所、前位端には乗務員室と車販準備室を設けている。 床下にはDML30HSI機関1基を搭載しており、台車は2軸駆動のDT48形とTR233形を装備している。 900番台(試作車)は1979年(昭和54年)に1両が製作された。 客用扉は車体の前位端に設けており、客室側に向かう中央通路の左右に乗務員室と車販準備室を設けている。 定員は40名である。 なお、新製時の車内の側壁面、床構造は基本番台(量産車)とは大きく仕様が異なっていた。 量産化改造時に車販準備室を拡大し、仕様を量産車と統一したが、客用扉の移設は行われなかった。 2001年(平成13年)に廃車となり区分消滅した。 0 (キハ183形) 42. 6 t(キハ182形) 46. 6 t(キハ184形) 44. 消火装置は自動1系統のみに簡略化され、燃料タンクは使用距離を考慮して容量を削減した。 (昭和57年)の増備車からはに循環式汚物処理装置を搭載している。 ・といった後継車両の導入で順次廃車が進み、2018年(平成30年)度までに全車両が廃車となり番台区分が消滅した。 車体(基本番台) 外観はキロ182形およびキハ184形に大幅な変更があった以外は試作車に準じたものとなる(詳細は後述)。 キハ80系から特急気動車に装備されていた外開きのは廃止された。 非常時の避難誘導方針改訂により非常扉から脱出する誘導法をやめて隣の車両へ誘導する方法に変更されたことや、氷雪の侵入による腐食の懸念があったためである。 また、内傾式の換気用窓も腐食やの誘発などの問題があるため廃止された。 また、も廃止される。 の長大トンネル対策として新鮮外気取入装置の性能向上が行われ、外気導入ルーバーの面積が拡大された。 が縦長の形状となる。 走行装置(基本番台) (函館本線札幌-千歳線千歳空港間、1986年8月7日) この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 駆動系の変更はないが、台車は軽量化されたDT47A形・DT48A形・TR233A形に変更された。 は改良型の AU79 形を搭載する。 供食設備の大幅な拡充が行われ、レベルの(・・・等)およびが設置された。 車内では炊き立てのがよそわれたやの他にも提供されていた。 900番台(試作車)で前位端部にあった客室扉は車体中央部寄りに移設され、新たに車販室を独立設置して通路を片側に寄せた側廊下とし、搬入用の扉が設けられた。 客室の定員は32名に減少している。 座席のモケットは紫系統の配色とされた。 1996年(平成8年)に5両が キロハ182形へ改造、2001年(平成13年)までに4両が廃車された。 最後まで残っていた1両(キロ182-9)も2018年(平成30年)7月31日付で廃車 となり区分消滅した。 9 (キハ183形500番台) 40. 8 t(キハ183形1500番台) 38. 8 t(キハ182形500番台) 40. 8 t(キロ182形500番台) 全長 21,300 mm 全幅 2,903 mm 全高 4,090 mm(キハ183形・キハ182形) 4,080 mm(キロ182形) ダイレクトマウント空気ばね台車 機関出力 電磁 CLE ダイナミックブレーキ付・機関ブレーキ(抑速) 後のJR北海道の経営基盤整備を主目的とし、1986年におよびで36両が製作された。 性能と内装設備の向上および製造コスト低減を図り各部の仕様が変更され、は500番台、1500番台を付番して区別する。 N183系、 改良型とも称されるが、現在では後の NN183系と合わせ 後期型と呼ぶ。 道内特急の短編成化を実施するにあたって基本番台の中間電源車キハ184形の運用方が再検討され、本区分のキハ183形は2種類が製作された。 電源機関と走行用機関を搭載してトイレ・洗面所なしのキハ183形1500番台、電源機関をもたず大出力の走行用機関を搭載してトイレ・洗面所つきのキハ183形500番台である。 電源機関のないキハ183形500番台は電源機関を持つキハ184形との組で運用し、既存の電源装置を活用した。 基本番台では廃止した車端ダンパが取付可能だが、実際の運用には使用されず台座部分のみの設置としている。 車体(500・1500番台) 車体は従来と同じ鋼製であるが、外板は1. 6mm鋼板を採用した。 先頭車のキハ183形は高運転台非貫通構造をやめ、増結・切離しが臨機応変に行える貫通型の前頭部構造とされ、同時期に四国に導入されたと酷似したデザインとなった。 灯火類は正面中位左右に前照灯を、正面上部左右に保護ガラスで覆われた前照灯・標識灯を設けた。 客用ドアの窓はHゴムから金属部品による固定に変更、各車両側面の確認灯は窓枠から離れた場所に設置された。 また、それまで特急型車両の先頭車に設置されていた、特急シンボルマークおよびステンレス切抜きのJNRマークが廃止された。 側窓は天地寸法が 80 mm 拡大され、連続窓風の外観処理がなされた。 グリーン車は並みに天井高さを上げ、床面を嵩上げした構造を採用、客室窓は眺望を重視し、上部を曲面とした大型ガラスを用いた。 新鮮外気取入装置は使用頻度が低いことからキハ183形・キハ182形では装備せず、電動押込みと従来型のに変更された。 車端部の貫通扉は有効開口幅の大きい特殊な形状となった。 普通車は後に交換。 外部塗色は地色が白色、橙色と赤色の帯を正面と側面下部に配し 、運転室窓周囲および側窓周囲を黒色とした配色に変更された。 床下機器・台車は灰色で落成した。 既存の基本番台も順次同色へ変更されていき、民営化後に変更が完了した。 液体変速機はダイナミックブレーキの装備空間を確保するため小型軽量化され、形式は DW12・DW13 に変更された。 台車は積層ゴム支持構造の軸箱装置をもつボルスタレス台車で、動力台車は DT53 形(1軸駆動、6気筒機関用) DT54 形(2軸駆動、12気筒機関用)の2種を駆動系に合わせて装備し、付随台車は各車共通の TR239 形である。 将来の速度向上に備えて(台車の防止用)が取付可能である。 ブレーキ装置は従来車と同様の CLE 方式(応荷重式電磁)を装備し、高速運転に対応するためダイナミックブレーキの準備工事がなされた。 これは高速域から踏面ブレーキを使用する場合の踏面への熱影響とフラット防止のため、電子制御によりコンバーターブレーキやを併用するものである。 グリーン車の座席はR36形でモケットは緑色となった。 内装は明るめの色になり、客室と出入口を仕切る自動ドアは床の段差をなくした光電管式である。 仕切ドアの色は先頭車は青色、普通車は黄色、グリーン車は緑色である。 床下に走行用のDML30HSJ機関1基を搭載する。 従来車両より床面を 500 mm 嵩上げした構造で、床は通路が一段低く 、デッキ部分にかけてスロープを設ける。 出入口のステップは2段構造である。 側窓は天地寸法 1,000 mm の大型で、上部が屋根肩に達する曲面ガラスである。 洗面台は普通車のものとは差別化され、式が設置された。 居住性との都合上、冷房装置を屋根中央部に設置できないため、などと同様の AU76 形を車端部に2基搭載した。 501 - 503が2550番台に改造後エンジン換装で7550番台に改番、2010年3月に506 - 508が廃車され、504・505のみ残存。 9 (キハ183形1550番台) 40. NN183系とも称する。 同じ 後期型 の N183系の改良型で、エンジン、台車、空調設備の改良とトイレ、洗面所の変更、内装の小変更を行う。 (平成3年)には、同年から特急「スーパーとかち」に連結する2階建車両として、グリーン車・普通車合造の付随車キサロハ182形4両がで製作された。 車体(550・1550番台) 車体構造はN183系とほぼ同様であるが、N183系普通車で設置を見送っていた新鮮外気取入装置を再び屋根上に設置した。 これはトンネル通過時の客室内への侵入防止のためである。 これに伴い妻面の貫通路上方に通気口が設置されたが、トンネル通過時の気圧変動の問題のため早期に塞がれている。 外部塗色はN183系と同一の配色であるが、台車・床下機器は当初より黒色である。 車端部の貫通扉は基本番台と同じタイプに戻る。 N183系同様車端ダンパの台座が存在する。 走行装置(550・1550番台) 駆動機関は6気筒・12気筒ともの追設などで出力を増大し、変速機は減速比を変更した DW12A・DW13A を搭載した。 