バッタ大量発生 中国。 バッタ・イナゴはなぜ大量発生する?大群発生で中国の危機!?

大量発生のバッタが中国を襲うのはいつ?値上がりする食品などはあるのか考察!

バッタ大量発生 中国

4,000億ものバッタが中国国境へ 新型コロナウイルスの次は 「バッタ」が中国へ迫っている。 古くから「蝗害(こうがい)」といわれ中国やヨーロッパでは「天変地異」や「神々の怒り」の一種とされるなど神格化されるくらいの被害をもたらしてきました。 すでにケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 ソマリアでは2020年2月に 「国家非常事態宣言」を宣言しました。 私たち日本人には想像がつかないかもしれませんが、昔の話ではなく、 2020年現在の話です。 国連に バッタの専門部署があるほどバッタの被害は深刻な問題と捉えられています。 パキスタンとインドではこの バッタの大群により一時休戦との情報もあります。 昔から中国でもいくつかの戦争がバッタにより、休戦となったという記録が残っているほどです。 現在、インドのラジャスタン州という所まで、このバッタの大群が迫っています。 正確にはまだ中国大陸には到達していませんが、目前に迫っているという感じです。 パキスタンとの 国境地域です。 体調は約5cmくらいで、日本のバッタの緑色のイメージではなく、黄色っぽい色をしたバッタです。 まさに生息地はアマゾンのバッタです。 正解! — のぞみん nozomi56345634 今回大量発生してるのはこのサバクトビバッタで体長は大きくて6、7cmほどです。 あなたが言ってるのは2013年7月29日に「planet hopper」と投稿された大型のバッタです。 嘘ってバレるんですよ? — ソルアギウス soruagiusu1 この大きなバッタはアマゾン生息の別のバッタなのでこれが4,000億匹の大群で移動している訳ではありません。 サバクトビバッタの特徴としては• 自分と同じ体重の量の植物を食べる• 1日にかなりの距離を移動できる• 短期間で繁殖する というものがあります。 食べるものがなくなると 共食いするようになり、共食を避ける為に逃げたサバクトビバッタが先頭となり群れが移動しているとも言われています。 距離にして1日150kmも移動するそうです。 その億を超える数で長距離を移動しながら、草や農作物などを食べるので、食糧危機になるのですね。 サバクトビバッタのまとめ 現在までの情報をまとめると、まだ中国国境までは到達しておらず、日本へは海を渡らなければならないので、 日本に限定すれば直接的な影響はまだなさそうです。 ネットで出回っている大型バッタもデマなので騙されないようにしましょう! 新型コロナウイルスが中国から発生し猛威をふるっているので、やはり過敏になる所はありますね。 しかし、世界的に見れば、大きな問題ではあるので、今後注目が必要な 「サバクトビバッタ」です。 また新しい情報があれば追記したいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

コロナの裏で、中国に「ヤバすぎる数」のバッタの大群が襲ってきた…!(夫馬 賢治)

