外伝2-2-4。 オスマン帝国外伝<シーズン2> 72話と動画を無料で見る方法を紹介

【ロマサガRS】メイン1章外伝2の攻略とおすすめ周回場所まとめ【ロマサガ リユニバース】

外伝2-2-4

お前は、私たちの話を 巨人族翻訳ポーションを使用し、コーブのクエストで完了 巨人族の好きな料理 熊肉の炭火焼x1を持ってガーンのクエストで完了 熊肉の炭火焼はで入手するレシピが必要な料理スキルLV. 要塞内部ボス戦 人数制限無し は、クリア済プレイヤーのサポート攻略可• リーダーは未クリアプレイヤーでなければならず、ログインしているチーム員全員の参加が必要• リーダーのポータル進入で、同マップ内に居るチーム員全員がどこにいても一斉にボス部屋に転移される• ボスは全て状態異常が効くので、感電・暗闇・沈黙などのデバフをかけて挑むと良い• エネルギーキットについて• クエスト中は、各MAPの霜巨人族からエネルギーキットA,B,Cがそれぞれレアドロップする• ドロップ判定は、誰が倒したかではなく、 ターゲットにされていた者にドロップ判定される• チームリーダーは、エネルギーキットA,B,Cをそれぞれ1個以上所持していないとボス部屋に入れない• ソロであれば、エネルギーキットはそれぞれ A5個,B4個,C4個必要• 庭園〜実験室までは、 間違ったエネルギーキットは使用出来ず、誰か1人が使用するだけで良い• 鍛冶場〜図書館までは、 3種それぞれ1つずつ消費、誰か1人が使用するだけで良い• (ver7.