台車は基本構造に変更ないが、高速走行のためヨーダンパ・滑走検知装置が追設された。 1988年から1990年までに16両が製作された。 キハ183形1500番台の機器構成を踏襲しており、同じくDMF13HS-G機関と出力180kVAのDM82A発電機で構成されたサービス電源用の電源機関を床下に搭載している。 便所・洗面所は装備しない。 座席定員は68名である。 デッキ部分にくずもの入れ、公式側客用ドア後方に通風口を設置する。 1555 - 1566は、室内の座席種別・号車・禁煙表示の変更、客室仕切ドアのガラスをプライバシーガラスに変更、室内側窓枠形状の変更など、細かい仕様変更が見られる。 1557はお座敷車キハ183-6101に改造。 一部はブレーキ改造で3550番台・4550番台に改番、さらにエンジン換装で8550番台・9550番台に改番された。 車体構造は用キサロハ182-5101を基本としたダブルデッカー()。 台車はN-TR239。 1階に機械室、転換可能なソファタイプの座席を設けた2人用普通個室を5室(定員10名) 、オーディオ装置、室内灯スイッチ、暖房調節装置を設置。 前位側にトイレ・洗面所の一体化ユニット、男子小便所、電話室。 後位側に出入り台と車掌室、床置き式の冷房装置を設置する。 外部は前位側の両面に「SUPER TOKACHI」の大型ロゴが入っていた。 後に「おおぞら」にも使われるようになり、HET色に準じた配色に変更され、大型ロゴも「HET183」に変更された。 1991年からまで特急「」に使用された。 「スーパーとかち」がキハ283系に置き換わった2000年ダイヤ改正から、当形式の連結の有無に関係なく、キハ183系使用列車は「」となる。 ダイヤ改正をもって「とかち」、「おおぞら」の両列車の運用から外れ、全車がでとなっていたが、2013年(平成25年)度内に4両とも廃車となり、区分消滅した。 新造車一覧(550・1550番台) 車両形式 車両番号 製造 落成 配置 落成日 現行配置・処遇 転属・除籍日 最終 配置 備考 キハ183形 1550番台 キハ183-1551 富士 札幌 1988年 02月17日 苗穂 2012年10月27日 NN初期車 キハ183-1552 キハ183-1553 キハ183-1554 キハ183-1555 1988年 07月28日 2012年 06月 01日 キハ183-1556 2012年 06月 02日 キハ183-1557 改番(キハ183-6101) 1999年 02月12日 札幌 キハ183-1558 改番(キハ183-4558) 1993年10月 09日 キハ183-1559 1989年 04月14日 改番(キハ183-3559) 1993年 05月28日 キハ183-1560 改番(キハ183-4560) 1993年 06月17日 キハ183-1561 改番(キハ183-4561) 1993年12月 08日 キハ183-1562 改番(キハ183-4562) 1994年 05月12日 函館 キハ183-1563 1990年 05月29日 改番(キハ183-3563) 1993年 04月20日 札幌 キハ183-1564 改番(キハ183-3564) 1993年12月24日 キハ183-1565 1990年 05月30日 改番(キハ183-3565) 1994年 01月29日 キハ183-1566 改番(キハ183-3566) 1993年11月19日 キハ182形 550番台 キハ182-551 富士 札幌 1988年 02月19日 改番(キハ182-2551) 1993年 07月21日 函館 NN初期車 キハ182-552 改番(キハ182-2552) 1994年 06月 09日 キハ182-553 改番(キハ182-2553) 1993年 07月28日 札幌 キハ182-554 改番(キハ182-2554) 1993年11月22日 キハ182-555 1988年 07月28日 改番(キハ182-2555) 1994年 01月28日 キハ182-556 改番(キハ182-2556) キハ182-557 改番(キハ182-2557) 1993年12月15日 キハ182-558 改番(キハ182-2558) 1993年 04月16日 キハ182-559 1989年 04月14日 改番(キハ182-2559) 1993年10月 06日 キハ182-560 改番(キハ182-2560) 1994年 02月17日 キハ182-561 改番(キハ182-2561) 1993年11月 01日 キハ182-562 改番(キハ182-2562) 1993年 09月14日 キサロハ182形 550番台 キサロハ182-551 日立 札幌 1991年 07月13日 廃車 2013年12月20日 釧路 キサロハ182-552 キサロハ182-553 1991年 07月12日 キサロハ182-554 リゾート編成 北海道では、(昭和55年)の時に、北海道の空の玄関口であるに直結して千歳空港駅(現・)が開業、翌1981年(昭和56年)10月1日にはが開業し、主に地区に開発されたへの旅客が増加した。 国鉄最末期にはさらなる集客を図るため、千歳空港とリゾート地を直結する移動手段として専用リゾート列車が既存車両の改造によって用意され、に急行形のから改造された「」が登場した。 この車両の好評を受け、には特急形のを種車として高速性能の向上を図った「フラノエクスプレス」が、には同様の手法で「トマムサホロエクスプレス」が増備された。 JR北海道移行後の4編成目からは、さらなるサービス向上を目指して 本系列の設計を基本とした新造車に移行され、の5000番台「」を皮切りに、に5100番台「」、1992年に5200番台「」の計3編成12両が自社(JR北海道)で新製された。 詳細は各項を参照されたい。 改造(国鉄・JR北海道) 国鉄時代 試作車の量産化改造 12両の試作車について、運用上の取扱い共通化のため各部仕様を量産車に合わせる改造を1982年 - 1985年に施工した。 車体は非常窓と非常口を撤去 、普通車は座席モケットを茶色の単色に変更した。 キロ182-901 は車販準備室の拡大・車掌室の客室側への移設などの改造を実施し、座席定員は8名減の32名に変更された。 非常扉は完全に撤去され、床や壁も量産タイプに交換された。 座席配列は4列シートのまま2001年の廃車まで使用された。 キハ184-901 は量産化改造とともに、電源装置を撤去して車販準備室を持つグリーン車キロ184-901 に改造された。 本件による改造にあわせて、循環式汚物処理装置の取付を全車に実施している。 編成短縮対応 先頭車化改造(キハ183形100番台) 1985年3月ダイヤ改正での編成短縮に伴い不足する先頭車を補うため、電源装置付きの中間車キハ184形を先頭車(キハ183形)に改造したものである。 運転台は後位に新設され、後位(種車の前位)側の室内電源室や窓配置は残された。 運転台は分割併合に対応する貫通型 で、屋根上の両前照灯は貫通路の頭上部に設けられた。 在来のキハ183形とは形態が異なり100番台を付番して区別した。 改造後の定員は40名で、キハ183形基本番台・900番台と同一である。 トイレ・洗面所は装備しない。 正面貫通扉上部付近の手すりの取付け方は改造施工工場ごとに異なり、施工車 101, 103 は縦配置、施工車 102, 104 は横配置である。 外部塗色は当初、前頭部の正面 - 側面下部を赤2号とするキハ183形基本番台に準じた塗り分けだったが 、投入後短期間で正面中央に翼状の意匠を配したキハ82形類似の塗り分けに変更された。 2008年(平成20年)度に2両 101, 102 が廃車となり、2009年(平成21年)度に1両 103 が廃車(に譲渡)された。 最後まで残った1両 104 も2016年(平成28年)度に廃車(に譲渡)となり、区分消滅した。 静粛性確保のため発電セットを撤去 して機器室を車販準備室に改装した。 座席はグリーン車用のリクライニングシート に交換され、定員は32名とされた。 走行用機関は種車の DMF15HSA をそのまま使用し、台車も1軸駆動のままである。 並行して車販準備室の拡大と車掌室の設置を行い、キロ182形基本番台と設備を統一している。 機関形式の変更はない。 ブレーキ装置はブレーキシリンダを強化とともに合金製制輪子への交換、台車周りではの保守限界の引き上げ(直径が小さくなれば既定値以上でもを交換)を実施している。 