石田 純一 コロナ 経緯。 石田純一、“ヘベレケ泥酔&徘徊”写真に騒然…コロナ退院3週間後に酒盛り、仕事に影響も

石田純一のコロナ感染経路や病状は?入院先病院と沖縄宿泊ホテルも!

石田 純一 コロナ 経緯

「仕事」と称して3泊4日ゴルフと会食の旅 4月10日 経営する韓国料理店のコロナ対応打ち合わせなどのため沖縄へ。 11日 沖縄の宿泊先ホテルのレストランで朝食。 その後、「仕事関係者」とゴルフに行き、プレー中に強いだるさを感じる。 12日 同ホテルで朝食後、午後4時から韓国料理店で打ち合わせ。 13日 同ホテルで朝食後、ホテルの部屋で休息、その後帰京。 14日 都内病院を受診し、肺炎の傾向がみられたため入院。 PCR検査。 15日 陽性と確認。 ブログで感染発表。 といった案配だ。 足掛け4日間も沖縄に滞在、会食やゴルフをしていたことになる。 しかも、沖縄では玉城デニー知事が4月8日に「県外からの来県自粛と、沖縄県民の外出自粛要請」を出したばかりだった。 それを無視して沖縄に飛んだわけだ。 石田が滞在したホテルは休館に追い込まれた。 ネット上ではこんな怒りの声が殺到している。 「病床から『一緒に乗り越えよう』とか言っていたが、みんなが1か月我慢しようとしている時に、ゴルフなんかしているヤツに言われたくないよ」 「最初に仕事で沖縄という時点でおかしいなと思っていた。 あれだけ沖縄県知事が今は来ないでくださいと言っているに、仕事で撮影があるわけ? 今はテレビ局もロケ自粛なのに。 結局、案の定ゴルフやホテルでの会食...。 奥様(編集部注:プロゴルファーの東尾理子さん)には言えない方としていたのかもね。 奥様の最初のコメントの『私たちは元気です!』にもものすごく違和感が。 みんなが心配しているのはあなたたち家族じゃない。 石田さんの軽率な行動で感染の危険がある沖縄の人々です」 「こういう人がいるから緊急事態宣言が全国に出されてしまったと思う。 テレ朝の富川さんは仕事中にそうなった可能性が高いが、石田純一は遊んでいてこれだから救いようがない。 都知事選出馬云々の時からからやはりおかしかった(編集部注:2016年7月の都知事選で野党統一候補を目指すと出馬表明しながら4日後に撤回)。 」 「立ち寄りのホテルは消毒のため休館。 ご自身で弁償しては?」 「石田純一は東京にいた時から感染していた可能性が高い。 一人の身勝手な行動が、いったい何人の沖縄の人々をピンチにしてしまうのだろう? 沖縄の店の従業員、ゴルフ場関係者、サウナ、施設の利用者、空港関係者、客室乗務員、乗客、その家族...。 そして休業に追い込まれたホテルの従業員などなど。 まだ他に漏れている人がたくさんいるだろう。 想像しただけでゾッとする」 「自分の店の視察?FaceTimeでやれる事!はっきり言って、東京じゃ遊べないし、子供達もずっと家だから、家から出て遊びたかった。 首都圏ではゴルフできないから、沖縄まで出かけてやりかたかったとしか思えない。 そして、立ち寄り先のホテルは消毒のため休館。 ご自身で弁償しては?」 沖縄県民もカンカンだ。 「沖縄県民です。 4月に入ってコロナ罹患者が急増しています。 その一因が他県からの観光客です。 数自体は例年より減ってはいますが、旅行先で羽を伸ばしたいのか、マスクなしで観光している人をたくさん見ました。 石田さんは仕事で来県したようですが、ゴルフにサウナ、打ち上げまでしていたとの情報も。 病状がよくなってほしい気持ちもありますが、それ以上に不愉快な思いがあるのが本音です」 「4月になっても国際通りなどの観光地で、マスクもせずに手を繋いで歩いている観光客カップルを見て絶句です。 病院がほとんどない石垣島にも感染が出て、県民はショックを受けています。 石田純一さんを責めたくありませんが、この時期にオンライン等で対応できなかったのかなーと、思ってしまいます。 もし沖縄で医療崩壊が起きたら、病院にも行けずに、家で死ぬしかないのかなーと日々、おびえています」 最後にこんな声を紹介したい。 「早く回復されますように。 あっ、でもTV復帰はしなくていいです。 これを機に隠居されては。 インスタ愛好家の奥様に働いていただいて」(テレビウォッチ編集部).

