福島 太陽 誘電。 人事、太陽誘電 :日本経済新聞

福島太陽誘電 株式会社|ふくしま産業復興企業立地補助金雇用確保支援業務|福島県内の製造業等の就職 採用 求人

福島 太陽 誘電

伊達市のやながわ工業団地で電子部品を製造している会社です。 群馬県を主な生産拠点とし国内はもとより世界中に拠点を有する太陽誘電㈱の子会社として、現在はメタル系パワーインダクタを生産しています。 太陽誘電グループは、企業としての経済価値を高めていくと同時に、ステークホルダーからの要求や期待に応え、社会的責任を果たすことで、社会的価値を高めていきたいと考えています。 そのために、製品の安全や品質はもちろんのこと、労働・人権、安全衛生、環境、倫理にも責任を持って取り組んでいます。 わが社のセールスポイント• 生産しているインダクタは、とても小さな電子部品です。 電磁石と同じ/電線を巻いて作り、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末に使われています。 生産設備を自社で設計・開発しています。 電子部品製造以外にも、弊社では最先端技術を取り入れた生産設備を自社で設計・開発しています。 わが社のビジョン・ミッション 太陽誘電グループの一員として「経営理念」(1. 従業員の幸福 2. 地域社会への貢献 3. 株主に対する配当責任)を思考と行動の基礎とし全従業員一丸となって社業の発展に努力してまいりました。 今後も更に日本における製造を追求し続け、日本の福島太陽誘電、世界の福島太陽誘電と評され、信頼される会社へ発展出来るよう社員一同精進してまいります。 経営者(代表者)メッセージ 現在の仕事の内容は? 全部署と連携を持ち「ムダ・ムリ・ムラ」のない生産設備の開発・設計を行い、生産設備の内製化を行っています。 現在の会社を選んだ動機 当時身近に使用していたCD-Rを生産している会社だと知り興味を持ちました。 CD-Rは海外メーカーも多く、海外とも真っ向勝負し粘り強い会社というイメージも持ちました。 そのような経験豊富な先輩方の一員に加わり、更なる進化を一緒に遂げていきたいと思い志望しました。 仕事のやりがい・魅力は? 技術力が高いだけではなく、会社一大のプロジェクトに参画させてもらい経験できる事、又、教育研修などでのスキルUPもさせてもらえる所に魅力を感じています。 企業情報 企業名 福島太陽誘電 株式会社 代表者名 新井 雄治 業種 電子部品(インダクタ)の製造 従業員数 315人 資本金 1億 円 設立日 1989年 8月 30日 所在地 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地1-3 TEL 024-577-4105 FAX 024-577-4677 企業URL 職場の雰囲気 先輩方の技術力の高さを身近で感じながら時には厳しく時には笑い合いながら、和気藹々とした活気と魅力に溢れる会社です。 教育制度 新入社員教育、階層別教育(新任者・昇格者)、OJT 入社後のキャリアデザイン 入社後、適性を評価し配属となり、人事考課制度により適正配置、昇給・昇格試験や昇格研修・資格取得が実施される。 学歴(履修科目) 大卒以上 就業場所 所在地に同じ 転勤の可能性 なし 就業時間 8:20~17:05 給与 243,000円~402,500円 賞与 年2回 (前年度実績 計4. 95月分) 昇給 毎年4月 退職金制度 確定拠出年金 休日 土日 その他会社カレンダーによる 福利厚生 社会保険加入、駐車場あり(無料)、制服貸与、社員食堂あり 人事担当者 (役職)人事総務課 (氏名)佐伯 良子 【求人について】 求人に関するお問合せは掲載企業に直接ご連絡下さいませ。