塗色変更 国鉄特急色であった試作車・基本番台の塗装色を1986年11月のダイヤ改正で投入するN183系の塗装色に変更する作業が同年より開始され、まずN183系に連結するキハ184形が塗装変更。 他の車両も1987年までに完了した。 グリーン車(基本番台・キロ184形)内装更新 N183系の導入により、陳腐化が目立っていたグリーン車の内装更新工事を1987 - 1988年に実施した。 施工後の定員は24名である。 車掌室にはカード式公衆電話が設置された。 キロ182形(5両):1, 5, 7 - 9• キロ184形(1両):901 キハ183-1の座席 普通車(基本番台・900番台)内装更新 窓際の灰皿を撤去し、肘掛を灰皿付きの肘掛に交換。 モケット・カーテンを順次N183系タイプに交換。 通気口閉鎖工事(基本番台・900番台・NN183系) 高速でトンネルを通過する際に、気圧の変動で耳の鼓膜を刺激するいわゆる耳ツンが生じるため、妻面の貫通路上方の通気口を塞ぐ工事が行われ、該当する全車両の工事を完了している。 ヘッドマークのロールマーク化 貫通形先頭車(100番台・500番台・1500番台)はキハ82形同様にアクリル板のヘッドマークを照明板の外側に取り付けていたが、それをやめて14系客車や非貫通形先頭車(基本番台・900番台)のように電動のロールマークを内蔵する仕様に変更された。 この変更によりヘッドマークはやや小さめのサイズとなっている。 N183系(キロ182形500番台)NN183系(キハ182形550番台・キハ183形1550番台)を対象にブレーキ装置を強化する改造を行い、ブレーキテコ比変更・ブレーキシリンダーの大型化・ブレーキ圧力の増強、滑走検知装置の各車軸への取付けの変更が実施された。 改造実施車はブレーキ圧力が在来車と異なるため、未施工車との混結はできない。 台車にはヨーダンパが追設された。 キハ183-3559(元キハ183-1559)は改造後1年足らずで従来車混結対応改造(後述)を施工され、キハ183-4559に改番された。 残りの車両については、2013年(平成25年)に発生した出火事故を受けて、安全性確保のため、2014年(平成26年)度から全車両のエンジンおよび変速機などの重要機器取換工事が進められた。 このため、キハ182形2550番台・キロ182形2550番台は2014年(平成26年)度 から2015年(平成27年)度 にかけてキハ182形7550番台・キロ182形7550番台へ、キハ183形3550番台も2015年(平成27年)度 から2016年(平成28年)度 にかけてキハ183形8550番台へそれぞれ改番され、区分消滅した。 改造車一覧(2550・3550・4550番台) 車両形式 車両番号 種車 改造 落成 配置 落成日 現行配置・処遇 転属・除籍日 最終 配置 備考 キハ183形 3550番台 キハ183-3559 キハ183-1559 苗穂工 札幌 1993年 05月28日 改番(キハ183-4559) 1994年 04月 03日 札幌 キハ183-3563 キハ183-1563 1993年 04月20日 改番(キハ183-8563) 2016年 04月20日 函館 キハ183-3564 キハ183-1564 1993年12月24日 改番(キハ183-8564) 2015年 07月 03日 キハ183-3565 キハ183-1565 1994年 01月29日 改番(キハ183-8565) 2016年 02月 02日 キハ183-3566 キハ183-1566 1993年11月19日 改番(キハ183-8566) 2016年 07月12日 4550番台 キハ183-4558 キハ183-1558 1993年10月 09日 苗穂 2018年 03月20日 キハ183-4559 キハ183-3559 1994年 04月 03日 2018年 03月17日 キハ183-4560 キハ183-1560 1993年 06月17日 改番(キハ183-9560) 2016年 06月 03日 函館 キハ183-4561 キハ183-1561 1993年12月 08日 改番(キハ183-9561) 2015年11月30日 キハ183-4562 キハ183-1562 函館 1994年 05月12日 改番(キハ183-9562) 2016年 03月24日 キハ182形 2550番台 キハ182-2551 キハ182-551 苗穂工 函館 1993年 07月21日 改番(キハ182-7551) 2014年 09月 02日 函館 キハ182-2552 キハ182-552 1994年 06月 09日 改番(キハ182-7552) 2015年 03月17日 キハ182-2553 キハ182-553 札幌 1993年 07月28日 改番(キハ182-7553) 2014年11月29日 キハ182-2554 キハ182-554 1993年11月22日 改番(キハ182-7554) 2014年10月28日 キハ182-2555 キハ182-555 1994年 01月28日 改番(キハ182-7555) 2015年 02月 06日 キハ182-2556 キハ182-556 改番(キハ182-7556) 2015年 08月18日 キハ182-2557 キハ182-557 1993年12月15日 改番(キハ182-7557) 2015年 06月11日 キハ182-2558 キハ182-558 1993年 04月16日 改番(キハ182-7558) 2015年 05月27日 キハ182-2559 キハ182-559 1993年10月 06日 改番(キハ182-7559) 2014年 05月12日 キハ182-2560 キハ182-560 1994年 02月17日 改番(キハ182-7560) 2014年 07月 01日 キハ182-2561 キハ182-561 1993年11月 01日 改番(キハ182-7561) 2014年 08月28日 キハ182-2562 キハ182-562 1993年 09月14日 改番(キハ182-7562) 2014年11月21日 キロ182形 2550番台 キロ182-2551 キロ182-501 五稜郭 函館 1994年 01月29日 改番(キロ182-7551) 2015年 08月19日 函館 キロ182-2552 キロ182-502 1993年12月10日 改番(キロ182-7552) 2015年12月22日 キロ182-2553 キロ182-503 1993年 07月29日 改番(キロ182-7553) 2015年 03月18日 グリーン車(500番台)内装更新 キハ281系のグリーン車と設備をあわせるため、「北斗」用のグリーン車(キロ182形500番台)の内装更新を行った。 客室内は完全禁煙とされ、車掌室横の荷物室を撤去して喫煙コーナーが設置された。 また一部の車両はキハ283系でも導入されているグレートアップ指定席に変更され、これに伴い大型荷物コーナーも設置した。 各車両の定員は2名減となった。 近年、全車両に自動放送装置も搭載された。 キハ281系の意匠に合わせた配色で、運転台側面には " HET183 Hokkaido Express Train 183 " のが配された。 速度種別を明確にし、列車組成の相違を防ぐため、本系列の全車に最高速度表示が付記された。 リゾート用車両は付記の対象外としている。 他の車両は各々の仕様毎に「110」、「120」を表記した。 グレードアップ指定席 (平成20年)7月から、「北斗」向けのキハ183系の一部で、キハ281系と共に普通車の座席改装が開始された。 これは、2006年からキハ283系が行っているものと同様、座席幅の拡大・背もたれ枕の設置・「」などに設定されている「」と同様なチケットホルダーなどの設備を導入し、居住性の向上を図るものである。 キハ183形(7両):1506, 1507, 3565, 3566, 4560 - 4562• キハ182形(14両):508 - 511, 2553 - 2562 グリーン車リニューアル 2011年(平成23年)10月から2013年3月にかけて、キハ281系、キハ283系と共に、「北斗」向けのキハ183系のグリーン車でも座席改装が開始された。 