妊娠 中 お 寿司。 妊婦は刺身や寿司を食べてもいいの?妊娠中は生魚に注意!

妊娠中でも食べていい寿司ネタ!刺身や生魚でもこれならOKネタ厳選10個

妊娠 中 お 寿司

スポンサードリンク 妊娠中にお寿司を食べたい時に、安心して食べられる加熱してあるネタ やっぱり 加熱されているネタが一番安心です。 小さなお子さんも一緒に食べられるというのも助かりますよね! 定番のボイルされたエビやタコ、たまご、納豆巻き、かっぱ巻き、 かんぴょう巻き、お新香巻きや煮穴子などは食べても問題ありません。 ぜひ試してみて下さいね! ただネタの前にシャリには塩分が多く含まれていますので、 基本的に妊娠中の食べ過ぎはよくありません。 また青魚はアレルギー反応を起こす可能性がありますので、 心配な時は気を付けて下さい! 妊娠中のお寿司で要注意のネタ! まず 魚卵系のネタは要注意です! いくらやとびっこ・数の子、寿司ネタには少ないですがキャビアなどの魚卵は リステリア菌と呼ばれる細菌に感染している場合があります。 食中毒を起こす危険が高まりますので妊娠中は避けた方が無難です。 妊娠中のマグロは要注意 次に 大型魚の本マグロ(クロマグロ・メバチマグロ)やカジキ(マカジキ・メカジキ)ですが、 この大型の魚には大量の水銀が含まれていますので避けることをおススメします。 中トロ・大トロ・ネギトロと表記されているものは注意しましょう。 お次は 鯛! 白身で淡白な鯛は一見問題なさそうですが、 キダイや金目鯛にも多くの水銀が含まれているのです。 ちょっとコアなネタですが、鯨肉にはなんとマグロやカジキの2倍の水銀量が含まれています! こちらもやめておいた方がよさそうですね… 水銀を多く含む魚は適量を守れば食べても大丈夫と言われていますが、 水銀は他の魚や他の食材にも含まれているため 1日にどれだけ摂取しているか判別が難しいです。 ですので個人的には、少量の中に水銀を多量に含んでいる大型魚などはできる限り避けてもらいたいと思います! これはご存知の方もいるかもしれませんが サバも要注意です。 サバにはアニキサスという寄生虫がついている場合があります。 酢で〆ても死滅せず、冷凍か加熱処理しなければいけませんので生のお寿司で頂くのはおススメできません。 妊娠中のうなぎは加熱していても要注意 またうなぎは加熱処理されて出てくるネタですが、 うなぎには妊娠中は避けるべき動物性ビタミンAが多く含まれていますので生じゃなくても注意が必要です! 最後に 貝類で人気の牡蠣は栄養素たっぷりで妊娠中にはよさそうですが、 ご存知の通り生で食べるとあたりやすいので控えた方がいいです。 基本的にホタテや赤貝などの貝類はノロウイルスなどの食中毒感染を起こしやすいので気を付けましょう! それから念のためですが、妊娠中の生肉は絶対にやめましょう! ペットからの感染が主ですが、 生肉でも感染してしまうトキソプラズマは 妊娠初期に感染してしまうと胎児が水頭症になる恐れがあります。 またこれは生肉に限らずですが、基本的に生ものを食す際はどうしても食中毒を起こす可能性が高くなります。 新鮮なものを選ぶのは第一条件ですが、体調が優れない時は食べるのを控えたりするなど注意して下さいね! 最後にお寿司やお刺身には欠かせない わさびについてです。 妊娠中の刺激物は控えた方がいいとよく耳にしますが全くダメということはありません。 わさびは食中毒の予防にも役立ちますし、 むくみをとる効果もありますのでお寿司と一緒に食べるような少量であれば問題ありません。 ただし大量に摂取すると消化器系の働きが鈍くなっている妊娠中は胃を刺激してしまったり、 痔の原因になったりしますので摂りすぎには気を付けましょう! 妊娠中の刺身で魚の種類ごとにOK・NG一覧まとめ! ここまでで、お寿司について食べていいもの、注意が必要なものなどをまとめてきました。 次に同じ生魚を使う お刺身についても、食べていいものとダメなものをご紹介します。 