次の

新工場建設断念を決断した福島太陽誘電

福島 太陽 誘電

台風19号による阿武隈川支流、伝涌川からの床上洪水浸水被害に見舞われた伊達市梁川工業団地内にある半導体部品製造メーカーの福島太陽誘電(株)ですが、5棟ある製造工場だけでなく、製造ラインの内、精密機械を含めたICチップ半導体関連部品のメーカーの心臓設備である空調室外機も機能しなくなったことから復旧するコストと新工場を建設するコストがイーブンだと言われているそうです。 そうした中、半導体部品メーカーとしての生命線である水害被害の可能性が低く、取引電子メーカーと距離的に近い本社のある群馬県高崎市内の主力生産工場近隣に移転・撤退を検討していることが新工場増築見積もりを提出している大手建設会社関係者から聞こえてきました。 わざわざ最先端の生産設備を揃えた新工場を梁川工業団地に再建設するより、水害被害の少ない高台にある群馬県内の主力工業団地に生産設備を移管したほうが水害等による特別損失も発生せず、安全だろうと言われています。 半導体生産ブロック体制を維持出来なくなってしまうことを、企業としては全力で回避しなければいけないからだといいます。 以前、8. 5水害があって心配だったようですが、当時の池田町長の町執行部から、広瀬川の河川改修も終わっているのだから百年に一度の水害が来ても大丈夫と言われて工場を建設したのだそうです。 ところが、まだ30年も経っていないのに工場水没という大きな被害が出てしまいました。 これでは、地の利も良くない梁川町に再建するのは無謀かも知れません。 太陽誘電といえば、まだヒ素バラ巻き問題が解決していないところですよね。 一体、伊達市工業界はどうなってしまうのでしょうか。 推移が気になってしまいます。 (投稿ネーム:だましたわけじゃありませんが・・・) —————————————— 伊達市の工場出荷高を支えているのは何と言っても保原町の富士通アイソテックですが、梁川町では福島太陽誘電(旧ザッツ福島)でした。 富士通については中国企業レノボと提携以来、製品を作れば作るほど赤字が増えると言われ、最近は撤退が噂されています。 それに加えて太陽誘電も撤退するようでは、伊達市の税収はどうなってしまうのでしょう。 そこには数多くの下請け企業もぶら下がっていますから、大変なことになると思われています。 何も考えていないと言われる脳天気な須田博行市長が、一体、どうする気なのかが問われていますね。 <「投稿サイト」編集部> This entry was posted in on. Post navigation.

次の

梁川工業団地から撤退の検討を始めた福島太陽誘電

福島 太陽 誘電

台風19号による阿武隈川支流、伝涌川からの床上洪水浸水被害に見舞われた伊達市梁川工業団地内にある半導体部品製造メーカーの福島太陽誘電(株)ですが、5棟ある製造工場だけでなく、製造ラインの内、精密機械を含めたICチップ半導体関連部品のメーカーの心臓設備である空調室外機も機能しなくなったことから復旧するコストと新工場を建設するコストがイーブンだと言われているそうです。 そうした中、半導体部品メーカーとしての生命線である水害被害の可能性が低く、取引電子メーカーと距離的に近い本社のある群馬県高崎市内の主力生産工場近隣に移転・撤退を検討していることが新工場増築見積もりを提出している大手建設会社関係者から聞こえてきました。 わざわざ最先端の生産設備を揃えた新工場を梁川工業団地に再建設するより、水害被害の少ない高台にある群馬県内の主力工業団地に生産設備を移管したほうが水害等による特別損失も発生せず、安全だろうと言われています。 半導体生産ブロック体制を維持出来なくなってしまうことを、企業としては全力で回避しなければいけないからだといいます。 以前、8. 5水害があって心配だったようですが、当時の池田町長の町執行部から、広瀬川の河川改修も終わっているのだから百年に一度の水害が来ても大丈夫と言われて工場を建設したのだそうです。 ところが、まだ30年も経っていないのに工場水没という大きな被害が出てしまいました。 これでは、地の利も良くない梁川町に再建するのは無謀かも知れません。 太陽誘電といえば、まだヒ素バラ巻き問題が解決していないところですよね。 一体、伊達市工業界はどうなってしまうのでしょうか。 推移が気になってしまいます。 (投稿ネーム:だましたわけじゃありませんが・・・) —————————————— 伊達市の工場出荷高を支えているのは何と言っても保原町の富士通アイソテックですが、梁川町では福島太陽誘電(旧ザッツ福島)でした。 富士通については中国企業レノボと提携以来、製品を作れば作るほど赤字が増えると言われ、最近は撤退が噂されています。 それに加えて太陽誘電も撤退するようでは、伊達市の税収はどうなってしまうのでしょう。 そこには数多くの下請け企業もぶら下がっていますから、大変なことになると思われています。 何も考えていないと言われる脳天気な須田博行市長が、一体、どうする気なのかが問われていますね。 <「投稿サイト」編集部> This entry was posted in on. Post navigation.

次の