次の

石田純一の所属事務所、感染までの経緯説明「1週間を分かる範囲で」

石田 純一 コロナ 経緯

(C)まいじつ 新型コロナウイルスに感染した俳優・石田純一が、〝火だるま〟状態になっているようだ。 5月13日に、自身のブログで退院したことを報告した石田。 翌14日朝には早速、『とくダネ』(フジテレビ系)の電話取材に応じ、謝罪するとともに体験談を明かした。 石田は、沖縄に行ったことについて「(石田が運営している)お店が急に緊急事態宣言で満席だったところが、人が来ないんですよ、どうしましょう…と。 行く必要があった」と説明。 加えて、「いろいろ伝えられていますけど沖縄から帰ってきて発症したんです」「ゴルフ場で発症したわけでは本当にない」と弁明する。 そして、病院受診の経緯については「13日の朝、東京に帰ってきていきなり38. 8度になった。 いろいろ規則だから数日待とうとしたら、妻から『あなた、かかっているような顔してる』『とにかく病院に行って』と」など、妻・東尾理子の勧めがあったことを告白。 発熱の翌日に受診と入院し、15日には陽性反応が確認されるという驚異の〝スピード診断〟について、「本当にたまたま(病院が)空いている時間に行かせていただいたんでね、それが早く発見できたということだと思う」と、あくまで偶然性を強調していた。 「コロナについて夫婦でしゃしゃり出てきそう」 一連の発言について、視聴者からは、 《「たまたま」この余計な一言がさらに火に油を注ぐんだよな》 《憎まれっ子世にはばかるのはこういうメカニズム。 遠慮なく自分のために行動する》 などと、批判の声が殺到。 また、入院中もドクターストップがかかるほど〝電話取材〟に応じ、今はまさにコロナ話で銭を稼ぐ〝コロナバブル〟状態の石田に対して、 《早速リモートで闘病を語ってて笑えるw》 《もうテレビ出なくていいです。 闘病語らなくていいからね。 お願いします》 《こいつ入院中からずっとしゃべってるな》 《今後コロナについて夫婦でしゃしゃり出てきそう》 《マスゴミはこいつを取り上げるな 体験談でひと稼ぎとか舐めてんのかよ》 《ほんとこのまま出て来ないでほしい。 治ったからって、治療法とかいちいちしたり顔でコメンテーターとしてテレビに出てくるのは勘弁》 《自分の経験を1人でも多くの人に伝えてコロナの怖さを知ってほしいとか思ってそう》 など、辟易する声も上がっている。 「石田が退院を発表したこの日、奇しくも、大相撲の三段目力士・勝武士が新型コロナウイルスによって28歳の若さで亡くなった訃報が伝えられました。 勝武士は4月4日ごろに発熱し、医療機関に電話するもつながらず、つながっても今度は受け入れ先が見つからず、たらい回し状態に。 多くの人が〝検査してもらえない〟ことにあえぐ中、〝たまたま病院が空いていたから〟と主張する石田に嫌悪の目が向けられています。 感染した経緯も、ゴルフをした後に女性を呼んで会食したから、という説が濃厚ですからね」(週刊誌記者) 石田の代表名言といえば「不倫は文化」。 このコロナバブルのさなか、またぞろ絞り切れないほどの名言候補が挙がりそうだ。

次の

石田純一の所属事務所、感染までの経緯説明「1週間を分かる範囲で」(オリコン)