妊娠中の刺身でイカ・タコはOK? イカやタコはお刺身だけでなく、イカソーメンやタコのカルパッチョなども美味しいですよね! まず 生のイカはリステリア菌が潜んでいる可能性があり、この菌に感染してしまうと腹痛や下痢、 発熱などを引き起こしてしまいます。 しかもリステリア菌は胎盤を通して胎児にも感染してしまう危険性があるので心配ですよね… なお 妊娠中はこのリステリア菌への感染率が通常の20倍にも上ると言われているので特に注意が必要! またイカには激しい腹痛や嘔吐を引き起こすアニサキスという寄生虫がいることもありますので、 合わせて覚えておきましょう。 したがって妊娠中にイカをお刺身で食べることは控えた方が良いです。 リステリア菌やアニサキスは熱や冷凍によって死滅しますので、 イカを食べる時は加熱処理や冷凍されていたものを食べるようにしましょう。 続いてタコですが、 タコは水銀量が少なく比較的安心して食べられるお刺身の一つです。 妊娠中の生もの大量摂取は心配ですが、適量であればタコのお刺身は食べてもOK! どうしても心配な場合はボイルして出されているものを選ぶと安心です。 妊娠中にトキソプラズマに感染する原因の1つ甲殻類のエビ・カニ 次に見ていきたいのは甲殻類のエビやカニ! スポンサードリンク エビもカニもタコと同じく水銀量が少ないので、これらのお刺身は妊娠中もOKな部類に入ります。 しかしエビやカニなどの魚介類にはリステリア菌やトキソプラズマという寄生虫が生息している場合があります。 カニ好きな方にはたまらないカニ味噌ですが、 この味噌の部分には高濃度のカドミウムという毒素が含まれていたりプリン体が多いという点からも 避けた方が良いです。 ただしこれら甲殻類にはアレルギーを持っている方も多く、 分かっている方はもちろんですが不安な方も控えた方が賢明です! 妊娠中は安易に投薬や医療行為を行えない場合が多いですので、 アレルギーに関しては命にも係わりますし特に慎重になった方が良いと言えますね… 妊娠中の生魚で白身魚の鯛・真鯛・サーモン・鮭・ひらめ・すずき・ふぐは大丈夫? 淡白な白身魚は妊娠中も安心して食べられそうですが… まずは鯛から見ていきましょう! 鯛は水銀量の面からいくとさほど心配はいりません。 更に高タンパク・低脂質なので何かと制限の多い妊娠中には嬉しい食材! でも同じく鯛の仲間である金目鯛には水銀量が多いですので注意して下さいね。 水銀量からいくと真鯛も問題ありません。 しかし天然ものの真鯛は心配ありませんが、 養殖の真鯛は発育の段階で使われる抗菌性物質が残留している可能性がありますので大量に食べるのはNG! これに関してはふぐやひらめも該当しますので頭に入れておいてもいいかもしれません。 みんな大好きなサーモンですが、こちらも水銀の量は少なめ。 DHAやEPAの他に良質なカルシウムも含んでいます。 ただしリステリア菌の感染は否めませんのでやはり炙ったものなどがおススメ。 養殖の多いサーモンは大丈夫ですが、 天然の鮭には寄生虫が寄生している可能性が高くなりますので注意しましょう! 次にひらめも水銀量の多い魚としては上がってこない魚です。 そこまで神経質にならずに食べられるものの一つと考えて大丈夫! しかし最近では ひらめによる食中毒も頻発しているようなのでやはり新鮮なものを選んで下さいね。 すずき、シーバスとも呼ばれていますがこちらも食べて問題ありません。 ただ寄生虫などがいる場合がありますので、 個人で釣ったものを自分で捌いてお刺身にする時などは内臓の処理をきちんとしてからにしましょう。 またスズキをはじめとする近海魚はダイオキシンなどに汚染されている可能性があるという話も聞きますので、 心配な時は控えた方が安心かもしれません。 最後にほど良い弾力が美味しいふぐ刺し。 ふぐもきちんとしたお店で出されているものは食べて大丈夫です。 淡白で低カロリーなふぐは、大量摂取しなければ妊娠中でもそこまで心配せず食べられます。 でも高価なイメージのふぐはそんなに頻繁に食べられるものではないと思いますので、 たまにご褒美程度なら問題ありません。 妊娠中の刺身で青魚のアジ・サバ・さんま・ボラは大丈夫? 