キロ182形(5両):504, 505, 2551 - 2553 重要機器取替工事(7550・8550・9550番台) N-DMF13HZKエンジンとN-DW16A変速機 2013年に発生した出火事故を受けて、「北斗」で使用されているキハ183形3550番台・キハ182形2550番台・キロ182形2550番台の全車とキハ183形4550番台の一部について安全性と信頼性の確保のために主要機器の取り換えが行われた。 これにより、先頭車のキハ183形は機関出力が上がり、中間車のキハ182形は機関出力が下がったが、編成全体としての機関出力は下がっており、これに伴い、NN183系を使用している「北斗」の速度種別の設定が低くなっている。 車として使用する普通車(基本番台)12両の座席をと同等のバケットシートに交換し、内装材を更新した。 当該列車では編成中に付随車キサロハ182形を含むことから、編成全体の機関出力を補うためNN183系(キハ182形550番台)を組成した。 NN183系の組込車は外板塗色の変更 のみ施工し、内装の更新は行われていなかった。 キハ183形(8両):7 - 10, 17 - 20• キハ182形(12両):16, 17, 19, 20, 553 - 560 「オホーツク」用グレードアップ 3月ダイヤ改正にあわせて特急「」用車両の設備更新を行ったものである。 「スーパーとかち」用とは異なり、座席自体の交換は実施せず、モケットのみ交換された。 外部塗色は、予備車共通化のため「スーパーとかち」用と同様のものに改められた。 当初、先頭車の塗り分けは「オホーツク」用と「スーパーとかち」用で若干異なっていたが、後に「スーパーとかち」用が「オホーツク」用と同様の塗り分けに改められた。 同列車に組成されるキハ182-561・562、およびキロ182形については外板塗色のみを変更し、内装の更新は実施していない。 キハ183形(10両):11 - 16, 901 - 904• キハ182形(10両):41 - 48, 561, 562• キロ182形(6両):2 - 4, 6, 10, 901 N-DMF13HZC エンジン 新潟鐵工所(現・新潟原動機)製 (キハ183-215) 駆動系出力増強改造(200番台) キハ183形200番台 夜行特急「オホーツク9・10号」に寝台車を組成するため、1992年にキハ183形(基本番台)の駆動系増強が行われた。 対象は「オホーツク」用のキハ183形5両 11 - 15。 減速機の換装も行われている。 番号は原番号に200を加えた付番である。 2017年(平成30年)度までに全車が廃車された。 対象は4両 24 - 27。 番号は原番号に200を加えた付番である。 「とかち」系統へのキハ261系1000番台投入で用途がなくなり、2007年(平成19年)度中に全車が廃車された。 車販準備室部分の側構体を撤去して新たな窓付きの側構体を取付け、新設した客室内には普通車用リクライニングシート16人分を設置した。 屋上の水タンクは撤去され、新鮮外気導入装置も車端部に移設された。 普通室部分の屋上には、普通室用の空調装置が増設されている。 これにより、グリーン室の定員は21人となっている。 喫煙室部分の窓は縦長のものに変更されている。 番号は原番号を踏襲し、形式のみ変更した。 この改造で「オホーツク」編成中に車販準備室がなくなるため、次項のとおり札幌方先頭車の業務用室を車販準備室に転用することとなった。 2018年(平成30年)7月1日の特急「オホーツク」・「大雪」へのキロ182形500番台・7550番台(ハイデッカーグリーン車)導入で用途がなくなり、同年7月31日付で5両とも廃車となった。 改造車一覧(キロハ182形0番台) 車両形式 車両番号 種車 改造 落成 配置 落成日 現行配置・処遇 転属・除籍日 最終 配置 備考 キロハ182形 0番台 キロハ182-2 キロ182-2 苗穂工 札幌 1996年 09月13日 廃車 2018年 07月31日 苗穂 キロハ182-3 キロ182-3 1996年 06月21日 キロハ182-4 キロ182-4 1996年10月30日 キロハ182-6 キロ182-6 1996年 07月26日 キロハ182-10 キロ182-10 1996年11月30日 車販準備室を設置したキハ183 「オホーツク」(2009年1月) 車販準備室設置(キハ183形200番台) キロハ182形への改造に伴い、「オホーツク」編成中の車販準備室を確保するための改造である。 キハ183形の業務用室を車販準備室に改造し、業務用やコーヒーメーカーの設置が行なわれた。 外観はが改造前の業務用室部分から隣接する客室部分へ移設された。 対象となったのは、「オホーツク」用のキハ183形5両(211 - 215)で、その後「スーパーとかち」用の4両(207 - 210)にも同様の改造が行なわれている。 改造による番号の変更はない。 床敷物・カーテン・仕切戸化粧板を更新し、普通車は座席モケットを張り替え、グリーン車では喫煙コーナーを設置し、座席の液晶ディスプレイを撤去した。 一部の車両では座席をキハ283系と同一のものに交換した。 外部塗色は「北斗」系統の車両と同一の「HET183」色に変更されたが、キハ183形のスカートは「北斗」系統の車両と異なり青色である。 座席交換車• キハ183形(8両):501, 503 - 505, 1551 - 1554• キハ182形(7両):1 - 5, 10, 11• キハ184形(4両):2, 6 - 8• キロ182形(3両):1, 5, 7• キロ184形(1両):901• モケット張替車• キハ183形(3両):101 - 103• 1996年 - 1997年に3両が改造され、施工車は番号に100が加えられた。 出入り台を移設して運転台を設置し、客室定員は8人減少して60人となった。 新設された運転台は、回送用とはいえ前照灯や尾灯のみならずやといった保安装置など本線運転が可能な設備を完全に備えたもので、札幌駅 - 間などの時にも速度制限を受けることがない。 「とかち」系統へのキハ261系1000番台投入で用途がなくなり、2007年度中に全車が廃車された。 改造車一覧(キハ182形100番台) 車両形式 車両番号 種車 改造 落成 配置 落成日 処遇 除籍日 最終 配置 備考 キハ182形 100番台 キハ182-106 キハ182-6 釧路 釧路 1997年 03月31日 譲渡(ミャンマー国鉄) 2008年 03月17日 釧路 キハ182-107 キハ182-7 五稜郭 1997年 01月10日 廃車 キハ182-108 キハ182-8 苗穂工 札幌 1996年12月27日 譲渡(ミャンマー国鉄) 宗谷本線系統の改造車 資材置き場として使用 (2004年7月) キハ400系への組込改造 気動車を使用する系統のに組成するため、キハ182形を1997年に改造した。 老朽化したお座敷車の取替え用としてキハ400形3両をに充当するための補充措置である。 ジャンパ連結器とホロ座とさん板をキハ400系の仕様に変更したほか、洗面台の後方に自車及びキハ480にサービス電源を給電する発電機を設置した。 これにより、定員が改造前の68名から52名に減少している。 また、発電機前の通路には、腰当てクッションを設置している。 さらに、行き先表示機が使用できないため、側面中心部の窓の下部にサボ受けが設置されている。 車両番号の変更はない。 急行「宗谷」「サロベツ」「利尻」の指定席車として使用されたが、3月の宗谷本線高速化完成による急行の特急格上げで用途がなくなり、2002年度に全車が廃車された。 2往復の「」には新製のを使用し、「サロベツ」「」の各1往復に本系列を使用することとなった。 当該列車に使用する編成はキハ261系に準じた内装に改装された。 座席は新品に交換され、座席の配色は稚内方から1両ごとに赤・緑・青で統一される。 車内の各側窓下に電源を増設している。 指定席として使用する キハ183-1501 - 1503 と キハ182-501 - 503 は座席間隔を従来の 940 mm から 1,040 mm に拡大した。 稚内方先頭車となる キハ183-1501 - 1503 では、デッキ側の座席3列分を撤去してトイレ・洗面所とのを設置した。 定員は キハ183-1501 - 1503 で68人から48人に、 キハ182-501 - 503 では68人から60人に減少している。 