石田 純一 コロナ 経緯

「仕事」と称して3泊4日ゴルフと会食の旅 4月10日 経営する韓国料理店のコロナ対応打ち合わせなどのため沖縄へ。 11日 沖縄の宿泊先ホテルのレストランで朝食。 その後、「仕事関係者」とゴルフに行き、プレー中に強いだるさを感じる。 12日 同ホテルで朝食後、午後4時から韓国料理店で打ち合わせ。 13日 同ホテルで朝食後、ホテルの部屋で休息、その後帰京。 14日 都内病院を受診し、肺炎の傾向がみられたため入院。 PCR検査。 15日 陽性と確認。 ブログで感染発表。 といった案配だ。 足掛け4日間も沖縄に滞在、会食やゴルフをしていたことになる。 しかも、沖縄では玉城デニー知事が4月8日に「県外からの来県自粛と、沖縄県民の外出自粛要請」を出したばかりだった。 それを無視して沖縄に飛んだわけだ。 石田が滞在したホテルは休館に追い込まれた。 ネット上ではこんな怒りの声が殺到している。 「病床から『一緒に乗り越えよう』とか言っていたが、みんなが1か月我慢しようとしている時に、ゴルフなんかしているヤツに言われたくないよ」 「最初に仕事で沖縄という時点でおかしいなと思っていた。 あれだけ沖縄県知事が今は来ないでくださいと言っているに、仕事で撮影があるわけ? 今はテレビ局もロケ自粛なのに。 結局、案の定ゴルフやホテルでの会食...。 奥様(編集部注:プロゴルファーの東尾理子さん)には言えない方としていたのかもね。 奥様の最初のコメントの『私たちは元気です!』にもものすごく違和感が。 みんなが心配しているのはあなたたち家族じゃない。 石田さんの軽率な行動で感染の危険がある沖縄の人々です」 「こういう人がいるから緊急事態宣言が全国に出されてしまったと思う。 テレ朝の富川さんは仕事中にそうなった可能性が高いが、石田純一は遊んでいてこれだから救いようがない。 都知事選出馬云々の時からからやはりおかしかった(編集部注:2016年7月の都知事選で野党統一候補を目指すと出馬表明しながら4日後に撤回)。 」 「立ち寄りのホテルは消毒のため休館。 ご自身で弁償しては?」 「石田純一は東京にいた時から感染していた可能性が高い。 一人の身勝手な行動が、いったい何人の沖縄の人々をピンチにしてしまうのだろう? 沖縄の店の従業員、ゴルフ場関係者、サウナ、施設の利用者、空港関係者、客室乗務員、乗客、その家族...。 そして休業に追い込まれたホテルの従業員などなど。 まだ他に漏れている人がたくさんいるだろう。 想像しただけでゾッとする」 「自分の店の視察?FaceTimeでやれる事!はっきり言って、東京じゃ遊べないし、子供達もずっと家だから、家から出て遊びたかった。 首都圏ではゴルフできないから、沖縄まで出かけてやりかたかったとしか思えない。 そして、立ち寄り先のホテルは消毒のため休館。 ご自身で弁償しては?」 沖縄県民もカンカンだ。 「沖縄県民です。 4月に入ってコロナ罹患者が急増しています。 その一因が他県からの観光客です。 数自体は例年より減ってはいますが、旅行先で羽を伸ばしたいのか、マスクなしで観光している人をたくさん見ました。 石田さんは仕事で来県したようですが、ゴルフにサウナ、打ち上げまでしていたとの情報も。 病状がよくなってほしい気持ちもありますが、それ以上に不愉快な思いがあるのが本音です」 「4月になっても国際通りなどの観光地で、マスクもせずに手を繋いで歩いている観光客カップルを見て絶句です。 病院がほとんどない石垣島にも感染が出て、県民はショックを受けています。 石田純一さんを責めたくありませんが、この時期にオンライン等で対応できなかったのかなーと、思ってしまいます。 もし沖縄で医療崩壊が起きたら、病院にも行けずに、家で死ぬしかないのかなーと日々、おびえています」 最後にこんな声を紹介したい。 「早く回復されますように。 あっ、でもTV復帰はしなくていいです。 これを機に隠居されては。 インスタ愛好家の奥様に働いていただいて」(テレビウォッチ編集部).

次の