続いて青魚のカテゴリーを覗いてみましょう。 体の小さい青魚の代表格・アジは水銀量も少なめで、 DHAやEPAが豊富に含まれているので積極的に摂りたい魚の一つ。 でも生はやはり心配ですので、そういう時は抗菌化作用のある生姜を乗せていただくのがおススメ! サバ・さんまも共に水銀量の少ない魚にカウントされます。 DHAなどが多く栄養価が高いので妊娠中にはおススメの魚ですが、 サバには寄生虫のアニサキスがついていることがあるので注意が必要です。 酢で〆てもアニサキスは死滅しないので、生のサバやサンマは極力控えた方が良さげ… ボラは水銀量が少ない魚と言われていますが、 鮮度が落ちるのが早く新鮮なものでないとお刺身には向きません。 寄生虫の心配はあまり聞かれませんが、新鮮かどうか確認が必要ですね! 妊娠中の魚で一番注意が必要な赤身魚のマグロ。 かつお・カンパチ・ぶり・ハマチは大丈夫? 赤身魚のお刺身で最も人気なのがマグロですよね? でも マグロなどの大型魚には胎児に悪影響を与えるとされるメチル水銀が多く含まれています。 いわゆる大トロや中トロもしくはネギトロと呼ばれるものは避けた方が無難です。 水銀量をあまり気にせずマグロを楽しみたい時は、キハダマグロやビンチョウマグロなどを選ぶようにしましょう。 マグロと同じく赤身のカツオですが、 カツオは水銀の有含量が少ないとされ妊娠中でも安心して食べられます。 しかもカツオには妊娠中には嬉しい鉄分が豊富! 生が心配な時は炙ったものを選んだりすると安心度が増しますね。 濃厚な脂身が美味しいブリも実は水銀量が少ないお魚です。 鉄分やDHA・EPAも豊富で、脂がしっかりと乗ったブリは少量でもお腹を満たしてくれるので 食べ過ぎ防止にも繋がりおススメです! 私の地元・九州ではお正月にこのブリを食べる習慣があり、 私も妊娠中は実家でブリのお刺身をしっかりと食べていましたよ! もちろん新鮮なもので量も控えめに!ですが… 出世魚であるハマチはブリの成長前のものですのでブリと同じと考えてもらって大丈夫です! カンパチはブリとは違いますが、ザックリ言うとブリの仲間ですので こちらもブリやハマチと同じく比較的食べてもOKなものになります。 妊娠中に外食するときに注意が必要な魚卵系のイクラ・とびっこ イクラなどは妊娠中でもOKと結構耳にしますが… それは魚卵に多く含まれる塩分のおかげで食中毒のリスクが少ないということからなのですが、 妊娠中の塩分摂取には注意が必要なので大量に食べるのはNG。 実はイクラやとびっこなどの魚卵系には リステリア菌などの細菌が潜んでいることもありますので一概に大丈夫とは言えなさそうです。 ただビタミン群は豊富に含まれていますので、食べる時は少量と決めて食べるようにしましょう。 妊娠中のウニは大丈夫?クジラ・スッポン・ホタテは? ウニには実は大量の葉酸が含まれている反面、多量のプリン体も含まれています。 国産のウニに水銀はあまり含まれていないということですが、 妊娠中の積極的なプリン体摂取は高脂血症や痛風の危険を招きますのであまりおススメはしません。 もちろんウニだけで葉酸を摂取するのは得策ではありません。 お好きな方もいるかと思いますが、次のクジラ(特にコビレゴンドウ)は 大きいですので含まれる水銀量も規格外! 妊娠中にクジラを食べるのは控えて下さい。 お刺身としてはちょっとマイナーなスッポン。 スッポンは寄生虫とサルモネラ菌に感染している確率がドンと高くなります。 特に天然物は要注意! 何が何でも食べないといけないという時でない限りおススメはしません… またホタテなどの貝類も食中毒を起こす可能性が高い食材ですので、 妊娠中の生での摂取はやめておいた方が安心。 同じく牡蠣やその他の二枚貝などもノロウイルスなどの危険性が大きくなりますので控えて下さいね! まとめ 妊娠中の外食は新鮮さと加熱しているかをチェックして、 食べてOKな魚でもまず新鮮なものを選ぶようにしましょう。 炙りやボイルなど加熱して食べられるものだとなお安心ですね。 妊娠中は我慢ばかりも禁物! 美味しいお刺身も楽しみましょう!.