後年、デッキと客室間の自動ドアのタッチセンサー化・のオートクローザー機構設置が行われ、指定席用の6両では暖房装置の強化が行なわれている。 なお、2017年3月の宗谷本線特急列車運転系統再編後は、特急「オホーツク」「大雪」で運用されている。 キハ183形(6両):1501 - 1504, 1555, 1556• キハ182形(3両):501 - 503 その他の改造 洋式化されたトイレ (2008年8月撮影) トイレの洋式化改造 お座敷車、および「サロベツ」・「利尻」用改造車では真空式汚物処理装置によるトイレへの改造を行ったが、引き続き2001年から一部の車両について真空式の洋式トイレを設置する改造が行われた。 キハ183形(4両):501, 503 - 506• キハ182形(36両):39 - 48, 224 - 227, 504 - 513, 2551 - 2562• キロ182形(8両):504 - 508, 2551 - 2553• キロハ182形(5両):2 - 4, 6, 10 2006年からはトイレ・洗面所の大規模改造が行われている。 これはトイレの洋式化とともに、従来の洗面所・隣接する自動消火装置を撤去し、小便所と扉つきの洗面所を新設するもので、洋式トイレにおむつ替え用台と赤ちゃんホルダーを、洗面所にはエアータオルと更衣用の踏み台、赤ちゃんホルダーを、新たに設置している。 キハ182形(9両):3, 11, 16, 21 - 23, 29 - 31 観光・団体・臨時運用への対応 「フラノエクスプレス」増結 キハ80系のリゾート編成「」への増結用車両として、1990年1月からキハ184形1両を使用した。 キハ184-11 の制御回路をキハ80系の仕様に変更し、高さや外板塗色を同編成に合わせる変更を実施した。 本車を組成した5両編成で運用されたが、同年中に増結運用を終了し一般の仕様に復元された。 なお同車は、1994年2月に発生したで罹災し、1994年3月30日付で廃車となっている。 キハ184形(1両):11 「ちゃいるどさろん」(キハ183形) 客室内の一部を敷きとした子供向けの遊び場「ちゃいるどさろん」を設ける改造を1995年から実施した。 「おおぞら」に使用する キハ183-3 の前位側20名分の座席を撤去し、カーペット敷きの空間を設けた。 1998年には臨時「オホーツク夏休み」号に使用する キハ183-5・6 に同様の改造を行った。 「オホーツク夏休み」用の2両は同列車の運転終了後に一般の座席へ復元され、 キハ183-3 は2007年に「旭山動物園号」編成の1両として改造されている。 キハ183形(3両):3, 5, 6 「ノースレインボーエクスプレス」代用(キハ183形) 1997年2月に内でに遭遇した「」編成の先頭車 キハ183-5201 を修理復旧するため、一般車のキハ183形を代用とした。 対象車は キハ183-1 で、外部塗装を キハ183-5201 に準じたものに変更し、青函トンネル通過対策として運転台側のスカートに元空気だめ管の引き通しを追加 した。 キハ183-5201 の修理復旧後すぐに「とかち色」に復元し、一般の運用に復帰している。 また、少人数の旅行に対応する設備や従来の特急列車に併結しての新たな需要喚起も求められていた。 これらの需要に対応するため、特急形の本系列を1999年に改造したお座敷車両が本区分である。 N183系 から2両、 NN183系から1両の計3両が改造された。 通過対策がなされ、同トンネル内を牽引により本州に乗り入れることが可能である。 外部塗色は側面上部を濃灰色、正面と側面下部を赤色、車体裾部とスカートを金色としている。 団体臨時列車として単独編成で使用するのみならず、閑散期には定期特急列車に併結して使用することも考慮され、団体使用時は床面を完全にフラットにできるが、定期列車併結時には車内販売や乗務員の往来のため中央部に通路を設けることができる構造とし、左右に2人用と4人用の座卓を設置している。 それぞれの座卓の下部は深さ 30 の掘り構造としている。 定員はキハ183形が団体使用時46人、キハ182形が56人であるが、定期列車併結時には、それぞれ36人・42人となる。 2015年3月31日付で中間車のキハ182-6001が除籍となり 、先頭車のキハ183-6001は一般色に塗装変更された。 次回検査までの一時的な措置とされていたが、検査後も引き続き国鉄色のまま使用された。 「とかち」系統のキハ261系導入で捻出された本系列車両による波動輸送用車両置換えに伴って運用を終了した。 12月以降、他の余剰車とともに釧路運輸車両所に疎開留置の後、2010年3月24日付で廃車となった。 同年11月13日に釧路駅で展示の後、当該4両を含む本系列11両がに売却された。 キハ183形(2両):1, 2• 当初は4両編成で使用を開始し、2008年4月28日以降は「オオカミ号」を追加して5両編成で使用する。 2009年現在、全車ともポリカーボネート板の追設工事を実施済みである。 旭山動物園の元飼育係でのがデザインを手がけ、旭川側から1号車「号」(キハ183-3)、2号車「号」(キハ182-46)、3号車「号」(キハ182-47)、4号車「号」(キハ182-48)、5号車「号」(キハ183-4)と名づけられ、それぞれの動物の親子などの絵が描かれている。 接客設備にも種々の改装がなされており、各車両には動物をかたどった記念撮影用の「ハグハグシート」が設けられた。 1号車の キハ183-3 は旧「ちゃいるどさろん」の空間を転用し、カーペット敷きで子供が靴を脱いで遊べる「モグモグコーナー」に改装された。 また5号車の キハ183-4 には2007年12月の冬期運転より業務用室部分を転用した室が設置された。 は「森のくまさん」を用いる。 2007年(平成19年)より、週末や、などを中心に特急「」として運行を開始した。 (平成25年)4月に内外装のリニューアル工事を受けるため一時的に運休となり、同年7月13日より運行を再開している。 2017年(平成29年)5月19日、老朽化により年度中に廃車となることが発表された。 その後も一時的に車両繰りの都合で運用に入っていたが、年度末の2018年(平成30年)3月をもって運行を終了し、同年6月30日付で5両とも廃車となった。 後継となる専用編成の製造予定はなく、現在はを利用した特急「ライラック旭山動物園号」が運行されている。 改造はキハ183形2両とキハ182形4両の合計6両に施工され、車両番号は原番号から100を減じた付番とされた。 改造後は函館運輸所に転属し、同所で波動輸送に用いられてきた初期車を淘汰した。 国鉄時代 、試作車12両は函館運転所(現・函館運輸所)に配置され、各種試験の後、から函館 - 間の特急「おおぞら4・5号」で運用を開始した。 編成は食堂車の5号車は欠車で増結1号車を連結した10両で、1編成を隔日で使用する体制であった。 この編成では電源機関付きのキハ183形1500番台、1550番台を使用し、キハ183形500番台とキハ184形は初期車編成(基本番台・900番台)のみの運用となった。 罹災したキハ183-502、キハ182-33、キハ184-11の3両は同年付で本系列初の廃車(車籍抹消)となった。 利用の振るわない夜行列車の運用も、臨時列車化などで運転本数は漸次削減され「利尻」「オホーツク」はそれぞれ2007年9月・2008年3月で運行を終了した。 残存した「まりも」も2008年8月で運転を終了 、本系列の夜行運用は終了した。 2009年には「とかち」での運用を終了し、翌2010年に500番台(N183系)の4両が廃車となる。 余剰となったキハ183形1550番台は「オホーツク」に転用された。 にはキサロハ182形 551 - 554 の4両が保留車として最後まで配置されていたが、2013年内に全て廃車となり、配置がなくなった。 には構内にて特急「北斗」20号の4号車エンジンが破損し、発煙する事故が発生。 には函館本線の - 間を走行していた特急「北斗」14号の4号車(キハ182-2557)床下のからに伴うが発生。 JR北海道はこの問題を鑑み、7月8日に事故車両と同種のを搭載する車両(N183系・NN183系の12気筒エンジン搭載車)36両の使用を当分の間休止し、当車両を編成する特急「北斗」4往復(下り5・11・15・19号/上り4・8・14・20号) と特急「サロベツ」1往復を全区間運休とすることを発表した。 