次の

【ロマサガRS】 外伝2

外伝2-2-4

思わず立ち止まりそうになると、それを止める様に緋連が後ろから鼻先で背中を押し、白蓮が先導するように前を枝から枝へと飛び移る。 2匹に誘導され、やがて朽ちた小屋のある小さな広場へと辿り着く。 そこで、ふと頭の中に昔の記憶が浮かび上がって来た。 小屋の前に立つ優し気な微笑みを浮かべたプラチナブロンドの女性が、小屋の脇を指し奥への道を教えてくれた光景。 ……それはかつて父の為にセディアの花を探しに来た自分にレヴァイルの母親・ファムが道を教えてくれた時の事だった。 それを頼りに今は草に覆われた道を奥へと進み、少し行くと木々が途切れて明るい光が見えて来た。 「……これ……は……。 」 道を抜けた先、そこに広がる光景にセレは言葉を失い立ち尽くす。 記憶にあるのは1つだけ広場に咲いた蒼い花。 だが、目の前に広がるのは淡い光の中、広場一面を覆いつくした蒼い花畑だった。 「にーさま、はやくいこ?」 リサがそう言って奥を指さし手を引くと、セレは我に返り奥へと進んだ。 すると、2人を待っていたかのように風が吹き抜け、花弁が宙を舞う。 その光景を呆然と見上げていると、リサは奥へと歩いていく。 「かーさま!にーさま、きたよ!」 その声に驚きリサの姿を探すと、舞い上がる花弁の中、花畑に座るシェリスに駆け寄るリサの姿があった。 「……母上……。 」 セレが呟くとシェリスは優しく微笑む。 「貴方なら、きっとこうしてくれると思っていたわ。 」 その言葉にセレは少し考える。 「……私を闇の森の魔力で強制的に具現化させたのは母上の仕業ですか?一体、何のために……。 」 セレが問いかけるとシェリスは空を見上げる。 「貴方には直接伝える事は出来ない……伝えてはいけないから……でも、覚えておいて欲しいの。 」 シェリスの言葉にセレが首を傾げると、彼女は小さく溜息を吐く。 「いずれ訪れる運命の先視……ファムが微睡の中に1つの夢を見たわ。 レヴァイルも同じ夢を見続け、それを止めるべく行動している。 貴方を助けようとしてくれている人達がいる。 それを忘れないで。 」 そして、シェリスはリサの手を引き、セレの前へとやってくる。 「優しい貴方はリサとの約束を果たせなかった事への後悔から、無意識のうちに自分の危険も顧みず手の届く者を助けようとする。 ……心当たりはない?」 そう問いかけられセレは言葉に詰まる。 確かに手を伸ばせば助けられるものがあれば手を差しだす。 が、その結果、自分がどうなるか……そこまでは考えていないのが現状だろう。 「でも、それではダメ。 もっと周りに目を向けて。 もっと自分に関心をもって。 貴方が自分に無関心だから……その隙を狙われる。 だから、貴方が気にかけて。 自分自身を守るために。 」 心当たりがあり過ぎて視線を逸らすセレの姿にシェリスは微笑み、彼の頬を撫でる。 「にーさま、リサはにーさまがすきよ。 とーさまとかーさまとリサは一緒だけど……にーさまだけいないのは、や、なの。 いなくなっちゃめーよ?」 精一杯背伸びし、言葉を伝えようとするリサの姿にセレは腰を下ろしリサの頭を撫でる。 「……分かった。 忘れないよ。 必ず……伝えるから。 」 すると、リサとシェリスの姿が次第に光に包まれていく。 それに驚きセレがシェリスを見ると、彼女は静かに微笑みセレを抱きしめる。 「森の魔力が解けて行く……。 けして忘れないで。 貴方は一人では無いと言う事……貴方が手を差し伸べ救う対象には自分も含まれている事。 貴方が自分自身に目を向け、自分の命と向き合う事が運命を変える1つの鍵となる。 もっと自分を大切にしてね。 貴方は私達の大切な宝物なのだから。 」 「にーさま、またね。 」 そう言って2人の姿は光と共に消えて行き広場が一瞬、真っ白な光に包まれセレは思わず目を閉じる。 次第に光が治まり、ゆっくりと目を開くと先程まであった蒼い花畑も姿をけしており、ただ広い草原の広場が月明かりに照らされていた。 「花畑も……森が見せた幻……?」 呆然と呟いた時、セレは激しい動悸に襲われる。 体に力が入らずその場に座り込む。 『森の魔力が解けていく……あの言葉、セレにも当てはまる。 』 不意にかけられた声に顔を上げると、緋連が彼の前に座って居た。 『おいらの背に乗って。 急がないとザンデに伝える前に君が消えてしまう。 』 『……先に主殿に伝えに行く。 お前は森を出たら崖の抜け道から滝の広場へ向かえ。 ザンデもそちらに向かわせる。 』 そう言って緋連がセレに背を向け、白蓮は羽ばたくと先に森の出口へと向かい飛び去って行く。 「……何……で、話せる……。 」 胸を押さえつつセレが呆然と呟くと緋連から困った様子が伝わって来る。 『今はそこを気にしてる場合?とにかく急いで!』 動悸が治まり体の感覚が戻って来ると、セレは小さく息を吐き緋連の背に跨る。 それを確かめると緋連は森の中を駆け出した。 その頃、レヴァイルの家ではザンデが目を覚ます。 「マスター大丈夫ですか?」 アルに声をかけられ、ザンデは自分の手を見つめる。 「……魔力が戻ってきている……?あいつの具現化が解けて来ているのか……?」 そう呟き、ザンデは頭をおさえつつ身体を起こした。 闇の森の入口では、ノアとレヴァイルが森に変化が起こらないか監視を続けていたが、ふと、レヴァイルが魔力の揺らぎに気が付く。 それと同時に森の中から白蓮が飛び出してきた。 『主殿、事情は後で話す。 セレの時間が無い。 滝の広場へ緋連が運ぶからザンデもそちらへ誘導を。 』 白蓮が言葉を発したことにレヴァイルは驚くが、すぐに状況を理解する。 「緋連が出て来たら結界を張りなおしておきます。 君はザンデをお願いしますね。 」 ノアがそう言って微笑むと、レヴァイルは頷き渓谷を走り出した。 渓谷を抜け遺跡の階段を駆け上がった時、丁度アルとエルに付き添われ森に出てきたザンデと出会う。 「あ……レヴァイル!そうしてもザンデが言う事聞かなくて……。 」 エルが困った様子でレヴァイルに駆け寄り、レヴァイルはザンデを見て肩をすくめた。 「……まったく、本当に言い出したら人の言う事を聞かないんだから……。 」 苦笑するレヴァイルにザンデはバツの悪そうな顔をする。 「……魔力が戻ってきているんだ。 別け身に……あいつに何かあったのではないのか?」 ザンデの問いにレヴァイルは白蓮を見てから頷き、ザンデに肩を貸して滝の広場へ向かい歩き出した。 滝の広場の水辺にはフロウフランの白い花が月光を浴び仄かに光を放つ。 その白い花畑の中央で座り込むセレを不安そうに寄り添い見つめる緋連の姿があった。 それにザンデはレヴァイルの肩を借りるのを止め、セレに歩み寄る。 すると、セレはザンデの姿に嬉しそうな笑みを見せた。 「ああ……良かった……。 また、約束を守れないんじゃないかと……。 」 その言葉にザンデはセレの前に膝を付く。 「……リサと母上からの伝言です。 もっと自分に関心を持つように、と。 自分を助けるために動いてくれている人が居る……もっと周囲に目を向け、自分を大切にしろ、と。 今のままでは、いずれ私が居なくなってしまう……それではダメだとリサにも怒られてしまいました。 」 セレがそう言って笑うとザンデも苦笑する。 「……私は心当たりがあり過ぎて良い返事をする事が出来ませんでした。 だから……いずれ、リサに会う事で答えてあげて下さい。 」 そこでセレの身体から光の粒が舞い始める。 「確かにリサと母上の想いは受け取った。 ありがとう。 」 そう言ってザンデが手を差し出すと、セレはその手を取り小さく息を吐く。 「……私の核となった幼い頃の想いが、この先に待つ運命を乗り越える支えとなりますように……。 」 そう言って微笑み、それを最後にセレの姿は光に包まれ粒となって消えていく。 その場に揺蕩う光の粒はザンデを包み込み、彼は黙って目を閉じる。 滝の音だけが響く中、柔らかい月の光が静かにその場を照らしていた。

