日 南 響子 シマウマ。 日南響子の濡れ場シーンが見れる桜姫のフル動画を無料で視聴する方法

ヒーローだった竜星涼くんが今度は“ダークヒーロー”に!?『シマウマ』禁断の映画化!

日 南 響子 シマウマ

こんにちは。 TVにまだあまり出ていない美女・美少女をご紹介しております星野と申します。 でなくなった人の事。 そんな言葉までできて引退してもなお話題になり続けるなんて、ジャニーズタレントのカリスマ性はすごいですよね。 今回は、芸能界を引退してもなお美しい「辞めジュ」ならぬ「辞め美女」についてチェックしてみたいと思います。 父はドラマー、母はボーカリストという音楽一家の出身で歌唱力にも定評があり、事務所も大手ということもあり、沢尻エリカや柴咲コウといった正統派美形でアーティスティックな女優に続く逸材と期待されていました。 やっぱり1番は日南響子ちゃん。 何があってもこれはずっとずっと変わらない。 小学生の時に生まれて初めて 憧れるって思った人。 きょんちゃんの笑顔は本当に私の元気の源。 あの笑顔をみると本当に元気になれる。 ずっとだいすき。 スターになりかけていた逸材が、独身同士の恋愛報道がもとで引退する例は最近あまり聞かないので、週刊誌などでも話題になりました。 ハイティーンになったあたりから少し路線を変えて色気のある男性誌グラビアなどにも挑戦したのですが、繊細な顔に似合わぬ肉感的なボディも注目を浴び、男女ともに絶大な支持を得ていました。 公式ページのお写真を拝見すると、現役時代に勝るとも劣らない……むしろ透明感ふがグンと増した美貌を見ることができます。 同じく絶世の美女と言える女優さんでも、パーツパーツにわずかな個性があり似顔絵が書きやすい方もいらっしゃいますが、彼女の場合似顔絵を描こうとしても特徴がつかめないほど整ったお顔立ちです。 お顔の骨格自体はシャープでともすればクールビューティーになりがちなのですが、涙袋の大きなうるんだ瞳から柔らかな色気を醸し出していました。 日南響子 — S級美女コレクション skyubijo しかし、あまりに美しすぎ・華やかすぎて、水着グラビアでは少し放つ光が強すぎるというか、日本人受けを狙うには華美すぎるきらいもありました。 元同じ事務所の沢尻エリカも似たタイプですが、彼女の場合、遠目には一重まぶたのようにも見えるつぶらな瞳が整いすぎた顔立ちを緩和しています。 日南響子は、そこにキラキラとした少女マンガのような瞳が加わってしまい、草食男子は少し引いてしまうほど派手な光を放っていました。 特に水着グラビアでは、元グラドル熊田曜子を思わせる肉食動物感が出てしまい、持ち前の透明感は影を潜めてしまいました。 ホンモノの美女にしか許されないシンプルな短髪で一瞬美少年のようにも見えますが、白い頬と鋭い視線からほんのり色気を感じます。 いかがでしたか?「珠麟(しゅりん)」に限らず、女性誌を見ていると芸能界を引退してからの方が美しくなっている元アイドルや女優を発見することは多々あります。 元・ポストフカキョンと呼ばれた品田ゆいは現在美容業界で活躍し、その洗練された美貌はアイドル時代を凌ぐほどで、元ミニスカポリスの来栖あつこや元女優の周防玲子は、ファッションブランドのプレスとして活躍し時折ファッション誌でその美しい着こなしを披露しています。 タレントこずえ鈴として大人気だったフリーディアはLAでデザイナーとして活躍し時折日本の雑誌にも登場しています。 意外に、引退してからの方がオシャレさや美しさのレベルが上がって幸せそうな芸能人って多いようです。 タレント活動をしていると、最大公約数に好かれるために、泥臭さや野暮ったさのようなものが必要になってくるのかもしれませんが、「珠麟(しゅりん)」公式ブログのお写真は、そういった過剰なものが抜けたようなスッキリしたお顔をされています。 まだ20歳と若く、その美貌においては芸能界・モデル業界の中でもトップクラス。 フリーになってマイペースな活動が可能になった今、インディーズのアーティストとしてもさらに楽しみな逸材です。 (星野小春)•