なお、「北斗」17号についてはキハ281系気動車による代走運転を実施。 7月13日から運休中の定期「北斗」を補完するため、臨時「北斗」をリゾート車両で運行開始。 これらは2014年(平成26年)7月31日まで続いた。 使用停止車両・36両• キハ183形(5両):405, 406, 503, 504, 6001• キハ182形(26両):404 - 406, 413, 501 - 503, 507 - 512, 2551 - 2562, 6001• 原因 スライジングブロック破損原因• 国鉄時代の1986年に製造したN183系は開発当時、高速化を目的に、燃料制御装置のサーボモーターを大型化したが、これによりノッチ切換時に発生するサーボモーターのピストン作動棒に大きな動きや、ピストンを動作させる油圧に急激な変化が発生し、燃料制御装置のサーボモーターのピストンストロークが必要な可動域を超え、大幅かつ急速に変位 徒動、しゃくり が発生していた。 この異常な変位が、ノッチ切換の度に繰り返し発生し、スライジングブロックに設計想定を超えた大きな負荷が作用した。 エンジンブロック破損原因• スライジングブロックが破損した際に燃料噴射ポンプは燃料供給を続け、エンジンが過回転状態となったこと、また、過回転状態を検出してエンジンを止める機構がなかった。 JR北海道では下記の対策を講じた上で、運休となっていた「北斗」の一部列車と「サロベツ」を2014年8月1日から運行再開した。 措置 負荷軽減対策 スライジングブロック折損対策• 燃料制御装置サーボモーターピストン作動棒の可動域の調整機構 ストッパ を新設。 燃料制御装置のピストン内圧の急激な変化を抑制するために油圧回路入り口部に絞りを追加。 多重防護対策 エンジンブロック破損対策• 燃料噴射ポンプコントロールラックに戻しばねを新設し、スライジングブロック折損時に過回転を防止する。 機関の過回転を検出し、機関を強制的に停止させるシステムを新設。 定期特急ではDML30HZ形エンジン搭載車のキハ182-2550番台車、DML30HSJ形改造のDML30HZ形エンジン搭載車のキロ182-2550番台車は順次新エンジンに換装された。 お座敷車ではDML30HSJ形改造のDML30HZ形エンジンを搭載するキハ182-6001は廃車、キハ183-6001、キハ183-6101は塗装変更されお座敷の旅客運用は休止となった。 ただし、回送車の牽引や試運転、締切扱いで定期特急の先頭車に使用することがある。 置換・今後の予定 2013年11月29日には、2015年度から2016年度にかけてキハ261系28両を新製するとの一部報道があったが 、これらの増備は置き換えではなく「スーパー北斗」増発用である。 2015年1月15日には、JR北海道が定例記者会見において、今後5年間にキハ183系のうち1981年-1983年に製造された初期量産車(基本番台)から優先的に更新していく方針を示した。 また、JR北海道が2015年3月24日に発表した「安全投資と修繕に関する5年間の計画」において、「北斗」で使われているキハ183系後期型22両の重要機器更新工事を2015年度末までに完了すること、キハ183系基本番台34両を廃車とし、キハ261系1000番台の増備を2016年度から2017年度末までに行うこと、そして2019年度以降に残りのキハ183系・キハ281系・キハ283系の老朽取替に着手することを公式に発表している。 なお、老朽化に伴う代替車両確保が困難な面と高規格道路の延伸による特急列車の利用客減少を踏まえ 、2017年3月4日に実施されるダイヤ改正では「オホーツク」2往復と「スーパー宗谷」「サロベツ」各1往復の札幌駅 - 旭川駅間を廃止(旭川で電車特急「ライラック」に接続)することにより、運行に必要な車両数を減らすとともに、「スーパー北斗」への新車投入も最小限に抑える。 2018年3月17日のダイヤ改正により、札幌函館間の特急は全て他形式の「スーパー北斗」となるため、前日の16日をもって「北斗」の運行を終了した。 旭山動物園号の5両も2018年3月25日をもって運行終了し 、廃車の予定である。 JR北海道は2018年3月に、同年6月までに基本番台全車を引退させることを発表し 、6月30日より「オホーツク」「大雪」の一部列車から車両の方向転換を行い、ハイデッカー型グリーン車を2号車にした編成に順次変更し、7月1日に全編成が変更完了し 、前日の6月30日を持って、1980年2月の運行開始以来38年間続いていた初期型車両(900番代・基本番台)の全車両の運行を終了した。 2018年度では、261系気動車の6次車2両と7次車17両の計19両を増備し 、特急気動車17両の老朽取替を年度内に完了した。 これに伴い、基本番台の車両が全て廃車となり、またの本形式の配置がなくなった。 現況 2019年4月1日時点で、JR北海道の所属車は全車両がに配置する。 後継となるキハ281系・キハ283系・キハ261系の投入が進み、2018年7月1日改正より本系列を使用する列車は以下の2列車のみとなった。 余剰・老朽化で除籍となった車両の一部にはに売却されたものも存在する。 「」(札幌 - )• 特定日には屋外での展示も行われる。 キハ183-220 国鉄色に復元の上安平町の安平町鉄道資料館にD51 320の代わりに保存。 [ ] キハ183-5001 ニセコエクスプレス こちらもクラウドファンディングによる資金調達が成功、構内での保存が決定した。 脚注 [] 注釈• 本系列は新系列気動車として3桁で付番された「183系」である。 しかし、慣習的なものやと混同しやすいことから、「キハ183系」と呼ぶことが多い。 本系列登場時は函館運転所。 1987年(昭和62年)4月1日付で函館運転所に改称。 2002年(平成14年)7月1日付で函館運輸所に改称。 当初は札幌運転区として開設。 1987年(昭和62年)3月1日付で札幌運転所に改称。 1987年(昭和62年)3月1日付で苗穂機関区を苗穂運転所に改称。 苗穂機関区時代は特急形気動車の配置なし。 や新系列気動車(キハ181系・キハ391系)にあったを応用した独特の・ブレーキハンドルや、スピードに応じて自動的に変速したりを直結するなどの新機軸の採用は見送られた。 国鉄によると、全く外観の異なる781系の丸みの強い前頭部形状も着雪防止のためと説明されていた。 キハ40系で使用するものと同一仕様である。 キハ66系用 DW9形 の改良型で、出力軸系統の強化・軽量化がなされた。 が搭載した機関で、定格回転数を向上させるなどの変更がなされる。 のナロ20形と同一の構造である。 キハ182形の非常口は完全に撤去されず、扉は溶接された。 キハ182形は量産化改造後も非常窓が存置された車両が存在した。 904は廃車まで非常窓が残存。 試作車の座席は、フレームが茶色単色だった。 前頭部の印象から「坊主」と呼ばれている。 撤去された電源用機関は、同時期に先頭車化改造された(キハ181-101)に転用されている。 中古品の R27B 形座席を使用し、モケットを張替えたうえで転用している。 1両のみ当初の仕様で残存した 508 も、後年に3列化改造が行われている。 後年改造されたお座敷車(6000番台)も同様である。 本系列を使用するに寝台車として併結される14系客車には「95」の表記がなされる。 N183系・NN183系の現在の「とかち」色とは窓枠の塗り分けが若干異なっていた。 キハ182-6 - 8 は仕切戸化粧板取替えも実施した。 機関車牽引により青函トンネルを通過する場合、走行用機関が停止しているため空気圧縮機が使えず、機関車から圧縮空気の供給を受ける必要がある。 この運用中の1997年5月3日にはまで乗り入れ、基本番台で唯一本州に乗り入れた例となっている。 2014年3月15日のダイヤ改正以降は、4往復(下り5・9・13・15号/4・6・12・16号)。 繁忙期には「ノースレインボーエクスプレス」、「ニセコエクスプレス」のリゾート車両も使用する。 『鉄道ジャーナル』 NO. 374 97年12月号 p. - 交友社「鉄道ファン」railf. jp 鉄道ニュース 2015年5月23日• readyfor. 2019年7月7日閲覧。 d51-station. com. 2019年7月7日閲覧。 readyfor. 2019年7月7日閲覧。 