次の

これ食べて大丈夫!?妊娠中の寿司と刺身のOK・NG大特集!

妊娠 中 お 寿司

なぜ妊娠中に生ものを食べるのは良くないの? 2018年、妊娠中の女性タレントがSNSにローストビーフの皿を手にした写真を投稿、「赤ちゃんは大丈夫?」と妊娠中の生ものについて議論が起こりました。 これらを受け、消費者庁でも年末の記者会見では次のような談話を発表、 妊婦の方は、生ハムやナチュラルチーズ等、加熱していない食品について、日頃から注意をされていることと思いますが、年末年始には、普段、口にしない食品に接する機会が増えることも予想されるところでございます と、あらためて「母子健康手帳」に記載してある注意点を確認するよう呼びかけました。 「妊婦さんは生ものを食べない方がいい」といわれる理由は、妊娠中は免疫力が低下する人が多く食あたりや食中毒にかかりやすくなるうえ、胎児への影響から薬が飲めなかったり、下痢をすると子宮を刺激して流産・早産のリスクが高まる可能性があるからだといわれます。 補助的な理由として、お寿司や刺身・生ハムなどは塩分の摂りすぎにつながるという心配もあります。 さらに、妊娠中は特有の感染症のリスクが高まることも見逃せません。 寿司・刺身、生ハム、生野菜…妊娠中、注意すべき生ものとは? 母子健康手帳(母子手帳)を確認すると、以下のような記載があります。 妊娠中は、免疫機能が低下して、食中毒など食べ物が原因の病気にかかりやすくなっています。 妊婦にとって特に注意が必要な病原体として、リステリア菌とトキソプラズマ原虫が挙げられます。 また、お母さんに症状が無くても、赤ちゃんに食品中の病原体の影響が起きることがあります。 これらの多くは、原因となる病原体が付着した食品を食べることによって起こります。 日頃から食品を十分に洗浄し、加熱するなど、取り扱いに注意しましょう 生ものが全てダメとは書かれていませんが、「加熱するなど取り扱いに注意」とありますので、基本的には避けるべきと考えられます。 「リステリア菌」の妊婦感染率は通常の20倍 いろいろな食中毒や感染症の中でも、特に妊婦さんには要注意といわれている「リステリア菌」とはどのような菌でしょうか。 日本では今のところ、リステリア菌による食中毒は報告されていませんが、欧米では、以下のような冷蔵庫で保存する非加熱食品で死亡を含む集団食中毒の例があります。 ナチュラルチーズ• 生ハム• 肉や魚のパテ• スモークサーモン• メロン、アボカドなどの野菜果物 妊娠中は、このリステリア菌に通常の20倍以上感染しやすくなるというデータがあり、胎盤を通って感染すると、流産や新生児への影響が心配されます。 生ハムやスモークサーモンなど、肉魚の非加熱加工品はできるだけ避け、チーズは加熱済みの「プロセスチーズ」と表示のあるものを選ぶ、野菜類はよく洗うなどの点に気をつけて下さい。 寿司や刺身・生ガキなどの魚介類は妊娠中NG? 生ものの代表ともいえる、お寿司や刺身などの魚介類。 腐敗のスピードが速く、「腸炎ビブリオ菌」などが繁殖すると激しい下痢や嘔吐、腹痛を引き起こします。 なお、魚に含まれる水銀に関しては、加熱しても水銀含有量は減らないため、「生ものだからダメ」というわけではありません。 一般的に妊娠中はマグロ・カジキなどの大型魚全般を避け、同じ種類の魚ばかりに偏らないことが推奨されています。 また妊娠の有無にかかわらず食中毒になる人が多い「牡蠣(カキ)」にはノロウイルス感染のおそれがあります。 中心温度が85度を超えれば殺菌できるといわれますが、ある調査ではフライなど加熱調理したものでも中が半生だったのか、あたってしまったという人が10%前後いるそう。 ノロウイルスは感染時の症状も重いので、妊娠中はカキそのものを我慢した方が無難かもしれませんね。 ローストビーフ・レアステーキ・たたきなどの肉類は妊娠中NG? 肉料理では、寄生虫の一種「トキソプラズマ」の感染による「先天性トキソプラズマ症」が心配されます。 