バッタ大量発生 中国

Contents• なぜ、大量発生したのか? そもそもサバクトビバッタの大量発生はどうして起こったのでしょうか? 砂漠地帯のサバクトビバッタは、雨季に食糧の草を食べて卵を生みます。 いつもはすぐに乾燥してしまうので、草は枯れ、食料を求めてバッタは移動しますが、大雨が続くと、草は枯れないので万世代が続けて卵を生みます。 5日で100個の卵を産むので、瞬く間に増えていき、数が多くなり相変異が起きて大量発生します。 参考元: 数がとにかく凄まじい サバクトビバッタは約5cmほどの大きさですが、群れを作って集団で移動する時は700億匹に達することもあるほどです。 これはアメリカ、NYの面積の1. 5倍ほどの面積に匹敵するほどで。 とにかく数が凄まじいですね。 また、1日に150キロを移動すると言われていて、これは東京から茨城県の日立あたりまでの距離になります。 群れを成してる時は体がする「変身」する サバクトビバッタの脅威的な特徴として、群れをなすと「変身」するということです。 出典: 下の黄色が群れで育って変化したバッタです。 これは「相変異」という現象で体の色が変化するだけではなく、集団で行動、そして移動をする習性に変化する性質があります。 集団でいる中で体のぶつかり合いによって、色が変わり、翅は長くなり飛びやすい個体に変化します。 そして集団の中で生まれたバッタも「群生相」として生まれてきます。 さらに食欲も底無しになり、自分の体重と同じ量(約2g)のあらゆる食物や木の柵すらも食べてしまうんです。 国連食糧農業機関(FAO)によると、400万匹のバッタの群れで、35000人分の作物を食べてしまうと言います。 食欲も凄まじいです。。 サバクトビバッタの寿命は? サバクトビバッタの寿命は3〜6ヶ月と言われています。 その周期で世代を交代しながら繁殖と移動を続けていきます。 今回の場合、6月後半から7月にかけて次の世代が大量発生することもあるという意見もあります。 参考元: 日本にもある「蝗害(こうがい)」被害 日本にも、こうした「蝗害(こうがい)」被害ってあります。 それは「トノサマバッタ」と「イナゴ」によるものです。 というか、「蝗害(こうがい)」の名前がそのまま「蝗(いなご)」ですもんね。 古くは古文献などにもあり、こちらは主に「イナゴ」の被害です。 明治時代には、当時、未開の地であった北海道で起きた台風での大洪水の後にトノサマバッタが大量発生しました。 その被害は壊滅的なもので、家屋の障子まで食い尽くしました。 日本陸軍も討伐に辺り、捕獲しただけでも360億匹もいたそうです! この「蝗害(こうがい)」は明治13年〜17年9月まで続きました。 4年間近くも続いたんですね。 日本は土地面積が狭いこともあり、バッタ類が大量発生するのに適した場所は一部だそうです。 日本に来るのか? サバクトビバッタはヒマラヤ山脈を越えられないという意見が多いので、中国までも到達しないと言われています。 海で覆われている島国である日本に到達するのは、かなり低い確率とも言われてますね。 しかし、最近中国にも、コンテナに紛れてサバトビバッタが混入していたケースもあります。 何かのコンテナなどに紛れてしまう可能性は0ではなさそうです。 対抗策はアヒル? では、対策はどうしているのでしょうか? 基本的に、まだ翅が生える前の幼生か卵の段階での対処が効果的だと言われています。 殺虫剤 殺虫剤なども効果があり、インドでは、ドローンを使った殺虫剤分布をする対策などがとられています。 しかし、他の虫にも影響が出てしますことが懸念されています。 アヒル バッタを一日200匹食べるというアヒル。 中国ではアヒルを10万匹ほどをパキスタン国境付近に配備する話もありました。 実際には、デマだったとか、パキスタンの砂漠周辺では水辺がないので生きられないといったことで話がなくなったとかあるようです。 大量発生はバッタだけではなかった 近年、大量発生した昆虫はバッタだけではありません。 2019年6月にも、てんとう虫もアメリカの気象レーダーが感知するほどに大量発生し、移動しているんです。 The large echo showing up on SoCal radar this evening is not precipitation, but actually a cloud of lady bugs termed a "bloom" — NWS San Diego NWSSanDiego こちらが、その映像ですが雨雲の如く大量に移動していることがわかります。 これが起こった理由は未だ不明のようですが、一説には、虫の大量発生には地球温暖化が影響しているのではないとも言われています。 なんか近年、いろんなところで異常なことが発生している気がします。 まとめ こうした「蝗害(こうがい)」は地形や雨の影響で起こりえることなのだと改めて認識しました。 集団の中で姿や色が変化するのは、知らなかったです。 サバクトビバッタの被害はどうなって行くのか、食糧難などの問題も深刻化しそうです。

次の

バッタの大量発生2020年 日本は大丈夫?

バッタ大量発生 中国

そのため、中国も ア10万羽をに 派遣して対抗しようとしたり、に対して 包括的な支援を行ったりと対応を迫られている昨今ですが、実は中国に迫りくる もう一つの大量発生による危機があります。 それが、 『ツマジロクサヨトウ』と言う蛾の大量発生です。 そして、この蛾の大量発生は日本も他人事ではないようなのです。 今回は、この 『ツマジロクサヨトウ』がどのような危険性を持つのかを大量発生している 『』とその生態等を 比較して考察してみとうと思います。 既に今年に入り3カ月程度で昨年全体の被害と同等の被害が出ており、中国も警戒を強めているが、一部の地域ではトウモロコシの生産にかなり深刻な被害をもたらしているようです。 日本も他人事ではない 実はこの 『ツマジロクサヨトウ』による 農業危機は日本にも迫りつつあります。 既に 昨年(令和元年)には鹿児島県の一部でこの蛾の幼虫による被害は確認されており、 今年(令和2年)に入ってからも 沖縄の一部や鹿児島の一部で既に発生が確認されて被害が出ているのです。 そのため、日本のもその対策を検討するなど危機感をつらせているのが現状です。 バッタとの比較 『ツマジロクサヨトウ』はもともとは大陸やアフリカを起源とする蛾で、現在ではアジアの広い地域にも生息する農業害虫です。 それではその生態を世界で猛威を振るっている と比較して見てみましょう。 ツマジロクサヨトウ 体長 5㎝ 3. 新型コロナウィルスで大変なこの時期にバッタや蛾などの害虫まで猛威を振るってくるとか何かもう息が詰まりそうな展開ですね・・・!! 本当、日本も他人事ではないので自分で出来る リスク回避はするに限ると思います。 私は取り合えず今月の 給料すべてでゴールドでも買いますwww それでは今回もお付き合いいただきましてありがとうございます。 また、面白いニュース等ありましたらご紹介しますので、御贔屓にしてやってください!! 人気記事 人気記事 話題の内容 おすすめ記事 やってます。 良ければご覧ください。 コメントやチャンネル登録は大歓迎です。

次の