次の

日南響子の映画作品

日 南 響子 シマウマ

こんにちは。 TVにまだあまり出ていない美女・美少女をご紹介しております星野と申します。 でなくなった人の事。 そんな言葉までできて引退してもなお話題になり続けるなんて、ジャニーズタレントのカリスマ性はすごいですよね。 今回は、芸能界を引退してもなお美しい「辞めジュ」ならぬ「辞め美女」についてチェックしてみたいと思います。 父はドラマー、母はボーカリストという音楽一家の出身で歌唱力にも定評があり、事務所も大手ということもあり、沢尻エリカや柴咲コウといった正統派美形でアーティスティックな女優に続く逸材と期待されていました。 やっぱり1番は日南響子ちゃん。 何があってもこれはずっとずっと変わらない。 小学生の時に生まれて初めて 憧れるって思った人。 きょんちゃんの笑顔は本当に私の元気の源。 あの笑顔をみると本当に元気になれる。 ずっとだいすき。 スターになりかけていた逸材が、独身同士の恋愛報道がもとで引退する例は最近あまり聞かないので、週刊誌などでも話題になりました。 ハイティーンになったあたりから少し路線を変えて色気のある男性誌グラビアなどにも挑戦したのですが、繊細な顔に似合わぬ肉感的なボディも注目を浴び、男女ともに絶大な支持を得ていました。 公式ページのお写真を拝見すると、現役時代に勝るとも劣らない……むしろ透明感ふがグンと増した美貌を見ることができます。 同じく絶世の美女と言える女優さんでも、パーツパーツにわずかな個性があり似顔絵が書きやすい方もいらっしゃいますが、彼女の場合似顔絵を描こうとしても特徴がつかめないほど整ったお顔立ちです。 お顔の骨格自体はシャープでともすればクールビューティーになりがちなのですが、涙袋の大きなうるんだ瞳から柔らかな色気を醸し出していました。 日南響子 — S級美女コレクション skyubijo しかし、あまりに美しすぎ・華やかすぎて、水着グラビアでは少し放つ光が強すぎるというか、日本人受けを狙うには華美すぎるきらいもありました。 元同じ事務所の沢尻エリカも似たタイプですが、彼女の場合、遠目には一重まぶたのようにも見えるつぶらな瞳が整いすぎた顔立ちを緩和しています。 日南響子は、そこにキラキラとした少女マンガのような瞳が加わってしまい、草食男子は少し引いてしまうほど派手な光を放っていました。 特に水着グラビアでは、元グラドル熊田曜子を思わせる肉食動物感が出てしまい、持ち前の透明感は影を潜めてしまいました。 ホンモノの美女にしか許されないシンプルな短髪で一瞬美少年のようにも見えますが、白い頬と鋭い視線からほんのり色気を感じます。 いかがでしたか?「珠麟(しゅりん)」に限らず、女性誌を見ていると芸能界を引退してからの方が美しくなっている元アイドルや女優を発見することは多々あります。 元・ポストフカキョンと呼ばれた品田ゆいは現在美容業界で活躍し、その洗練された美貌はアイドル時代を凌ぐほどで、元ミニスカポリスの来栖あつこや元女優の周防玲子は、ファッションブランドのプレスとして活躍し時折ファッション誌でその美しい着こなしを披露しています。 タレントこずえ鈴として大人気だったフリーディアはLAでデザイナーとして活躍し時折日本の雑誌にも登場しています。 意外に、引退してからの方がオシャレさや美しさのレベルが上がって幸せそうな芸能人って多いようです。 タレント活動をしていると、最大公約数に好かれるために、泥臭さや野暮ったさのようなものが必要になってくるのかもしれませんが、「珠麟(しゅりん)」公式ブログのお写真は、そういった過剰なものが抜けたようなスッキリしたお顔をされています。 まだ20歳と若く、その美貌においては芸能界・モデル業界の中でもトップクラス。 フリーになってマイペースな活動が可能になった今、インディーズのアーティストとしてもさらに楽しみな逸材です。 (星野小春)•

次の

日南響子について、調べてみた件

日 南 響子 シマウマ

日南響子 21日から全国公開される映画「シマウマ」で、女優・日南響子(22)が復活する。 女優、タレントとして幅広く活躍していた日南は、ここ2年ほど音楽活動に専念。 日南:女優業は、今回と同じ橋本一監督の「桜姫」(2013年)以来です。 この期間は音楽活動(珠麟名義)をやってました。 もともと女優と音楽を一緒にやりたかったのですが、なかなかできなかった。 音楽を学ぶなら、10代のうちにという意識もありました。 数年前の夏には、新宿の駅前で路上ライブもしました。 でもやっぱり全然足を止めてもらえなくて(苦笑い)。 最初の15分ぐらいはバレるのが怖くて、帽子を目深にかぶって聴かないでくださいという感じで歌っていたんです。 でも「聴いてもらわなきゃダメなんだ」と気持ちを切り替えたとたん、お客さんがいっぱい来てくれた。 「今歌った曲、もう1回リクエストしていいですか」という男性もいたんです。 今回の映画でも日南は主題歌を担当するなど、音楽活動は順調に進んでいる。 それにもかかわらず、女優として復帰した。 オファーを受けたのは、原作やキイヌというキャラクターが魅力的だったからだ。 日南:最初オファーがきたときに「漫画は読まなくていい」と言われたんです(笑い)。 でも読んでみたら好きだった。 ここまでやるのかという不安もありましたが、「やらせてください」と言いました。 ただ、キイヌは漫画ではセミロングで眼鏡姿。 でもコスプレ感は出したくなかったので、このままでいこうと。 私、ミステリアスな部分がある女性、好きなんです。 そんな雰囲気を大切にしつつ、容姿が違う分、演技で頑張ろうと思いました。 アクションに加え、独特の話し方、威圧感に近い強烈な存在感。 そして主人公・ドラを誘惑する色香と、危険な女を余すところなく演じる姿に、ブランクは感じられない。 むしろ音楽活動のおかげで、女優としても成長したのではないかという。 日南:歌詞を書くのは、女優でいうとセリフですよね。 歌詞は言葉を知らないと書けないですから。 本は苦手ですが、擬音語の辞典など辞書を読んで、いろいろな言葉を覚えました。 おかげで今回も、作品の裏のことを考えられるようになりました。 映画公開前には音楽でのライブ活動も開始。

次の