特に妊娠初期に初感染すると、胎児の低体重や、出産後も視力・脳などに悪影響が出る場合があります。 自治体によっては初期の妊婦検診で抗体の有無を検査してもらえますが、アンケートの結果を見る限り、ほとんどの自治体で検査費用の助成はなかったようです。 【Q:妊婦検診の中に「トキソプラズマ」の抗体検査はありましたか?】 はい 15% いいえ 85% 日本産婦人科学会のガイドラインには、風疹やHIVなどの検査重要度Aに対してトキソプラズマはCとなっています。 気になる場合は自費(1000円~2000円程度)で受けることが可能です。 なお、トキソプラズマは、肉の中心温度が67度以上またはマイナス12度になると死滅します。 以前は焼肉店のメニューにあった生肉料理の「ユッケ」は、現在は法律で提供が禁じられていますが、タタキやローストビーフなどの完全に火を通さない肉料理も万が一の感染がないとは言い切れないため、妊娠中はできれば避けた方がよいでしょう。 生卵は妊娠中NG? 鶏肉や生卵に多いのが「サルモネラ菌」です。 感染すると激しい腹痛や下痢を起こすため、妊娠中は子宮への刺激が心配されます。 サルモネラ菌は熱に弱く75度以上で死滅するので、妊娠中は卵は完全に加熱して食べるのがおすすめ。 また、加熱調理する場合でも、卵の殻を触った手で生野菜や食器などに触れると菌が付着する可能性があるので、よく手を洗うようにしましょう。 生野菜サラダや果物は妊娠中NG? 生野菜や果物も、土がついていたり、魚・肉汁が付着した箇所に細菌が繁殖して食中毒を引き起こすことがあり、100%安全ではないとされています。 ただ、野菜や果物にはビタミン・ミネラル・食物繊維など栄養素も豊富なため、新鮮なものをよく洗って適度に食べた方が母子の健康に良いと考える医師も多いようです。 (筆者も産院でそう説明を受けました) 細菌は野菜や果物の断面に繁殖しやすいので、できるだけカットされていない丸ごとのものを選ぶのがおすすめです。 先輩ママは妊娠中生ものを食べていた? 母子手帳に注意書きがあるとはいえ、産院や母親学級などで話題が出なかったので、生ものについて特に意識していなかった…という人もいるはず。 今回、無事出産を終えた先輩ママに妊娠中の様子を聞いてみたところ、次のような結果となりました。 【Q:妊娠中、生ものを食べていましたか】• 特に気にせず食べていた…15%• 気にはなっていたが食べていた…8%• 部分的には(一部の食材、初期だけなど)避けていた…46%• まったく食べなかった…31% と、4人に1人(23%)はそれまでと食事内容が変わらなかったものの、半数近くのママはなんらかの制限をし、3人に1人(31%)はまったく生ものを食べていなかったとのこと。 理由として次のようなものが挙げられました。 「妊娠時期が夏場だったので、お寿司などはお店だけで食べ、家では控えていました」 「上の子の時は生もの一切を避けていましたが、もともとお魚は大好きなので、下の子の時は自分でいろいろ調べ、後期のみ白身魚のお刺身だけ食べていました。 出産までつわりが続いたため、食べられるときは好きなものを食べようと決めていたのもあります」 「私は生ハムが大好物。 実は、妊娠中も最初はおいしく食べていたのですが、友人に指摘され、食べ過ぎてしまわないため生まれるまでは我慢することにしました」 「初めての子だったのもあり、万が一のことがあったらと心配で、夫婦で生ものは食べないようにしていました」 「特に意識はしていませんでしたが、もともと生ハムや生魚がそんなに好きではないので、結局ほとんど食べずに終わりましたね」 「え?食べたらダメなの?知らなかった… 笑 !」 などなど。 生ハムやナチュラルチーズは特に避けていた人が多く、反対にお寿司やお刺身は鮮度や衛生管理に気をつけて時々食べていた…という人が多い印象です。

次の

【妊婦さん必見】簡単レシピや妊娠中におすすめのカロリー控えめな食事を紹介!