発表資料• PDF プレスリリース , , 2008年7月14日 , 2014年9月6日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2006年12月13日 , の2006年12月27日時点におけるアーカイブ。 , 2014年9月6日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2011年10月13日 , 2014年9月6日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年5月15日 , の2013年7月17日時点におけるアーカイブ。 , 2014年9月6日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2017年5月19日 , 2017年5月28日閲覧。 日本語 プレスリリース , , 2001年4月25日 , の2002年6月13日時点におけるアーカイブ。 , 2002年6月13日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2008年4月18日 , 2008年9月16日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2008年7月15日 , 2015年6月24日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年4月9日 , 2013年5月21日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年4月15日 , 2013年5月13日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年4月16日 , 2013年5月21日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年7月6日 , 2013年7月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年7月6日 , 2013年8月30日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年7月11日 , 2013年8月20日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年7月24日 , 2013年8月10日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年7月31日 , 2013年8月5日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年8月6日 , 2013年9月2日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年8月28日 , 2013年9月21日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2014年5月23日 , 2015年9月20日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2014年6月20日 , 2014年9月4日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年9月4日 , 2013年9月21日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2013年9月20日 , 2013年9月21日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2014年6月6日 , 2014年6月6日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2015年3月20日 , 2015年4月2日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2016年4月13日 , 2016年4月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2016年12月16日 , 2016年12月16日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2017年12月15日 , 2017年12月16日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2017年12月1日 , 2018年2月11日閲覧。 PDF プレスリリース , 北海道旅客鉄道, 2018年5月18日 , 2018年5月19日閲覧。 北海道旅客鉄道. 2018年6月30日閲覧。 北海道旅客鉄道. 2018年6月30日閲覧。 北海道旅客鉄道. 2018年12月25日時点のよりアーカイブ。 2018年12月27日閲覧。 報道記事• 近藤卓資 2010年11月22日. (フォトニュース). の2010年12月9日時点におけるアーカイブ。 2015年1月16日閲覧。 どうしんウェブ(電子版/経済). 2017年5月20日. の2017年5月22日時点におけるアーカイブ。 2017年5月28日閲覧。 フォト北海道(道新写真データベース). 1986年10月20日. 2015年7月13日閲覧。 岸田法眼のRailway Island. 2013年7月8日. の2014年5月16日時点におけるアーカイブ。 2015年1月16日閲覧。 北海道新聞. フォト北海道(道新写真データベース) 北海道新聞社. 1994年2月23日. 2015年7月26日閲覧。 北海道新聞. フォト北海道(道新写真データベース) 北海道新聞社. 1994年2月24日. 2015年7月26日閲覧。 北海道新聞. フォト北海道(道新写真データベース) 北海道新聞社. 1994年2月27日. 2015年7月26日閲覧。 北海道新聞. どうしんウェブ(電子版/道内) 北海道新聞社. 2013年11月29日. の2013年12月3日時点におけるアーカイブ。 2015年1月16日閲覧。 産経ニュース(くらし). 2013年11月29日. の2015年1月16日時点におけるアーカイブ。 2015年1月16日閲覧。 時事通信. 時事ドットコム. 2015年1月15日. の2015年1月17日時点におけるアーカイブ。 2015年1月17日閲覧。 2015年1月16日. 2015年1月16日閲覧。 旅と乗りもの(鉄道). 2015年3月23日. 2016年12月21日閲覧。 マイナビニュース. 旅と乗りもの(鉄道) マイナビ. 2016年12月16日. 2016年12月21日閲覧。 参考文献 鉄道ジャーナル• 15、。 「特集:青函トンネルと北海道の鉄道」『鉄道ジャーナル』第17巻第7号(通巻197号)、鉄道ジャーナル社、1983年7月1日、。 16-27,35-39,48-51,126、。 「JR3月ダイヤ改正詳報」『鉄道ジャーナル』第31巻第3号(通巻365号)、鉄道ジャーナル社、1997年3月1日、 pp. 84-90、。 鶴通孝・長根広和「JR北海道の都市間輸送(特集:JR北海道の幹線輸送)」『鉄道ジャーナル』第38巻第12号(通巻458号)、鉄道ジャーナル社、2004年12月1日、 pp. 18-33、。 RJ取材班「JR北海道の特急気動車 苦渋の決断と今後」『鉄道ジャーナル』第48巻第1号(通巻567号)、、2014年1月1日、 pp. 34-53、。 鶴通孝「春が遠い北辺のディーゼル特急 JR北海道183系特急気動車 最後の力走 石北本線特急『大雪』(特集:気動車の現状)」『鉄道ジャーナル』第51巻第6号(通巻608号)、成美堂出版、2017年6月1日、 pp. 22-33、。 『国鉄現役車両1983 全面改訂版年鑑(鉄道ジャーナル別冊)』第4号、鉄道ジャーナル社、1982年12月2日。 「特急 日本縦断(1981年)/旅情の北航路 青函連絡船(1986年)」『列車追跡リバイバル 懐かしの列車大追跡 Part-1(鉄道ジャーナル別冊)』第54号、鉄道ジャーナル社、2006年1月1日。 