次の

【ロマサガRS】外伝2「巨竜ドーラ」メインクエスト攻略まとめ【ロマサガリユニバース】

外伝2-2-4

思わず立ち止まりそうになると、それを止める様に緋連が後ろから鼻先で背中を押し、白蓮が先導するように前を枝から枝へと飛び移る。 2匹に誘導され、やがて朽ちた小屋のある小さな広場へと辿り着く。 そこで、ふと頭の中に昔の記憶が浮かび上がって来た。 小屋の前に立つ優し気な微笑みを浮かべたプラチナブロンドの女性が、小屋の脇を指し奥への道を教えてくれた光景。 ……それはかつて父の為にセディアの花を探しに来た自分にレヴァイルの母親・ファムが道を教えてくれた時の事だった。 それを頼りに今は草に覆われた道を奥へと進み、少し行くと木々が途切れて明るい光が見えて来た。 「……これ……は……。 」 道を抜けた先、そこに広がる光景にセレは言葉を失い立ち尽くす。 記憶にあるのは1つだけ広場に咲いた蒼い花。 だが、目の前に広がるのは淡い光の中、広場一面を覆いつくした蒼い花畑だった。 「にーさま、はやくいこ?」 リサがそう言って奥を指さし手を引くと、セレは我に返り奥へと進んだ。 すると、2人を待っていたかのように風が吹き抜け、花弁が宙を舞う。 その光景を呆然と見上げていると、リサは奥へと歩いていく。 「かーさま!にーさま、きたよ!」 その声に驚きリサの姿を探すと、舞い上がる花弁の中、花畑に座るシェリスに駆け寄るリサの姿があった。 「……母上……。 」 セレが呟くとシェリスは優しく微笑む。 「貴方なら、きっとこうしてくれると思っていたわ。 」 その言葉にセレは少し考える。 「……私を闇の森の魔力で強制的に具現化させたのは母上の仕業ですか?一体、何のために……。 」 セレが問いかけるとシェリスは空を見上げる。 「貴方には直接伝える事は出来ない……伝えてはいけないから……でも、覚えておいて欲しいの。 」 シェリスの言葉にセレが首を傾げると、彼女は小さく溜息を吐く。 「いずれ訪れる運命の先視……ファムが微睡の中に1つの夢を見たわ。 レヴァイルも同じ夢を見続け、それを止めるべく行動している。 貴方を助けようとしてくれている人達がいる。 それを忘れないで。 」 そして、シェリスはリサの手を引き、セレの前へとやってくる。 「優しい貴方はリサとの約束を果たせなかった事への後悔から、無意識のうちに自分の危険も顧みず手の届く者を助けようとする。 ……心当たりはない?」 そう問いかけられセレは言葉に詰まる。 確かに手を伸ばせば助けられるものがあれば手を差しだす。 が、その結果、自分がどうなるか……そこまでは考えていないのが現状だろう。 「でも、それではダメ。 もっと周りに目を向けて。 もっと自分に関心をもって。 貴方が自分に無関心だから……その隙を狙われる。 だから、貴方が気にかけて。 自分自身を守るために。 」 心当たりがあり過ぎて視線を逸らすセレの姿にシェリスは微笑み、彼の頬を撫でる。 「にーさま、リサはにーさまがすきよ。 とーさまとかーさまとリサは一緒だけど……にーさまだけいないのは、や、なの。 いなくなっちゃめーよ?」 精一杯背伸びし、言葉を伝えようとするリサの姿にセレは腰を下ろしリサの頭を撫でる。 「……分かった。 忘れないよ。 必ず……伝えるから。 」 すると、リサとシェリスの姿が次第に光に包まれていく。 それに驚きセレがシェリスを見ると、彼女は静かに微笑みセレを抱きしめる。 「森の魔力が解けて行く……。 けして忘れないで。 貴方は一人では無いと言う事……貴方が手を差し伸べ救う対象には自分も含まれている事。 貴方が自分自身に目を向け、自分の命と向き合う事が運命を変える1つの鍵となる。 もっと自分を大切にしてね。 貴方は私達の大切な宝物なのだから。 」 「にーさま、またね。 」 そう言って2人の姿は光と共に消えて行き広場が一瞬、真っ白な光に包まれセレは思わず目を閉じる。 次第に光が治まり、ゆっくりと目を開くと先程まであった蒼い花畑も姿をけしており、ただ広い草原の広場が月明かりに照らされていた。 