妊娠 中 お 寿司

スポンサードリンク 妊娠超初期で妊娠に気付かずに「お寿司をうっかり食べてしまった」という方もいるのではないでしょうか? もしくは、『妊娠がわかりお祝いにお寿司の出前でもとろうと思ったけれど、妊娠中ってお寿司って食べていいんだっけ?』と不安になった方。 妊娠中って食事に色々と制限が付くので、あれこれ心配になりますよね。 今回は妊娠が分かったあとお腹の赤ちゃんに影響を与える食品に関して、きちんと把握しておきましょう。 「妊娠初期のお寿司は避けた方が良い」といった声が耳に入ってくる方は結構いますよね。 こちらでは、妊娠中にお寿司を食べても問題ないのか、お寿司を食べる頻度を減らした方が良い理由や食べれるネタ、更には寿司を食べた場合の対処法についてご案内していきますね。 妊娠初期にお寿司食べていいの? 最初に結論から入ると、妊娠初期にお寿司は食べても問題ありません。 魚は、豊富なカルシウムやDNAやたんぱく質などを多量に摂れる食べ物の1つですから、妊娠中の栄養面ではどうしても必要な食品でもあります。 よって、妊娠中のいつからいつまでお寿司を食べて良いのか?という具体的な時期の特定はないといえるでしょう。 妊娠中にお寿司を口にする時は、まずは鮮度と食べても良い魚に意識を向けることが大切。 ママが食べ物から摂取したものは、しっかりおなかの赤ちゃんに届けられます。 食べる魚の大きさや頻度数にも気を付ける必要がありますから、念のため妊娠初期からは食べる頻度を減らした方が得策です。 脂身があり食べ応えのあるマグロですが、マグロなどの魚の中には、メチル水銀という名の有害成分が数多く含有されています。 成人では、水銀が身体に入ってもやがて体外に自然に出てしまうので構いませんが、妊娠中は胎盤を経由して胎児に水銀が送られていくので、成長に良くない影響が出る事も考えられます。 しかし、全部の魚に沢山のメチル水銀が見られることはありません。 ブリ、サケ、サバ、サンマ、タイ、カツオ、イワシ、アジなどの魚は配合量が多くないことから、口にする量をさほど気に掛けることはないでしょう。 妊娠初期にお寿司をどのくらい食べていい? 妊娠中にお寿司などの生のお魚を口にする際には、摂取量に意識を向けた方が良いでしょう。 胎児の発育に関係する水銀量重視で、厚生労働省が注意を促している目安に従って口にしても良い量を考えましょう。 1食のお魚の平均摂取量は80gで、刺身1人前、あるいは切り身一切れ位に該当します。 妊娠中に水銀が入った魚を口にして胎児に良くない影響が出るのは、摂取上限量を上回って摂取し続けた時です。 週に1回、1人前のマグロ、もしくは金目鯛を口に入れるだけだとしたら特に心配することはありません。 水銀の影響がないという魚であっても、妊娠中に生の状態で口にする時は、食中毒のリスクを考慮して、鮮度の高い物を少し口にすることを意識しましょう。 お魚の週まとめの参考摂取量• メバチマグロ…週に約80g迄• クロマグロ 本マグロ …週に約80g迄• 金目鯛…1週間に約80g迄• ミナミマグロ インドマグロ …週に約160g迄 妊娠初期に食べれるお寿司のネタは? 昔から何かの祝い事やご馳走に値するお寿司。 今もそのイメージはあまり変わりませんが、回転寿司などの普及から少し身近に感じられるようになりました。 海外でもジャパニーズフードとして人気のあるお寿司は、カリフォルニアロールをはじめ変わりネタも豊富。 そんな中で、妊婦さんが安心して楽しめる寿司ネタはどのようなものでしょうか? 早速、現実的なお寿司のネタに関してご案内していきます。 マグロなどの大型の魚は控えた方が賢明ですが、1週間に1回であるとか頻数を減らした場合、あまり神経質になる必要はありません。 それでも心配な方は次にあげるような寿司ネタを食べてみてはいかがでしょうか。 サンマ• イワシ• アボカド• 納豆 妊娠初期にお寿司を食べる時の注意点 水銀量 妊婦の水銀摂取の危険性に関しては、厚生労働省が注意喚起をしています。 母子手帳とセットで小冊子の中に書いています。 