鉄道ピクトリアル• 1994年12月号 No. 599 「特集:キハ183・185系」• 2006年2月号 No. 772 「特集:キハ181・183・185系」• 早川淳一「北海道のキハ183系 あの日あの時そして今 1981〜2015私の編成メモから(特集:ディーゼルカー)」『』第65巻第7号(通巻905号)、、2015年7月1日、 pp. 57-67、。 JR各社(資料提供)「III-1 車両データ〜2015年度(JR車両):会社別の動向(新造・改造・廃車)」『鉄道車両年鑑 2016年版(鉄道ピクトリアル臨時増刊)』第66巻第10号(通巻923号)、電気車研究会、2016年10月1日、 pp. 200-209、。 鉄道ファン• 編集部「特別付録『国鉄最後の車両配置表』(特集:JR旅立ち特大号)」『』第27巻第6号(通巻314号)、、1987年6月1日。 編集部「JR各社の車両配置表1988(特集:JR車両のうごき)」『鉄道ファン』第28巻第8号(通巻328号)、交友社、1988年8月1日。 編集部「JR各社の車両配置表1990(特集:JR車両 file 90)」『鉄道ファン』第30巻第7号(通巻351号)、交友社、1990年7月1日。 編集部「JR各社の車両配置表1991(特集:JR車両 file 91)」『鉄道ファン』第31巻第8号(通巻364号)、交友社、1991年8月1日。 編集部「JR各社の車両配置表1992(特集:JR車両 file 92)」『鉄道ファン』第32巻第8号(通巻376号)、交友社、1992年8月1日。 編集部「JR各社の車両配置表1993(特集:JR車両 file 93)」『鉄道ファン』第33巻第8号(通巻388号)、交友社、1993年8月1日。 編集部「JR各社の車両配置表1994(特集:JR予報 車両最前線)」『鉄道ファン』第34巻第9号(通巻401号)、交友社、1994年9月1日。 編集部「全JR7社の車両配置表1995(特集:JR車両ファイル1995)」『鉄道ファン』第35巻第7号(通巻411号)、交友社、1995年7月1日。 編集部「全JR7社の車両配置表1997(特集:JR車両ファイル1997)」『鉄道ファン』第37巻第7号(通巻435号)、交友社、1997年7月1日。 編集部「全JR7社の車両配置表1998(特集:JR車両ファイル1998)」『鉄道ファン』第38巻第7号(通巻447号)、交友社、1998年7月1日。 「キハ183系診断記」『鉄道ファン』第38巻第8号(通巻448号)、交友社、1998年8月1日、 pp. 38-45。 岡崎正継(JR北海道運輸部運用車両課)「キハ183系お座敷車」『鉄道ファン』第39巻第4号(通巻456号)、交友社、1999年4月1日、 pp. 64-68。 編集部「全JR7社の車両配置表1999/JRグループ車両のデータバンク1998-1999(特集:JR車両ファイル1999)」『鉄道ファン』第39巻第7号(通巻459号)、交友社、1999年7月1日。 編集部「全JR7社の車両配置表2000/JRグループ車両のデータバンク1999-2000(特集:JR車両ファイル2000)」『鉄道ファン』第40巻第7号(通巻471号)、交友社、2000年7月1日。 編集部「JR各社の車両配置表2001/JRグループ車両データバンク2000-2001(特集:JR車両ファイル2001)」『鉄道ファン』第41巻第8号(通巻484号)、交友社、2001年8月1日。 編集部「JR各社の車両配置表2002/JRグループ車両データバンク2001-2002(特集:JR車両ファイル2002)」『鉄道ファン』第42巻第8号(通巻496号)、交友社、2002年8月1日。 編集部「JR各社の車両配置表2003/JRグループ車両のデータバンク2002-2003(特集:JR車両ファイル2003)」『鉄道ファン』第43巻第7号(通巻507号)、交友社、2003年7月1日。 編集部「特別付録『JR各社の車両配置表2005/JRグループ車両のデータバンク2004-2005』」『鉄道ファン』第45巻第7号(通巻531号)、交友社、2005年7月1日。 編集部「特別付録『JR各社の車両配置表2006/JRグループ車両のデータバンク2005-2006』」『鉄道ファン』第46巻第7号(通巻543号)、交友社、2006年7月1日。 編集部「特別付録『JR各社の車両配置表2007/JRグループ車両のデータバンク2006-2007』」『鉄道ファン』第47巻第7号(通巻555号)、交友社、2007年7月1日。 加藤勝「〜激動の時代の風雲児〜キハ183系特急形気動車」『鉄道ファン』第47巻第8号(通巻556号)、交友社、2007年8月1日、 pp. 94-103。 手塚一之「車両のうごき2007-2008(特集:JR車両ファイル2008)」『鉄道ファン』第48巻第7号(通巻567号)、交友社、2008年7月1日、 pp. 66-83。 編集部 特別付録「JR各社の車両配置表2008/JRグループ車両のデータバンク2007-2008」• 編集部「特別付録『JR各社の車両配置表2009/JRグループ車両のデータバンク2008-2009』」『鉄道ファン』第49巻第7号(通巻579号)、交友社、2009年7月1日。 手塚一之「車両のうごき2009-2010(特集:JR車両ファイル2010)」『鉄道ファン』第50巻第7号(通巻591号)、交友社、2010年7月1日、 p. 編集部 特別付録「JR旅客会社の車両配置表2010/JR車両のデータバンク2009-2010」 p. 編集部「別冊付録『JR旅客会社の車両配置表2013/車両のデータバンク2012-2013』」『鉄道ファン』第53巻第7号(通巻627号)、交友社、2013年7月1日。 手塚一之「車両のうごき2013-2014(特集:JR車両ファイル2014)」『鉄道ファン』第54巻第7号(通巻639号)、交友社、2014年7月1日、 pp. 62-73。 編集部 別冊付録「JR旅客会社の車両配置表2014/JR車両のデータバンク2013-2014」• 手塚一之「車両のうごき2014-2015(特集:JR車両ファイル2015)」『鉄道ファン』第55巻第7号(通巻651号)、交友社、2015年7月1日、 pp. 70-81。 編集部 別冊付録「JR旅客会社の車両配置表2015/JR車両のデータバンク2014-2015」• 手塚一之「車両のうごき2015-2016(特集:JR車両ファイル2016)」『鉄道ファン』第56巻第7号(通巻663号)、交友社、2016年7月1日、 pp. 62-75。 編集部 別冊付録「JR旅客会社の車両配置表2016/JR車両のデータバンク2015-2016」• 「特集:国鉄時代の北海道特急」『鉄道ファン』第57巻第1号(通巻669号)、交友社、2017年1月1日、 pp. 40-42。 手塚一之「車両のうごき2016-2017(特集:JR車両ファイル2017)」『鉄道ファン』第57巻第7号(通巻675号)、交友社、2017年7月1日、 pp. 58-67。 編集部 別冊付録「JR旅客会社の車両配置表2017/JR車両のデータバンク2016-2017」• 編集部「別冊付録『JR旅客会社の車両配置表2018/JR車両のデータバンク2017-2018』」『鉄道ファン』第58巻第7号(通巻687号)、交友社、2018年7月1日。 編集部「『2018年上半期 JR旅客会社 車両のデータバンク』」『鉄道ファン』第59巻第2号(通巻694号)、交友社、2019年2月1日。 その他• 『』、1986年12月。 『JR特急10年の歩み』〈トラベルムック〉、1997年5月15日、pp. 53-54,p. 67,pp. 79-85,pp. 92-93。 『函館線の名列車』イカロス出版〈イカロスMOOK 新・名列車列伝シリーズ 4〉、2004年8月、p. 『形式キハ183・185系 あの車両のすべてを徹底解明 国鉄とJRとを繋いだ非電化区間のエース』イカロス出版〈イカロスMOOK 国鉄型車両の系譜シリーズ 08〉、2008年4月、pp. 102-109。 広田尚敬(写真)『国鉄車両形式集 栄光の国鉄車両哀惜のエピローグ』2、〈ヤマケイ・レイル・グラフィックス〉、2007年7月、pp. 27-42。 外部リンク• - 北海道旅客鉄道• - 北海道旅客鉄道• - 北海道旅客鉄道• - 北海道旅客鉄道 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の