「花畑も……森が見せた幻……?」 呆然と呟いた時、セレは激しい動悸に襲われる。 体に力が入らずその場に座り込む。 『森の魔力が解けていく……あの言葉、セレにも当てはまる。 』 不意にかけられた声に顔を上げると、緋連が彼の前に座って居た。 『おいらの背に乗って。 急がないとザンデに伝える前に君が消えてしまう。 』 『……先に主殿に伝えに行く。 お前は森を出たら崖の抜け道から滝の広場へ向かえ。 ザンデもそちらに向かわせる。 』 そう言って緋連がセレに背を向け、白蓮は羽ばたくと先に森の出口へと向かい飛び去って行く。 「……何……で、話せる……。 」 胸を押さえつつセレが呆然と呟くと緋連から困った様子が伝わって来る。 『今はそこを気にしてる場合?とにかく急いで!』 動悸が治まり体の感覚が戻って来ると、セレは小さく息を吐き緋連の背に跨る。 それを確かめると緋連は森の中を駆け出した。 その頃、レヴァイルの家ではザンデが目を覚ます。 「マスター大丈夫ですか?」 アルに声をかけられ、ザンデは自分の手を見つめる。 「……魔力が戻ってきている……?あいつの具現化が解けて来ているのか……?」 そう呟き、ザンデは頭をおさえつつ身体を起こした。 闇の森の入口では、ノアとレヴァイルが森に変化が起こらないか監視を続けていたが、ふと、レヴァイルが魔力の揺らぎに気が付く。 それと同時に森の中から白蓮が飛び出してきた。 『主殿、事情は後で話す。 セレの時間が無い。 滝の広場へ緋連が運ぶからザンデもそちらへ誘導を。 』 白蓮が言葉を発したことにレヴァイルは驚くが、すぐに状況を理解する。 「緋連が出て来たら結界を張りなおしておきます。 君はザンデをお願いしますね。 」 ノアがそう言って微笑むと、レヴァイルは頷き渓谷を走り出した。 渓谷を抜け遺跡の階段を駆け上がった時、丁度アルとエルに付き添われ森に出てきたザンデと出会う。 「あ……レヴァイル!そうしてもザンデが言う事聞かなくて……。 」 エルが困った様子でレヴァイルに駆け寄り、レヴァイルはザンデを見て肩をすくめた。 「……まったく、本当に言い出したら人の言う事を聞かないんだから……。 」 苦笑するレヴァイルにザンデはバツの悪そうな顔をする。 「……魔力が戻ってきているんだ。 別け身に……あいつに何かあったのではないのか?」 ザンデの問いにレヴァイルは白蓮を見てから頷き、ザンデに肩を貸して滝の広場へ向かい歩き出した。 滝の広場の水辺にはフロウフランの白い花が月光を浴び仄かに光を放つ。 その白い花畑の中央で座り込むセレを不安そうに寄り添い見つめる緋連の姿があった。 それにザンデはレヴァイルの肩を借りるのを止め、セレに歩み寄る。 すると、セレはザンデの姿に嬉しそうな笑みを見せた。 「ああ……良かった……。 また、約束を守れないんじゃないかと……。 」 その言葉にザンデはセレの前に膝を付く。 「……リサと母上からの伝言です。 もっと自分に関心を持つように、と。 自分を助けるために動いてくれている人が居る……もっと周囲に目を向け、自分を大切にしろ、と。 今のままでは、いずれ私が居なくなってしまう……それではダメだとリサにも怒られてしまいました。 」 セレがそう言って笑うとザンデも苦笑する。 「……私は心当たりがあり過ぎて良い返事をする事が出来ませんでした。 だから……いずれ、リサに会う事で答えてあげて下さい。 」 そこでセレの身体から光の粒が舞い始める。 「確かにリサと母上の想いは受け取った。 ありがとう。 」 そう言ってザンデが手を差し出すと、セレはその手を取り小さく息を吐く。 「……私の核となった幼い頃の想いが、この先に待つ運命を乗り越える支えとなりますように……。 」 そう言って微笑み、それを最後にセレの姿は光に包まれ粒となって消えていく。 その場に揺蕩う光の粒はザンデを包み込み、彼は黙って目を閉じる。 滝の音だけが響く中、柔らかい月の光が静かにその場を照らしていた。

次の