水銀摂取の危険性で配慮すべきは、お魚の大きさと種類です。 食物連鎖の上位にあるほど水銀というのはすぐに蓄積してしまう事から、マグロ類等の大き目のお魚の方が水銀の分量も多くなると意識しておけば良いでしょう。 厚生労働省からは、妊婦が水銀の沢山含有される魚類を食べる時の量は、週に80gぐらいに抑える様に注意喚起をしています。 正確に言えば、お魚のタイプが違えば摂り込んでも良い量は違ってきます。 しかしながら、お寿司屋さんだとマグロの種類については記されて無い事もしばしば見られるので、水銀の含まれる量が沢山ある物を基点にして考えることで安全性が高くなります。 妊娠中は、トロなどのマグロのお寿司は1週間に1度に抑えて、過食しないことを意識することが賢明でしょう。 更に、水銀は火に通しても消えないことから、お寿司や調理済みのお魚でも含有されています。 お寿司だけではなくお魚を頻繁に食べる方は、厚生労働省の定める基準を守って、水銀が沢山含まれるお魚や摂り込んでも良い量を確認しておいてくださいね。 お寿司ネタの中でも水銀含有量が最も多いと言えるのは以下のお魚になります。 キンメダイ• クロマグロ 本マグロ• マカジキ• メバチマグロ• メカジキ• ミナミマグロ インドマグロ 食中毒対策 上記でご案内した妊娠中に食べても大丈夫な寿司ネタの中には、生のままの食品も入っています。 生の状態の寿司ネタだと食中毒の可能性が上げられますので、再優先で対処法しておきましょう。 お寿司や刺身などにシソ、わさび、大根のつまといったものが添えられているのは、これらの殺菌作用がある食材で食中毒防止に役立つから。 お寿司などを食べた時には、しっかりこれらの物も同時に口にしてした方が良いですよ。 これによって食中毒の対処につながります。 妊娠中は体全体の抵抗力が低下し、非妊娠時より細菌に感染しやすく変わっています。 お寿司を食べる場合には鮮度の高い物を食べるよう意識を向けた方が良いでしょう。 回転寿司ならば回りっぱなしの状態のお皿を控える、スーパー等でお寿司を購入する時は、割引商品は購入しないことを心がける事です。 更に、貝類の食中毒はとても痛烈なため、妊娠中は生で食べることは避けた方が安心。 ここまで、妊婦さんがお寿司を食べる際の注意事項に関してお話しました。 これもNG、これまた良くないと息が詰まる感じになりますが、きちんと原因が判明しているなら、食べることが望ましいか、食べるのを控えることも見極めが容易になるはずです。 妊娠中のお寿司も、鮮度が高い物を適正な量でしたら食べられますので、あなた自身に無理を感じさせない配分を見つけ出して下さいね。 添え物も同時に食べる• 緑茶を飲む• 妊娠の判定に時間が掛かった、気づかずに頻繁にお寿司を食べたといった方もいるでしょう。 妊娠への驚きとお寿司を食べてしまった焦りで頭の中がパニックになってしまうかもしれません。 そんな時は以下を参考にしてください。 冷静になる まずは冷静になりましょう。 確かに妊婦はお寿司を食べない方が望ましいとご説明しましたが、妊娠初期であれば、未だに胎盤が出来上がっていないので、影響力が低いと考えます。 よってそれに対してはパニックにならず安心してください。 ただし今後は水銀量や食中毒の予防に気を配るようにして下さいね。 相談 どうしても心配な方は、お医者さんにアドバイスをされると安心できるので、妊婦健診の際にお医者さんに相談してみると良いですよ。 お腹が痛くなる、下痢になるなどの症状が現れる時には直ぐに医療機関へ連絡して指示を仰いで下さい。 さほど過度な心配はせず、週に1回と決心すればリスクは非常に低いです。 お寿司を365日口にする方はまずいないので、ほとんどの場合は問題ないでしょう。 何度も味わいたい時には火を加えない魚をなるべく控え、負荷が掛からないネタのお寿司を選択するといいでしょう。 お寿司を食べに出かける際には、小さめの魚を選択するよう意識しましょう。 マグロは1口も食べてはダメというわけではないですので量を調整してみて下さいね。

次の